八丁堀の七人〈2〉について

スポンサーリンク

八丁堀の七人〈2〉について

八丁堀の七人〈3〉とは。

2002年1月~3月にテレビ朝日系列で放送された時代劇テレビドラマが「八丁堀の七人〈3〉」です。全11回で、出演者は片岡鶴太郎、村上弘明、萬田久子、石倉三郎などです。

八丁堀の七人〈2〉とは

八丁堀の七人〈2〉とは

-八丁堀の七人〈2〉とは-

「八丁堀の七人〈2〉」とは、テレビ朝日系列で1987年10月22日から12月24日まで毎週木曜2100 – 2154に放送された日本のテレビドラマである。1985年7月4日から9月26日まで放送された「八丁堀の七人」の第2作であり、本作をもって「八丁堀の七人」シリーズは完結した。

本作は、前作に引き続き、八丁堀の七人と呼ばれた火付盗賊改方の活躍を描いている。しかし、本作では前作に比べてコメディ要素が強くなり、また、前作で殉職した沖田新八郎に代わって、新しいキャラクターとして、石田太郎が加わった。

石田太郎は、旗本の石田大学の次男で、弓術の名手である。また、剣術も強く、居合いの達人でもある。性格は明るく、お調子者だが、正義感は強く、仲間思いである。

本作では、八丁堀の七人が、様々な事件を解決していく。その中には、前作に引き続き、闇の組織「天誅組」が絡む事件もある。また、本作では、八丁堀の七人の恋愛模様も描かれている。

「八丁堀の七人〈2〉」は、前作に比べてコメディ要素が強くなったものの、依然として、勧善懲悪の痛快時代劇として人気を博した。また、本作で八丁堀の七人シリーズは完結したが、その後も、スペシャルドラマとして、八丁堀の七人が再登場している。

八丁堀の七人〈2〉のあらすじ

八丁堀の七人〈2〉のあらすじ

八丁堀の七人〈2〉のあらすじ

 八丁堀の七人〈2〉は、2000年に放送されたテレビドラマです。このドラマは、八丁堀の奉行所を舞台に、七人の同心たちが難事件を解決していくという内容です。

 ドラマの主人公は、八丁堀の奉行所の同心である山田太郎です。山田太郎は、正義感が強く、頭脳明晰な人物です。山田太郎は、六人の同心たちと一緒に、難事件を解決していきます。

 ドラマの中で、山田太郎たちが最初に解決する事件は、八丁堀の奉行所が襲われるという事件です。八丁堀の奉行所は、何者かの襲撃を受け、書類が盗まれてしまいます。山田太郎たちは、犯人を捜索しますが、なかなか手がかりがつかめません。

 しかし、山田太郎たちは、粘り強く捜査を続けていきます。そして、ついに犯人が誰であるか突き止めます。犯人は、八丁堀の奉行所の内部にいた人物でした。山田太郎たちは、犯人を逮捕し、事件を解決します。

 ドラマの中で、山田太郎たちが解決する事件は、この事件だけではありません。山田太郎たちは、次々と起こる難事件を解決していきます。そして、山田太郎たちは、いつしか八丁堀の七人と呼ばれ、人々から尊敬されるようになります。

八丁堀の七人〈2〉のキャスト

八丁堀の七人〈2〉のキャスト

八丁堀の七人〈2〉のキャスト

八丁堀の七人〈2〉は、2018年4月27日から6月1日までテレビ朝日系で毎週金曜日に放送された日本のテレビドラマシリーズです。このドラマは、2016年4月15日から6月10日までテレビ朝日系で放送された『八丁堀の七人』の続編であり、八丁堀奉行所を舞台に、密偵である七人の与力たちが様々な事件を解決していく姿を描いています。

ドラマの主演は、前作に引き続き沢村一樹が務め、七人の与力のうち、平松誠之介役は東山紀之、水野忠邦役は松坂慶子、島村儀兵衛役は寺島進、村田新八郎役は三浦貴大、土屋主水役は北村有起哉、藤枝伝蔵役は吹越満、権堂源七郎役は片岡信和が演じます。また、前作に引き続き、八丁堀奉行所の与頭である秋山左平次役を仲村トオルが演じます。

ドラマの脚本は、前作に引き続き、西岡琢也が手掛け、演出は、前作に引き続き、田村孝蔵、木下高男、高橋正人が担当しています。ドラマの音楽は、前作に引き続き、池頼広が担当しています。

タイトルとURLをコピーしました