鹿児島の味覚「山川だいこん」

スポンサーリンク

鹿児島の味覚「山川だいこん」

山川だいこんとは。

山川だいこんは、鹿児島県で古くから栽培されてきた伝統野菜です。練馬系の白首大根で、大きいものでは長さが1.2~1.3mほどにもなります。江戸時代から県南部の山川地方で栽培されており、郷土料理の「山川漬」の材料として親しまれてきました。2014年には、鹿児島県により「かごしまの伝統野菜」に認定されています。

山川だいこんとは何か?

山川だいこんとは何か?

山川だいこんとは何か?

鹿児島県南九州市の山川地区で生産される大根の一種です。その特徴は、長さ1メートル、重さ3キログラムにもなる巨大なサイズと、みずみずしく、甘みのある味わいです。また、煮物や漬物にしても美味しくいただけます。

山川だいこんの栽培は、江戸時代から続く伝統的な農法で、手作業で行われています。種を播いてから収穫するまでには、約半年かかります。収穫された山川だいこんは、市場に出荷されるほか、地元のスーパーや直売所でも販売されています。

山川だいこんの生産量は、年々減少傾向にありますが、地元の農家や行政などが協力して、その伝統を守り続けています。山川だいこんは、鹿児島県の郷土料理や特産品としても親しまれており、多くの人々に愛されています。

山川だいこんの歴史

山川だいこんの歴史

山川だいこんの歴史は、室町時代にさかのぼります。当時の鹿児島県薩摩郡山川町(現在の南九州市)の領主、島津忠興公が、京都から種を持ち帰り、領内の農民に栽培させたのが始まりと言われています。この大根は、味がよく、煮ても崩れにくいため、すぐに評判となり、江戸時代には、薩摩藩の特産物として広く知られるようになりました。

明治時代になると、山川だいこんは、全国各地に出荷されるようになりました。その中でも、特に人気があったのが、東京市場でした。東京では、山川だいこんは「江戸だいこん」と呼ばれ、高級食材として扱われていました。大正時代には、山川だいこんの生産量はピークに達し、全国の生産量の半分以上を占めるようになりました。

しかし、昭和30年代以降、化学肥料や農薬の使用が盛んになると、山川だいこんの生産量は減少しました。また、外国産の安価な大根が輸入されるようになり、山川だいこんの市場はさらに縮小しました。平成時代に入ると、山川だいこんの生産量は、年間200トンを切るまでになりました。

現在、山川だいこんは、地元の農家を中心に栽培されています。生産量は少ないですが、その味は、江戸時代から変わらず、多くの人々に愛されています。山川だいこんは、鹿児島県の伝統野菜であり、県の天然記念物にも指定されています。

山川だいこんの郷土料理

山川だいこんの郷土料理

山川だいこんの郷土料理

鹿児島県薩摩川内市にある山川地区で栽培されている「山川だいこん」は、その大きさと辛さが特徴の大根です。その辛さは、辛味成分であるアリルイソチオシアネートを多く含むことが原因です。この辛みは、殺菌や防腐効果があると言われています。

山川だいこんは、主に漬物や煮物などの郷土料理に使われています。その中でも、特に有名な郷土料理が「だいこん漬け」です。だいこん漬けは、山川だいこんの根の部分を輪切りにして、塩や味噌で漬けたものです。

だいこん漬けは、ご飯のおかずやお酒のつまみとして親しまれています。また、山川だいこんは、煮物や炒め物にもよく使われています。山川だいこんの辛みが、料理にピリッとしたアクセントを加えてくれます。

山川だいこんは、鹿児島県の郷土料理に欠かせない食材です。その辛さと大きさは、他の大根にはない特徴です。山川だいこんを使った郷土料理は、鹿児島県を訪れた際にはぜひ味わいたい一品です。

タイトルとURLをコピーしました