施設名・ロケ地

施設名・ロケ地

「あべのルシアス」の魅力を発掘!

-あべのルシアスってどんな場所?- あべのルシアスは、大阪府大阪市阿倍野区にある複合商業施設です。2013年10月17日に開業し、地上40階、地下5階のタワーと、地上6階建ての別館から構成されています。延床面積は約20万平方メートルで、百貨店、スーパーマーケット、ファッション、レストランなど、約260の店舗が出店しています。 あべのルシアスの特徴は、なんといってもその立地の良さです。大阪の玄関口である大阪阿部野橋駅に直結しており、アクセス抜群です。また、周辺には阿倍野ハルカスや天王寺動物園など、大阪を代表する観光スポットが多数あります。 あべのルシアスは、ショッピングやグルメ、エンターテイメントなど、あらゆるニーズに対応できる複合商業施設です。大阪を訪れた際には、ぜひ一度足を運んでみてください。
施設名・ロケ地

日本小児科学会について

日本小児科学会の歴史は、1892年に遡ります。当時は、小児医療を専門とする医師が少なく、小児の死亡率も高かったため、小児医療の向上を目的として、小児科学の専門家が集まり、日本小児科学会が設立されました。 設立当初の会員数はわずか27名でしたが、徐々に会員数は増え、1900年には100名を超えました。その後も、日本小児科学会は小児医療の向上に尽力し、小児の死亡率の低下に貢献しました。また、1922年には、日本小児科学会雑誌を創刊し、小児医療に関する情報を発信するようになりました。 1945年に、太平洋戦争が終結し、日本はGHQの占領下に入りました。GHQは、日本の医療制度の改革を指示し、日本小児科学会もその改革の影響を受けました。GHQは、日本小児科学会に、小児医療の向上を目的とした事業を行うよう指示し、日本小児科学会は、その指示に従って、小児医療の向上に努めました。 1952年に、日本は独立を果たし、GHQの占領は終了しました。日本小児科学会は、独立後の日本においても、小児医療の向上に尽力し、小児の死亡率の低下に貢献しました。また、1960年には、日本小児科学会小児科専門医制度を創設し、小児科医の質の向上を図りました。 日本小児科学会は、小児医療の向上に尽力し、小児の死亡率の低下に貢献してきました。また、小児科医の質の向上を図るため、小児科専門医制度を創設しました。日本小児科学会は、これからも小児医療の向上に努め、小児の健康を守り続けていきます。
施設名・ロケ地

宮浦石炭記念公園の魅力

宮浦石炭記念公園は、日本の歴史公園100選に選ばれた公園です。この公園は、明治日本の産業革命遺産である「軍艦島」を見学するためのベースキャンプとして整備されたものです。公園内には、石炭産業の歴史を学ぶことができる施設や、軍艦島を望む展望台などがあります。 また、公園には、キャンプ場やバーベキュー場、遊歩道などがあり、自然を楽しむこともできます。さらに、公園内には、レストランや売店があるため、食事や買い物にも困りません。 宮浦石炭記念公園は、日本の産業遺産と自然を同時に楽しむことができる、魅力的な公園です。軍艦島の観光を計画している方は、ぜひ、この公園を訪れてみてください。 公園の魅力の一つは、軍艦島を一望できる展望台があることです。展望台からは、軍艦島の全景を見ることができます。また、展望台には解説板があり、軍艦島の歴史や産業遺産としての価値について学ぶことができます。
施設名・ロケ地

