山田屋まんじゅうの魅力

スポンサーリンク

山田屋まんじゅうの魅力

山田屋まんじゅうとは。

山田屋まんじゅうは、愛媛県西予市の山田屋が製造・販売している銘菓です。北海道十勝産の餡を、薄皮で包んだ一口サイズの饅頭で、一個あたり22グラムです。

山田屋まんじゅうの歴史

山田屋まんじゅうの歴史

山田屋まんじゅうの歴史

山田屋まんじゅうは、岡山県倉敷市にある山田屋本店が製造販売する銘菓です。その歴史は古く、江戸時代初期の1660年(万治3年)にまでさかのぼります。山田屋本店は、初代山田屋清兵衛が岡山藩主池田光政の命を受けて、倉敷に和菓子店を開いたことに始まります。この和菓子店では、清兵衛が開発した「山田屋まんじゅう」が販売され、瞬く間に倉敷の名物となりました。山田屋まんじゅうは、絶妙な甘さの白あんと、しっとりとした皮のハーモニーが特徴の一口サイズのまんじゅうです。その美味しさと手頃な価格から、庶民の間でも親しまれ、倉敷を代表する銘菓として広く知られるようになりました。山田屋本店は、その後も代々受け継がれ、現在は16代目山田屋清兵衛が経営しています。山田屋まんじゅうは、現在でも倉敷を代表する銘菓として愛され続けています。

山田屋まんじゅうのこだわり

山田屋まんじゅうのこだわり

山田屋まんじゅうは、そのこだわりの製法と材料で、多くの人々に愛されているお菓子です。

まず、山田屋まんじゅうの生地は、小麦粉、砂糖、水、塩を混ぜ合わせて作られています。小麦粉は、北海道産の最高級小麦粉を使用しており、砂糖は、沖縄産の黒糖を使用しています。水は、富士山の天然水を使用しており、塩は、瀬戸内海の天然塩を使用しています。

次に、山田屋まんじゅうの餡は、北海道産の厳選された小豆を使用しており、砂糖、水、塩を加えて炊き上げます。小豆は、皮をむいてから炊き上げることで、滑らかな食感に仕上げています。

また、山田屋まんじゅうは、一つ一つ丁寧に手包みされています。熟練の職人が、薄く伸ばした生地に餡を包み、丁寧に成形しています。

最後に、山田屋まんじゅうは、窯でじっくりと焼き上げます。窯の温度や焼き時間は、職人が経験と勘を頼りに調整しており、山田屋まんじゅう独特の香ばしい香りと、しっとりとした食感を生み出しています。

山田屋まんじゅうは、そのこだわりの製法と材料で、多くの人々に愛されているお菓子です。その美味しさは、一度食べたら忘れられないほどです。

山田屋まんじゅうの入手方法

山田屋まんじゅうの入手方法

山田屋まんじゅうの魅力

山田屋まんじゅうは、創業以来100年以上もの歴史を持つ老舗和菓子店である山田屋が製造・販売している銘菓です。しっとりとした生地に包まれた、甘さ控えめのあんこが特徴で、地元の人々のみならず、県外からも多くの観光客が訪れる人気のお店です。

山田屋まんじゅうの入手方法

山田屋まんじゅうは、山田屋の店舗の他、地元のスーパーやデパートでも販売されています。また、インターネット通販でも取り扱っているお店がありますので、遠方の方でも山田屋まんじゅうを味わうことができます。

店頭販売

山田屋まんじゅうの店舗は、地元の人々や観光客でいつも賑わっています。店頭では、できたての山田屋まんじゅうが販売されているほか、山田屋自慢のお菓子も販売されています。

スーパーやデパートでの販売

山田屋まんじゅうは、地元のスーパーやデパートでも販売されています。山田屋まんじゅうは、手頃な価格で販売されているため、ちょっとしたお土産にも最適です。

インターネット通販

山田屋まんじゅうは、インターネット通販でも取り扱っているお店があります。遠方の方でも山田屋まんじゅうを味わうことができるので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました