東京都

その他

古事記学会とは何か?

古事記学会の設立 古事記学会は、1957年に設立された学術団体で、古事記に関する研究を推進することを目的としています。古事記は、712年に太安万侶によって編纂された日本最古の歴史書であり、日本の古代史や文化を理解する上で重要な資料となっています。古事記学会は、古事記の研究を深め、その成果を広く社会に発信することを目指しています。 古事記学会の設立の発端は、1953年に開催された古事記研究会にあります。この研究会は、古事記の研究者や愛好家が集まって、古事記に関する研究発表や討論を行うことを目的として開催されました。研究会は盛況を博し、毎年開催されるようになりました。 古事記研究会は、1957年に古事記学会に発展しました。学会は、古事記に関する研究発表や討論を行うだけでなく、古事記の普及にも努めています。学会は、古事記に関する講演会やシンポジウムを開催したり、古事記に関する書籍や論文集を発行したりしています。 古事記学会は、古事記の研究を深め、その成果を広く社会に発信することを目指して活動しています。学会は、古事記に関する研究発表や討論を行うだけでなく、古事記の普及にも努めています。学会の活動は、古事記の研究の発展に大きく貢献しています。
地名・ロケ地

聟島 – 東京小笠原諸島最北端の島

聟島の歴史と文化 聟島は、小笠原諸島最北端の島である。東京都小笠原村に属しており、面積は0.36平方キロメートル、人口は0人である。聟島は、小笠原諸島の中でも最も人里離れた島であり、その独特の歴史と文化が特徴である。 聟島の歴史は、古くまで遡る。縄文時代には、聟島に人が住んでいたとされており、その後、平安時代には聟島に流人が配流されるようになった。江戸時代には、聟島に捕鯨基地が設けられ、多くの捕鯨船が聟島に寄港した。明治時代には、聟島に製糖工場が建設され、聟島は砂糖の産地として知られるようになった。しかし、第二次世界大戦後に聟島の製糖工場は閉鎖され、聟島の産業は衰退した。 聟島の文化は、小笠原諸島の他の島々と同様に、日本文化と西洋文化が融合した独特の文化である。聟島の言葉は、小笠原諸島の他の島々と同じく、小笠原弁と呼ばれる。小笠原弁は、日本語と英語が混ざった言語であり、聟島では今でも小笠原弁が話されている。聟島の料理も、小笠原諸島の他の島々と同じく、日本料理と西洋料理が融合した独特の料理である。聟島の郷土料理は、聟島寿司と呼ばれる寿司である。聟島寿司は、小笠原産の魚を使用した寿司であり、聟島では今も聟島寿司が食べられている。
地名・ロケ地

御殿山通りの魅力をご紹介!

-御殿山通りってどんな通り?- 御殿山通りは、青山と麻布を繋ぐ約1.5kmの並木道です。明治時代に開発された高級住宅街で、現在でも多くの邸宅が立ち並んでいます。緑豊かな通りは、四季折々の風景を楽しむことができます。また、御殿山通り沿いには、レストランやカフェ、ショップが点在し、お散歩やショッピングを楽しむのに最適なスポットです。 御殿山通りは、都内屈指の高級住宅街として知られており、多くの著名人が住んでいます。また、大使館や国際機関も多く立地しており、国際色豊かな街並みです。御殿山通りは、歴史と文化が融合した魅力的な通りであり、多くの観光客が訪れます。
地名・ロケ地

御殿坂の歴史と魅力

-御殿坂の由来- 御殿坂の由来は、江戸時代にさかのぼります。当時は、この坂の周辺に大名や旗本の屋敷が軒を連ねており、参勤交代の際に大名行列が通ったことから「御殿坂」と呼ばれるようになりました。坂の起点には「御殿坂下」という交差点があり、終点には「御殿坂上」という交差点があります。坂の途中には、徳川綱吉の側室であり、霊元天皇の生母であった桂昌院の屋敷があったとされており、その跡地には現在、ホテルニューオータニが建っています。また、坂の途中には、文京区立御殿坂小学校があり、この学校は、明治6年に創立された歴史ある小学校です。
施設名・ロケ地