「宙ドーム・神岡」で宇宙の神秘を探る

スーパーカミオカンデの展示室は、「宙ドーム・神岡」の中にある施設です。スーパーカミオカンデは、岐阜県飛騨市にある世界最大級のニュートリノ検出器で、宇宙の神秘を探るために使用されています。展示室では、スーパーカミオカンデの仕組みや、ニュートリノがもつ性質について学ぶことができます。 展示室には、スーパーカミオカンデの模型や、ニュートリノの性質を説明するパネルなどが展示されています。また、ニュートリノを検出したときに発生する光を再現した映像を上映するコーナーもあります。展示室を見学することで、スーパーカミオカンデの研究内容や、ニュートリノの性質について理解を深めることができます。 スーパーカミオカンデは、宇宙の神秘を探るために重要な施設です。展示室を見学することで、スーパーカミオカンデの研究内容や、ニュートリノの性質について理解を深めることができます。宇宙の神秘に興味がある方は、ぜひ「宙ドーム・神岡」のスーパーカミオカンデ展示室を訪れてみてください。
施設名・ロケ地

京橋:被爆から75年後の姿

京橋の歴史と構造 京橋は、広島県の広島市にある鉄筋コンクリート造りのアーチ橋です。1912年(大正元年)に完成し、1945年(昭和20年)の原子爆弾投下により被爆しました。爆心地から約1.5kmの場所に位置していた京橋は、爆風と熱線により大きな被害を受けましたが、アーチ部分だけは奇跡的に残りました。 京橋は、長さ108.9m、幅18.3m、高さ10.2mのアーチ橋です。アーチ部分は、厚さ1.2mのコンクリートで覆われており、その中には鉄骨が通っています。アーチの上には、幅6.0mの車道と幅1.5mの歩道が設けられています。 京橋は、その美しいアーチの形と、被爆から75年後の今でも残っているという奇跡的な歴史から、広島のシンボルの一つとして親しまれています。京橋は、広島市平和記念公園に隣接しており、多くの観光客が訪れます。
施設名・ロケ地

満喫!「滝上町桜ヶ丘スキー場」の魅力

北海道紋別郡滝上町に位置する「滝上町桜ヶ丘スキー場」は、雄大な自然を満喫しながらスキーやスノーボードを楽しむことができる絶景のスキー場です。標高884mの山頂からは、眼下に広がるオホーツク海の絶景を眺めることができます。また、スキー場には、初心者から上級者まで楽しめるコースが10コースあり、それぞれのレベルに合わせて滑走を楽しむことができます。 滝上町桜ヶ丘スキー場は、ファミリー層にも人気のスキー場です。子供専用のゲレンデや、そり遊びができるエリアがあり、小さなお子様でも安心して遊ぶことができます。また、スキー場のレストランでは、地元産の食材を使ったメニューを提供しており、滑走の合間に北海道の味を満喫することができます。
施設名・ロケ地

「FMわっしょい」の魅力を大解剖!

FMわっしょいの歴史と特徴 FMわっしょいは、1995年4月1日に開局したコミュニティ放送局です。放送エリアは、東京都武蔵野市、三鷹市、府中市、調布市、小金井市、狛江市、国分寺市、国立市、日野市、稲城市、多摩市、羽村市、瑞穂町、日の出町、奥多摩町、檜原村の15市4町1村で、人口は約150万人です。 FMわっしょいの最大の特徴は、地域密着型の放送を行っていることです。地域の情報や話題を積極的に取り上げ、住民に身近な情報を提供しています。また、地域住民が番組に出演したり、番組制作に参加したりする機会も設けられています。 FMわっしょいの番組は、音楽番組、トーク番組、情報番組など、バラエティに富んでいます。特に、音楽番組は充実しており、J-POPから洋楽、クラシックまで、幅広いジャンルの音楽を放送しています。また、トーク番組では、地域で活躍する人々をゲストに招いて、その活動や思いなどを語ってもらいます。情報番組では、地域の情報や話題をいち早くお伝えします。 FMわっしょいは、地域住民に愛されるコミュニティ放送局として、これからも地域密着型の放送を続けていきます。
施設名・ロケ地

