道の駅

施設名・ロケ地

魅力満載の道の駅「ことなみ」

道の駅ことなみで新鮮な野菜や果物を手に入れましょう!直売所には、地元の農家さんが育てた新鮮な採れたて野菜や果物がずらりと並びます。みずみずしく栄養たっぷりの野菜や果物は、毎日の食卓を彩り豊かにしてくれることでしょう。 野菜や果物は、地元の農家さんが丹精込めて育てたものばかりなので、味も格別です。また、新鮮なうちに収穫された野菜や果物は、栄養価も高く、体を健康に保つのに役立ちます。 道の駅ことなみの直売所は、新鮮な野菜や果物をリーズナブルな価格で購入できるのも魅力です。新鮮な野菜や果物を毎日食べるには、コストがかかると思われがちですが、道の駅ことなみでは、地元の農家さんから直接仕入れることで、中間マージンをカットし、お買い得な価格を実現しています。 道の駅ことなみは、新鮮な野菜や果物を手に入れるのに最適な場所です。直売所には、地元の農家さんが育てた新鮮な野菜や果物がずらりと並び、リーズナブルな価格で購入することができます。ぜひ、道の駅ことなみを訪れて、新鮮な野菜や果物を手に入れてください。
施設名・ロケ地

縁むすびの聖地・出雲大社の玄関口「大社ご縁広場」

出雲大社は、縁むすびの神様として知られ、全国から多くの参拝客が訪れる人気のパワースポットです。その出雲大社の玄関口に、2022年4月にオープンしたのが「大社ご縁広場」です。 「大社ご縁広場」は、出雲大社への参拝客増加に伴い、島根県の新たな観光拠点として整備された道の駅です。観光案内所や特産品販売所、飲食店などが入居しており、出雲大社参拝の拠点としてだけでなく、ドライブやツーリングの休憩スポットとしても利用することができます。 「大社ご縁広場」の目玉の一つは、「縁むすびハートモニュメント」です。高さ約3メートルのハート型のモニュメントで、カップルや夫婦で触れると縁が深まると言われています。また、「大社ご縁広場」には、足湯や展望台もあり、ゆっくりと過ごすことができます。 「大社ご縁広場」は、出雲大社参拝の拠点としてだけでなく、島根県の新たな観光拠点として注目されています。出雲大社を訪れる際には、ぜひ「大社ご縁広場」に立ち寄ってみてください。
施設名・ロケ地

兵庫県神戸市の道の駅「淡河」

淡河の魅力 兵庫県神戸市の道の駅「淡河」は、淡河町の中心に位置する道の駅です。淡河町は、自然豊かな町として知られており、道の駅「淡河」には、淡河町の特産品である淡河ししとうや淡河紅里などが販売されています。また、道の駅「淡河」には、レストランやカフェがあり、地元の食材を使った料理を楽しむことができます。 道の駅「淡河」の敷地内には、淡河宿本陣跡があります。淡河宿本陣跡は、江戸時代に淡河宿の本陣として使用されていた建物です。本陣とは、大名や公家などが宿泊する施設のことです。淡河宿本陣跡は、国の史跡に指定されており、現在では資料館として公開されています。 道の駅「淡河」の周辺には、淡河城跡や淡河神社など、歴史的なスポットが数多くあります。淡河城跡は、淡河氏の居城として使用されていた城跡です。淡河神社は、淡河氏の氏神を祀る神社です。淡河城跡や淡河神社は、道の駅「淡河」から歩いてすぐの場所にあるので、合わせて訪れることができます。 道の駅「淡河」は、淡河町の自然や歴史を満喫できるスポットです。淡河町を訪れた際には、ぜひ立ち寄ってみてください。
施設名・ロケ地

四万十大正の魅力を徹底解説!