リニューアルした山梨県のアンテナショップ「Cave de ワイン県やまなし」

レストラン、ショップ、イベントスペースを完備 リニューアルした山梨県のアンテナショップ「Cave de ワイン県やまなし」は、レストラン、ショップ、イベントスペースを完備しています。 レストランでは、山梨県産の食材を使用した、ワインに合う料理をご提供しております。また、ショップでは、山梨県産のワインをはじめ、お菓子や特産品など、さまざまな商品を取り揃えております。また、イベントスペースでは、ワインの試飲会や、料理教室など、さまざまなイベントを開催しております。 「Cave de ワイン県やまなし」は、ワイン県やまなしの魅力を存分に味わっていただける、複合施設です。ぜひ、お越しください。
地名・ロケ地

「とうかん堀通り」の歴史と魅力

「とうかん堀通り」の歴史を辿る 「とうかん堀通り」は、江戸時代初期の寛永年間(1624年~1644年)に整備された堀割である。当時は、現在の東京駅から日本橋までを結ぶ水路として利用され、物資の輸送や人の移動に重要な役割を果たしていた。堀割沿いには、商家や蔵屋敷が立ち並び、江戸の経済の中心地として栄えていた。 明治時代以降、鉄道や道路の発達により、堀割の役割は低下したが、昭和初期には、堀割を埋め立てて公園にする計画が持ち上がった。しかし、地元住民の反対運動により計画は頓挫し、堀割は現在も残されている。 平成時代以降、「とうかん堀通り」は、観光スポットとして人気を集めている。堀割沿いには、昔ながらの商家や蔵屋敷が残り、江戸の情緒を感じることができる。また、堀割には、遊覧船が運行しており、堀割から江戸城や東京スカイツリーなどの名所を眺めることができる。
施設名・ロケ地

洗足池公園の桜と紅葉

「都内屈指の桜の名所」 洗足池公園は、東京都目黒区にある砧公園、駒沢オリンピック公園に次ぐ、3番目に大きな公園です。また、世田谷区と大田区にも隣接しており、桜の名所として広く知られています。園内には約300本の桜が植えられており、春になると一斉に咲き誇ります。桜の種類も豊富で、ソメイヨシノ、シダレザクラ、ヤマザクラなど、さまざまな桜を楽しむことができます。 洗足池公園の桜は、池のほとりに植えられているため、水辺を散策しながら花見をすることができます。また、園内には芝生広場もあるので、ピクニックをしながら桜を眺めることもできます。毎年4月上旬には、洗足池公園桜まつりが開催され、多くの人でにぎわいます。 桜の季節以外にも、洗足池公園は紅葉の名所としても知られています。園内には約200本のイチョウが植えられており、秋になると鮮やかな黄色の葉で彩られます。イチョウ並木を散策しながら紅葉を楽しむことができます。また、園内にはモミジやカエデなどの紅葉も楽しむことができます。
未分類

ウドラ

立川市には、立川うどという特産品があります。立川うどは、コシが強く、噛むほどに甘みが増すのが特徴で、地元の人々に親しまれています。そんな立川うどが、何らかの原因で突然変異を起こし、怪獣となってしまったという事件が起きました。 立川うど怪獣は、全長10メートル、体重50トンという巨体で、全身が緑色をしています。顔は怒りに満ちた表情で、口からは鋭い牙が突き出ています。手には鋭いかぎ爪があり、足は太く、力強いです。立川うど怪獣は、その巨体と怪力を活かして、たちまち街を破壊し始めました。 立川うど怪獣の出現に、立川市民はパニックになりました。警察や自衛隊が出動しましたが、立川うど怪獣の強さは圧倒的で、歯が立ちませんでした。ついに、政府は立川市に災害派遣要請を出す事態となりました。 政府の派遣部隊は、陸海空の自衛隊に加え、科学者や専門家からなるチームで構成されていました。派遣部隊は、立川うど怪獣の弱点を探し、それを攻撃することで、怪獣を倒す作戦を立てました。 派遣部隊と立川うど怪獣の激闘は、数日にわたって続きました。ついに、派遣部隊は立川うど怪獣の弱点を発見し、それを攻撃することで怪獣を倒すことに成功しました。立川うど怪獣が倒されたことで、立川市民は安堵の胸をなでおろし、派遣部隊に感謝の意を表しました。
地名・ロケ地