MDR交響楽団の合併設立と、ライプツィヒ放送フィルハーモニー管弦楽団とは

-ライプツィヒ放送フィルハーモニー管弦楽団の歴史- ライプツィヒ放送フィルハーモニー管弦楽団は、1923年にライプツィヒ交響楽団として設立されました。1933年にドイツ放送局の管弦楽団となり、1945年にライプツィヒ放送管弦楽団と改名されました。1992年にライプツィヒ放送交響楽団と合併し、ライプツィヒ放送フィルハーモニー管弦楽団となりました。 ライプツィヒ放送フィルハーモニー管弦楽団は、ドイツで最も優れたオーケストラのひとつとして知られています。そのレパートリーは幅広く、バロック音楽から現代音楽までカバーしています。また、世界各地で演奏活動を行っており、日本にもたびたび来日しています。 ライプツィヒ放送フィルハーモニー管弦楽団の歴代首席指揮者には、ヘルベルト・ケーゲル、クルト・マズア、リコ・サッカニ、クリストフ・エッシェンバッハなどがいます。現在は、アンドリス・ネルソンスが首席指揮者を務めています。 ライプツィヒ放送フィルハーモニー管弦楽団は、ライプツィヒのゲヴァントハウスを本拠地としています。ゲヴァントハウスは、1781年に建設された歴史あるコンサートホールで、世界で最も優れたコンサートホールのひとつとして知られています。
施設名・ロケ地

東かがわ市の「白鳥港」の魅力と特色

白鳥港の立地と歴史 白鳥港は、香川県東かがわ市に位置する港湾です。瀬戸内海に面しており、古くから交易で栄えました。白鳥港の立地は、本州と四国を結ぶ重要な海路である瀬戸内海のほぼ中央に位置しており、古くから海上交通の要衝として知られていました。また、白鳥港は、四国山脈を源流とする複数の河川が合流する地点に位置しており、河川を利用した交易も盛んでした。 白鳥港の歴史は古く、平安時代にはすでに港として機能していたとされています。その後、鎌倉時代には東かがわ市の領主であった白鳥氏が白鳥城を築き、白鳥港は白鳥氏による海上交易の拠点として発展しました。室町時代に入ると、白鳥港は讃岐国の守護大名であった細川氏によって整備され、瀬戸内海における主要な港湾の一つとなりました。 戦国時代に入ると、白鳥港は織田信長や豊臣秀吉の軍勢による攻撃を受けましたが、いずれも撃退しました。江戸時代になると、白鳥港は徳川幕府の直轄地となり、幕府によって港の整備が進められました。また、江戸時代には、白鳥港から大阪や江戸などへの定期航路が開設され、白鳥港は瀬戸内海における海上交通の拠点として大きく発展しました。 明治時代になると、白鳥港は近代化が進み、港の拡張工事や防波堤の建設が行われました。また、明治時代には、白鳥港から東京や横浜などへの定期航路が開設され、白鳥港は瀬戸内海における海上交通の拠点としてますます重要性を増しました。大正時代に入ると、白鳥港は第一次世界大戦の影響で貿易が盛んになり、さらに発展しました。しかし、昭和時代に入ると、白鳥港は鉄道や自動車の発達によって海上交通の重要性が低下し、衰退していきました。 現在、白鳥港は、漁業や観光業を主産業としています。白鳥港には、新鮮な魚介類を味わえる飲食店や、白鳥城跡などの観光スポットがあります。また、白鳥港からは、瀬戸内海の島々を巡る遊覧船が運航されています。
施設名・ロケ地

「盛岡中央高等学校」について

盛岡中央高等学校の歴史は、1877年(明治10年)に開校した盛岡尋常中学校を前身とする。 開校当初は、盛岡市内の仮校舎で授業を行っていたが、1881年(明治14年)に現在の校舎が完成し、移転した。 その後、1922年(大正11年)に盛岡中学校、1948年(昭和23年)に盛岡高等学校と改称し、1950年(昭和25年)に盛岡中央高等学校となった。 盛岡中央高等学校は、開校以来、地域に根ざした教育活動を行っており、多くの卒業生を輩出している。 また、盛岡中央高等学校は、文部科学省からスーパーグローバルハイスクール(SGH)に指定されており、グローバル人材の育成に力を入れている。 また、盛岡中央高等学校は、東北大学や岩手大学との連携を強化しており、大学進学を希望する生徒のサポートに力を入れている。
施設名・ロケ地

