「九鬼正宗」|鎌倉時代につくられた日本刀

スポンサーリンク

「九鬼正宗」|鎌倉時代につくられた日本刀

九鬼正宗とは。

九鬼正宗は、鎌倉時代に岡崎正宗によって作られた国宝の短刀です。「享保名物帳」にも掲載されています。この短刀は、久鬼長門守という人物が所持していたことにちなみ、九鬼正宗という名前が付けられました。

九鬼正宗が国宝指定された理由

九鬼正宗が国宝指定された理由

九鬼正宗が国宝指定された理由

九鬼正宗は、鎌倉時代中期に作られた日本刀で、現在国宝に指定されています。国宝指定の理由は、その優れた作刀技術と、歴史的な価値にあります。

九鬼正宗は、備前国(現在の岡山県)の刀工、正宗によって作刀されました。正宗は、平安時代末期から鎌倉時代にかけて活躍した日本刀の最高峰の一人で、その作刀技術は「正宗一派」として後世に受け継がれました。九鬼正宗は、正宗の作刀技術の粋を集めた作品であり、その美しさは「天下無双」と称されています。

九鬼正宗は、戦国時代には織田信長、豊臣秀吉、徳川家康など、天下統一を成し遂げた武将たちに所持されました。江戸時代には、徳川将軍家の重宝として伝えられ、明治維新後には九鬼家に代々伝来しました。

九鬼正宗は、その優れた作刀技術と、歴史的な価値から、1933年(昭和8年)に国宝に指定されました。現在は、東京国立博物館に所蔵されており、一般公開されています。

享保名物帳に載った名刀

享保名物帳に載った名刀

享保名物帳とは、享保年間(1716年~1736年)に徳川吉宗の命により編纂された、日本国内の名刀を収録した書物である。九鬼正宗は、この享保名物帳に載っている名刀のひとつであり、鎌倉時代初期に作られたとされる。刃長は約60センチメートルで、反りがほとんどなく、鎬(しのぎ)が高いのが特徴である。刃文は直刃で、地鉄は肌目が細かく、地景が鮮やかに現れている。九鬼正宗は、その切れ味のよさから、古くから多くの武士に愛され、現在でも日本刀の最高傑作のひとつとして珍重されている。

九鬼長門守が所有していた短刀

九鬼長門守が所有していた短刀

九鬼長門守が所有していた短刀

九鬼長門守が所有していた短刀は、奥州安綱の作で、長さ約33センチ、反り約1センチです。鎌倉時代中期に作られたとされており、九鬼長門守が愛用していたと伝承されています。九鬼長門守は、九鬼水軍の祖といわれる武将で、能島城(現・広島県尾道市)を拠点に活躍しました。短刀は、九鬼長門守の死後、九鬼氏に代々伝来し、現在は個人蔵となっています。

短刀の銘は「奥州安綱」と切り、刃文は直刃調です。地鉄は板目肌が細かくよく詰んでおり、地沸が厚くついています。刃縁はわずかに焼けており、刃先は鋭利になっています。短刀は、九鬼長門守の愛刀として知られており、数々の武功に貢献したと伝えられています。短刀は、九鬼氏の家宝として大切に保管されており、現在は個人蔵となっています。

タイトルとURLをコピーしました