「くれ竹万年毛筆 夢銀河」は何がすごい?

スポンサーリンク

「くれ竹万年毛筆 夢銀河」は何がすごい?

くれ竹万年毛筆 夢銀河とは。

「くれ竹万年毛筆 夢銀河」は、株式会社呉竹が販売する万年毛筆ペンの商品名です。

「くれ竹万年毛筆 夢銀河」の特徴

「くれ竹万年毛筆 夢銀河」の特徴

「くれ竹万年毛筆 夢銀河」は、毛筆の書き味をリーズナブルに楽しめるとして、人気を集めている万年毛筆です。呉竹は古くから書いて消してをくり返す書道を始め、墨筆画や絵画を製作する画材メーカーとして知られています。

「くれ竹万年毛筆 夢銀河」は、その呉竹が、毛筆の書き味と万年筆の利便性を併せ持つようにと開発した製品です。毛筆の書き味を再現するために、特殊な素材であるPBT素材の人工毛を使用しています。PBT素材はコシがあり、かつしなやかなので、毛筆と同じような書き味を実現することができています。字幅は、細字、中字、太字の3種類 availableであり、用途によって使い分けることができます。

「くれ竹万年毛筆 夢銀河」は、水に溶ける顔料インクを使用しています。これにより、水に溶かしてグラデーションを表現したり、にじませたりすることができます。また、耐水性にも優れているので、書いた文字が水に濡れてもにじむことがありません。

「くれ竹万年毛筆 夢銀河」は、毛筆の書き味をリーズナブルに楽しめるとして、人気を集めています。また、水に溶ける顔料インクを使用しているので、いろいろな書き方が楽しめます。

「くれ竹万年毛筆 夢銀河」の使い方

「くれ竹万年毛筆 夢銀河」の使い方

「くれ竹万年毛筆 夢銀河」の使い方

「くれ竹万年毛筆 夢銀河」は、墨液を染み込ませる毛筆の穂先をもつ万年筆です。そのため、毛筆のように繊細な線描や文字を書くことができます。毛筆初心者でも、簡単に毛筆の風合いを楽しむことができます。

「くれ竹万年毛筆 夢銀河」を使うための準備としては、まず毛筆の穂先に墨液を染み込ませます。墨液を染み込ませる際には、穂先を強くしごくのではなく、軽くしごきながら染み込ませるようにしましょう。強くしごくことで、穂先が傷んでしまいます。

穂先に墨液を染み込ませたら、あとは通常の万年筆と同じように字を書いたり、絵を描いたりすることができます。書く際には、穂先を紙に軽く当てて書くようにしましょう。強く押しつけると、穂先が曲がってしまったり、インクが出過ぎてしまったりします。

「くれ竹万年毛筆 夢銀河」は、毛筆の風合いを気軽に楽しむことができる万年筆です。書道や絵画に挑戦してみたい方におすすめのアイテムです。

「くれ竹万年毛筆 夢銀河」のメリット・デメリット

「くれ竹万年毛筆 夢銀河」のメリット・デメリット

「くれ竹万年毛筆 夢銀河」のメリット・デメリット

「くれ竹万年毛筆 夢銀河」は、パイロットの万年筆に使用されている「毛細管現象」という特殊な技術を採用しています。「毛細管現象」とは、液体が細い管の中で重力に逆らって上昇する現象のことです。「くれ竹万年毛筆 夢銀河」では、この現象を利用して、ペン先にインクが途切れることなく、滑らかな書き心地を実現しています。

また、「くれ竹万年毛筆 夢銀河」は、耐水性インクを使用しているため、水に濡れても文字が滲むことがありません。また、耐光性にも優れているため、長期間経っても文字が色褪せすることがありません。

さらに、「くれ竹万年毛筆 夢銀河」は、筆のような書き味を実現しているのも特徴です。筆のような書き味で、漢字やひらがな、カタカナなど、さまざまな文字を美しく書くことができます。

しかし、「くれ竹万年毛筆 夢銀河」には、デメリットもあります。一つは、価格が高いことです。また、ペン先の交換が必要なため、ランニングコストがかかります。

また、「くれ竹万年毛筆 夢銀河」は、筆のような書き味を実現しているため、慣れるまでは使いにくいと感じる方もいるかもしれません。

このように、「くれ竹万年毛筆 夢銀河」は、メリットとデメリットの両方を併せ持っています。購入する前に、メリットとデメリットを比較検討して、自分に合っているかを確認しましょう。

タイトルとURLをコピーしました