「か」で始まる

その他

狩野川台風1958年、静岡関東に大被害

1958年9月26日、静岡県と関東地方を襲った狩野川台風は、伊豆半島の狩野川流域に大きな被害をもたらしました。台風による豪雨で河川が氾濫し、家屋や橋が流されるなど、甚大な被害が発生しました。 狩野川流域の被害は、特に静岡県熱海市と伊東市で深刻でした。熱海市では、河川の氾濫によって市街地の3分の1が浸水し、100人以上が死亡しました。伊東市でも、河川の氾濫によって市街地の半分が浸水し、600人以上が死亡・行方不明となりました。 狩野川台風の被害は、伊豆半島の狩野川流域にとどまらず、静岡県全域と関東地方にも広がりました。静岡県では、死者・行方不明者が1,000人を超え、関東地方では、死者・行方不明者が500人を超えました。 狩野川台風は、日本に甚大な被害をもたらした台風として記憶されています。この台風の被害を受けて、日本では治水対策が強化され、河川の堤防が整備されるなど、台風に備えた対策が講じられるようになりました。
作品名

悪魔のロックは永遠に

エルヴィス・プレスリーの代表曲『悲しき悪魔』 「悪魔のロックは永遠に」と題された大見出しの下に、「エルヴィス・プレスリーの代表曲『悲しき悪魔』」という小見出しが作られた。エルヴィス・プレスリーは、ロックンロールの王として知られるアメリカ合衆国の歌手であり、俳優である。『悲しき悪魔』は、1957年に発表されたエルヴィスの代表曲であり、世界中で大ヒットした。 『悲しき悪魔』は、エルヴィスが亡き友人を偲んで書いた曲である。エルヴィスは1953年に、友人のエディ・ボンドが交通事故で亡くなったことをきっかけに、この曲を書いた。エルヴィスは、ボンドのことを「僕の親友だった」と語っており、彼の死を深く悼んでいた。 『悲しき悪魔』は、エルヴィスのボーカルと、バックバンドによる演奏が特徴的な曲である。エルヴィスのボーカルは、悲しみに満ちたものであり、バックバンドの演奏は、エルヴィスのボーカルを盛り上げている。この曲は、エルヴィスの代表曲として知られており、世界中で愛されている。
施設名・ロケ地

鹿児島県後期高齢者医療広域連合とは

-鹿児島県後期高齢者医療広域連合の設立目的- 鹿児島県後期高齢者医療広域連合は、後期高齢者医療制度の円滑な実施、及び後期高齢者に対する医療の提供の確保を目的として設立されました。後期高齢者医療制度とは、75歳以上の高齢者を対象とした医療保険制度で、医療費の一部を自己負担する仕組みです。自己負担額は、所得や資産によって異なります。 鹿児島県後期高齢者医療広域連合は、後期高齢者医療制度の円滑な実施を図るため、以下の事業を行っています。 * 後期高齢者医療制度に関する情報提供 * 後期高齢者医療費の徴収 * 後期高齢者医療費の給付 * 後期高齢者医療に関する調査研究 また、鹿児島県後期高齢者医療広域連合は、後期高齢者に対する医療の提供の確保を図るため、以下の事業を行っています。 * 後期高齢者に対する医療機関の確保 * 後期高齢者に対する医療費の助成 * 後期高齢者に対する医療に関する相談 * 後期高齢者に対する医療に関する啓発活動 鹿児島県後期高齢者医療広域連合は、後期高齢者医療制度の円滑な実施、及び後期高齢者に対する医療の提供の確保を図ることにより、鹿児島県民の健康と福祉の向上に貢献しています。
モノの名前

海舟散人について

千葉の「海舟散人」とは何か? 千葉の「海舟散人」とは、江戸時代末期から明治時代初期にかけて活躍した思想家・ジャーナリストの横山安武(1837~1898)のことである。彼は、千葉県出身であり、その自由な思想と行動から「海舟散人」の異名をとった。横山安武は、幕末維新の激動期にあって、尊皇攘夷運動に身を投じ、戊辰戦争では新政府軍に加わった。しかし、その後、新政府の政策に疑問を抱き、明治政府を批判し始めた。そして、1875年には、自由民権運動に参加し、千葉県の自由民権運動の中心人物として活躍した。横山安武は、1881年に千葉県会議員に当選し、1882年には衆議院議員に当選した。しかし、1884年には、演説中に警官隊に襲撃されて負傷し、これがもとで翌年に亡くなった。横山安武は、自由民権運動の先駆者として知られており、その思想と行動は、後の日本の民主主義の発展に大きな影響を与えた。
作品名