野猿街道の魅力と観光スポット

-野猿街道の歴史と由来- 野猿街道は、長野県松本市と岐阜県高山市を結ぶ全長約30kmの街道です。江戸時代には、木曽谷と飛騨高山の間を行き来する人々が利用する重要な街道として栄えました。野猿街道という名前の由来は、この街道が、険しい山道で、猿でさえも通るのが難しいことから名付けられたと言われています。 野猿街道の歴史は古く、鎌倉時代にはすでに存在していたと考えられています。江戸時代になると、木曽谷と飛騨高山の間を行き来する人々がこの街道を利用するようになり、街道沿いには宿場町が整備されました。野猿街道は、江戸時代を通じて重要な街道として利用され続け、明治時代になると、松本と高山の間を結ぶ道路が開通したことで、街道としての役目を終えました。 現在は、野猿街道は、ハイキングコースとして人気を集めています。街道沿いには、美しい景色や歴史的な史跡がたくさんあり、ハイキングをしながら歴史を学ぶことができます。また、野猿街道は、自転車で走るのもおすすめです。街道沿いには、アップダウンが少なく、自転車で走りやすい道が続きます。
地名・ロケ地

百反通りってどんなところ?

百反通りの由来と歴史 百反通りは、大分県別府市の市役所前から海浜砂湯まで続く約1キロメートルの通りの愛称です。この通りは、別府の観光名所として知られる別府温泉街の中心部に位置しています。百反通りの名前の由来は、江戸時代にこの通りに100反もの布を干していたことに由来しています。別府温泉は古くから湯治場として知られており、湯治客が滞在する旅館やホテルがこの通りに多く立ち並びました。そのため、この通りは「百反通り」と呼ばれるようになったのです。 百反通りは、別府温泉街の歴史を伝える通りでもあります。この通りには、江戸時代から昭和初期にかけて建てられた木造建築の建物が数多く残されています。これらの建物は、別府温泉街の昔ながらの風情を色濃く残しており、観光客に人気となっています。また、百反通りには、別府温泉の源泉である「別府八湯」のうち、「鉄輪温泉」と「明礬温泉」が湧いています。この2つの温泉は、別府温泉の中でも特に人気が高く、観光客や地元の人々で賑わっています。
モノの名前

「金婚」:豊島屋酒造が誇る金賞受賞日本酒

金婚の特徴と魅力 金婚は、口当たりが良く、まろやかな味わいが特徴です。それは、豊島屋酒造が長年にわたり培ってきた伝統的な酒造りの技と、厳選された原材料を使用しているからこそ実現できるものです。金婚は、冷やして飲むのはもちろん、お燗にしても美味しくお召し上がりいただけます。 金婚の魅力は、何といってもその華やかな香りと、豊かな味わいです。金婚には、フルーティーな香りや、米の旨味を感じさせる香りが特徴的です。また、金婚には、甘み、酸味、苦味のバランスが良く、まろやかな味わいが特徴的です。金婚は、食中酒としても楽しむことができますが、食後酒としてゆっくりと味わうのもおすすめです。
施設名・ロケ地

首都圏の馬の聖地「馬事公苑」で過ごす休日

馬事公苑は、東京都世田谷区にある広大な公園です。この公園は、1932年(昭和7年)に開催されたロサンゼルスオリンピックの馬術競技の会場として整備されました。その後、馬事公苑は、馬術競技の国内大会や国際大会が開催される場として親しまれてきました。 馬事公苑は、馬術競技の聖地として知られていますが、馬と触れ合えるスポットとしても人気を集めています。園内には、乗馬クラブや馬術教室があり、初心者でも気軽に馬に乗ることができます。また、馬車に乗って園内を巡ることもできます。 馬事公苑は、馬術競技に興味がない人でも楽しめるスポットです。園内には、広大な芝生広場や花壇があり、休日には多くの人がピクニックや散歩を楽しんでいます。また、園内には、レストランやカフェがあり、食事や休憩をすることができます。
地名・ロケ地

北区赤羽西にある坂、『中坂』

中坂の歴史を紐解いてみると、江戸時代までさかのぼります。当時、この坂は「中ノ坂」と呼ばれ、赤羽宿と志村坂下宿を結ぶ重要な街道筋でした。また、この坂には「中ノ坂観音」というお堂があり、旅人たちの信仰を集めていました。 明治時代になると、この坂は「中坂」と改名され、現在のような形になりました。また、この坂の周辺には工場や倉庫が立ち並び、産業の中心地として栄えました。しかし、昭和30年代に工場や倉庫が移転し始めると、この坂の周辺は寂れてしまいました。 現在、中坂は閑静な住宅街となっています。しかし、この坂には江戸時代からの歴史が残っており、今もなお、地元の人々に愛されています。 中坂は、北区赤羽西にある坂です。この坂は、赤羽駅と志村坂下駅を結ぶ重要な街道筋であり、江戸時代には「中ノ坂」と呼ばれていました。明治時代になると、この坂は「中坂」と改名され、現在のような形になりました。 中坂は、かつては工場や倉庫が立ち並び、産業の中心地として栄えました。しかし、昭和30年代に工場や倉庫が移転し始めると、この坂の周辺は寂れてしまいました。現在、中坂は閑静な住宅街となっていますが、この坂には江戸時代からの歴史が残っており、今もなお、地元の人々に愛されています。
地名・ロケ地

