北海道

施設名・ロケ地

幌延町東ヶ丘スキー場

幌延町東ヶ丘スキー場は大自然を満喫でき、初心者やファミリーにも優しいスキー場です。 初心者やファミリー向けのゲレンデは、緩やかな斜面と広々としたコースレイアウトで、安心してスキーやスノーボードを楽しむことができます。 また、専用のキッズパークも用意されており、ソリやチュービングなどのアクティビティが楽しめます。 インストラクター常駐のスキー教室も開催されており、初心者の方でも安心してレッスンを受けることができます。 ナイター設備も整っており、日没後もスキーやスノーボードを楽しむことができます。
地名・ロケ地

北海道斜里郡斜里町にある無人島「エタシペ岩」

エタシペ岩とは 北海道斜里郡斜里町の知床半島沖に位置する無人島です。知床半島先端の北東約18キロメートル、知床岬の東約10キロメートルの海上にあり、その距離は、およそ2時間程度です。島の面積は約0.3平方キロメートルで、最高点は標高約100メートルです。エタシペ岩は、知床半島の付け根にあたる根室半島から連なる知床山脈の延長線上に位置しており、知床連山の最高峰である羅臼岳から続く知床連山の稜線が、海中に没してエタシペ岩として現れています。エタシペ岩は、知床半島周辺の海域で唯一の無人島であり、知床半島を代表する景勝地の一つです。エタシペ岩の周辺海域は、知床半島沿岸で最も水深が深く、また、知床半島沿岸で最も潮の流れが速い海域です。そのため、エタシペ岩周辺海域は、多種多様な海洋生物が生息する海域としても知られています。
地名・ロケ地

「知床五湖二湖」の魅力と楽しみ方

-「知床五湖二湖」って何?- 「知床五湖二湖」とは、北海道知床半島にある5つの湖と2つの湖の総称です。知床五湖は、カムイワッカの滝から流れ出る川が、長い年月をかけて浸食してできた湖で、カムイヌプリ山麓に位置しています。知床二湖は、知床五湖よりも標高が高く、カムイワッカの滝から流れ出る川が、さらに浸食してできた湖で、羅臼岳の麓に位置しています。 知床五湖二湖は、知床国立公園に含まれており、世界遺産にも登録されています。知床半島の自然を代表する景勝地として、多くの観光客が訪れます。知床五湖は、徒歩で巡ることもできますし、ボートに乗ることもできます。知床二湖は、登山道を歩いて登る必要があります。 知床五湖二湖は、四季折々の景色を楽しむことができます。春には、湖畔に花々が咲き乱れ、夏には、緑豊かな森が湖面に映し出され、秋には、紅葉が湖を彩り、冬には、雪化粧をした湖畔が幻想的な雰囲気を醸し出します。 知床五湖二湖は、知床半島の自然を満喫できる絶好のスポットです。ぜひ、訪れてみてください。
地名・ロケ地

「だて歴史の杜」へようこそ!

北海道伊達市の「だて歴史の杜」とは? 「だて歴史の杜」は、北海道伊達市にある歴史公園です。道央自動車道伊達インターチェンジから車で約10分のところに位置しています。 伊達市は、江戸時代に伊達政宗の重臣である片倉小十郎景綱が築城した伊達城が所在する城下町です。「だて歴史の杜」は、伊達城の跡地と周辺の土地を公園として整備したもので、伊達市の歴史や文化を学ぶことができる施設となっています。 「だて歴史の杜」には、伊達城の跡地である本丸跡や、伊達政宗の銅像、伊達市出身の作家である佐藤紅緑の文学碑などがあります。また、伊達市に関する資料を展示している伊達市歴史資料館や、伊達市の特産品を販売している売店などもあります。 「だて歴史の杜」は、伊達市の歴史や文化を学ぶことができる観光スポットとして人気があります。また、桜の名所としても知られており、春になると多くの人が花見に訪れます。
その他

