トクスリとは? 台風の国際名について

スポンサーリンク

トクスリとは? 台風の国際名について

トクスリとは。

トクスリは、2000年に台風委員会によって決められた台風の名前の一つです。台風番号は137号で、韓国語で「鷲」を意味しています。2005年に使われなくなった名前「ナビー」に代わる名称として使われました。

トクスリの由来と意味

トクスリの由来と意味

「トクスリ」は、台風の国際名の1つです。台風は、北西太平洋や南シナ海で発生する熱帯低気圧に与えられる名前です。台風の国際名は、世界気象機関(WMO)の台風委員会によって決められています。台風委員会は、14カ国と地域の気象機関で構成されており、毎年4月に開催される会合で、その年の台風の国際名を決定しています。

「トクスリ」という名前は、ベトナム語の「tóc rỉ」に由来しています。「tóc rỉ」は、「突風」や「嵐」を意味する言葉です。トクスリは、1977年に初めて台風として命名されました。トクスリは、その年にフィリピンや台湾に大きな被害をもたらした台風でした。トクスリは、その後も何度も台風として命名されており、2018年には、日本に大きな被害をもたらしました。

トクスリは、台風の中でも特に強い台風です。トクスリの風速は、最大で時速200キロメートルにも達します。トクスリは、暴風雨や高波、洪水を引き起こし、大きな被害をもたらします。トクスリは、毎年多くの死者や行方不明者を出しています。

トクスリの使用中止の理由

トクスリの使用中止の理由

トクスリの使用中止の理由

トクスリは、1959 年から 1984 年まで、台風 22 号に使われた国際名でした。しかし、1985 年から使用が中止されました。その理由は、トクスリという名前が、中国語で「毒蛇」を意味し、不吉な名前であるとみなされたためです。また、トクスリは、日本語で「毒栗」を意味し、これも不吉な名前であるとみなされました。

このように、トクスリという名前は、中国語と日本語の両方で不吉な意味を持っていたため、使用が中止されました。現在、台風 22 号には、国際名として「Damrey」が使われています。Damrey は、カンボジア語で「象」を意味し、縁起の良い名前であるとみなされています。

トクスリに代わる新たな台風国際名

トクスリに代わる新たな台風国際名

-トクスリに代わる新たな台風国際名-

トクスリという名称は、ベトナムで「毒」を意味し、ネガティブなイメージを与えることから、国際気象機関(WMO)が2020年4月に使用を中止しました。これに伴い、WMOは新しい台風国際名を決定する作業を開始し、2022年2月に新たな台風国際名が発表されました。

新たな台風国際名は、以下の原則に基づいて決定されました。

* 台風国際名は、各国から提案されたもので、その国の言語で「強さ」「力強さ」「美しさ」などを意味する単語が選ばれています。
* 台風国際名は、発音しやすく、覚えやすいもので、かつ使用を中止する国がないことが条件とされています。

これらの原則に基づいて決定された新たな台風国際名は、以下の通りです。

* トクスリ(ベトナム語で「毒」の意味)→ ソンダー(カンボジア語で「力強さ」の意味)
* ハリケーン(英語で「ハリケーン」の意味)→ バガン(ミャンマー語で「力強さ」の意味)
* タイフーン(英語で「台風」の意味)→ パカイ(ラオス語で「強さ」の意味)

この他にも、使用を中止された台風国際名は、今後以下の名称に変更されます。

* ノグリー(フィリピン語で「雷雨」の意味)→ マルナス(ベトナム語で「嵐」の意味)

これらの新たな台風国際名は、2023年1月1日から使用が開始される予定です。

タイトルとURLをコピーしました