稲荷坂の歴史と魅力

稲荷坂の由来と歴史 稲荷坂は、東京都文京区と台東区の境にある坂道である。根津駅から徒歩5分ほどのところに位置し、根津神社の参道となっている。坂の途中には、稲荷社が祀られている。 稲荷坂の由来は、江戸時代初期にこの地に稲荷社が建立されたことに始まる。稲荷社は、五穀豊穣や商売繁盛のご利益があるとされ、多くの人々が参拝に訪れた。そのため、坂道は「稲荷坂」と呼ばれるようになった。 稲荷坂は、江戸時代には花見の名所として知られていた。坂の両側には桜の木が植えられており、春になると満開の桜が咲き誇った。人々は、桜を愛でながら稲荷社に参拝した。 明治時代になると、稲荷坂周辺は住宅地として開発された。坂道には、木造家屋や長屋が建ち並び、庶民的な雰囲気を醸し出した。 大正時代になると、稲荷坂は文豪たちの住居地として知られるようになった。夏目漱石、森鴎外、芥川龍之介など、多くの文豪たちが稲荷坂に住み、作品を執筆した。 昭和時代になると、稲荷坂は観光地として整備された。坂道には、石畳が敷かれ、街灯が設置された。また、稲荷社周辺には、お土産物屋や飲食店が建ち並ぶようになった。 現在、稲荷坂は、根津神社の参道として、多くの人々が訪れる観光地となっている。坂道には、歴史的建造物が残されており、江戸時代の情緒を味わうことができる。
施設名・ロケ地

日吉神社の悠久なる歴史と信仰

日吉神社の歴史と信仰 日吉神社は、滋賀県大津市にある神社であり、全国にある日吉・日枝神社の総本社とされています。その歴史は古く、平安時代にはすでに存在していたとされており、神社の創建は神武天皇の時代にまでさかのぼると伝えられています。日吉神社の主祭神は、大己貴命(おおなむちのみこと)であり、こちらは大国主命(おおくにぬしのみこと)のことです。また、日吉神社には、大山咋神(おおやまくいのかみ)や、天照皇大神(あまてらすがみ)などの神々が祀られています。 日吉神社は、古来より信仰を集めてきた神社であり、その信仰の中心は、厄除けや開運、無病息災、商売繁盛などです。また、日吉神社には、さまざまな神事が行われており、その中でも、毎年4月に行われる「山王祭」は、日吉神社最大の神事として知られています。山王祭は、日吉神社の神輿が、大津市の中心部を巡行するもので、多くの見物客が訪れます。
地名・ロケ地

大名子ノ浅根を深く知る:無人島の歴史、自然、特徴

大名子ノ浅根の歴史と背景 大名子ノ浅根は、東京都小笠原諸島に属する無人島で、父島と母島のほぼ中間に位置しています。この島の名前は、17世紀にこの島を訪れたスペインの探検家、ベルナルド・デ・トーレスによって名付けられました。トーレスは、この島を「グランデ・ノミ・デ・アシエンダ」と名付けました。これは「大きなお金の名の浅瀬」を意味し、この島には金が埋まっていると信じていたことに由来します。 しかし、この島に金が埋まっているという話はただのうわさであり、実際にはこの島には金はありませんでした。そのため、この島は長い間無人島として放置されていました。しかし、19世紀後半になると、この島に人が住み始めました。最初にこの島に住み始めたのは、父島から移住してきた人々でした。彼らは、この島で農業や漁業を営んで生活していました。 その後、この島には東京から移住してきた人々もいました。彼らは、この島で観光業を営んで生活していました。しかし、この島は交通の便が悪く、また台風などの自然災害が多いことから、観光客はあまり来ませんでした。そのため、この島に住む人々は貧しい生活を送っていました。 1944年、この島はアメリカ軍によって占領されました。アメリカ軍は、この島に飛行場や兵舎などの軍事施設を建設しました。また、この島に住む人々を強制的に強制収容所に移送しました。 1945年、アメリカ軍が撤退した後、この島には再び人が住み始めました。しかし、この島は戦災で荒廃しており、また交通の便が悪かったことから、この島に住む人々は再び貧しい生活を送っていました。 1968年、この島は東京都に編入されました。東京都は、この島に観光客を誘致するために、道路や港などのインフラ整備を行いました。また、この島にホテルやレストランなどの観光施設も建設しました。 現在、この島は東京都の観光地として知られており、多くの観光客が訪れています。この島には、美しいビーチやサンゴ礁があり、またこの島には野生のイルカやクジラが生息しています。そのため、この島はシュノーケリングやダイビング、ホエールウォッチングなどのマリンスポーツを楽しむことができる人気スポットとなっています。
地名・ロケ地

