日本酒

モノの名前

霧の塔:新潟の銘酒

霧の塔とは、新潟県妙高市にある、日本清酒発祥の地といわれる弥彦神社の境内にある酒蔵です。創業は1898年で、当時は「妙高酒造」という名前でした。1978年に現在の「霧の塔」に改名し、現在では新潟県内屈指の酒蔵として知られています。 霧の塔という名前は、酒蔵がある妙高山の麓に立ち込める霧に由来しています。この霧は、酒造りに適した湿度の高い環境を作り出すため、酒蔵にとっては欠かせない存在です。また、この霧が酒を冷やす効果もあるため、霧の塔の酒はすっきりとした味わいに仕上がります。 霧の塔の酒造りは、伝統的な手法を大切にしながら行われています。酒米は新潟県産のコシヒカリを使用し、酒母は生酛造りという伝統的な方法で作られます。また、酒蔵には地下100メートルの井戸があり、そこから汲み上げた天然水を使用しています。
モノの名前

幻の名酒「神蔵」の魅力と味わいをご紹介

神蔵酒造の歴史は古く、江戸時代初期に創業しました。創業以来、代々酒造りを営み、その伝統と技術を守り続けています。神蔵の酒造りは、地域に根ざした酒造りであり、地元の米や水を使用し、昔ながらの手法で酒を醸しています。 神蔵の酒蔵は、白壁の土蔵造りの建物で、趣のある佇まいを見せています。酒蔵の中では、大きな杉樽がずらりと並び、その中で酒が醸されています。神蔵の酒造りは、杜氏が伝統的な手法で酒を醸しており、その技は代々受け継がれています。 神蔵の酒は、米の旨味とまろやかな口当たりが特徴です。また、神蔵の酒は、熟成によってさらに美味しくなり、長期間保存できるのも魅力です。神蔵の酒は、全国各地の酒愛好家に親しまれており、その人気は高まっています。
モノの名前

「峰乃白梅」とは?日本酒の銘柄を徹底解説!

「峰乃白梅」は、三重県四日市市にある株式会社白子酒造が製造・販売している日本酒の銘柄です。明治26年(1893年)に創業し、以来130年以上の歴史を持つ酒蔵です。 「峰乃白梅」という名前は、白子酒造の所在地である四日市市にある「峰の白梅」という梅の木に由来しています。この梅の木は、約300年前から咲き誇っており、地元の人々に親しまれています。白子酒造は、この梅の木にちなんで、日本酒に「峰乃白梅」という名前をつけました。
モノの名前

幻の焼酎「銀の水」の秘密

幻の焼酎「銀の水」の秘密 銀の水とは? 幻の焼酎「銀の水」は、鹿児島県大隅半島にある種子島で造られる焼酎です。その名の通り、銀色に輝く美しい見た目をしており、フルーティーで爽やかな味わいが特徴です。原料はさつまいもと米麹で、黄金千貫という品種のさつまいもが使われています。黄金千貫は、甘味が強く、焼酎に適した品種です。銀の水は、黄金千貫を原料に、低温でじっくりと発酵させて造られます。発酵後は、蒸留器で蒸留され、アルコール度数が40度になります。蒸留された銀の水は、貯蔵タンクで熟成されます。熟成期間は、2年以上で、熟成させることで、まろやかな味わいに仕上がります。銀の水は、その希少性と美味しさから、幻の焼酎と呼ばれています。
モノの名前

金鳳司牡丹の特徴とおすすめポイントについて

金鳳司牡丹の歴史と由来 金鳳司牡丹は、江戸時代中期に京都で生まれた牡丹です。江戸時代、京都の園芸家は、中国から渡ってきた牡丹を改良して、独自の品種を作り出していました。金鳳司牡丹もその一つで、園芸家・金鳳司源左衛門によって作られたものです。源左衛門は、牡丹の栽培に情熱を注ぎ、数多くの品種を作り出しました。金鳳司牡丹もその一つで、牡丹の美しさに魅了された人々に愛されてきました。 金鳳司牡丹は、花弁が大きく、花色が鮮やかで、香りが良いのが特徴です。また、花持ちが良く、長く楽しむことができます。金鳳司牡丹は、牡丹の中でも特に人気のある品種で、現在でも多くの園芸家が栽培しています。
モノの名前

