高知県産ナス「土佐鷹」の特徴と調理法

スポンサーリンク

高知県産ナス「土佐鷹」の特徴と調理法

土佐鷹とは。

土佐鷹とは、高知県の農業技術センターによって育成されたナスの品種です。竜馬と千両をかけ合わせて生まれたもので、果皮と果肉は柔らかく、アクがないため食べやすいのが特徴です。

「土佐鷹」の誕生と特徴

「土佐鷹」の誕生と特徴

「土佐鷹」の誕生と特徴

「土佐鷹」は、高知県農業技術センターが開発したナスの一種です。1996年4月に高知県内で採種された個体から系統選抜を行い、「高知8号」という系統を育成しました。2002年11月に高知県で品種登録され、「土佐鷹」と命名されました。

「土佐鷹」は、果実が大きく、重さが300g以上になることもあります。果皮は濃い紫色で、ヘタの部分が緑色をしています。肉質は柔らかく、アクが少なく、甘みがあります。

「土佐鷹」は、高温多湿の気候に適しており、高知県で広く栽培されています。また、病害虫にも強く、栽培が容易なため、家庭菜園でも人気があります。

「土佐鷹」は、その大きさと甘みから、さまざまな料理に使用することができます。素焼きにして食べるほか、煮物や焼き物、炒め物などにも適しています。また、「土佐鷹」をメイン食材とした郷土料理もあります。

「土佐鷹」の栄養価と期待できる効果

「土佐鷹」の栄養価と期待できる効果

「土佐鷹」の栄養価と期待できる効果

「土佐鷹」は、一般的なナスと比較して、ビタミンCとカリウムの含有量が高いのが特徴です。ビタミンCは、コラーゲンの生成を助け、美肌や健康的な歯ぐきを維持するのに役立ちます。カリウムは、体内の水分量を調整し、血圧を下げる効果があります。また、「土佐鷹」には、ポリフェノールの一種であるナスニンが含まれており、抗酸化作用が期待できます。抗酸化作用とは、体内の細胞を活性酸素から守り、老化や病気を予防する効果のことです。

「土佐鷹」を食べることで期待できる効果としては、風邪予防、美肌、血圧を下げる、老化防止などがあります。風邪予防には、ビタミンCが有効です。ビタミンCは、白血球の働きを活発にして、細菌やウイルスから体を守るのに役立ちます。美肌効果には、ビタミンCとナスニンが有効です。ビタミンCはコラーゲンの生成を助け、ナスニンは抗酸化作用があります。コラーゲンは、肌のハリや弾力を維持するのに大切な成分です。血圧を下げる効果には、カリウムが有効です。カリウムは、ナトリウムを排出する働きがあり、血圧を下げるのに役立ちます。老化防止には、ナスニンが有効です。ナスニンは、抗酸化作用があり、体内の細胞を活性酸素から守るのに役立ちます。

「土佐鷹」を使ったおすすめレシピ

「土佐鷹」を使ったおすすめレシピ

「土佐鷹」を使ったおすすめレシピ

土佐鷹の繊細な風味を最大限に引き出すには、シンプルな調理法がおすすめです。ここでは、土佐鷹を使った簡単でおいしいレシピをご紹介します。

・焼きナス

土佐鷹を縦半分に切り、皮目にオリーブオイルを塗ります。グリルまたはオーブンで皮目が焦げるまで焼き、裏返してさらに数分焼きます。焼きあがったら、粗塩を振って召し上がれ。

・素揚げ

土佐鷹を食べやすい大きさに切り、片栗粉をまぶします。高温の油でカラッと揚げ、油を切ります。揚げたてを塩や天つゆでいただきましょう。

・煮浸し

土佐鷹を食べやすい大きさに切り、だし汁、醤油、みりん、砂糖で煮ます。落とし卵を加えてもおいしくいただけます。

・麻婆ナス

土佐鷹を食べやすい大きさに切り、ひき肉、豆板醤、甜麺醤などで麻婆ソースを作ります。土佐鷹を加えて炒め合わせ、水溶き片栗粉でとろみをつけます。ご飯にかけて召し上がれ。

・ナスとピーマンの炒め物

土佐鷹とピーマンを細切りにし、ごま油で炒めます。オイスターソース、醤油、砂糖で味付けし、最後に片栗粉でとろみをつけます。ご飯のおかずにも、お酒のおつまみにもおすすめです。

これらは、土佐鷹を使ったおすすめレシピのごく一部です。土佐鷹の繊細な風味を生かして、自分だけのお気に入りレシピを見つけてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました