ヤマト糊の歴史と特徴

スポンサーリンク

ヤマト糊の歴史と特徴

ヤマト糊とは。

ヤマト糊とは、ヤマト株式会社が販売している糊のブランド名です。1899年に創業した同社の主力商品であり、天然素材のデンプンを使用した「保存できるデンプン糊」として広く普及しています。1923年には商標登録されました。当初はガラス容器入りでしたが、1952年からチューブ入り、1958年からプラスチック容器入りが発売されました。

日本初の保存できるデンプン糊

日本初の保存できるデンプン糊

日本初の保存できるデンプン糊

ヤマト糊は、1876年に大阪で創業した株式会社ヤマト糊工業所が製造・販売するデンプン糊です。ヤマト糊は、日本初の保存できるデンプン糊として知られており、その歴史は100年以上にも及びます。

ヤマト糊が誕生する前は、デンプン糊は保存が難しく、すぐに腐敗してしまいました。そのため、デンプン糊は使うたびに作る必要があり、とても手間がかかりました。しかし、ヤマト糊は、独自の製法によって保存性を高めたデンプン糊であり、これにより、デンプン糊を長期保存することが可能になりました。

ヤマト糊は、その保存性の高さに加えて、使いやすさや貼り付け力の強さも特徴です。ヤマト糊は、水に溶かして使うデンプン糊ですが、水に溶けやすく、ムラなく塗ることができます。また、ヤマト糊は、貼り付け力が強く、紙や布、木材などのさまざまな素材をしっかりと貼り付けることができます。

ヤマト糊は、その高い保存性、使いやすさ、貼り付け力の強さから、日本の家庭や学校、オフィスなどで広く使用されています。また、ヤマト糊は、海外にも輸出されており、世界中で愛用されています。

ガラス容器からチューブ、プラスチック容器へ

ガラス容器からチューブ、プラスチック容器へ

ガラス容器からチューブ、プラスチック容器へ

ヤマト糊の歴史において、容器の変遷は大きな出来事だった。ガラス容器は壊れやすく、持ち運びにも不便だった。そこで、1920年代にチューブ式のヤマト糊が開発された。チューブ式は持ち運びが容易で、使用量を調節しやすいという利点があった。しかし、チューブ式はコストが高く、また、残量がわかりにくいという欠点もあった。

そこで、1950年代にプラスチック容器のヤマト糊が開発された。プラスチック容器は安価で、軽量で、残量がわかりやすいという利点があった。さらに、プラスチック容器はデザイン性に優れており、売り上げが伸びた。

現在、ヤマト糊はプラスチック容器が主流である。プラスチック容器のヤマト糊は、安価で、軽量で、残量がわかりやすく、デザイン性に優れている。また、持ち運びも容易で、使用量を調節しやすい。これらの利点により、ヤマト糊は幅広い層に支持されている。

デンプンの性質と使いやすさ

デンプンの性質と使いやすさ

デンプンの性質と使いやすさ

ヤマト糊に使用されるデンプンは、植物の種子や根に含まれる天然高分子です。デンプンは、グルコース分子が鎖状につながった構造を持ち、水に溶解すると粘性の溶液を形成します。この粘性は、ヤマト糊の接着力を生み出す重要な要素です。

デンプンの性質は、使用する植物の種類や収穫時期によって異なります。ヤマト糊に適したデンプンは、粘度が高く、透明感があり、変色しにくいものです。また、デンプンの性質は、デンプンの粒子サイズや表面処理によっても変化します。

デンプンの粒子サイズは、デンプンの粘度に影響を与えます。粒子サイズが小さいほど、粘度は高くなります。これは、粒子サイズが小さいほど、デンプンの表面積が大きくなり、水と接触する表面積が増えるためです。

デンプンの表面処理は、デンプンの粘度や接着力を変化させるために施されます。例えば、デンプンを酸で処理すると、デンプンの表面に負電荷が発生し、デンプン同士が反発し合うようになります。これにより、デンプンの粘度は低下し、接着力が向上します。

デンプンの性質は、ヤマト糊の粘度、接着力、透明感、変色しにくさなどの特性に影響を与えます。これらの特性を考慮して、ヤマト糊に適したデンプンを選択することが重要です。

タイトルとURLをコピーしました