「GOZENSHU9」真庭産酒米と木桶で醸す

真庭産酒米「マタノヒカリ」100%使用 「GOZENSHU9」は、真庭産の酒米「マタノヒカリ」を100%使用して醸された日本酒です。「マタノヒカリ」は、真庭市蒜山下福田地区で栽培されている酒米で、大粒で心白が大きく、日本酒造りに適した特徴を持っています。 「GOZENSHU9」は、この「マタノヒカリ」を原料米として、真庭市の酒蔵である「真庭市酒造組合」で醸造されました。真庭市酒造組合は、真庭市内の酒蔵が加盟する組合で、真庭産の酒米を使った日本酒造りに取り組んでいます。 「GOZENSHU9」は、真庭市産の酒米や木桶で醸された日本酒として、真庭の豊かな自然が育んだ日本酒として、味わうことができます。
モノの名前

麒麟山で味わう新潟の酒文化

麒麟山と新潟の酒文化の歴史は古く、遡ること約300年前、元禄時代にまでさかのぼります。当時は、現在の新潟県にあたる地域に多くの酒蔵が存在し、盛んにお酒が造られていました。その中でも、麒麟山酒造は、その品質の高さから、藩主のお墨付きを得て、藩の御用蔵としても重宝されていました。 麒麟山酒造の酒造りは、代々受け継がれる伝統の技法によって行われています。その特徴は、地元で採れる米と水を使用し、丁寧に仕込むことで、まろやかで飲みやすいお酒に仕上げていることです。また、独自の酵母を使用することで、華やかな香りと味わいを引き出しています。 麒麟山酒造では、様々な種類のお酒を製造しています。その中でも、特に人気なのが「麒麟山大吟醸」です。こちらは、最上級の酒米である山田錦を100%使用し、丁寧に仕込んだ大吟醸酒です。華やかな香りとまろやかな味わいが特徴で、多くの人々から愛されています。 また、麒麟山酒造では、日本酒だけでなく、焼酎やウイスキーなどの蒸留酒も製造しています。これらは、いずれも麒麟山酒造の伝統の技法によって造られており、高い品質を誇っています。 麒麟山酒造は、新潟の酒文化を代表する酒蔵のひとつです。その歴史は古く、その品質は藩主からもお墨付きを得ていました。現在もなお、伝統の技法によって造られる麒麟山のお酒は、多くの人々から愛されています。
モノの名前

「真澄」の魅力を徹底解説!

真澄は、全国新酒鑑評会で金賞を受賞したことがある日本酒です。全国新酒鑑評会は、毎年、全国各地から出品された日本酒を審査し、金賞、銀賞、銅賞を授与するコンクールです。金賞を受賞した日本酒は、その年の最高の日本酒として認められたことになります。真澄は、その金賞を何度も受賞しており、その品質の高さが証明されています。 真澄の特徴は、その爽やかな飲み口と、キレの良さです。また、フルーティーな香りも特徴的です。真澄は、冷やして飲むのがおすすめです。冷やすことで、その爽やかな飲み口と、キレの良さがさらに際立ちます。 全国新酒鑑評会の金賞受賞をきっかけとして、真澄は、全国各地で販売されるようになりました。現在では、日本国内だけでなく、海外でも販売されています。真澄は、世界中の人々に愛される日本酒となっています。
モノの名前

肥前杜氏、佐賀の伝統と技を味わう

佐賀は、肥前杜氏を擁する地として、長い歴史と伝統を持っています。肥前杜氏は、江戸時代から続く酒造りの伝統を受け継ぎ、代々その技を磨いてきました。 肥前杜氏の酒造りは、米、水、麹、酵母を原料として、酒造法に従って製造されます。米は、酒造りに適した品質のものを選定し、水は、酒造りに適した軟水を使用します。麹は、米を蒸して麹菌を繁殖させ、酵母は、酒造りに適した酵母を使用します。 肥前杜氏の酒造りは、温度管理や発酵管理が重要です。温度を適度に保ち、発酵をコントロールすることで、酒の品質を高めます。また、酒造りの工程は、すべて手作業で行われます。 肥前杜氏が造る酒は、芳醇な香りとまろやかな味わいが特徴です。地元の食材を使用した料理とよく合い、食中酒として最適です。佐賀県には、肥前杜氏の酒造りを継承する酒蔵が数多くあり、それぞれの酒蔵が独自の酒を造っています。
モノの名前