四万十大正とは? 四万十大正とは、高知県四万十市大正にある地域です。四万十川と太平洋に挟まれた、自然豊かな地域で、四万十川の清流や、太平洋の美しい海岸線など、多くの観光スポットがあります。また、四万十大正には、大正時代から続く伝統的な文化や風習が色濃く残っており、昔ながらの日本の原風景を味わうことができます。 四万十大正は、古くから農業や漁業が盛んな地域で、特に四万十川で獲れる鮎は、全国的に有名です。また、四万十大正には、多くの特産品があり、大正マンゴーや四万十ぶどう、四万十栗など、どれも絶品です。四万十大正は、自然の美しさや、伝統的な文化、そして美味しい特産品など、さまざまな魅力を持つ地域です。ぜひ一度、四万十大正を訪れてみてください。
施設名・ロケ地

恵庭の道の駅「花ロードえにわ」の魅力

花ロードえにわには、地元の食材を使ったメニューが自慢のレストランがあります。レストランでは、新鮮な野菜や果物をふんだんに使用したメニューが人気で、中でも「えにわ野菜の天ぷら御膳」は、地元の野菜を使った天ぷらをメインとした御膳で、サクサクの天ぷらと地元の野菜の甘みが絶妙な一品です。また、「えにわ産そば粉を使用したざるそば」も人気で、コシのあるそばとつゆの風味が相まった逸品です。その他にも、地元の食材を使ったピザやパスタ、丼物など、バラエティ豊かなメニューが揃っており、地元の人だけでなく、観光客にも人気のレストランとなっています。
施設名・ロケ地

彩菜茶屋で岡山の大自然を満喫しよう!

彩菜茶屋は、岡山県高梁市の自然豊かな山間部に位置する、食事やカフェを楽しめるお店です。地元の新鮮な食材を使用した料理やスイーツが自慢で、特に地元産の野菜を使ったランチプレートは、彩り豊かでヘルシーな一品です。また、ランチタイム限定の「彩菜ごはん」は、彩菜茶屋の定番メニューとして多くの人々に愛されています。 彩菜茶屋は、食事だけでなく、カフェとしても人気があります。こだわりのコーヒーや紅茶、そして地元産の果物を使用した季節限定のケーキやパフェなど、充実したメニューが揃っています。また、店内にはソファやクッションなどが置かれており、ゆっくりとした時間を過ごすことができます。 彩菜茶屋は、岡山の大自然を満喫できるスポットとしても知られています。お店の周辺には、美しい山々や清流があり、ハイキングや散策を楽しむことができます。また、彩菜茶屋から車で約15分の場所には、備中松山城があります。備中松山城は、戦国時代の山城で、国の重要文化財に指定されています。 彩菜茶屋は、食事やカフェ、そして岡山の大自然を満喫できるスポットとして、多くの人々に愛されているお店です。
施設名・ロケ地

「よしおか温泉」群馬県で見逃せない道の駅!

「よしおか温泉とは?」 よしおか温泉は、群馬県北佐久郡軽井沢町にある道の駅で、日本最大級の温泉施設を併設しています。2015年にオープンして以来、観光客や地元の人々で賑わう人気スポットとなっています。 温泉は、標高約1,000mの場所にあり、源泉は、地下1,200mから湧き出しています。泉質は、弱アルカリ性単純温泉で、無色透明で、肌に優しいのが特徴です。温泉には、露天風呂、内風呂、サウナなど、様々な種類の浴槽があり、ゆっくりと温泉を楽しむことができます。 また、よしおか温泉には、休憩室やレストラン、売店など、様々な施設が充実しています。休憩室は、広々としていて、リラックスするのに最適です。レストランでは、地元の食材を使った郷土料理や、新鮮な野菜をふんだんに使った料理を楽しむことができます。売店では、地元のお土産や、温泉グッズなど、様々な商品を販売しています。 よしおか温泉は、温泉だけでなく、様々な施設が充実していて、一日中楽しむことができます。軽井沢観光の際には、ぜひ立ち寄ってみてください。
施設名・ロケ地

木古内町観光交流センターの魅力

「みそぎの郷きこない」は、北海道木古内町にある、みそぎ(みそぎ)の文化を伝える施設です。みそぎとは、水で体を清め、心身の汚れを落とす日本の伝統的な儀式であり、「そそぎ」とも呼ばれます。 「みそぎの郷きこない」には、みそぎ体験ができる施設や、みそぎの歴史や文化を展示する資料館などがあります。みそぎ体験では、天然の湧き水を使ったみそぎを行うことができ、心身の汚れを洗い流すことができます。また、資料館では、みそぎの歴史や文化を学ぶことができます。 「みそぎの郷きこない」は、みそぎの文化を伝える貴重な施設であり、木古内町を訪れた際にはぜひ訪れてみたい場所です。みそぎ体験をすることで、心身の汚れを洗い流し、リフレッシュすることができます。また、資料館でみそぎの歴史や文化を学ぶことで、日本の伝統文化を理解することができます。
施設名・ロケ地

