耶蘇芹ってどんな食べ物?大分県の自然から食卓へ

スポンサーリンク

耶蘇芹ってどんな食べ物?大分県の自然から食卓へ

耶蘇芹とは。

耶蘇芹(イエスゼリ)とは、大分県で生産されるセリのことです。湯布院や久住などの山間地帯に自生する西洋芹(クレソン)の一種です。江戸時代にオランダ人が伝えたという説があります。

耶蘇芹の特徴

耶蘇芹の特徴

耶蘇芹は、大分県の特産品である葉物野菜です。別名は「ヤソセロリ」とも呼ばれています。特徴は、セロリに似た香りと、シャキシャキとした歯ごたえです。葉は濃緑色で、セロリよりも細長く、葉脈がはっきりしています。耶蘇芹は、大分県内のスーパーや直売所などで販売されており、地元ではサラダや炒め物、汁物など、さまざまな料理に使用されています。また、耶蘇芹は、栄養価が高く、ビタミンCやカリウム、食物繊維が豊富に含まれています。

耶蘇芹は、大分県の豊かな自然の中で栽培されています。耶蘇芹の産地である九重町は、標高が高く、昼と夜の寒暖差が激しい気候です。この気候が、耶蘇芹の独特の香りとシャキシャキとした歯ごたえを生み出しています。耶蘇芹は、大分県の自然の恵みが育んだ、おいしい野菜です。

耶蘇芹の栄養と効能

耶蘇芹の栄養と効能

耶蘇芹は、ビタミンCが豊富に含まれた野菜です。ビタミンCは、免疫力を高めたり、美肌効果があったりします。また、カルシウムやカリウムなどのミネラルも豊富に含まれており、骨を丈夫にしたり、血圧を下げたりする効果があります。耶蘇芹には、抗酸化作用のある成分も含まれており、老化を遅らせたり、がんを予防したりする効果が期待されています。

耶蘇芹は、生でサラダにして食べたり、炒め物や汁物に入れたりして食べることが多いです。また、天ぷらやフリッターにして食べてもおいしいです。耶蘇芹は、クセがなく食べやすい野菜なので、さまざまな料理に活用することができます。

耶蘇芹の食べ方

耶蘇芹の食べ方

耶蘇芹の食べ方

耶蘇芹は、その独特の風味と食感が特徴の野菜です。生で食べても美味しく、サラダや炒め物、天ぷらなど、さまざまな料理に使われます。また、耶蘇芹の根をすりおろして薬味として使うこともできます。耶蘇芹は、栄養価も高く、ビタミンCやカリウムが豊富に含まれています。

耶蘇芹を生で食べるには、葉をきれいに洗って一口大に切ります。サラダに加えたり、サンドイッチに挟んだりして食べることができます。また、耶蘇芹とベーコンを一緒に炒めて食べるのもおすすめです。耶蘇芹の根をすりおろして薬味として使うには、根をきれいに洗って皮をむき、すりおろします。そばやうどんのつけ汁に加えたり、肉料理のソースにしたりして使えます。

耶蘇芹は、大分県の自然から生まれた郷土野菜です。その独特の風味と食感が特徴で、さまざまな料理に使われます。耶蘇芹を食べて、大分県の自然の恵みを味わってみてください。

タイトルとURLをコピーしました