三木家住宅の魅力を徹底解説

江戸時代前期に建てられた三木家住宅の歴史 三木家住宅は、江戸時代前期に建てられた町家造りの住宅です。国の重要文化財に指定されており、現在でも一般公開されています。三木家住宅は、奈良県橿原市にあり、近鉄大阪線の橿原神宮前駅から徒歩約10分のところにあります。 三木家住宅は、江戸時代前期に三木家によって建てられました。三木家は、江戸時代初期に橿原市に移住してきた商人で、代々呉服商を営んでいました。三木家住宅は、三木家の住宅として使用されていましたが、明治時代になって三木家は没落し、三木家住宅は空き家になりました。その後、三木家住宅は奈良県に寄贈され、現在では一般公開されています。 三木家住宅は、江戸時代前期の町家造りの住宅の典型的な例であり、国の重要文化財に指定されています。三木家住宅は、木造平屋建てで、妻入りの切妻造りの屋根をしています。三木家住宅の内部は、土間、台所、居間、座敷などの部屋に分かれており、江戸時代前期の町家造りの住宅の生活の様子を知ることができます。
施設名・ロケ地

東京ドームシティホールの魅力と特徴

東京ドームシティホールの歴史と概要 東京ドームシティホールは、1988年に開館した多目的ホールです。東京都文京区の東京ドームシティ内にあり、東京ドーム、東京ドームホテル、後楽園ホールなどと隣接しています。収容人数は5,000人で、コンサート、演劇、スポーツイベントなど、さまざまなイベントに使用されています。 ホールは、地下1階から地上3階までの4階建てで、1階にはメインホール、2階には小ホール、3階には会議室や宴会場があります。また、ホール内にはレストランやカフェ、ショップなどもあり、イベント開催時以外にも利用することができます。 東京ドームシティホールは、東京ドームシティの中心的な施設として、多くの人々に親しまれています。毎年、数多くのイベントが開催され、国内外のアーティストやスポーツ選手が出演しています。また、ホール内はバリアフリー設計となっており、車椅子やベビーカーでの来場も可能です。 東京ドームシティホールは、アクセスも良好で、JR水道橋駅や東京メトロ後楽園駅、都営地下鉄春日駅など、複数の駅から徒歩圏内です。また、周辺には駐車場も整備されており、車での来場も可能です。
施設名・ロケ地

魅力溢れる「湯泊港」で癒しの旅

自然豊かな屋久島の南西部に位置する湯泊港は、その美しく穏やかな海と、緑豊かな山々に囲まれた景色で知られています。港の周辺には、様々な宿泊施設や飲食店が立ち並び、観光客に人気のスポットとなっています。また、湯泊港はダイビングやシュノーケリングのスポットとしても知られており、多くのダイバーが訪れます。港の近くには、ウミガメが生息する海域があり、ウミガメを間近で見ることができるボートツアーも開催されています。湯泊港は、屋久島の自然を満喫できる魅力溢れる港です。
施設名・ロケ地

歴史ある高槻の百貨店「松坂屋 高槻店」の魅力

松坂屋 高槻店その歴史と特徴 高槻市にある松坂屋 高槻店は、1958年に開業した歴史ある百貨店です。阪急高槻市駅の目の前に位置する同店は、周辺地域の人々に長年愛されてきました。百貨店には、ファッション、コスメ、食品、生活雑貨など、幅広い商品を取り揃えており、ワンストップで買い物を楽しむことができます。また、松坂屋 高槻店では、定期的に催事やイベントを開催しており、常に新しい発見があります。 松坂屋 高槻店の特徴の一つは、その上品で落ち着いた雰囲気です。店内には、高級感のある内装が施されており、ゆっくりと買い物を楽しむことができます。また、同店では、丁寧な接客を心がけており、顧客の要望にしっかりと応えてくれます。松坂屋 高槻店は、高槻市に住む人々の生活に欠かせない存在となっています。
施設名・ロケ地