かぎばあさんシリーズが残してくれたもの

かぎばあさんの魅力は、そのキャラクターのユニークさと革新性にあります。彼女は、それまで描かれることがなかったようなおばあさんです。彼女は、おばあさんらしくはつらつとしていて、好奇心旺盛で、独立心があり、ユーモアがあるのです。彼女は、固定観念にとらわれず、新しいことに挑戦する勇気を持っています。 かぎばあさんは、また、とても博識です。彼女は、歴史、文学、科学、芸術など、幅広い分野の知識を持っています。彼女は、その知識を使って、人々を助けたり、社会を変えたりしようとします。彼女は、正義感と責任感の強い、素晴らしいおばあさんです。 かぎばあさんは、子供たちから大人まで、幅広い世代に愛されています。彼女は、子供たちに夢と希望を与え、大人たちに勇気と元気づけるおばあさんです。かぎばあさんの魅力は、これからも色褪せることなく、人々に愛され続けるでしょう。
作品名

「歓喜の歌」の魅力とは

-ベートーヴェンの最高傑作- 「歓喜の歌」は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの交響曲第9番ニ短調作品125の第4楽章として作曲された合唱付きの交響曲である。1824年にウィーンで初演され、以来、世界中で演奏され愛され続けている。 「歓喜の歌」は、ベートーヴェンの最高傑作のひとつであり、交響曲の最高峰とも評される。その音楽は、壮大で力強く、荘厳で美しい。そして、その歌詞は、自由、平等、博愛を訴えるものであり、多くの人々に感動を与えてきた。 「歓喜の歌」は、ベートーヴェンの晩年の作品であり、彼の死の直前に完成した。ベートーヴェンは、この曲に「全世界の芸術家と芸術愛好家への贈り物」という言葉を添えている。また、この曲は、国連憲章の序文にも引用されており、その歌詞は、世界平和を願う人々の心の支えとなっている。
モノの名前

神の井の銘酒と醸造の歴史

-神の井酒造株式会社の歩み- 神の井酒造株式会社は、徳島県三好市に本社を置く酒蔵です。1688年(元禄元年)に創業し、以来300年以上もの間、地元で愛され続ける銘酒「神の井」を生み出してきました。 神の井酒造の歩みは、江戸時代中期にさかのぼります。創業者である高田屋仁兵衛は、阿波国三好郡(現在の徳島県三好市)で酒造業を営んでいました。仁兵衛は、名水「神の井」の水を使って酒を醸造し、その酒は「神の井の銘酒」として評判を呼びました。 明治維新後、神の井酒造は株式会社として改組され、近代的な酒蔵を建設しました。また、新しい醸造技術を導入し、酒の品質をさらに向上させました。 大正時代に入ると、神の井酒造は「神の井」の輸出を開始しました。神の井は、海外でも高く評価され、世界各地に輸出されるようになりました。 昭和時代に入ると、神の井酒造はさらに規模を拡大し、新しい酒蔵を建設しました。また、新しい銘柄の酒を開発し、商品のラインナップを充実させました。 平成時代に入ると、神の井酒造は観光事業にも参入しました。酒蔵を一般公開し、酒造りの見学ツアーを実施するようになりました。また、酒蔵に併設するレストランや売店を開設し、来訪者に地元の食材を使った料理やお酒を提供するようになりました。 神の井酒造は、創業以来300年以上もの間、地元で愛され続ける銘酒「神の井」を生み出してきました。同社の歩みは、日本の酒造業界の歴史そのものであり、日本の文化を支えてきた企業のひとつです。
作品名

