愛知県新城市の「八名丸」- 歴史と特徴

スポンサーリンク

愛知県新城市の「八名丸」- 歴史と特徴

八名丸とは。

愛知県新城市で作られ、昭和20年代から栽培される八名丸は、柔らかくて粘り気が強く、県により「あいちの伝統野菜」に指定されています。

愛知県新城市の伝統野菜「八名丸」の 歴史

愛知県新城市の伝統野菜「八名丸」の 歴史

愛知県新城市の伝統野菜「八名丸」の歴史

八名丸は、愛知県新城市八名地区で栽培される伝統野菜です。その歴史は古く、江戸時代初期にまでさかのぼります。八名地区は、古くから水が豊富で、野菜作りが盛んな地域でした。この八名地区で、江戸時代初期に栽培が始められたのが、八名丸です。八名丸は、丸みを帯びた形をしたナスで、皮は薄く、中は柔らかく、甘みがあります。八名丸は、八名地区の特産品として親しまれ、地元の食卓に欠かせない野菜となりました。八名丸は、現在でも八名地区で栽培されており、地元の農家の方々が大切に育てています。八名丸は、JA愛知みなみ八名支店や、道の駅「もっくる新城」などで販売されており、地元の方々はもちろん、県外の方々にも人気があります。

八名丸の栽培方法と特徴

八名丸の栽培方法と特徴

八名丸の栽培方法と特徴

八名丸は、愛知県新城市で栽培されている在来種のミカンです。種が多く食べづらいのが特徴である温州ミカン系の品種ですが、味は甘く、酸味はほとんどありません。八名丸の栽培方法は、他のミカンと大きく変わりません。

八名丸は、11月上旬から12月上旬にかけて収穫されます。収穫後、しばらく貯蔵して甘みを出してから出荷されます。八名丸は、生食はもちろん、ジュースやジャム、ゼリーなどの加工品にも利用されています。

八名丸は、温暖な気候と水はけの良い土壌を好むため、愛知県新城市の気候風土に適しています。八名丸の栽培農家は、代々受け継がれてきた栽培方法を守りながら、日々、八名丸の栽培に取り組んでいます。

八名丸の料理法と保存方法

八名丸の料理法と保存方法

八名丸の料理法と保存方法

八名丸は、新鮮なうちにそのまま刺身で食べたり、焼き魚や煮魚にして食べたりするほか、干物や塩漬けにして保存することもできます。干物は、天日干しや機械乾燥などによって水分を飛ばしたもので、保存性が高く、そのまま食べたり、焼いたりして食べることができます。塩漬けは、塩水に漬けて保存したもので、こちらも保存性が高く、そのまま食べたり、焼いたりして食べることができます。八名丸は、保存方法によって、さまざまな料理を楽しむことができます。

タイトルとURLをコピーしました