世界・食の祭典:北海道で開催された博覧会

開催期間と場所 北海道博覧会は、2023年7月1日から9月30日まで、北海道札幌市で開催されました。会場は、札幌市中心部から車で約30分の場所にある、北海道立真駒内公園です。真駒内公園は、広大な敷地を持つ公園で、遊園地や動物園、博物館など、様々な施設があります。博覧会の会場は、公園内の「真駒内セキスイハイムアイスアリーナ」と「真駒内屋内競技場」の2つの施設でした。 博覧会へのアクセスは、札幌市中心部から地下鉄を利用して「真駒内」駅下車、そこから徒歩で約10分です。また、札幌市中心部から車で約30分の距離にあります。博覧会には、駐車場も完備されており、駐車料金は1回500円です。
モノの名前

航路の魅力を深掘り。「ボレアース宗谷」で行く利尻・礼文

「ボレアース宗谷」で行く利尻・礼文は、海の旅の醍醐味を満喫できる旅行です。北海道の離島である利尻島と礼文島は、美しい自然と豊かな文化を持つ魅力的な島です。「ボレアース宗谷」は、これらの島々を巡るのに最適なクルーズ船です。広々としたデッキや展望ラウンジで、雄大な海の景色を眺めながら、ゆったりと過ごすことができます。また、船内では、食事やエンターテイメントを楽しむこともできます。 「ボレアース宗谷」で行く利尻・礼文は、北海道の離島を巡るのに最適な旅行です。美しく雄大な海の景色、豊かな自然、そして温かいおもてなしが待っています。ぜひ、この機会に「ボレアース宗谷」で行く利尻・礼文の旅をお楽しみください。
地名・ロケ地

双ツ岩北小島について

双ツ岩北小島の基本情報 双ツ岩北小島は、福島県双葉郡の久之浜町と浪江町にまたがる無人島です。面積は約0.3平方キロメートルで、標高は最高地点で約130メートルです。双ツ岩北小島は、北小島と南小島の2つの島からなる二重式火山島で、北小島と南小島の間に約100メートルの海峡があります。北小島は、南北に約1キロメートル、東西に約500メートルで、最高地点は約130メートルです。南小島は、南北に約500メートル、東西に約300メートルで、最高地点は約100メートルです。双ツ岩北小島は、周囲が急な崖で囲まれており、上陸は困難です。島には、ササやシダなどの植物が生息しています。双ツ岩北小島は、海鳥の繁殖地となっており、ウミネコやオオミズナギドリなどが生息しています。双ツ岩北小島は、国の天然記念物に指定されています。
モノの名前

札幌農学校の魅力を再発見

札幌農学校の魅力を再発見 道産の素材を活かしたミルククッキー 札幌農学校は、明治9年(1876年)に北海道札幌市に設立された日本初の近代的な農業学校です。クラーク博士をはじめ、多くのすぐれた教育者や研究者が集まり、日本の農業の発展に貢献しました。 札幌農学校の魅力は何といっても、その実学重視の教育方針です。学生たちは、教室で座学を学ぶだけでなく、実際に農場や畑で働いて農業を実践的に学びました。また、札幌農学校では、北海道の風土に適した新しい農作物の開発にも取り組んでおり、日本の農業の発展に大きく貢献しました。 札幌農学校で開発された農作物の一つが、小麦です。北海道の気候は、小麦の栽培に適しており、札幌農学校では、さまざまな品種の小麦を栽培していました。その中でも、特に有名なのが「北大農林1号」という品種です。この品種は、病気に強く、収量も多いため、北海道の小麦栽培に大きな影響を与えました。 札幌農学校では、小麦以外にも、さまざまな農作物を栽培していました。例えば、ジャガイモ、大根、ニンジンなどです。これらの農作物は、北海道の食生活に欠かせないものとなっています。 札幌農学校の魅力は、その実学重視の教育方針だけではありません。美しいキャンパスも札幌農学校の大きな魅力の一つです。札幌農学校のキャンパスは、北海道大学構内の一角に位置しており、緑豊かな自然に囲まれています。キャンパス内には、クラーク博士の銅像や、札幌農学校の校舎を再現した建物などがあり、札幌農学校のの歴史を感じることができます。 札幌農学校は、日本の農業の発展に貢献しただけでなく、美しいキャンパスや、実学重視の教育方針など、さまざまな魅力を持った学校でした。札幌農学校の魅力を再発見して、日本の農業の発展を支えた先人たちの偉業を忘れないようにしましょう。 道産の素材を活かしたミルククッキー 札幌農学校の魅力の一つが、道産の素材を活かしたミルククッキーです。このクッキーは、北海道産の小麦粉、牛乳、バターを使って作られており、素朴な味わいでとてもおいしいです。札幌農学校のキャンパス内にある売店で販売されており、お土産として人気があります。 ミルククッキーは、作り方も簡単なので、ご自宅で作ってみるのもおすすめです。材料は、小麦粉、牛乳、バター、砂糖、塩だけです。作り方の手順は以下の通りです。 1. 小麦粉と塩をボウルに入れ、混ぜ合わせる。 2. そこに、バターを加えて手でこねる。 3. 牛乳を少しずつ加えながら、耳たぶくらいの固さになるまでこねる。 4. 生地を冷蔵庫で30分休ませる。 5. オーブンを170度に予熱する。 6. 生地をめん棒で伸ばし、好きな型で抜く。 7. 170度に予熱したオーブンで15分ほど焼く。 8. 焼き上がったら、網の上で冷まして完成。 ミルククッキーは、素朴な味わいでとてもおいしいので、ぜひ一度作ってみてください。
作品名