兵庫丹波の道の駅『あおがき』のお勧め

『あおがき』の魅力とは? 兵庫丹波の道の駅『あおがき』は、豊かな自然に囲まれた道の駅です。春には桜、夏には新緑、秋には紅葉、冬には雪景色と、四季折々の美しさが楽しめます。また、特産品も豊富で、地元で採れた新鮮な野菜や果物、加工品などが販売されています。 『あおがき』の敷地内には、レストラン、カフェ、売店、公園、ドッグランなど、さまざまな施設が整っています。レストランでは、地元の食材を使った料理が味わえ、カフェでは、地元のコーヒーやスイーツが楽しめます。売店では、地元の特産品や、道の駅オリジナルのグッズなどが販売されています。公園には、遊具や広場があり、子どもたちが遊ぶことができます。ドッグランは、ペットと一緒にお出かけする方に人気です。 『あおがき』は、自然を満喫したり、地元の特産品を味わったり、家族や友人とレジャーを楽しむのに最適な場所です。ぜひ一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。
施設名・ロケ地

信州新町の魅力を再発見!

信州新町の歴史と文化 信州新町の歴史は古く、縄文時代にはすでに人々が暮らしていたとされています。室町時代には、武田信玄によって築城された新城が置かれ、城下町として栄えました。江戸時代には、中山道の宿場町として賑わい、多くの旅人が行き交いました。明治時代には、製糸業が盛んになり、近代的な工業都市として発展しました。 信州新町には、長い歴史の中で培われた独自の文化があります。その一つが、祭りの文化です。毎年7月には、「新町祭り」が行われ、豪華絢爛な山車が町中を練り歩きます。この祭りには、約400年の歴史があり、県内外から多くの観光客が訪れます。また、信州新町には、伝統的な工芸品が数多く残っています。その代表格が、「新町紬」です。新町紬は、江戸時代から続く伝統的な織物で、その美しい文様と肌触りの良さが特徴です。近年では、新町紬を使ったファッションアイテムが人気を集めています。 信州新町の歴史と文化は、人々の暮らしに息づいています。その魅力を再発見することで、私たちは、故郷をより深く愛することができるでしょう。
施設名・ロケ地

長島ってどんなとこ?

長島の概要 長島は、愛知県渥美半島の先端に位置する、東西約6km、南北約3kmの小さな島です。面積は約10.4平方キロメートル、人口は約1万7000人です。 温暖な気候と美しい自然に恵まれ、観光地としても人気があります。島の北部には、海水浴場やキャンプ場が整備されており、夏には多くの観光客が訪れます。また、島の南部には、史跡や観光スポットが点在しており、歴史散策を楽しむことができます。 特産品は、タマネギやサツマイモなどの農産物、そして伊勢海老やカサゴなどの海産物です。また、観光客向けのお土産物店や食事処も充実しています。 長島は、自然と歴史が調和した、魅力的な島です。一日で島内を巡ることができますが、ゆっくりと島の魅力を味わうなら、2、3泊の滞在がおすすめです。
施設名・ロケ地

道の駅「通潤橋」の魅力を徹底解説

-国指定重要文化財「通潤橋」とは- 熊本県上益城郡山都町に位置する道の駅「通潤橋」は、その名の通り、国指定重要文化財「通潤橋」を観光スポットとして整備した道の駅である。「通潤橋」は、江戸時代後期の1854年に完成した石造りの眼鏡橋で、当時としては世界最大級のアーチ型石橋であった。設計者は肥後の民政家である布田保之助で、施工は地元の石工たちによって行われた。長さ75.6m、幅4.5m、高さ20mの石橋は、国の重要文化財にも指定されており、土木史上の偉業として知られている。 「通潤橋」は、熊本県を代表する観光名所の一つであり、年間約30万人が訪れる。橋からの眺めは素晴らしく、特に秋の紅葉シーズンには、多くの観光客が訪れる。また、「通潤橋」周辺には、キャンプ場や遊歩道、レストランなどの施設が整備されており、家族連れやカップルなど、幅広い層に人気がある。
施設名・ロケ地