本銀通り:歴史ある通りを巡る

本銀通りの由来と歴史 本銀通りは、江戸時代に銀貨の鋳造が行われていたことからその名がついた通りです。江戸時代初期、徳川家康は財政基盤を固めるために銀貨の鋳造を開始し、その鋳造所が本銀通りに置かれました。当時の銀貨は丁銀と呼ばれ、銀100%で作られていました。 丁銀は江戸時代の通貨として流通していましたが、明治維新後は、新貨幣制度が導入され、丁銀は廃止されました。しかし、本銀通りには、江戸時代の鋳造所の面影を残す建物や、銀貨にちなんだ店などが今でも残っており、歴史的な雰囲気を味わうことができます。
施設名・ロケ地

伝統と革新の融合:東亜学園高等学校

東亜学園高等学校は、1922年に設立された伝統ある私立高等学校です。建学の精神は「建国の精神に基づき、環境に恵まれない青少年に中等教育を施すとともに、その心身を鍛錬し、社会の有用な人材を育成する」ことです。 東亜学園高等学校は、普通科、商業科、工業科の3つの学科を設置しています。普通科は進学コースと就職コースに分かれており、進学コースは国公立大学や私立大学への進学を目指し、就職コースは就職活動に備えます。商業科は、会計コースと流通コースに分かれており、会計コースは簿記や経理を学び、流通コースはマーケティングや販売を学びます。工業科は、機械科と電気科に分かれており、機械科は機械設計や生産技術を学び、電気科は電気回路や制御技術を学びます。 東亜学園高等学校は、クラブ活動が盛んで、運動部と文化部の両方があります。運動部は、野球部、サッカー部、バスケットボール部、バレーボール部、テニス部、陸上部などがあり、文化部は、吹奏楽部、合唱部、演劇部、美術部、書道部などがあります。 東亜学園高等学校は、都心から離れた自然豊かな環境にあり、生徒たちは伸び伸びと学校生活を送ることができます。また、少人数制のクラス編成により、一人ひとりの生徒に目が届きやすいのが特徴です。東亜学園高等学校は、生徒たちの夢の実現を応援する学校です。
地名・ロケ地

藺灘波島について知っていますか

-藺灘波島の歴史- 藺灘波島は、福岡県北九州市に属する島です。面積は1.63平方キロメートルで、人口は約1,500人です。島の名は、かつて島に生い茂っていた藺草(いぐさ)と、波が打つ様子から由来しています。 藺灘波島には、古くから人が住んでいました。弥生時代には、島に人が住んでいたことがわかっています。また、奈良時代には、島に寺院が建てられました。平安時代には、島に荘園が置かれました。 鎌倉時代以降、藺灘波島は、豊前国の国人領となりました。戦国時代には、島は毛利氏と大友氏の争奪の場となりました。江戸時代には、島は黒田氏に支配されました。 明治時代になると、藺灘波島は、北九州市の管轄となりました。大正時代には、島に学校が建てられました。昭和時代には、島に港が整備されました。 現在、藺灘波島は、観光地として知られています。島には、美しい自然と、歴史的な建物が残されています。また、島には、新鮮な海の幸を味わうことができる飲食店があります。
地名・ロケ地

「多摩川南岸道路」の基礎知識

多摩川南岸道路の概要 多摩川南岸道路とは、東京都世田谷区の駒沢公園交差点から神奈川県川崎市幸区の殿町交差点までの約8.6kmの道路です。東名高速道路と中原街道を連絡する役割を果たしており、片側2車線の自動車専用道路として整備されています。 多摩川南岸道路は、1970年代に計画され、1982年に着工しました。しかし、用地買収や環境問題など様々な課題があり、工事が遅延しました。そして、2010年にようやく全線が開通しました。 多摩川南岸道路は、東名高速道路と中原街道を結ぶ重要な道路として機能しています。また、渋滞の緩和や交通事故の減少にも貢献しています。さらに、この道路は、周辺地域の活性化にもつながっています。 多摩川南岸道路は、東京都と神奈川県を結ぶ重要な道路として、これからも重要な役割を果たしていくことでしょう。
地名・ロケ地