「ふうれんこのはくちょうじいさん」の魅力

白鳥保護にすべてをかける老人の姿 「ふうれんこのはくちょうじいさん」の主人公である白鳥じいさんは、白鳥を保護することにすべてをかける老人です。 白鳥じいさんは、ある日、白鳥が乱獲されていることを知り、白鳥を保護するために立ち上がります。白鳥じいさんは、白鳥の生息地を買い取り、白鳥の保護区を作りました。また、白鳥の保護のために募金活動や講演会を行い、多くの人々の協力を取り付けました。 白鳥じいさんの努力のおかげで、白鳥の保護区は拡大され、白鳥の数は増えました。白鳥じいさんは、白鳥を保護することで、自然環境を守ることに貢献しました。 白鳥じいさんの姿は、私たちに自然環境を守る大切さを教えてくれます。私たちは、白鳥じいさんのように、自然環境を守るためにできることをするべきです。
施設名・ロケ地

稲田ダムの魅力

稲田ダムの歴史と概要 稲田ダムは、奈良県吉野郡下北山村にあるダムである。ダムの型式は重力式コンクリートダムで、堤高は129.0m、堤頂長は494.0mである。ダムの目的は、洪水調節、発電、かんがい、上水道供給である。 稲田ダムは、1967年に着工し、1980年に完成した。ダムの建設にあたっては、約1,200人の住民が移転を余儀なくされた。また、ダムの建設により、ダム湖である稲田湖が形成された。稲田湖は、面積約1,300ha、貯水量約1億4,800万tの人造湖である。 稲田ダムは、日本国内では6番目に高いダムである。また、稲田ダムは、発電用ダムとしても利用されており、出力は10万kWである。稲田ダムは、奈良県の重要なインフラ施設であり、洪水調節、発電、かんがい、上水道供給など、さまざまな役割を果たしている。
施設名・ロケ地

湯の川温泉花火大会の魅力

湯の川温泉花火大会は、北海道函館市湯の川温泉で毎年8月に開催される花火大会です。北海道三大花火大会の一つに数えられ、毎年約50万人の観光客が訪れます。 花火大会の打ち上げ会場は湯の川海岸で、海岸沿いに約1キロにわたって花火が打ち上げられます。打ち上げ場所は湯の川温泉街から徒歩圏内にあるため、花火大会当日は湯の川温泉街の旅館やホテルは満室になります。 花火大会の開催日程は毎年8月第1土曜日です。花火大会当日は、湯の川温泉街では各種イベントが行われ、屋台も出店されます。花火大会は午後8時から約1時間にわたって開催されます。 湯の川温泉花火大会の最大の見どころは、約1万発の花火が打ち上げられる「スターマイン」です。スターマインとは、花火を音楽に合わせて打ち上げる演出のことで、湯の川温泉花火大会のスターマインは全国でも屈指の規模を誇っています。 湯の川温泉花火大会は、湯の川の夏を代表するイベントです。湯の川温泉を訪れた際には、ぜひ湯の川温泉花火大会をご覧ください。
地名・ロケ地

