「フォンウォン」って何?香港の台風国際名をご紹介

スポンサーリンク

「フォンウォン」って何?香港の台風国際名をご紹介

フォンウォンとは。

フォンウォンは、2000年に台風委員会によって名付けられた台風の国際名です。これは台風番号の第60号で、香港による命名です。フォンウォンは「鳳凰」を意味します。

「フォンウォン」とは?

「フォンウォン」とは?

「フォンウォン」とは?

「フォンウォン」(馮媛)とは、中華人民共和国のアジアの女性の名前からとられた名称です。この「フォンウォン」という名前は、1993年に、当時の中国政府が世界気象機関(WMO)に提出した、熱帯低気圧に対する命名案のひとつでした。

世界気象機関は、発生地域ごとに、熱帯低気圧に付けられる名前を定めており、それぞれアジア、北西太平洋、北大西洋、インド洋などに、名前を付ける地域を決定し、それぞれの地域で採用する名前の候補リストを作成しています。

その候補リストは、各国の気象機関や専門家によって提案され、世界気象機関によって承認されたものです。そして「フォンウォン」という名前は、アジアの女性のリストに含まれ、1994年に使用が開始されました。

台風委員会の台風国際名の制定

台風委員会の台風国際名の制定

台風委員会の台風国際名の制定

台風委員会は、1968年に設立された、台風に関する協定を締結しているアジア太平洋地域の国の気象専門家からなる組織です。台風委員会の主要な目的の一つは、台風に関する情報交換と協力を行うことです。この目的を達成するため、台風委員会は、台風に関する国際的な共通の名称である台風国際名を制定しています。

台風国際名は、気象庁によって、台風が発生した年と順番を示す2桁の数字と、台風発生地域を示す4文字のアルファベットから構成されています。例えば、2020年に発生した1号台風の台風国際名は、「202001B」です。台風国際名は、台風が発生した国や地域が被災地となった国や地域に配慮して、政治的、宗教的、社会的な問題を引き起こさないよう、中立的に選ばれています。

台風国際名は、台風に関する情報の伝達に役立っています。台風が発生したときに、気象庁は、台風国際名を使用して、台風に関する情報を発表します。これにより、人々が台風に関する情報を迅速かつ正確に把握することができるようになります。また、台風国際名は、台風の被害を調査したり、台風を研究したりする際にも使用されます。

「フォンウォン」の由来

「フォンウォン」の由来

「フォンウォン」の由来

「フォンウォン」という名前は、カンボジア語で「蓮の花」を意味します。カンボジアは、台風が頻繁に発生する地域であり、台風による被害が大きいため、台風に対して強い思いを持っています。そのため、カンボジアは、台風に対して独自の命名規則を持っており、「フォンウォン」はその一つなのです。

「フォンウォン」という名前は、2002年に初めて使用されました。この年は、カンボジアで大きな被害をもたらした台風が相次いで発生し、カンボジア政府は、台風に対して独自の命名規則を制定することを決定しました。そして、その第一号として、「フォンウォン」という名前が選ばれたのです。

「フォンウォン」という名前は、カンボジアの人々にとって、台風に対する強い思いを込めた名前です。台風は、カンボジアに大きな被害をもたらす自然災害ですが、カンボジアの人々は、台風に対して決して屈することなく、復興に向けて努力しています。「フォンウォン」という名前は、そんなカンボジアの人々の強さを象徴しているのです。

タイトルとURLをコピーしました