「く」で始まる

モノの名前

倉吉銘菓「蔵の餅」の魅力

-蔵の餅の歴史と由来- 蔵の餅は、倉吉市にある老舗和菓子店「くらよし銘菓 蔵の餅」が製造販売している銘菓です。この餅は、倉吉の特産品である「蔵の米」を主原料としており、もちもちとした食感と優しい甘さが特徴です。 蔵の餅の歴史は、明治時代にさかのぼります。当時、倉吉は米の生産地として栄えており、蔵に米を貯蔵することが盛んに行われていました。このため、蔵の餅は「倉吉の餅」として親しまれるようになりました。 大正時代には、蔵の餅の販売が開始され、倉吉の名物として知られるようになりました。昭和時代に入ると、蔵の餅は全国各地に出荷されるようになり、現在では日本有数の銘菓として知られています。 蔵の餅の由来は、倉吉の風習に関係しています。倉吉では、正月やお盆などの行事の際に、餅を食べる風習があります。この風習は、もちもちとした餅が生命力の象徴と考えられていたことに由来しています。蔵の餅は、この風習にちなんで作られた餅であり、倉吉の文化を伝える銘菓となっています。
映画の名前

「空軍」:1943年の傑作、戦争映画の金字塔

-空軍誕生の背景と製作秘話- 1943年に米国で公開された戦争映画「空軍」は、第二次世界大戦におけるアメリカ空軍の活躍を描いた傑作として知られています。この映画は、監督のハワード・ホークスと脚本家のジョン・ヒューストンが、実際に空軍のパイロットや整備士に取材を重ねて制作されたもので、そのリアリティあふれる映像と迫力ある戦闘シーンは、公開当時から絶賛されました。 「空軍」の誕生には、興味深い背景があります。1942年、米国は第二次世界大戦に参戦し、その直後に陸軍航空隊(後の空軍)が設立されました。陸軍航空隊は、ヨーロッパや太平洋の戦線で活躍しましたが、その初期の頃は、パイロットや整備士の不足、飛行機の性能不足など、多くの問題に直面していました。 このような状況の中、米国政府は、空軍の士気を高めるために、戦争映画の制作を企画しました。映画の監督には、数々のヒット作を手がけたハワード・ホークスが選ばれ、脚本には、ピューリッツァー賞を受賞した小説家、ジョン・ヒューストンが起用されました。 ハークスとヒューストンは、空軍のパイロットや整備士に取材を重ね、彼らの体験談を映画に盛り込みました。また、空軍の協力のもと、実際の戦闘機や爆撃機を使用して、迫力のある戦闘シーンを撮影しました。 「空軍」は、1943年に公開され、大ヒットを記録しました。映画は、空軍の士気を高めるだけでなく、一般市民にも戦争の悲惨さと平和の大切さを訴えました。「空軍」は、戦争映画の傑作として、現在でも多くの人々に愛されています。
作品名

くろねこさん しろねこさん

「くろねこさん しろねこさん」大見出しの下に作られた小見出しの「色の不思議を学ぶ絵本」は、2023年に出版された絵本です。色について楽しく学べる本として、全国の子どもたちから愛されています。 この絵本は、黒猫と白猫の二匹の猫が主人公です。二匹の猫は、森の中でさまざまな色を冒険し、色の不思議を発見していきます。本書は、色について楽しく学べる本として、全国の子どもたちから愛されています。 たとえば、二匹の猫が青い森を歩いていると、木々や葉っぱが青く染まっているのを見ます。それから、二匹の猫は赤い花畑にやって来ます。すると、今度は花が赤く咲いているのを見ます。 この絵本では、色について楽しく学べるように、さまざまな工夫がされています。色についての説明は、すべて平易な言葉で書かれています。また、絵もカラフルで、色の美しさを表現しています。 この絵本は、色について楽しく学べる本として、全国の子どもたちから愛されています。もし、お子さんに色の不思議を教えてあげたいと思っているなら、ぜひこの絵本を読んであげてください。
有名人の名前

