「とちぎ酒14」とは?特徴や栽培の歴史を紹介

スポンサーリンク

「とちぎ酒14」とは?特徴や栽培の歴史を紹介

とちぎ酒14とは。

「とちぎ酒14」は、酒造りに適したお米の品種のひとつです。正式名称は「栃木酒14号」と言い、栃木県農業試験場で1996年に開発されました。2007年には品種登録され、栃木県初のオリジナルの酒造好適米となりました。「とちぎ酒14」は、「ひとごこち」と「関東177号」を交配させてできた品種です。

「とちぎ酒14」の誕生と特徴

「とちぎ酒14」の誕生と特徴

「とちぎ酒14」は、栃木県で開発された酒造好適米です。その誕生のきっかけは、栃木県の酒造農家が、より良質な酒造米を生産したいと考えたことにあります。そこで、酒造農家の協力を得て、県が主体となって開発がスタートしました。

約10年の歳月をかけて、2014年に「とちぎ酒14」が誕生しました。この米は、酒造適正が優れていることが特徴です。特に、心白の発現率が高く、タンパク質含有量が少ないため、雑味のないクリアな味わいの日本酒が造られます。また、「とちぎ酒14」は耐倒伏性や耐病性に優れているため、栽培しやすいというメリットもあります。

「とちぎ酒14」は、栃木県の酒造農家から高い評価を得ています。この米を使って造られた日本酒は、全国各地の酒蔵で取り扱われており、その人気は年々高まっています。栃木県は、酒造好適米の産地としても知られており、「とちぎ酒14」はその代表格です。

「とちぎ酒14」の栽培の歴史

「とちぎ酒14」の栽培の歴史

「とちぎ酒14」の栽培の歴史は、1950年代にさかのぼります。当時、栃木県は酒造りの盛んな地域でしたが、使用されていた酒米はすべて外米でした。地元産の酒米を育成することで、酒の品質向上と地域の振興につなげたいと考えた県は、1957年に「とちぎ酒14」の育成に着手しました。

育成は、県農業試験場で行われ、交配や選抜を繰り返して、耐冷性やいもち病抵抗性、酒造適性に優れた酒米が誕生しました。育成には10年以上もの歳月がかかりましたが、1969年に「とちぎ酒14」はついに完成しました。

「とちぎ酒14」は、栃木県の気候風土に合った酒米で、栽培が容易で、酒質も良好です。また、他の酒米よりもタンパク質含有量が高いため、もろみ造りの際に酵素が生成されやすく、酒の発酵が促進されます。

「とちぎ酒14」は、栃木県の酒造業界に大きな影響を与えました。それまで外米を使用していた蔵元も、「とちぎ酒14」を使用することで酒の品質を上げることができるようになり、栃木県の酒は全国的にもその名を馳せるようになりました。現在でも、「とちぎ酒14」は、栃木県を代表する酒米として、多くの蔵元で使用されています。

「とちぎ酒14」を使用した日本酒

「とちぎ酒14」を使用した日本酒

「とちぎ酒14」を使用した日本酒は、その華やかな香りや豊かな味わいが特徴です。飲み口はさわやかで口当たりが良く、後味もすっきりとしています。また、料理との相性も良く、和食はもちろん、洋食や中華にも合わせることができます。

「とちぎ酒14」を使用した日本酒は、主に栃木県内の酒蔵で生産されています。なかでも、県内屈指の酒蔵である「足利酒造」が生産する「純米吟醸 とちぎ酒14」は、その品質の高さから全国的にも高い評価を得ています。

「とちぎ酒14」を使用した日本酒は、県内の土産物店や酒蔵の直売所で購入することができます。また、オンラインショップでも販売されているため、全国各地から購入することができます。もし、栃木県を訪れる機会があれば、ぜひ「とちぎ酒14」を使用した日本酒を試してみてください。きっとそのおいしさに感動することでしょう。

タイトルとURLをコピーしました