会津夢街道の魅力とは?

スポンサーリンク

会津夢街道の魅力とは?

会津夢街道とは。

会津夢街道とは、福島県会津若松市にある太郎庵というお店が作っている、バター風味の白餡がミルク風味の生地に包まれた洋風のお饅頭です。

会津夢街道の歴史について

会津夢街道の歴史について

-会津夢街道の歴史について-

会津夢街道は、江戸時代初期に会津藩主・保科正之が、会津若松城と江戸を結ぶために整備した街道です。総延長は約220kmで、会津若松市内の日新町交差点から、福島市内の笹谷交差点までを結んでいます。会津夢街道は、江戸時代には、会津藩と江戸幕府との間の連絡や、会津藩の特産品である漆器や絹織物の運搬などに利用されました。また、会津地方と関東地方を結ぶ重要な街道として、多くの旅人や商人でにぎわいました。

明治時代になると、会津夢街道は、戊辰戦争の舞台となりました。戊辰戦争は、会津藩が、明治政府軍と戦った内戦であり、会津若松城は、明治政府軍に包囲され、落城しました。戊辰戦争後、会津夢街道は、再び、会津地方と関東地方を結ぶ重要な街道として利用されました。しかし、明治時代後半になると、鉄道が開通したことで、会津夢街道の利用客は減少しました。

昭和時代になると、会津夢街道は、観光地として整備されました。会津若松市内の日新町交差点から、福島市内の笹谷交差点までを結ぶ約220kmの区間が、会津夢街道として整備され、沿道には、多くの観光スポットができました。会津夢街道は、現在でも、多くの観光客に親しまれている観光地です。

会津夢街道の味わいについて

会津夢街道の味わいについて

会津夢街道の味わいについては、まず、これまでご紹介したように、会津の歴史や文化を肌で感じることができることが挙げられます。会津若松城、鶴ヶ城、白虎隊士の墓所など、会津には多くの史跡や観光スポットがあり、それらを巡ることで、会津の過去を学ぶことができます。また、会津には、会津塗、会津漆器、会津木綿など、伝統工芸品が多くあり、それらを実際に手に取って見ることができるのも、会津夢街道の味わいのひとつです。さらに、会津には、会津ラーメン、ソースカツ丼、起き上がり小法師などの郷土料理や特産品があり、それらを味わうことで、会津の食文化を体験することができます。

会津夢街道の入手方法について

会津夢街道の入手方法について

会津夢街道の入手方法について

会津夢街道は、福島県会津地方の観光スポットを巡る周遊パスポートです。会津若松市、喜多方市、南会津郡下郷町の観光協会やホテル、旅館などで販売されており、価格は大人1,000円、子供500円です。

会津夢街道を購入すると、加盟施設の共通割引券や特典が利用できます。割引券は、加盟施設の入館料や食事代、お土産代などに対して適用され、特典は、加盟施設でのプレゼントやイベントの参加権などです。

会津夢街道は、会津地方の観光スポットを巡るのに便利な周遊パスポートです。加盟施設の割引券や特典を利用することで、お得に観光を楽しめます。

また、会津夢街道は、福島県の観光振興に貢献しているとして、県知事賞を受賞しています。会津夢街道は、会津地方の観光を盛り上げるために、これからも利用を促進していく予定です。

タイトルとURLをコピーしました