鈴らん通りの歴史と魅力

鈴らん通りの路名の由来は、通りの両側に鈴らんの花が咲くことからきています。鈴らん通りは、明治時代に開通した当時、鈴らんの群生地として知られていました。毎年鈴らんの季節になると、大勢の人が鈴らんの花を楽しみに訪れていました。 鈴らん通りは、大正時代になると、花見の名所としても知られるようになりました。通り沿いには桜の木が植えられ、桜の季節になると、一面桜色に染まる景色を楽しむことができました。また、鈴らん通りの桜は、ソメイヨシノよりも開花が早いことから、桜のシーズンをいち早く楽しむことができました。
スポーツ

ゴルフ日本シリーズの歴史と魅力

ゴルフ日本シリーズとは、毎年秋の開催されるゴルフトーナメントである。ゴルフ日本シリーズの起源は、1926年に日本ゴルフ協会と毎日新聞社が共同で開催した「日本オープンゴルフ選手権」である。この大会は、日本のプロゴルフ界の発展に寄与し、1928年には「日本プロゴルフ選手権」も開催されるようになった。その後、1947年に「日本オープンゴルフ選手権」と「日本プロゴルフ選手権」を統合して「ゴルフ日本シリーズ」が誕生したのである。 ゴルフ日本シリーズの特徴は、男女混合で行われることである。これは、日本ゴルフ協会が男女平等を掲げているためである。また、ゴルフ日本シリーズは、日本国内の主要なゴルフコースで開催されることでも知られている。このため、ゴルフ日本シリーズは、日本のプロゴルフ界における最高峰のトーナメントとして位置付けられている。 ゴルフ日本シリーズの歴史は長く、1926年の第1回大会から、2022年の第100回大会まで、合計100回開催されている。ゴルフ日本シリーズでは、これまで多くの名選手が活躍している。その中には、青木功、尾崎将司、丸山茂樹、宮里藍、松山英樹など、日本を代表するプロゴルファーが含まれる。
その他

日本解剖学会とは?その研究・調査活動

-日本解剖学会の概要と歴史- 日本解剖学会は、解剖学の発展と普及を目的として設立された学術団体です。1921年に日本解剖学会として設立され、1946年に日本解剖学会と改称されました。現在、会員数は約1,000名で、解剖学の研究・教育・臨床に携わる医師、歯科医師、獣医師、理学研究者、教育者などが所属しています。 日本解剖学会は、年次大会、学術講演会、研究会、ワークショップなどの学術活動を活発に行っています。また、学術誌『解剖学雑誌』を発行し、解剖学に関する研究成果の発表の場を提供しています。さらに、解剖学に関する啓発活動も行い、一般市民への理解を深めています。 日本解剖学会は、解剖学の発展と普及に貢献してきた長い歴史を持っています。今後も、解剖学の研究・教育・臨床に携わる人々の交流の場を提供し、解剖学の発展に貢献していきます。
地名・ロケ地

南西小島:小笠原諸島にある無人島の魅力

-南西小島の歴史と由来- 南西小島は、小笠原諸島に属する無人島です。面積は約1.2平方キロメートルで、小笠原諸島の中では最大の島です。南西小島は、約3000万年前の海底火山の噴火によって形成されました。その後、島は隆起して海面上に現れ、サンゴ礁が発達しました。 南西小島は、16世紀にポルトガル人の探検家によって発見されました。17世紀には、イギリス人の海賊が南西小島を拠点にしていました。19世紀には、アメリカの捕鯨船が南西小島に寄港していました。1900年に、日本は南西小島を併合しました。 第二次世界大戦中、南西小島は日本の海軍基地として使用されました。1944年に、アメリカ軍が南西小島を占領しました。1968年に、日本に返還されました。 南西小島は、現在、無人島になっています。しかし、毎年、多くの観光客が南西小島を訪れます。南西小島は、美しいサンゴ礁や熱帯雨林があり、シュノーケリングやハイキングを楽しむことができます。また、南西小島には、ウミガメやアホウドリなどの貴重な野生生物が生息しています。