奈良県宇陀市榛原にある「平成榛原子供のもり公園」の魅力

公園の歴史と概要 奈良県宇陀市榛原にある「平成榛原子供のもり公園」は、1991年に開園した公園です。広さは約21ヘクタールで、榛原川沿いの自然豊かな環境に位置しています。公園内には、ローラー滑り台や木製アスレチック、ジャブジャブ池など、子供たちが楽しく遊べる遊具がたくさんあります。また、植物園や昆虫観察園など、自然を学ぶことができる施設も整備されており、家族連れに人気のスポットとなっています。 公園の開園に当たっては、地域住民や企業、行政が一体となって整備が進められました。特に、地元住民の協力は大きく、公園の建設には多くの人がボランティアとして参加しました。また、企業や行政からも資金や資材の提供が行われ、公園の完成に貢献しました。 公園の開園後は、地域住民や観光客に広く利用されるようになりました。休日は特に多くの人で賑わい、子供たちの元気な声が響き渡っています。公園は、人々が自然と触れ合い、憩いのひとときを過ごすことができる場所として、地域に親しまれています。
施設名・ロケ地

茨城県のアンテナショップ「IBARAKI sense」の魅力

茨城県のアンテナショップ「IBARAKI sense」とは、茨城県水戸市にある、茨城県の魅力を全国に発信する施設です。2016年3月にオープンし、茨城県の特産品や観光情報などを紹介しています。 1階は物産販売コーナーとなっており、茨城県の特産品や銘菓、工芸品などが販売されています。茨城県は、メロンやイチゴなどのフルーツや、納豆や干し芋などの加工食品、そして笠間焼や結城紬などの工芸品など、豊富な特産品を有しています。物産販売コーナーでは、これらの特産品を実際に手に取って購入することができます。 2階は、茨城県の観光情報を紹介するコーナーや、茨城県の食材を使った料理を提供するレストランがあります。観光情報コーナーでは、茨城県の観光マップやパンフレットが配布されており、茨城県の観光スポットやイベント情報などを知ることができます。レストランでは、茨城県の食材を使った料理を味わうことができ、茨城県の食の豊かさを堪能することができます。 「IBARAKI sense」は、茨城県の魅力を全国に発信する施設として、多くの観光客や地元の人々に親しまれています。
施設名・ロケ地

「明石寺の秘密を探る」

明石寺の歴史と魅力 明石寺は、奈良県奈良市にある浄土宗の寺院です。開山は、平安時代初期の天台宗の僧侶である良弁で、754年に創建されました。本尊は、阿弥陀如来坐像で、平安時代後期の作です。 明石寺は、古くから霊験あらたかな寺院として知られ、多くの参拝者が訪れます。特に、本尊の阿弥陀如来坐像は、安産や子育てのご利益があるとされ、多くの女性が参拝に訪れます。 また、明石寺は、境内にある庭園も美しく、四季折々の花を楽しむことができます。 春には桜、夏にはアジサイ、秋には紅葉、冬には雪景色と、一年を通して美しい景色を楽しむことができます。 境内には、阿弥陀堂、観音堂、地蔵堂などの建物があり、それぞれに美しい仏像が安置されています。また、境内の奥には、小さな池があり、鯉や亀が泳いでいます。 明石寺は、歴史と魅力のある寺院で、多くの人々に親しまれています。奈良を訪れた際には、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。
施設名・ロケ地