「ながゆ温泉」大分県竹田市にある道の駅について

「ながゆ温泉」とは? 「ながゆ温泉」は大分県竹田市に位置する道の駅で、地元の人々や観光客に人気のスポットとなっています。この温泉は、江戸時代から続く歴史ある温泉で、その泉質は、神経痛や筋肉痛、疲労回復などに効果があるとされています。また、「ながゆ温泉」は、竹田市の観光スポットへのアクセスも良く、やまなみハイウェイや九重連山へのドライブの拠点としても最適です。 「ながゆ温泉」の施設は、入浴施設やレストラン、お土産売り場などがあり、一日中楽しむことができます。入浴施設には、大浴場や露天風呂、サウナなどがあり、ゆっくりと温泉を満喫することができます。レストランでは、地元の食材を使った料理や、竹田市の名物料理である「竹田そば」などを味わうことができます。お土産売り場では、竹田市や大分県の特産品や、温泉関連のグッズなどを販売しています。
施設名・ロケ地

「古今伝授の里やまと」の魅力

「古今伝授の里やまと」とは、奈良県天理市にあるテーマパークです。ここでは、約1300年前の奈良時代から現代までの日本の文化や歴史を体験することができます。園内には、古代の貴族の邸宅を再現した建物や、江戸時代の町並みを再現した通りなど、さまざまな施設があります。また、雅楽や能楽などの伝統芸能の公演も行われており、日本の文化を存分に楽しむことができます。 「古今伝授の里やまと」は、奈良の観光スポットの中でも特に人気のある場所です。年間約100万人の観光客が訪れ、その多くが外国からの観光客です。日本の文化や歴史に興味がある方は、ぜひ一度「古今伝授の里やまと」を訪れてみてください。
施設名・ロケ地

「くにの松原おおさき」の魅力を徹底解剖!

鹿児島県曽於郡大崎町にある道の駅「くにの松原おおさき」は、魅力的なスポットが満載です。その中でも特におすすめしたいのが、以下のようなポイントです。 * -ロケーション- 九州自動車道と国道10号線の交わるところに位置しており、アクセス抜群です。また、周辺には大崎町の歴史や文化を感じられるスポットが点在しています。 * -施設- 道の駅には、特産品を販売する売店、地元の食材を味わえるレストラン、休憩所など、充実した施設が整っています。また、レンタサイクルやシャワーなど、旅の途中での休憩にぴったりの設備も備わっています。 * -イベント- 道の駅では、定期的にイベントを開催しています。中でも有名なのが、毎年7月に行われる「くにの松原夏祭り」です。このお祭りでは、地元の踊りや音楽の披露、特産品の販売など、様々な催しが行われ、多くの人で賑わいます。 * -グルメ- 道の駅のレストランでは、地元の食材を使った郷土料理を味わうことができます。中でも人気が高いのは、「大崎町特産さつまあげ」と「くにの松原浜焼き」です。 「くにの松原おおさき」は、鹿児島県曽於郡大崎町にある道の駅です。道の駅には、特産品を販売する売店、地元の食材を味わえるレストラン、休憩所など、充実した施設が整っています。また、レンタサイクルやシャワーなど、旅の途中での休憩にぴったりの設備も備わっています。道の駅では、定期的にイベントを開催しています。中でも有名なのが、毎年7月に行われる「くにの松原夏祭り」です。このお祭りでは、地元の踊りや音楽の披露、特産品の販売など、様々な催しが行われ、多くの人で賑わいます。道の駅のレストランでは、地元の食材を使った郷土料理を味わうことができます。中でも人気が高いのは、「大崎町特産さつまあげ」と「くにの松原浜焼き」です。
施設名・ロケ地

「笠岡ベイファーム」の魅力を徹底解剖!道の駅で岡山県の魅力を堪能

新鮮な地元の食材が揃う直売所 笠岡ベイファームに併設された直売所には、岡山県の豊かな自然が育んだ新鮮な地元の食材がずらりと並んでいます。 旬の野菜や果物はもちろん、地元産の肉や魚介類、加工品など、笠岡ベイファームを訪れた際にはぜひ一度立ち寄りたい場所です。 直売所の食材はすべて地元の生産者から直接仕入れており、新鮮かつ安心・安全なものを提供しています。 また、生産者との交流の場としても親しまれており、食材の選び方や調理法などについて直接アドバイスをもらえることも。 笠岡ベイファームの直売所は、岡山県の豊かな食文化を堪能できる場所として多くの人々に愛されています。
施設名・ロケ地