知るべし!「東灘」の魅力とは

東灘は、長い歴史と伝統を有する地域です。平安時代には、源氏と平氏による戦いの舞台となり、多くの武者がこの地で戦いました。また、鎌倉時代には、幕府が置かれ、政治の中心地となりました。室町時代には、足利氏が東灘に居城を構え、この地を支配しました。戦国時代には、織田信長や豊臣秀吉が東灘を攻略し、この地を支配しました。江戸時代には、徳川幕府が東灘に奉行所を置き、この地を統治しました。明治時代には、東灘は廃藩置県により兵庫県に編入されました。 東灘は、長い歴史の中で、多くの文化や伝統を育んできました。東灘には、多くの神社仏閣があり、その多くが国の重要文化財や県指定の文化財に指定されています。また、東灘には、多くの伝統芸能が伝承されており、毎年、多くのイベントが開催されています。東灘は、歴史と伝統を継承する地域であり、その魅力は尽きることがありません。
モノの名前

八鹿 – 大分の誇り高き日本酒

八鹿とは? 八鹿とは、大分県産の酒米「夢つくし」を使用して作られた純米吟醸酒です。大分県の酒蔵である八鹿酒造が製造しており、地元では「大分が誇る日本酒」として親しまれています。八鹿酒造は、江戸時代後期に創業した老舗の酒蔵で、伝統的な酒造りの技法を守りながら、新しい技術を取り入れた酒造りに取り組んでいます。八鹿は、その中でも特に人気の高い銘柄で、その味わいはフルーティーで爽やかなのが特徴です。また、八鹿は燗酒にしても美味しく飲むことができます。
モノの名前

天吹の魅力:佐賀の誇る日本酒

天吹の歴史と特徴 佐賀県を代表する日本酒である天吹は、その歴史とともに独自の製法や味の特徴を持っています。天吹の起源は、1759年に佐賀藩主鍋島直朝が、藩内の酒造業振興のために、酒造家の阿部勘右衛門らに命じて、良質な日本酒を造らせたことに始まります。阿部勘右衛門は、天吹川の上流にある清水を使用し、地元の酒造好適米である山田錦を原料として、丁寧に醸造することで、天吹の原型となる日本酒を完成させました。その後、天吹は、佐賀藩主や幕府に献上されるなど、その品質の高さが認められ、江戸時代後期には、佐賀藩を代表する日本酒として知られるようになりました。明治時代以降、天吹は、海外にも輸出され、その品質の高さが国際的にも評価されるようになりました。現在、天吹は、佐賀県内の複数の蔵元が製造しており、その味は、蔵元によって異なりますが、いずれも、山田錦を原料として、天吹川の上流にある清水を使用して醸造されているため、共通した特徴を持っています。天吹の特徴は、まず、その味わいです。天吹は、山田錦の旨味と、天吹川の上流にある清水の清涼感が調和した、爽やかでキレのある味わいが特徴です。また、天吹は、その香りも特徴的です。天吹には、山田錦のフルーティーな香りや、天吹川の上流にある清水の清涼感のある香りが感じられます。天吹は、その味わいと香りの両方を楽しむことができる日本酒です。
モノの名前

「又兵衛」の特徴と魅力

「又兵衛」の歴史と由来 又兵衛は、徳島県に古くから伝わる郷土料理です。その起源は、江戸時代初期まで遡ると言われています。徳島藩の初代藩主であった蜂須賀家政が、領内の農民たちのために、麦と米を混ぜて作った粥を振る舞ったことが始まりとされています。この粥は、麦の香ばしさと米の甘みが調和した、とても美味しいもので、農民たちから大変喜ばれました。 その後、又兵衛は、徳島県内の郷土料理として定着し、現在に至るまで親しまれ続けています。また、近年では、徳島県の特産品として全国的にも知られるようになり、多くの人々に愛されるようになりました。
モノの名前

榮四郎の歴史と味わい

-榮四郎の歴史- 榮四郎は、1930年(昭和5年)に創業した老舗の和菓子店です。創業者の田中榮四郎は、石川県金沢市出身で、上京して和菓子職人として修行を積んだ後、地元金沢に戻り、榮四郎を創業しました。榮四郎は、創業以来、地元の人々に愛される和菓子店として営業を続けており、現在は、金沢市内に3店舗を構えています。 榮四郎の和菓子は、伝統的な製法を守りながら、新しい素材や製法を取り入れることで、常に新しい和菓子を生み出しています。また、榮四郎の和菓子は、見た目にも美しく、贈り物としても喜ばれています。 榮四郎の代表的な和菓子の一つが、「金箔羊羹」です。金箔羊羹は、羊羹の上に金箔を貼り付けたもので、見た目にも豪華な和菓子です。金箔羊羹は、榮四郎の創業時から販売されている定番商品で、現在でも多くの人々に愛されています。 榮四郎の和菓子は、地元の人々に愛されるだけでなく、全国各地から訪れる観光客にも人気があります。榮四郎の和菓子は、金沢の伝統的な和菓子の味を楽しむことができるので、金沢を訪れた際は、ぜひ栄四郎の和菓子を味わってみてください。
モノの名前