話題の「くさヤーマン」とは?新島の村の非公認キャラクター

「くさヤーマン」は、兵庫県南あわじ市にある新島村の非公認キャラクターである。その誕生には、島の自然と人々の想いが込められている。 2015年、島の農家が畑に草を生やすのを防止するために、草を刈り取って乾燥させて、それを肥料にするという取り組みを開始した。その結果、島の草が減り、景観が良くなっただけでなく、農作物の生産量も向上した。 この取り組みを聞いたボランティア団体が、草を刈り取って乾燥させたものを、島のお土産として販売することを提案した。その際、島のキャラクターとして「くさヤーマン」が誕生したのである。 「くさヤーマン」は、草を刈って乾燥させたものをイメージしたキャラクターで、頭に草が生えており、腰には草刈り鎌を差している。その愛らしい姿は、多くの人々に愛され、島の新たな観光資源となっている。
地名・ロケ地

桑ノ木の滝

桑ノ木の滝の歴史 桑ノ木の滝は、宮崎県西臼杵郡高千穂町大字岩戸にある滝で、日本の滝百選に選ばれている。滝の高さは30m、幅は12mで、岩盤を削って流れた水が、まるで絹糸が垂れ落ちるように見えることから、その名が付けられた。 桑ノ木の滝の歴史は古く、平安時代の歌人、西行法師が、この滝を訪れた際に「桑ノ木の滝」と詠んだと伝えられている。また、鎌倉時代の武将、源頼朝が、この滝で戦勝祈願を行ったという伝説もある。 江戸時代には、桑ノ木の滝は、観光地として知られるようになり、多くの文人墨客が訪れた。明治時代には、日本の滝百選に選ばれ、さらに多くの人々が訪れるようになった。 現在、桑ノ木の滝は、高千穂峡の観光名所の一つとなっており、毎年多くの観光客が訪れる。滝の周辺は遊歩道が整備されており、滝を間近で見ることができる。また、滝の近くには、茶屋があり、滝を眺めながらお茶を楽しむことができる。
モノの名前

駄菓子の定番「くろぱん」の魅力

くろぱんの誕生と歴史 くろぱんは、明治時代に誕生した日本の駄菓子です。その誕生には諸説ありますが、その一つは、明治時代初年に、当時の東京の下谷区にあった菓子屋「黒松屋」の店主が、余ったパン生地を切って油で揚げて販売したことが始まりだと言われています。この「揚げパン」は、子供たちに大好評となり、瞬く間に東京中に広がっていきました。 その後、この「揚げパン」をヒントに、様々なメーカーが「くろぱん」を発売するようになりました。その中でも、昭和30年代に発売された「マルキン本舗」の「くろぱん」が、その美味しさで爆発的な人気となり、くろぱんの代表格として現在に至るまで愛され続けています。 くろぱんの魅力は、何と言ってもその素朴な味です。小麦粉、砂糖、油で作った生地を、こんがりと揚げた食感は、香ばしくカリッとしていて、中はふんわりと柔らかく、甘さ控えめで素朴な味わいです。また、その手軽な価格も、くろぱんが愛される理由の一つです。
モノの名前

区内町御用達最中、その魅力とは?

亀屋菓子舗のこだわりが詰まった逸品 亀屋菓子舗は、区内町で愛され続ける最中屋です。その魅力は、何といってもこだわり抜かれた素材と製法にあります。最中の皮には、北海道産の最高級小豆を丁寧に炊き上げたあんがぎっしり詰まっています。あんは、ほどよい甘さと上品な香りが特徴で、最中の皮との相性は抜群です。また、最中の皮は、一枚一枚丁寧に焼き上げられており、パリッとした食感と香ばしさが特徴です。最中の皮とあんのバランスが絶妙で、一口食べると幸せな気分になります。 亀屋菓子舗の最中は、見た目の美しさも魅力の一つです。最中の皮には、亀の甲羅を模した紋様が刻印されており、縁起が良いとされています。また、最中の皮には、金箔や銀箔が施されており、華やかな印象です。最中は、お祝い事や贈り物にも最適です。 亀屋菓子舗の最中は、区内町の人々に愛され続ける逸品です。そのこだわり抜かれた素材と製法、そして見た目の美しさは、多くの人を魅了しています。
モノの名前

黒豆黒茶ってどんなお茶?その特徴と飲み方

黒豆黒茶の特徴 黒豆黒茶は、黒豆を原料とした発酵茶の一種です。黒豆を焙煎し、微生物による発酵を促して作られます。黒豆黒茶には、ポリフェノールやカテキン、アミノ酸、ミネラルなどの栄養成分が豊富に含まれています。ポリフェノールは抗酸化作用があり、カテキンは脂肪の吸収を抑える効果があると言われています。アミノ酸は疲労回復に、ミネラルは美容に良いと言われています。 黒豆黒茶は、クセのない味と香りの飲みやすいお茶です。ストレートで飲んでも、牛乳や蜂蜜を加えて飲んでも美味しくいただけます。また、黒豆黒茶をベースにしたカクテルなども作ることができます。
作品名