駒止湖の魅力

駒止湖の成り立ちと特徴 駒止湖は、神奈川県箱根町にある湖です。芦ノ湖のほとりにある小さな湖で、湖畔には駒止茶屋という茶屋があります。駒止湖は、芦ノ湖のカルデラ壁の一部が崩れてできたとされています。駒止湖の湖畔には、駒止石という石があります。この石は、馬が止まってしまうほど滑りやすい石であることから、この名前がついたと言われています。駒止石は、駒止湖のシンボル的な存在であり、多くの観光客が訪れます。駒止湖は、芦ノ湖よりも小さく、静かで落ち着いた雰囲気の湖です。湖畔には、遊歩道が整備されており、散歩を楽しむことができます。また、駒止湖には、ボート遊びができる場所があります。駒止湖は、芦ノ湖よりも混雑していないため、ボート遊びを楽しむには最適な場所です。
施設名・ロケ地

「サッちゃん」の魅力と歴史

-サッちゃんの誕生秘話- サッちゃんは、1984年にサントリーが発売した清涼飲料水です。開発当初は、発売日がサントリーの創業記念日である7月1日と重なることから、「サントリー7」という商品名で発売される予定でした。しかし、サントリーの創業者である佐治敬三は、商品名を「サッちゃん」に変更することを決めました。佐治敬三は、サッちゃんは母親の愛情に満ちた清涼飲料水であり、多くの人々に愛される商品になることを願っていたのです。 サッちゃんの誕生秘話には、もう一つあります。それは、サッちゃんのキャラクターです。サッちゃんのキャラクターは、イラストレーターの南伸坊によってデザインされました。南伸坊は、サッちゃんのキャラクターをデザインするにあたって、佐治敬三の母親である佐治サエをモデルにしました。佐治サエは、温厚で優しい性格の女性であり、佐治敬三は母親をとても尊敬していました。サッちゃんのキャラクターは、佐治サエの温かさや優しさを表現したデザインとなっています。 サッちゃんは、発売以来、多くの人々に愛され続けている清涼飲料水です。サッちゃんの誕生秘話には、佐治敬三の母親への愛情と、南伸坊の温かいデザインが関係しているのです。
モノの名前

麺つづりとは? – 三輪そうめん山本のこだわり

「麺つづり」の特徴 「麺つづり」とは、三輪そうめん山本が独自に開発した製麺技術であり、職人が一枚一枚丁寧に麺を引き伸ばすことで、なめらかでこしのあるそうめんを作り上げています。この製法は、三輪そうめんの伝統的な製法である「手延べ」をベースに、現代の技術を融合させることで生み出されました。 「麺つづり」で作られたそうめんは、一般的なそうめんよりも細く、しなやかで、喉ごしが良く、独特の風味が特徴です。また、茹で時間も短く、調理が簡単なのも魅力です。この製法は、三輪そうめん山本のこだわりであり、他にはない唯一無二の麺を作り上げているのです。
施設名・ロケ地

「自然体感しむかっぷ」魅力とおすすめポイント

「自然体感しむかっぷ」魅力とおすすめポイント自然体感しむかっぷとは。北海道勇払郡占冠村にある道の駅、それが「自然体感しむかっぷ」です。国道237号沿いに位置しています。
施設名・ロケ地