日本の歴史公園100選「三田尻塩田記念産業公園」の魅力

-三田尻塩田の歴史と産業- 三田尻塩田記念産業公園は、山口県防府市にある公園です。この公園は、かつて日本の塩生産の中心地であった三田尻塩田の歴史と産業を伝えるために整備されました。 三田尻塩田の歴史は、江戸時代初期にさかのぼります。この頃、防府藩主の毛利輝元が、家臣の吉川広家と、三田尻の海岸に塩田を開発しました。三田尻塩田は、瀬戸内海の温暖な気候と潮汐を利用して塩を生産し、最盛期には年間約30万石の塩を生産していました。 三田尻塩田で生産された塩は、江戸や大阪などの都市部に運ばれて、食用や保存食の製造に使用されました。また、塩は、江戸時代の重要な換金作物であり、三田尻塩田は、防府藩の財政を支える重要な役割を果たしていました。 明治維新後、日本の塩生産は近代化が進み、三田尻塩田の生産量は減少しました。しかし、三田尻塩田は、昭和40年代まで塩を生産し続け、日本の塩産業の歴史に大きな足跡を残しました。 三田尻塩田記念産業公園には、三田尻塩田の歴史と産業を伝える資料館や、塩田を再現した展示施設があります。また、公園内には、塩田跡地を利用した公園や、海水浴場もあります。三田尻塩田記念産業公園は、日本の塩産業の歴史を学ぶことができる貴重な場所であり、観光スポットとしても人気があります。
施設名・ロケ地

スーパーマルハチの特徴と魅力

-スーパーマルハチの歴史と特徴- スーパーマルハチは、1958年に東京都町田市に1号店を開業したスーパーマーケットチェーンです。現在は、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県に約100店舗を展開しています。 スーパーマルハチの最大の特徴は、新鮮な食材にこだわっていることです。青果、鮮魚、精肉、惣菜などの生鮮食品は、毎日市場から直接仕入れており、鮮度抜群です。また、スーパーマルハチでは、産地や生産者にこだわった商品を数多く取り扱っています。例えば、青森県産のりんごや、宮崎県産のマンゴーなど、全国各地の特産品をリーズナブルな価格で販売しています。 スーパーマルハチは、惣菜にも力を入れています。スーパーマルハチの惣菜は、すべて店内で手作りされており、添加物や保存料は一切使用していません。そのため、安心して食べることができます。また、スーパーマルハチでは、季節やイベントに合わせて、さまざまな惣菜を販売しています。例えば、クリスマスシーズンには、ローストチキンやシュトーレンなど、クリスマス限定の惣菜が登場します。 スーパーマルハチは、地域密着型のスーパーマーケットとして、地域の人々に愛されています。スーパーマルハチでは、地域のイベントに参加したり、地元の学校と協力して食育活動を行ったりするなど、地域社会に貢献する活動に取り組んでいます。
施設名・ロケ地

美濃・紙の芸術村:美濃市で3ヶ月間の国際交流

美濃和紙の芸術村で紙の芸術を体験 岐阜県美濃市にある美濃和紙の芸術村では、3か月間の国際交流イベントの一環として、さまざまな紙の芸術を体験できるワークショップや展示会が開催されています。このイベントには、世界中からアーティストや工芸作家が集まり、紙を使った独創的な作品を制作しています。 ワークショップでは、紙漉きや和紙貼り、紙すき絵などの伝統的な紙工芸を体験することができます。また、紙を素材とした現代美術やインスタレーションなどの展示会も開催され、紙の可能性をさまざまな角度から感じることができます。 このイベントは、紙の伝統と文化を世界に発信し、紙の芸術の新たな可能性を探ることを目的としています。さまざまな紙の芸術を体験することで、紙の持つ無限の可能性を感じることができるでしょう。
施設名・ロケ地

近商ストアのスーパーマーケット「KINSHO」の魅力

「KINSHO」の強み 近商ストアのスーパーマーケット「KINSHO」は、地域密着型のスーパーとして多くのお客様から親しまれています。その魅力は何でしょうか。 「KINSHO」の強みは、新鮮な野菜や果物、魚介類など、食材にこだわっている点です。地元の農家や漁師と直接契約を結び、新鮮な食材を仕入れることで、お客様に高品質な商品を提供しています。また、「KINSHO」では、お客様のニーズに合った商品を取り揃えることに力を入れています。例えば、健康志向のお客様向けに、有機野菜や低糖質食品を豊富に取り揃えています。さらに、「KINSHO」では、惣菜や弁当などの加工食品も充実しています。自社工場で製造しているため、できたての惣菜や弁当をリーズナブルな価格で提供しています。 「KINSHO」は、地域密着型のスーパーマーケットとして、お客様のニーズに応え、高品質な商品を提供することに努めています。それが、「KINSHO」がお客様から支持される理由です。
施設名・ロケ地