岩手県銘酒「桜顔」の魅力

桜顔とは、岩手県の花巻市にある「有限会社櫻顔酒造」が製造する純米吟醸酒です。岩手県で栽培された「吟ぎんが」という品種の酒米を100%使用し、地元の蔵王山系からの伏流水で仕込んでいます。桜顔は、花巻雪まつりの際に提供されるお酒として、地元の人々に親しまれてきました。 桜顔は、華やかな香りと、軽やかで爽やかな味わいが特徴です。女性にも飲みやすい口当たりで、料理の邪魔をしません。冷やして飲んでも、ロックや水割りにしても美味しくいただけます。桜顔は、数々の賞を受賞しており、その品質の高さが認められています。2016年には、全国燗酒コンテストで最高位である「金賞」を受賞しました。
モノの名前

虎之児の魅力とは?佐賀の銘酒を味わう

虎之児の歴史と特徴 虎之児の歴史は古く、江戸時代後期にまで遡ります。佐賀県多久市で創業した酒蔵「多久鶴酒造」が、地元の特産品である米と水を使って日本酒を造り始めたのが始まりです。当初は「多久鶴」という銘柄で販売されていましたが、後に「虎之児」と改名されました。この改名は、虎のような力強さと児のような可愛らしさを兼ね備えた日本酒を目指したことに由来しています。 虎之児の特徴は、そのふくよかな味わいとキレの良さです。佐賀県産の米を100%使用し、地元の地下水で仕込むことで、まろやかで優しい口当たりを実現しています。また、低温発酵によってじっくりと熟成させることで、雑味がなく後味のキレが良い日本酒に仕上がっています。 虎之児は、その味わいの良さから全国各地で愛飲されています。特に、地元の佐賀県では、お祝いの席や祝い事の席には欠かせない銘酒として親しまれています。また、海外でも高く評価されており、ヨーロッパやアメリカなどでも販売されています。
モノの名前

北信流の魅力と特徴

北信流の歴史と由来 北信流は、江戸時代の初期に信州北部に生まれた剣術の流派です。その創始者は、武田信玄の家臣であった山本勘助の弟子、北条玄庵です。北条玄庵は、山本勘助から学んだ剣術を独自の工夫を加えて発展 させ、北信流を創始しました。北信流は、その実戦性に優れていることが特徴で、戦国時代に活躍した多くの武将たちに学ばれました。 江戸幕府が成立之後、北信流は全国に広がり、多くの分派が生まれました。その中でも、特に有名なのは、上田重政が創始した上田派北信流と、土屋惣右ェ門が創始した土屋派北信流です。上田派北信流は、上田重政が、北信流の技法に、居合いや弓道の要素を取り入れて発展 させました。土屋派北信流は、土屋惣右ェ門が、北信流の技法に、柔道の要素を取り入れて発展 させました。 明治維新後は、多くの剣術が廃れましたが、北信流は、その実戦性に優れていることが評価され、残存しました。そして、昭和初期に、北信流の有志たちが集まって、北信流を保存・継承する団体を設立しました。その団体が、現在の北信流の総本部です。 北信流は、江戸時代の初期に信州北部に生まれた剣術の流派です。その創始者は、山本勘助の弟子、北条玄庵です。北信流は、その実戦性に優れていることが特徴で、戦国時代に活躍した多くの武将たちに学ばれました。
モノの名前

「七笑」の味わいとお酒の特徴を徹底解説!