くろうまブランキーについて

-絵本の特徴- くろうまブランキーの絵本には、多くの特徴があります。まず、その絵本の大きな特徴は、作者であるあべ弘士氏が描く独特のイラストレーションです。あべ氏のイラストレーションは、太い線と鮮やかな色使いが特徴的で、非常にインパクトがあります。また、あべ氏の描く動物たちはとても愛嬌があり、子どもたちからの人気を集めています。 また、くろうまブランキーの絵本は、そのストーリーも非常に魅力的です。どの作品も子どもたちが共感しやすいテーマを扱っており、子どもたちの心に響くようになっています。さらに、あべ氏の巧みな語り口により、子どもたちは絵本の世界に引き込まれ、最後まで夢中になって読むことができます。 さらに、くろうまブランキーの絵本は、その学習効果も高く評価されています。どの作品にも、子どもたちの成長に役立つようなメッセージが込められており、子どもたちは絵本を読むことで、大切なことを学ぶことができます。また、あべ氏の描くイラストレーションは、子どもたちの想像力を刺激し、創造性を育む効果もあります。 このように、くろうまブランキーの絵本には、多くの特徴があります。その特徴により、くろうまブランキーの絵本は子どもたちから絶大な人気を集めており、多くの賞を受賞しています。
モノの名前

「くまんま」のあれこれをご紹介します♪

「くまんま」とは、丸っこいクマのキャラクターで、主に子供向けのコンテンツに登場します。その愛らしい見た目と、優しい性格で人気を集めており、様々なグッズやコラボレーション企画が展開されています。 「くまんま」は、2017年に、イラストレーターの「柚希きひろ」氏によって生み出されました。当初は、柚希氏のSNSで公開されていたイラストでしたが、その可愛らしさが話題となり、瞬く間に人気を集めました。 「くまんま」の特徴として挙げられるのが、その丸っこいフォルムと愛らしい表情です。大きなクマのぬいぐるみのような可愛らしさが特徴で、その姿を見るだけで癒される人も多いようです。 また、「くまんま」は、非常に優しい性格をしています。子供たちや動物たちと仲良く遊んでいたり、時には困っている人を助けたりと、その優しさは多くの人々を魅了しています。
地名・ロケ地

岩手の名峰!鞍掛山を巡る旅

鞍掛山の概要と魅力 岩手県盛岡市にある鞍掛山は、標高1,062mの山です。山頂にある3つのピークが鞍のように見えることから、鞍掛山という名が付けられました。鞍掛山は、岩手県民に親しまれている山で、登山やハイキング、キャンプなどのアウトドアアクティビティが盛んです。また、鞍掛山は、山麓に広がる田園風景や、遠くに望む北上川や奥羽山脈など、美しい景色を眺めることもできます。鞍掛山は、登山が容易で、山頂までの道のりはよく整備されているため、初心者でも気軽に登ることができます。また、鞍掛山は、四季折々の表情を見せる山で、春は新緑、夏は高山植物、秋は紅葉、冬は雪景色と、一年中楽しむことができます。
施設名・ロケ地

熊の湯スキー場 – 志賀高原スキー場の魅力的な一面

長野県のスキーヤー憧れの地 志賀高原スキー場は大雪で知られ、スキーヤーやスノーボーダーにとってパウダー天国です。その中でも熊の湯スキー場は、志賀高原スキー場のエリアの中でも非常に人気のあるスキー場です。熊の湯スキー場は、標高1,200mから1,800mの間に位置し、20以上のリフトとゴンドラが整備されています。コースは初心者から上級者まで楽しめるように、様々なレベルのコースが用意されています。また、熊の湯スキー場には、子供向けのゲレンデやスノーパークも充実しているので、家族連れでも安心して楽しめます。 熊の湯スキー場は、志賀高原スキー場の他のエリアに比べて、より手頃な価格でスキーを楽しむことができます。リフト券は1日券で4,000円、半日券で3,000円です。また、熊の湯スキー場には、レストランやカフェ、レンタルショップなど、様々な施設が充実しているので、一日中スキーを楽しむことができます。 熊の湯スキー場は、志賀高原スキー場の他のエリアに比べて、よりアクセスしやすい場所にあります。長野駅から車で約1時間、東京駅から車で約3時間です。また、熊の湯スキー場には、無料のシャトルバスが運行しているので、公共交通機関を利用してスキーを楽しむこともできます。 熊の湯スキー場は、志賀高原スキー場のエリアの中でも非常に人気のあるスキー場です。その理由は、大雪で知られていること、様々なレベルのコースが用意されていること、手頃な価格でスキーを楽しむことができることなどです。また、熊の湯スキー場は、アクセスしやすい場所にあるので、東京や大阪などからも多くの人が訪れます。
モノの名前