横浜能楽堂の魅力と歴史

横浜能楽堂の歴史と特徴 横浜能楽堂は、横浜市中区にある能楽堂です。1968年(昭和43年)に開館しました。横浜能楽堂は、関東地方で唯一の近代的な能楽堂であり、能楽だけでなく、狂言、文楽、人形浄瑠璃など、日本の伝統芸能を幅広く上演しています。 横浜能楽堂は、木造の伝統的な建築様式を取り入れた建物で、能舞台は檜材で造られています。客席は、能舞台を取り囲むように配置され、1席あたりの広さがゆったりとしています。また、横浜能楽堂には、能楽に関する資料を展示した能楽資料室や、能楽の演目の解説を行う能楽講座室などがあります。 横浜能楽堂は、横浜市の重要な文化施設であり、多くの市民に親しまれています。また、横浜能楽堂は、海外からの観光客にも人気があり、日本の伝統芸能の魅力を伝える場となっています。
施設名・ロケ地

琴崎八幡宮の旅

琴崎八幡宮の歴史と由来 琴崎八幡宮は、愛知県東海市にある神社です。平安時代初期の806年に、弘法大師空海が当地を訪れた際に、海上の安全と五穀豊穣を祈願して八幡大神を祀ったのが始まりとされています。その後、源頼朝の命により、源氏の氏神として祀られるようになり、鎌倉時代には、源頼朝が寄進した太刀や甲冑などが奉納されました。戦国時代には、織田信長が社殿を再建し、江戸時代には、徳川家康が社領を寄進するなど、歴代将軍から崇敬を受けました。明治時代には、神仏分離令により、八幡大神は八幡宮に改称され、現在に至っています。 琴崎八幡宮は、東海市で最も古い神社であり、市指定文化財にも指定されています。社殿は、本殿、幣殿、拝殿からなり、本殿は、江戸時代初期に再建されたものです。拝殿には、源頼朝が寄進した太刀や甲冑などが展示されており、国の重要文化財に指定されています。また、境内には、源頼朝が手植えしたと伝えられる楠の巨木や、弘法大師空海が座禅を組んだとされる石碑などがあります。 琴崎八幡宮は、東海市の歴史や文化を知る上で重要な神社です。また、海上の安全と五穀豊穣を祈願する神社としても知られており、多くの人々が参拝に訪れます。
施設名・ロケ地

アピア:札幌の地下街、ショッピングの楽しみ

アピアの歴史札幌ステーションデパートからアピアへ アピアは、札幌駅直結の地下街として1973年に開業しました。開業当初は「札幌ステーションデパート」という名称でしたが、2003年に「アピア」に改称されました。アピアは、ファッション、雑貨、グルメなどを取り扱う約180店舗が入居するショッピングモールです。札幌市民だけでなく、観光客にも人気のスポットとなっています。 アピアは、札幌駅と直結しているため、アクセスが非常に便利です。また、地下街のため、雨や雪の日でも快適に買い物を楽しむことができます。アピアは、ファッションや雑貨、グルメなどを取り扱う約180店舗が入居するショッピングモールです。ファッションでは、カジュアルからフォーマルまで幅広いジャンルの商品を取り揃えています。雑貨では、キッチン用品やインテリア雑貨、文房具など、生活を豊かにする商品が充実しています。グルメでは、北海道の特産品やスイーツ、全国各地の人気グルメなどを取り揃えています。 アピアは、買い物だけでなく、グルメも充実しています。地下1階には、北海道の特産品やスイーツ、全国各地の人気グルメなどを取り揃えたフードコートがあります。また、カフェやレストランも多数入居しており、休憩や食事を楽しむことができます。