「七笑」の誕生と歴史 「七笑」は、1924年に東京府北多摩郡国分寺村(現在の東京都国分寺市)で創業を開始した酒蔵「小澤酒造」によって製造されている日本酒です。小澤酒造は、創業当初から地元の米と水にこだわり、伝統的な製法を守りながら日本酒造りを行ってきました。 「七笑」という銘柄は、1933年に初めて使用されました。この銘柄は、酒蔵の創業者である小澤善右衛門氏の七人の息子たちが、笑顔で集まるようにとの願いを込めて名付けられました。「七笑」は、発売以来、そのまろやかで飲みやすい味わいで人気を集め、現在では全国各地で愛飲されています。 「七笑」の製造に使用される米は、すべて地元の国分寺市で栽培された山田錦です。山田錦は、酒造好適米として知られており、「七笑」のまろやかな味わいを生み出しています。また、「七笑」の製造に使用される水は、酒蔵の敷地内にある井戸から汲み上げられた天然水です。この水は、ミネラルを豊富に含んでおり、「七笑」のすっきりとした味わいを引き出しています。 「七笑」の製造過程は、伝統的な製法を守って行われています。まず、米を精米して洗米し、水に浸します。その後、米を蒸して麹菌を繁殖させ、酒母を作ります。酒母は、醪(もろみ)に加えて発酵させ、日本酒ができあがります。日本酒ができあがったら、火入れをして殺菌し、熟成させます。熟成期間は、短期間のものから長期熟成のものまでさまざまです。 「七笑」は、そのまろやかで飲みやすい味わいで、幅広い年代の方々に愛飲されています。また、「七笑」は、和食だけでなく洋食にも合う日本酒として知られており、さまざまな料理と楽しむことができます。「七笑」は、贈答品としても人気が高く、大切な方へのプレゼントにも最適です。
モノの名前

希少な飛騨の地酒、飛騨娘の美味しさとは?

飛騨娘とは、岐阜県高山市にある飛騨酒造株式会社が醸造している日本酒です。飛騨の酒造りには欠かせない、飛騨の名水を使用して造られており、その味わいは、キレの良い辛口でありながら、まろやかで飲みやすいのが特徴です。飛騨娘という名前は、飛騨の女性のように「美しく、健やかであること」を願って名付けられました。 飛騨の豊かな自然の中で育まれた飛騨娘は、地元の人々に愛され続けている銘酒です。また、全国各地の日本酒ファンからも高い評価を得ており、様々な日本酒コンクールで受賞歴があります。飛騨娘は、冷やしてそのまま飲んでも美味しいですが、燗にして飲んでもまた違った味わいを楽しむことができます。飛騨の郷土料理と一緒に飲むと、さらに美味しくいただけます。飛騨娘は、飛騨を代表する日本酒として、多くの人々に愛され続けています。
モノの名前

「寿禮春」のすべて

金の井酒造株式会社の歴史 金の井酒造株式会社は、1850年に創業した老舗の酒蔵です。創業者である金井清兵衛は、もともと米問屋を営んでいましたが、酒造業に興味を持ち、酒造免許を取得して酒造りを始めました。当初は、地元の小さな酒蔵でしたが、清兵衛の努力と経営手腕によって、徐々に事業を拡大していきました。 1900年代に入ると、金の井酒造は、全国的な知名度を獲得するようになりました。そのきっかけとなったのが、1907年に開催された「第1回全国清酒品評会」です。この品評会で、金の井酒造が出品した「寿禮春」が見事に入賞し、全国にその名を知られるようになりました。 その後、金の井酒造は順調に事業を拡大し、1930年代には、東北地方有数の酒蔵となりました。しかし、1945年の太平洋戦争の戦火で、蔵が焼失してしまいます。戦後は、すぐに蔵を再建して酒造りを再開しましたが、焼失した蔵の規模には遠く及びませんでした。 1960年代に入り、金の井酒造は再び事業を拡大し始めます。1965年には、新しい蔵を建設して生産量を大幅に増やし、1970年には、海外への輸出も始めました。1980年代には、金の井酒造の「寿禮春」は、国内外で高い評価を受けるようになりました。 そして、1990年代に入ると、金の井酒造は、業界のトップ企業の仲間入りを果たします。1995年には、売上高が100億円を突破し、1998年には、東京証券取引所2部に上場しました。 現在、金の井酒造は、国内外に多くのファンを持つ酒蔵として知られています。その主力商品は、「寿禮春」ですが、他にも「金井の雫」「金井の誉」など、数多くの銘酒を製造しています。
モノの名前

