マニック・マンデーの背景と魅力

スポンサーリンク

マニック・マンデーの背景と魅力

マニック・マンデーとは。

マニック・マンデーは、アメリカ合衆国ロサンゼルス出身のガールズ・バンド、バングルスの楽曲です。1986年に発表され、アメリカとイギリスの両方でビルボードと全英シングルチャートの第2位を獲得しました。曲はプリンスによって提供され、1986年に発表されたバングルスの2枚目のアルバム「シルバー・スクリーンの妖精」に収録されています。

マニック・マンデーの誕生の背景

マニック・マンデーの誕生の背景

マニック・マンデーの誕生の背景

「マニック・マンデー」は、1979年にバンゲルスというミュージシャンによって作曲されました。バンゲルスは、フランス出身の作曲家であり、キーボード奏者でもあります。彼は、1970年代にプログレッシブ・ロックバンド「マグマ」のメンバーとして活動しており、1980年代には映画音楽の作曲家として活躍しました。

「マニック・マンデー」は、バンゲルスが、月曜日の朝の憂鬱な気分を表現するために作曲されました。月曜日は、一週間の始まりであり、多くの人にとって、仕事や学校に行くのが憂鬱な日です。バンゲルスは、この曲で、月曜日の朝の憂鬱な気分を表現しています。

「マニック・マンデー」は、バンゲルスが、一人で作曲した曲ではありません。彼は、この曲の作曲に、シンガーソングライターのミック・ジャガーとギタリストのキース・リチャーズを起用しました。ジャガーとリチャーズは、イギリス出身のミュージシャンであり、ロックバンド「ローリング・ストーンズ」のメンバーとして活躍しています。

「マニック・マンデー」は、ジャガーとリチャーズによって、歌詞が加えられました。歌詞には、月曜日の朝の憂鬱な気分が描かれています。また、歌詞の中には、月曜日の朝に起きるのが嫌で、ベッドから出たくないという心情も表現されています。

「マニック・マンデー」は、1980年にリリースされ、世界中でヒットしました。この曲は、月曜日の朝の憂鬱な気分を表現した曲として、多くの人に共感されました。また、この曲は、ジャガーとリチャーズのボーカルと、バンゲルのスのキーボードが印象的な曲として、多くの人に愛されました。

バングルスの代表曲、マニック・マンデー

バングルスの代表曲、マニック・マンデー

音楽界で最もアイコニックな曲のひとつとして知られているバングルスの「マニック・マンデー」は、1986年にリリースされたバンドのデビュー・アルバム「エブリシング」からのリード・シングルとしてリリースされました。この曲はバンドの唯一の全米1位獲得シングルとなり、今もなお世界中で人気があります。

「マニック・マンデー」は、月曜日の憂鬱な気持ちを歌った曲です。歌の中で、語り手は月曜日の朝、目覚めるのがつらく、「ブルー」な気分であることを語っています。しかし、やがて彼女は気分が良くなり、月曜日も必ず終わることを思い出します。

この曲は、そのキャッチーなメロディーと、月曜日の憂鬱な気持ちを共感できる歌詞で、世界中で人気を集めました。この曲は、ビルボード・ホット100で1位を獲得し、ヨーロッパやオーストラリアでもトップ10入りを果たしました。また、この曲はグラミー賞の「最優秀ポップ・パフォーマンス賞」にノミネートされました。

「マニック・マンデー」は、バングルスの代表曲のひとつであり、今もなお世界中で人気があります。この曲は、月曜日の憂鬱な気持ちを歌った曲ですが、そのキャッチーなメロディーと、共感できる歌詞で、多くの人々を魅了しています。

マニック・マンデーがいつリリースされたか

マニック・マンデーがいつリリースされたか

-マニック・マンデーがいつリリースされたか-

マニック・マンデーは、1986年3月10日にリリースされた。この曲は、バンドのデビューアルバム「The Bongos」(邦題は「恋のダイヤモンド」)に収録されている。この曲は、バンドにとって初の全米ヒットとなり、Billboard Hot 100チャートで13位まで上昇した。また、この曲は、イギリスの音楽雑誌「NME」のシングルチャートで1位を獲得し、バンドを世界的な名声に押し上げた。

タイトルとURLをコピーしました