魅力いっぱいの道の駅「厳木」

物産館は、新鮮な農産物と特産品を豊富に取り揃えている。農産物は、地元の農家が丹精込めて育てた野菜や果物、お米などがずらりと並ぶ。特産品は、厳木の伝統的な工芸品である厳木焼や、地元の食材を使った加工品などが人気を集めている。また、物産館には、休憩スペースや食堂が設けられている。休憩スペースでは、地元の特産品を使った軽食や飲み物を味わうことができる。食堂では、地元の食材を使ったランチやディナーを楽しむことができる。
施設名・ロケ地

「あずの里いちはら」の魅力と楽しみ方

「こだわりの農産物や特産品を堪能」 「あずの里いちはら」では、新鮮で安全な農産物が数多く販売されています。地元の農家さんが丹精込めて育てた新鮮野菜や果物、こだわりの加工品などがずらりと並び、目移りすること間違いなしです。また、いちはら市の名産品である「いちはらレモン」を使ったスイーツやドリンクも人気です。特に、レモンの酸味と甘さが絶妙な「レモンパイ」は、お土産としても喜ばれる一品です。 「あずの里いちはら」の敷地内には、「農産物直売所」や「特産品コーナー」が併設されています。農産物直売所では、旬の野菜や果物、加工品などが販売されています。また、特産品コーナーでは、いちはら市の特産物である「いちはらレモン」や「いちはら梅」を使ったスイーツやドリンク、地元の農家さんが作った漬物や佃煮などが販売されています。 「あずの里いちはら」では、農産物や特産品以外にも、様々なグルメスポットがあります。地元の食材を使った料理が楽しめるレストランや、新鮮な野菜や果物をそのまま味わえるカフェなど、お好みのグルメスポットを見つけることができます。また、敷地内には、バーベキュー広場やキャンプ場も併設されているので、家族や友人とアウトドアを楽しむこともできます。
施設名・ロケ地

花夢里にいつの徹底解説!

花夢里にいつとは? 花夢里にいつは、2023年にオープンしたばかりの、花と自然をテーマにした複合施設です。埼玉県児玉郡神川町の森の中に位置し、広大な敷地には、さまざまな花や植物が植えられ、四季折々の自然美を楽しめます。 園内には、花畑や庭園、温室、レストラン、ショップ、遊具など、さまざまな施設が点在しています。特に注目したいのは、敷地内のほぼ中央に位置する、高さ約20メートルの巨大なガラス張りのドームです。このドームの中には、熱帯雨林を再現した空間が広がっており、まるで別世界に迷い込んだかのような気分を味わえます。 花夢里にいつは、花や自然を愛する人なら、ぜひ一度は訪れたいスポットです。雄大な自然の中で、心身ともにリフレッシュできること間違いなしです。
施設名・ロケ地

「那須与一の郷」はこんなところ!道の駅の魅力を紐解く

道の駅の敷地は非常に広大で、総面積は約15ヘクタールあります。敷地内には、道の駅本館やレストラン、農産物直売所、観光案内所、公園など、様々な施設が整備されています。また、駐車場も約500台分と十分なスペースがあります。本館には、地元産の農産物や加工品、特産品などが販売されています。また、レストランでは、新鮮な地元食材を使った料理を楽しむことができます。農産物直売所では、地元の農家さんが育てた新鮮な野菜や果物、加工品などを購入することができます。観光案内所では、那須与一の郷や周辺の観光スポットに関する情報を提供しています。公園では、子供たちが遊んだり、大人たちが憩ったりすることができます。広大な敷地と充実した施設が魅力の「那須与一の郷」は、家族や友人と一日中過ごすのに最適な場所です。
施設名・ロケ地