美丈夫の歴史と特徴

美丈夫の歴史 美丈夫とは、容姿端麗で容姿の良い男性のことです。その歴史は古く、古代ギリシャ・ローマ時代までさかのぼります。古代ギリシャでは、男性の美しさは神聖なものとされ、彫刻や絵画など芸術作品の題材として数多く取り上げられました。また、古代ローマでは、美丈夫は軍人や政治家として活躍することが多く、その美しさは権力の象徴とされました。 中世ヨーロッパでは、美丈夫は騎士道精神の象徴とされました。騎士道精神とは、勇気、忠誠心、礼儀正しさなどを重んじる精神のことです。美丈夫は、これらの精神を体現した男性とされ、女性たちから憧れを集めました。 ルネサンス期には、美丈夫は芸術作品の題材として再び注目を集めました。この時代の美丈夫は、ギリシャ・ローマ時代の美丈夫をモデルとしており、均整のとれた肉体と端正な顔立ちが特徴です。また、ルネサンス期には、美丈夫を主人公とした文学作品も数多く執筆されました。 近代以降も、美丈夫は芸術作品の題材として取り上げられ続けました。19世紀のイギリスでは、美丈夫を主人公とした小説『ドラキュラ』が出版され、大きな話題となりました。また、20世紀には、美丈夫を主人公とした映画『ローマの休日』が公開され、世界中で大ヒットしました。 このように、美丈夫の歴史は古く、時代によってその定義や価値観は変化してきました。しかし、美丈夫が女性たちから憧れを集める存在であることは、今も昔も変わりません。
モノの名前

羽陽男山:山形県が誇る名酒

羽陽男山とは、山形県鶴岡市に本社を構える羽陽酒造株式会社が醸造する日本酒です。その歴史は古く、江戸時代初期の1615年に創業したと伝えられています。羽陽男山は、山形県産の酒米「出羽の里」を使用し、雪解け水で仕込まれます。 酒蔵のある鶴岡市は、羽黒山の麓に位置し、良質な水と空気、そして米作りに適した気候に恵まれています。羽陽男山は、こうした自然豊かな土地で、伝統的な製法を守りながら丁寧に醸造されています。 羽陽男山の味わいの特徴は、すっきりとした辛口で、キレのある後味が特徴です。また、爽やかな香りと、米の旨みが感じられます。羽陽男山は、冷やして飲むのが一般的ですが、燗にしても楽しむことができます。
モノの名前

田友とは?新潟が誇る日本酒の銘柄

田友の歴史と特徴 田友のルーツは江戸時代初期にまで遡り、越後国蒲原郡(現在の新潟県新潟市)で創業した酒蔵に始まります。酒蔵は、当時は「沢瀬酒造」という名称で、地元の農民たちが酒造りを始めました。その後、沢瀬酒造は、田友に名称を変更し、明治時代には、新潟県最大の酒蔵となりました。 田友の特徴は、新潟県産の酒造好適米を使用し、辛口でキレの良い味わいにあります。また、田友は、低温発酵でじっくりと醸造されるため、雑味が少なく、まろやかな口当たりも特徴です。田友は、全国の酒通の間でも高く評価されており、数々の賞を受賞しています。 田友には、純米大吟醸酒、純米吟醸酒、本醸造酒、特別純米酒など、さまざまな種類があります。また、季節限定で販売される商品もあり、日本酒ファンにはたまりません。田友は、新潟県内の酒販店やスーパーマーケットなどで販売されています。
モノの名前

徳島県の地酒「司菊」の魅力

-司菊の歴史- 司菊の起源は、1851年(嘉永4年)に徳島県名西郡石井町に創業した「菊司醸造場」にまで遡ります。 初代の菊司半兵衛は、近隣の農家から酒造りのために米を集めていました。そして、その米を使って、地元の清流である那賀川の水を使って酒を造っていました。その酒は、地元の人々に愛され、次第にその評判が広まっていきました。 1870年(明治3年)には、菊司醸造場が「司菊酒造」に改名されました。そして、1900年(明治33年)には、司菊酒造が「株式会社司菊酒造」として法人化されました。 司菊酒造は、その後の時代にも、地元の米と水を使って酒造りを行い続けました。そして、その酒は、全国各地で愛されるようにまでなりました。 現在では、司菊酒造は、徳島県を代表する酒蔵として知られています。そして、その酒は、全国各地の居酒屋や料亭で提供されています。 -司菊の特徴- 司菊の特徴は、そのまろやかな味わいにあります。これは、司菊酒造が、地元の米と水を使って、伝統的な酒造りの手法を守り続けているからです。 また、司菊は、その香りの良さが特徴です。これは、司菊酒造が、酒母に吟醸酵母を使用しているからです。吟醸酵母は、芳醇な香りを引き出す酵母です。 さらに、司菊は、その切れ味の良さも特徴です。これは、司菊酒造が、酒を低温で熟成させているからです。低温熟成は、酒の雑味を取り除き、切れ味の良い酒にします。 司菊は、そのまろやかな味わいと、香りの良さ、切れ味の良さから、全国各地で愛されています。