鹿児島県の芋焼酎「貯蔵熟成 久耀」の魅力

スポンサーリンク

鹿児島県の芋焼酎「貯蔵熟成 久耀」の魅力

貯蔵熟成 久耀とは。

「貯蔵熟成 久耀」は、鹿児島県に本社を置く種子島酒造株式会社が造る芋焼酎です。貯蔵した長期熟成原酒に、新酒をブレンドしています。

種子島酒造株式会社が製造・販売する「貯蔵熟成 久耀」

種子島酒造株式会社が製造・販売する「貯蔵熟成 久耀」

鹿児島県産の本格芋焼酎「貯蔵熟成 久耀」は、種子島酒造株式会社が製造・販売する銘酒です。種子島酒造は1916年に創業し、現在は4代目が当主を務めています。創業以来、伝統的な製法を守りながら、新しいことに挑戦し続けてきた蔵元です。

「貯蔵熟成 久耀」は、厳選された鹿児島県産の黄金千貫芋を原料として、常圧蒸留で丁寧に造られています。貯蔵後3、4年熟成させることで、まろやかでコクのある味わいに仕上がります。香りは華やかでフルーティー、口当たりはまろやかで芳醇、飲んだ後には爽やかな甘みが広がります。ロックや水割り、お湯割りなど、さまざまな飲み方で楽しむことができます。

「貯蔵熟成 久耀」は、2020年の全国新酒鑑評会において金賞を受賞しました。これは、鹿児島県の芋焼酎として初めてのことです。また、2021年の「国産焼酎コンクール」でも金賞を受賞するなど、その品質の高さが認められています。

「貯蔵熟成 久耀」は、種子島酒造のオンラインショップや、鹿児島県の酒店などで販売されています。鹿児島県に訪れた際には、ぜひ一度味わってみてください。

長期熟成原酒と新酒のブレンドが生み出す味わい

長期熟成原酒と新酒のブレンドが生み出す味わい

鹿児島県の芋焼酎「貯蔵熟成 久耀」は、長期熟成原酒と新酒をブレンドすることで生み出される豊かな味わいが魅力です。長期熟成原酒は、長期にわたる貯蔵によって芳醇な香りとまろやかな味わいを獲得しており、新酒はフレッシュで力強い味わいが特徴です。この2つをブレンドすることで、深みのある複雑な味わいに仕上がっています。

貯蔵熟成 久耀を口にすると、まずは長期熟成原酒の芳醇な香りが広がります。その後、新酒のフレッシュで力強い味わいが追いかけてきます。そして、2つの味わいが調和したまろやかで深みのある余韻が残ります。

貯蔵熟成 久耀は、ロックや水割り、お湯割りなど、様々な飲み方で楽しむことができます。ロックで飲むと、長期熟成原酒の芳醇な香りを楽しむことができ、水割りやお湯割りで飲むと、まろやかで深みのある味わいを堪能することができます。

貯蔵熟成 久耀は、鹿児島県産のさつまいもを原料としており、鹿児島県産の米麹を使用しています。また、仕込み水には鹿児島県の天然水を用いています。これらの厳選された素材と伝統的な製法によって、貯蔵熟成 久耀は豊かな味わいの芋焼酎に仕上がっています。

ロックやストレート、カクテルベースなど様々なお楽しみ方

ロックやストレート、カクテルベースなど様々なお楽しみ方

鹿児島県の芋焼酎「貯蔵熟成 久耀」は、ロックやストレート、カクテルベースなど、様々な楽しみ方ができる焼酎です。

ロックで飲む場合は、冷蔵庫でしっかり冷やしてから、グラスに氷を入れて焼酎を注ぎます。氷が溶けて焼酎が薄まることで、まろやかな口当たりと甘みが引き立ちます。

ストレートで飲む場合は、常温で保存しておいた焼酎を、グラスに注いでそのまま飲みます。焼酎本来の香りと味わいをダイレクトに感じることができます。

カクテルベースとして使う場合は、焼酎をベースに、果汁やソーダ、リキュールなどを加えてカクテルを作ります。焼酎の風味を生かした、様々なカクテルを楽しむことができます。

「貯蔵熟成 久耀」は、様々な楽しみ方ができる焼酎なので、シーンや好みに合わせてお楽しみいただけます。

タイトルとURLをコピーしました