「アイユタカ」の魅力とは?長崎県産ジャガイモの秘密

スポンサーリンク

「アイユタカ」の魅力とは?長崎県産ジャガイモの秘密

アイユタカとは。

アイユタカとは、長崎県で作られているジャガイモのことです。表皮は白っぽい黄色で、実は淡い黄色をしています。やわらかく、味もしみやすいのが特徴です。長崎県総合農林試験場愛野馬鈴薯支場で、「デジマ」と「長系108号」という品種を交配させて作られました。2006年に品種登録され、市場では「長崎じゃが」という名前で流通しています。

「アイユタカ」とは?

「アイユタカ」とは?

「アイユタカ」とは?

「アイユタカ」は、長崎県で開発されたジャガイモの品種です。2016年に品種登録され、2017年から本格的に栽培が始まりました。「アイユタカ」という名前は、アイヌ語で「豊作」を意味する「アイユ」と、タカ(高い)を組み合わせたもので、豊作を祈願する意味が込められています。

「アイユタカ」は、大きくて丸い形をしており、皮は薄く、肉質はきめ細やかで、ホクホクとした食感が特徴です。また、「アイユタカ」は、他のジャガイモに比べてでんぷん質が多く、甘みが強いのも特徴です。

さらに、「アイユタカ」は、病気に強く、栽培しやすいのも特徴です。そのため、長崎県内だけでなく、九州全域や関東地方などでも栽培が広がっています。

「アイユタカ」は、料理の幅が広く、煮物、揚げ物、炒め物など、様々な料理に使うことができます。特に、「アイユタカ」のでんぷん質の多さを活かしたコロッケやポテトサラダは、絶品です。

このように、「アイユタカ」は、味、食感、育てやすさなど、様々な魅力を備えたジャガイモです。長崎県の特産品として、今後ますます人気が高まっていくことが期待されています。

「アイユタカ」の生産地

「アイユタカ」の生産地

「アイユタカ」は、長崎県産のジャガイモで、その魅力は、何と言ってもその味にあると言われています。ホクホクとした食感と、ほのかな甘みが特徴で、煮物や揚げ物などのさまざまな料理に適しています。

「アイユタカ」の生産地は、長崎県の五島列島です。五島列島は、温暖な気候と豊かな土壌に恵まれた地域で、ジャガイモの栽培に適しています。「アイユタカ」は、五島列島の豊かな自然の中で、大切に育てられています。

「アイユタカ」は、収穫後も貯蔵性に優れており、長期間保存することができます。そのため、一年を通して「アイユタカ」を楽しむことができます。また、「アイユタカ」には、ビタミンCや食物繊維が豊富に含まれており、健康にも良いとされています。

「アイユタカ」は、その味と栄養価の高さから、長崎県だけでなく、全国各地で愛されているジャガイモです。五島列島の豊かな自然の中で育った「アイユタカ」は、まさに長崎県の恵みと言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました