北海道のソウルフード「ザンギ」の魅力

スポンサーリンク

北海道のソウルフード「ザンギ」の魅力

ザンギとは。

北海道の郷土料理「ザンギ」とは、生姜や醤油で味付けした鶏肉の唐揚げのことです。ザンギの発祥地は釧路地方とされていますが、北海道では鶏肉以外の肉や魚介類で作った唐揚げもザンギと呼ぶことが多くあります。

ザンギとは?

ザンギとは?

ザンギとは、北海道のソウルフードと呼ばれる鶏の唐揚げのことです。小麦粉、片栗粉、塩、胡椒、生姜、ニンニクなどを合わせた衣で鶏肉を揚げたもので、外はサクサク、中はジューシーな食感を楽しめます。もともとは中国料理の炸鶏(ジャーチー)が起源といわれていますが、北海道では独自の進化を遂げ、現在では北海道の郷土料理として親しまれています。ザンギは北海道内の居酒屋や食堂、ラーメン店など、さまざまな飲食店で提供されており、家庭でもよく作られる料理です。また、北海道のお土産としても人気があります。

ザンギの歴史

ザンギの歴史

ザンギの歴史

ザンギは、1950年代に北海道で誕生したと言われている。その誕生のきっかけは、北海道の飲食店経営者が、中国の「鶏の唐揚げ(サンザシー)」をヒントに、北海道産の鶏肉を使った唐揚げをメニューに加えたことにある。当初は「サンザシー」と読んでいたが、北海道の人々の間で「ザンギ」と呼ばれるようになり、その呼び方が定着した。

ザンギは、北海道の飲食店や家庭料理として親しまれるようになり、やがて北海道のソウルフードとして広く知られるようになった。ザンギは、北海道産の鶏肉を使い、醤油、生姜、にんにくなどの調味料で下味をつけた後に、小麦粉や片栗粉をまぶして揚げる。ザンギには、外はカリッとして中はジューシーな食感が特徴で、そのおいしさは多くの人々に愛されている。

ザンギの食べ方

ザンギの食べ方

ザンギの食べ方は、大きく分けて3つあります。

1つ目は、そのまま食べる方法です。ザンギは、揚げたてのアツアツでも、冷めてもおいしく食べられます。そのままかぶりつくと、外はカリッとしていて中はジューシーで、肉の旨味が口いっぱいに広がります。

2つ目は、タレにつけて食べる方法です。ザンギにつけるタレは、しょうゆベースのタレや、酢ベースのタレなど、さまざまな種類があります。お気に入りのタレにザンギをつけて食べると、また違ったおいしさを味わうことができます。

3つ目は、丼やラーメンなどのトッピングとして食べる方法です。ザンギは、丼やラーメンなどのトッピングとしてもよく使われます。ザンギをトッピングすることで、ボリューム感が出て、満足度もアップします。

タイトルとURLをコピーしました