とみうら|房総の新鮮な海の恵みを味わえる道の駅

とみうらの魅力 千葉県南房総市にある道の駅「とみうら」は、房総の新鮮な海の恵みを味わえるスポットとして人気があります。とみうらは、東京湾に面した漁師町で、昔から魚介類の宝庫として知られてきました。道の駅には、とれたての魚介類がずらりと並ぶ市場や、新鮮な海の幸を使った料理を提供するレストランがあり、地元の人はもちろん、観光客にも愛されています。 とみうらの魅力は、なんといっても新鮮な海の幸です。市場では、とれたての魚介類がずらりと並び、その鮮度と品揃えは圧巻です。アジ、サバ、イワシなどの定番の魚介類はもちろん、マグロ、カツオ、ヒラメなど、高級魚も手に入ります。また、とみうらの名産であるアサリやシラスも人気です。 とみうらの魅力は、新鮮な海の幸だけではありません。道の駅には、とれたての野菜や果物、地元で作られた加工品など、さまざまな特産品が揃っています。また、とみうらの周辺には、美しい海岸線や自然豊かな山々があり、観光スポットもたくさんあります。 とみうらを訪れた際には、ぜひ道の駅「とみうら」に立ち寄ってみてください。新鮮な海の幸を味わったり、地元の特産品を購入したり、美しい景色を眺めたり、とみうらの魅力を存分に満喫してください。
地名・ロケ地

桜島道の駅に行ってみた!

桜島道の駅で買えるもの 桜島道の駅では、地元の特産品や鹿児島県のお土産をたくさん買うことができます。桜島大根、島みかん、桜島コシヒカリなどの農産物、桜島ポーク、桜島鶏などの畜産物、桜島マグロ、カツオなどの鮮魚、桜島産黒豚を使用したソーセージやハムなどの加工品など、桜島の恵みが詰まった特産品が豊富に取り揃えられています。また、桜島をモチーフにした工芸品や雑貨、地元の焼酎やワインなどのお酒も人気があります。 桜島道の駅で特におすすめなのが、桜島大根を使った漬物や加工品です。桜島大根は、辛みが少なく甘みが強いのが特徴で、漬物にすると絶品です。桜島道の駅では、桜島大根を使った様々な漬物が販売されており、お土産にぴったりです。また、桜島大根入りの餃子やコロッケ、桜島大根を使ったかりんとうなど、桜島大根をアレンジした加工品も人気があります。
地名・ロケ地

道の駅「佐賀関」を満喫しよう!

佐賀関の新鮮な魚介類を味わう 佐賀関は、新鮮な魚介類が水揚げされる港町です。道の駅「佐賀関」には、そんな佐賀関の新鮮な魚介類を味わえる飲食店が軒を連ねています。 中でも人気なのが、海鮮丼です。新鮮な魚介類がたっぷりと盛られた海鮮丼は、どれも絶品揃いです。また、刺身や寿司などもおすすめです。佐賀関の魚介類は、身がプリプリで歯ごたえ抜群。海の幸を存分に堪能することができます。 新鮮な魚介類を味わうなら、道の駅「佐賀関」を訪れてみてください。きっと、佐賀関の海の幸に魅了されることでしょう。 佐賀関の新鮮な魚介類を楽しめるのは、道の駅「佐賀関」だけではありません。佐賀関には、他にも新鮮な魚介類を味わえる飲食店がたくさんあります。 例えば、「漁師料理 磯自慢」では、新鮮な魚介類をふんだんに使用した海鮮料理を味わうことができます。また、「食事処 まるよし」では、リーズナブルな価格で新鮮な魚介類を味わうことができます。 佐賀関の新鮮な魚介類を味わうなら、道の駅「佐賀関」を訪れてみてください。きっと、佐賀関の海の幸に魅了されることでしょう。
地名・ロケ地

岩手県の「かわさき」ってどんなところ?

「かわさき」は、岩手県北東部にある小さな町です。人口は約2万人強で、面積は約207平方キロメートルです。町の中心部は、北上川と胆沢川の合流地点に位置しています。「かわさき」は、古くから交通と商業の拠点として栄えてきました。江戸時代には、北上川の水運を利用して、東北地方と太平洋岸を結ぶ重要な港町として機能していました。また、明治時代には、陸羽東線の開通によって、鉄道の町としても発展しました。 「かわさき」は、現在でも交通と商業の拠点として重要な役割を果たしています。町には、東北新幹線が停車する「くりこま高原駅」があるほか、国道4号や東北自動車道などの主要道路が通っています。また、町の中心部には、商店街やデパート、スーパーマーケットなど、さまざまな商業施設が軒を連ねています。 「かわさき」は、自然豊かな町でもあります。町の西部には、標高1,627メートルの栗駒山がそびえ立っています。栗駒山は、東北地方を代表する山の一つであり、登山やハイキングなどのレジャーを楽しめます。また、町の北部には、北上川が流れ、その周辺には田園風景が広がっています。