佐賀県神埼市の地域キャラクター「くねんワン」の魅力

くねんワンの誕生と特徴 佐賀県神埼市の地域キャラクター「くねんワン」は、2018年に誕生しました。誕生のきっかけは、神埼市がまちづくりを進めるにあたって、市の魅力をより広くPRするためのキャラクターを作ろうと考えたことにあります。くねんワンは、神埼市の特産品である「神埼そうめん」の麺をモチーフにしたキャラクターです。頭部はそうめんを束ねたもので、体は麺棒を模しています。くねんワンの名前は、「くねくねと動く姿」と「神埼そうめん」の「そうめん」を合わせて名付けられました。 くねんワンは、神埼市のイベントやPR活動に積極的に参加しています。また、神埼市の観光スポットや特産品を紹介する動画にも登場しています。くねんワンは、神埼市の魅力をPRするのに欠かせない存在となっています。 くねんワンの特徴は、何と言ってもその愛らしい姿です。くねくねと動く姿は、見る人を笑顔にします。また、神埼市の特産品である「神埼そうめん」をモチーフにしているため、地域に根ざしたキャラクターとなっています。くねんワンは、神埼市を代表するキャラクターとして、今後も活躍し続けるでしょう。
モノの名前

「熊本種」とは?その歴史や特徴を解説

熊本種の歴史 熊本種は、江戸時代初期に熊本藩主・細川忠興が朝鮮出兵の際に持ち帰った朝鮮馬がルーツと言われています。その後、熊本藩内で飼育され、改良を重ねて誕生したのが熊本種です。 明治時代になると、熊本種は軍馬として重宝され、日露戦争や日清戦争にも出征しました。しかし戦後は馬車の代わりに自動車が使われるようになり、熊本種の飼育頭数は減少していきました。 昭和初期には、熊本種は絶滅の危機に瀕しましたが、有志の努力によって保護され、飼育頭数は回復しました。現在では、熊本県を中心に約1,200頭が飼育されており、国の天然記念物にも指定されています。
施設名・ロケ地

草木湖の自然を満喫

草木湖の魅力を再発見 草木湖は、静岡県浜松市天竜区にある湖で、周囲約12キロメートル、面積約4平方キロメートル、最大水深約45メートルで、日本百名山の一つである秋葉山の南麓に位置する。 草木湖の魅力は、何といってもその美しい自然だ。湖畔にはブナやカエデなどの木々が鬱蒼と茂り、その姿はまるで緑の壁のようだ。また、湖面には多くの水鳥が生息しており、その姿は訪れる人々の心を癒してくれる。 草木湖周辺には、遊歩道やキャンプ場、ボート乗り場などの施設が整備されているので、自然を満喫することができる。また、秋葉山への登山ルートもあるので、登山を楽しむこともできる。 草木湖は、四季折々の美しい風景を楽しめる場所だ。春には桜が咲き誇り、夏には緑が茂り、秋には紅葉が美しく、冬には雪化粧をする。ぜひ、一度訪れてみてはいかがだろうか。
モノの名前

久留米かとぎ

久留米かとぎとは、九州は福岡県久留米市で古くから親しまれている郷土料理です。さまざまな具材を竹串に刺して炭火で焼くシンプルな料理ですが、その素朴な味わいが地元の人々に愛され続けています。 久留米かとぎの具材は、かしわ(鶏肉)、玉ねぎ、ピーマン、エリンギなど、季節の野菜や肉類、魚介類が中心です。これらを一口大に切って竹串に刺し、炭火でじっくりと焼きます。焼き加減はお好みですが、外はカリッと中はジューシーに仕上げるのがコツです。 久留米かとぎは、そのまま食べても美味しいですが、ポン酢や塩、七味唐辛子などの薬味を添えて食べるとさらに美味しくなります。お酒のおつまみとしても最適で、地元の居酒屋などでは必ずと言っていいほどメニューに並んでいます。 久留米かとぎは、家庭でも簡単に作ることができるので、ぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。旬の野菜や肉類を使えば、より一層美味しく仕上がります。
モノの名前