北海道21世紀博覧会について

北海道は、これまで一度も博覧会が開催されていない唯一の都道府県でした。しかし、2000年に北海道札幌市で北海道21世紀博覧会(略称 愛・地球博)が開催されました。これは、北海道で唯一開催された博覧会であり、北海道の歴史において重要なイベントとなりました。 北海道21世紀博覧会は、環境問題や持続可能な開発をテーマとした国際博覧会であり、世界各国から1,125万人が来場しました。博覧会では、環境保全やリサイクル、再生可能エネルギーなどに関する展示が行われ、来場者は環境問題について学ぶことができました。また、博覧会では、北海道の特産品や郷土料理も紹介され、北海道の魅力をアピールすることができました。 北海道21世紀博覧会は、北海道にとって大きな成功を収め、北海道の知名度向上と経済発展に貢献しました。また、博覧会は、環境問題や持続可能な開発について考えるきっかけとなり、北海道の未来を考える上で貴重な機会となりました。
その他

「おたる新報」について知っておきたいこと

「おたる新報」とは? 「おたる新報」は、北海道小樽市で発行されている地方新聞です。1893年(明治26年)に「小樽新聞」として創刊され、1908年(明治41年)に「おたる新報」と改題されました。小樽市やその周辺地域のニュースを中心に、国内外のニュースや経済、スポーツ、文化などの情報を掲載しています。また、小樽市内のイベントや観光情報なども積極的に取り上げています。 「おたる新報」は、小樽市民にとってなくてはならない情報源のひとつとなっています。小樽市内の出来事をいち早く報じるだけでなく、市民の生活に役立つ情報や話題を提供しています。また、小樽市の歴史や文化を伝える役割も果たしています。 「おたる新報」は、紙面だけでなく、ウェブサイトやSNSなどを通じて情報発信を行っています。ウェブサイトでは、新聞記事の全文を掲載しているほか、小樽市内のイベントや観光情報なども紹介しています。SNSでは、新聞記事のハイライトや、記者によるコラムなどを掲載しています。 「おたる新報」は、小樽市民にとってなくてはならない情報源のひとつであり、小樽市の歴史や文化を伝える役割も果たしています。紙面だけでなく、ウェブサイトやSNSなどを通じて情報発信を行っており、幅広い読者層に支持されています。
モノの名前

札幌の名産品タマネギ「さつおう」

「さつおう」の歴史と特徴 「さつおう」は、北海道札幌市北区で生産されているタマネギです。1963年に札幌黄という在来品種とケントという外国品種を交配して生まれました。当時は「札幌黄」が主力の品種でしたが、「さつおう」は貯蔵性がよく、甘みと辛みが強いことが特徴で、すぐに人気品種となりました。 「さつおう」は、北海道の中でも札幌の気候風土に合った品種で、特に札幌黄よりも寒さに強く、雪の下で越冬することができます。そのため、冬の間も収穫することができ、一年中新鮮な「さつおう」を味わうことができます。 また、「さつおう」は、貯蔵性が高いことも特徴で、夏に収穫した後、冬まで貯蔵することができます。貯蔵中に甘みが増し、辛みが抜けていくので、冬の「さつおう」は、特に甘くて食べやすいのが特徴です。 「さつおう」は、北海道のタマネギの中でも特に人気のある品種で、札幌の特産品として知られています。札幌のスーパーや市場では、一年中「さつおう」を見つけることができます。また、北海道以外でも、全国のスーパーや市場で「さつおう」を見つけることができます。
施設名・ロケ地

北海道釧路市のスキー場「阿寒ロイヤルバレイ」の魅力

北海道釧路市のスキー場「阿寒ロイヤルバレイ」は、家族連れに優しいゲレンデと設備が充実しています。 ゲレンデは、初心者から上級者まで楽しめる13のコースがあり、しかも全体的に斜度が緩やかで、滑りやすいコースばかりです。 また、キッズパークがあり、ソリやチューブ遊びができるスペースがあります。 レンタルショップも充実しており、スキーやスノーボード、ウェア、ブーツなど、必要なものはすべて揃えることができます。 レストランやカフェもありますので、食事や休憩には困りません。 宿泊施設も充実しており、ゲレンデの目の前にあるホテルやコテージ、ペンションなどがあります。 阿寒ロイヤルバレイは、家族連れに優しいスキー場なので、小さいお子様がいらっしゃるご家族でも安心して楽しむことができます。
モノの名前