組み分け帽子の魔法と仕組み

組み分け帽子の役割と歴史 組み分け帽子は、ホグワーツ魔法魔術学校において、新入生を4つの寮に振り分けるための魔法の帽子です。寮は、グリフィンドール、ハッフルパフ、レイブンクロー、スリザリンの4つです。組み分け帽子は、生徒の性格や能力を考慮して、どの寮に振り分けるかを決定します。 組み分け帽子の起源は古く、ホグワーツ魔法魔術学校の創設者であるゴドリック・グリフィンドール、ヘルガ・ハッフルパフ、ロウェナ・レイブンクロー、サラザール・スリザリンが、それぞれの寮の特徴を組み合わせて作ったと言われています。組み分け帽子は、創設者たちの意思を引き継ぎ、生徒たちを適切な寮に振り分けているのです。 組み分け帽子は、生徒たちの性格や能力を考慮して、どの寮に振り分けるかを決定します。組み分け帽子の判断は、生徒たちの将来の成功や幸福を考慮して行われるため、非常に重要視されています。 組み分け帽子は、ホグワーツ魔法魔術学校において、生徒たちの将来を左右する重要な役割を果たしています。新入生たちは、組み分け帽子によってどの寮に振り分けられるか、固唾をのんで見守っています。
施設名・ロケ地

熊野大社について

熊野大社の祭神と由緒 熊野大社は、日本の三大熊野社の一つであり、和歌山県新宮市にある神社です。祭神は、熊野牟須美大神、熊野速玉大神、熊野那智大神の三神です。熊野牟須美大神は、天地創造の神であり、熊野速玉大神は、万物生成の神であり、熊野那智大神は、水の神です。 熊野大社の由緒は、古く、日本神話にも登場しています。日本神話によると、伊邪那岐命と伊邪那美命が、熊野の国で最初に降り立ったと言われています。また、熊野大社は、修験道の開祖である役小角が、熊野の山中で修行した場所としても知られています。 熊野大社は、熊野三山の総本宮であり、熊野信仰の中心地となっています。毎年、多くの参拝者が訪れます。熊野大社の境内には、本殿、拝殿、神門、楼門などの建物があり、熊野三山の神々に関する彫刻や絵画が飾られています。 熊野大社は、日本の歴史と文化を伝える貴重な場所であり、世界遺産にも登録されています。
モノの名前

九谷焼の魅力と歴史

華やかな色絵と伝統的な技法 九谷焼の魅力の一つは何と言っても、鮮やかな色使いと華やかな色絵でしょう。赤、青、黄、緑、紫などの様々な色を使い、花鳥風月や人物、物語などをモチーフとした絵柄が描かれています。色絵の技法には、上絵付けと下絵付けの2種類があり、上絵付けは釉薬をかけた後に絵柄を描き、下絵付けは釉薬をかける前に絵柄を描くものです。九谷焼の色絵は、この2つの技法を組み合わせることで、より華やかで立体感のある表現が可能となっています。 また、九谷焼は伝統的な技法を守りながら、新しい技術を取り入れることで、進化を続けています。例えば、江戸時代には中国から伝わった染付の技法が取り入れられ、九谷焼の新たな魅力として広がりました。明治時代には、西洋から伝わったエナメル彩の技法が取り入れられ、九谷焼の色絵はさらに華やかになりました。このように、九谷焼は伝統的な技法を守りながら、新しい技術を取り入れて進化を続けることで、常に新しい魅力を生み出しているのです。
施設名・ロケ地

倉吉北高等学校の魅力とは?

-倉吉北高等学校の歴史- 倉吉北高等学校は、1924年(大正13年)に開校した公立高等学校です。倉吉市街地の北東部に位置し、普通科と専門学科を設置しています。普通科は、文系と理系の2コースに分かれており、専門学科は、商業科と工業科の2科を設置しています。 倉吉北高等学校は、開校以来、数多くの卒業生を輩出しており、その中には、政界、財界、文化界で活躍する著名人も多くいます。また、倉吉北高等学校は、スポーツや文化活動でも盛んであり、全国大会に出場する部活動も数多くあります。 倉吉北高等学校は、2024年(令和6年)に開校100周年を迎える歴史ある高校です。倉吉北高等学校は、生徒たちに豊かな人間性と確かな学力を育み、社会に貢献できる人材を育成することを目指しています。
施設名・ロケ地

「くじ」の楽しみ方

「くじ」とは、抽選によって賞品が当たるゲームの一種です。くじには、宝くじ、ロト、totoなど、さまざまな種類があります。宝くじは、国が発行するくじで、一等賞金が数億円から数十億円になることもあります。ロトは、数字を選択して購入するくじで、一等賞金は数千万円から数億円になります。totoは、サッカーの試合結果を予想して購入するくじで、一等賞金は数億円から数十億円になります。 くじは、誰でも気軽に楽しむことができるゲームです。くじを購入する際には、賞金のことばかりを考えるのではなく、くじを引く過程を楽しむことが大切です。くじに当たればラッキーですが、外れてもくじを引いたという経験を楽しむことができます。くじは、お金儲けのためというよりも、楽しみのために行うゲームです。
モノの名前

雲芸紙とは?その魅力と高知県の伝統工芸としての価値

雲芸紙の特徴と魅力 雲芸紙の特徴は、その雲のような模様です。この模様は、紙を漉く際に簀桁(すけた)を揺らして作るのですが、非常に高度な技術を要します。また、雲芸紙は非常に軽く、破れにくいのも特徴です。 雲芸紙の魅力は、その独特の風合いにあります。手漉きならではの温かみのある風合いは、他の紙にはないものです。また、雲芸紙は非常に軽いので、様々な用途に使用することができます。 高知県では、雲芸紙を原料とした様々な工芸品が作られています。その代表的なものが、雲芸紙人形です。雲芸紙人形は、雲芸紙を何枚も重ね合わせて作られた人形で、非常に繊細で美しいものです。また、雲芸紙は、ランプシェードや和小物などにも使用されています。 雲芸紙は、高知県を代表する伝統工芸品であり、その魅力は世界中の人々に知られています。今後も、雲芸紙を使った様々な工芸品が作られ続け、人々を魅了していくことでしょう。
作品名

「黒後家蜘蛛の会4」の魅力と背景

アメリカンミステリの名作の魅力 アメリカンミステリは、世界中で愛されているミステリ小説の一つのジャンルです。その魅力は、なんといってもその謎解きの巧妙さでしょう。トリックの複雑さや、意外な犯人の存在など、読者を最後まで飽きさせません。また、アメリカンミステリは、時代背景や社会問題を背景に描かれている作品が多く、単なるミステリー小説を超えた深みのある作品も少なくありません。 アメリカンミステリの名作としてよく挙げられる作品のひとつに、「シャーロック・ホームズ」シリーズがあります。この作品は、19世紀のロンドンを舞台に、名探偵シャーロック・ホームズが活躍する物語です。ホームズの鋭い洞察力と推理力は、読者を魅了してやみません。また、「シャーロック・ホームズ」シリーズは、イギリスの社会風刺を背景に描かれており、単なるミステリー小説を超えた深みのある作品となっています。 もう一つのアメリカンミステリの名作としてよく挙げられる作品に、「アガサ・クリスティ」シリーズがあります。この作品は、20世紀のイギリスを舞台に、名探偵エルキュール・ポアロが活躍する物語です。ポアロの冷静な観察力と推理力は、読者を魅了してやみません。また、「アガサ・クリスティ」シリーズは、人間の本性をテーマに描かれており、単なるミステリー小説を超えた深みのある作品となっています。 このように、アメリカンミステリの名作には、その謎解きの巧妙さや、時代背景や社会問題を背景に描かれている作品が多く、単なるミステリー小説を超えた深みのある作品も少なくありません。それがアメリカンミステリの名作の魅力と言えるでしょう。
モノの名前

ゆるキャラ「紅太郎」の魅力とは?

紅太郎は、愛媛県伊予市のゆるキャラです。2010年に開催された「第9回 愛顔つなぐえひめ国体・愛顔つなぐえひめ大会」のマスコットキャラクターとして誕生しました。真紅の頭巾を被り、白い着物に赤いちゃんちゃんこ姿が特徴です。名前の由来は、伊予市の特産品である「紅いも(紅いも)」と、伊予市の旧称である「伊予郡(伊予郡)」からきています。 紅太郎は、その愛らしい見た目と、親しみやすい性格で人気を博しています。伊予市のイベントには欠かせない存在となり、テレビや雑誌にもたびたび登場しています。また、紅太郎をモチーフにしたグッズも数多く販売されており、お土産として人気を集めています。