釧路のご当地グルメ「無量寿」とは

北海道釧路市のご当地グルメである「無量寿」は、その名の通り、釧路の老舗和菓子店「無量寿」が発祥の地です。無量寿の歴史は古く、明治23年(1890年)に創業しました。当時、釧路はニシンの大漁で潤っており、無量寿もその恩恵を受け、大いに繁盛しました。 無量寿が最初に作った和菓子は、「最中」です。最中は、小豆餡を2枚の薄皮で挟んだ和菓子で、無量寿の最中は、その皮の薄さと餡の美味しさで評判になりました。その後、無量寿は、饅頭、団子、羊羹など、さまざまな和菓子を作るようになりましたが、中でも人気が高いのが「無量寿」というお菓子です。
地名・ロケ地

北海道「かなやま湖」で楽しむ自然の恵み

かなやま湖は、北海道の中央部に位置する美しい湖です。湖畔には、雄大な山々がそびえ立ち、四季折々の美しい景色を楽しむことができます。また、湖には、さまざまな魚が生息しており、釣りを楽しむことができます。 春には、湖畔で桜の花が咲き誇ります。また、湖では、ボートやカヌーを楽しむことができます。夏には、湖で泳いだり、ウォータースポーツを楽しむことができます。また、湖畔でキャンプをすることもできます。 秋には、湖畔の木々が色づき、紅葉を楽しむことができます。また、湖では、魚釣りを楽しむことができます。冬には、湖が凍結し、スケートやアイスフィッシングを楽しむことができます。また、湖畔で雪景色を楽しむこともできます。 かなやま湖は、四季折々のアクティビティが満載の美しい湖です。ぜひ、一度訪れてみてください。
施設名・ロケ地

北海道森町の道の駅「YOU・遊・もり」で自然を満喫

道の駅「YOU・遊・もり」の見どころ 道の駅「YOU・遊・もり」は、北海道森町にある道の駅です。森町の自然を満喫できるスポットとして人気を集めています。 道の駅の敷地内には、農産物直売所やレストラン、カフェ、売店などがあります。農産物直売所では、森町産の新鮮な野菜や果物、加工品などを販売しています。レストランでは、森町の郷土料理である「たこしゃぶ」や「イカ刺し」などの海鮮料理を楽しむことができます。 道の駅の周辺には、自然を満喫できるスポットがたくさんあります。森町は、海岸線に面しており、美しい海を眺めることができます。また、森町には、いくつかの山があり、ハイキングやトレッキングを楽しむことができます。 道の駅「YOU・遊・もり」は、森町の自然を満喫できるスポットとしておすすめです。ドライブの休憩や観光の拠点として、ぜひ立ち寄ってみてください。
モノの名前

「はるひので」のすべてが分かる!高品質で製パンに適したコムギ

「はるひので」とは、一般社団法人 日本製粉協会が平成17年に育成、平成20年に品種登録した中力粉に分類されるコムギです。粒は大きくても25.2g、タンパク質含有量は11.1%と低タンパクで、製パンに適したコムギです。 製パン性としては、グルテン量が少なく、グルテンの質もやや低いため、生地の伸展性が弱く、粘りが少ないのが特徴です。しかし、一方で、水和性がよいので、生地の吸水率が高く、しっとりとしたパンを作ることができます。また、低タンパクであるため、パンの老化が遅く、日持ちするのも特徴です。
施設名・ロケ地

「たきかわ」徹底ガイド

滝川市は、北海道の中央部に位置する都市です。面積は約1,344平方キロメートルで、人口は約41,000人です。滝川市は、石狩川と空知川の合流点に位置し、交通の要衝として栄えました。また、滝川市は、農業と工業が盛んな地域でもあります。滝川市は、山と川に囲まれた美しい自然が広がる地域です。滝川市には、滝川市総合公園や滝川市中央公園など、多くの公園があります。また、滝川市には、滝川市郷土資料館や滝川市美術館など、多くの文化施設があります。滝川市は、北海道の観光地としても知られています。滝川市には、川遊びやキャンプが楽しめる「たきかわ自然の家」や、温泉が楽しめる「滝川温泉」など、多くの観光スポットがあります。