家庭芸者とは?その魅力と歴史

家庭芸者とは、江戸時代から明治時代にかけて、裕福な家庭に雇用されていた芸者の一種です。彼らは、主人の家の宴席などで舞踊や三味線、琴などの音楽を演奏し、主人の客の歓待を担っていました。家庭芸者は、単に芸事を行うだけでなく、主人の家事を手伝ったり、子どもの面倒を見たりするなど、家庭の雑務もこなしていました。また、家庭芸者は、主人やその客の相談相手としても重宝されていました。 家庭芸者は、一般的に、10代後半から20代前半の女性が多く、容姿が端麗で、芸事の才能がある者が選ばれていました。家庭芸者になるには、まず、芸妓として働いて経験を積む必要があり、その後、裕福な家庭に雇用されることになります。家庭芸者として働く期間は、数年から十数年と様々ですが、中には、一生を家庭芸者として過ごす者もいました。 家庭芸者は、裕福な家庭の生活に欠かせない存在であり、彼らの存在は、当時の日本の文化の発展にも大きく貢献しました。しかし、明治時代以降、社会が近代化していくにつれて、家庭芸者の需要は減少し、次第に姿を消していくことになります。
作品名

響き渡る音撃戦士!『仮面ライダー響鬼』

響き渡る音撃戦士!『仮面ライダー響鬼』 2005年に放送された特撮テレビドラマ『仮面ライダー響鬼』は、仮面ライダーシリーズの平成第7作目です。本作は、音楽を題材としており、音楽の力を利用して戦うライダー達が主人公です。 本作の魅力の一つは、その斬新な設定です。仮面ライダーが音楽の力を利用して戦うという設定は、それまでの仮面ライダーシリーズにはなかったものでした。また、本作に登場するライダーや敵怪人のデザインも非常に独創的で、これまでの仮面ライダーシリーズとは一味違う雰囲気を醸し出しています。 本作のもう一つの魅力は、そのアクションシーンです。本作のアクションシーンは、ライダー達の音楽の力を活かした派手な演出が特徴です。また、敵怪人のデザインも非常に凝っており、ライダー達とのバトルシーンは迫力満点です。 『仮面ライダー響鬼』は、斬新な設定と迫力のアクションシーンが魅力の作品です。仮面ライダーシリーズのファンはもちろん、特撮ファンなら一度は見ておきたい作品です。
モノの名前

仮面ライダーデルタのひみつ

デルタドライバーとデルタフォンってどんなもの? 仮面ライダーデルタに変身するための必須アイテムが、デルタドライバーとデルタフォンの2つだ。デルタドライバーは、仮面ライダーデルタの変身ベルトで、デルタフォンは、デルタドライバーに装着する変身携帯電話だ。デルタドライバーは、デルタフォンを装着することで、デルタドライバーのボタンを押して変身することができる。また、デルタドライバーには、デルタフォンを使って必殺技を発動する機能もある。デルタフォンは、デルタドライバーに装着することで、デルタフォンに表示された数字をタッチすることで、必殺技を発動することができる。デルタドライバーとデルタフォンは、どちらも仮面ライダーデルタの変身と必殺技発動に欠かせないアイテムだ。
地名・ロケ地

魅惑の無人島「金重島」

金重島の歴史と由来 金重島は、長崎県南松浦郡新上五島町にある無人島です。島全体が花崗岩でできており、標高は151.2mです。島の面積は約1.2平方キロメートルで、周囲は約3.5キロメートルです。金重島には、植物は約200種類、動物は約800種類が生息しています。また、島にはいくつかの遺跡があり、国の天然記念物に指定されています。 金重島は、約1億5千万年前に海底火山の噴火によって形成されました。その後、長い年月をかけて風雨にさらされて、現在の形になりました。金重島には、大小さまざまな洞窟があり、その中には貴重な鍾乳石があります。また、島の海岸には、奇岩怪石が数多く見られます。 金重島には、古くから人が住んでいました。縄文時代には、島に貝塚が作られました。弥生時代には、島に水田が作られました。平安時代には、島に寺院が建てられました。鎌倉時代には、島に城が築かれました。江戸時代には、島に漁村ができました。明治時代には、島に学校ができました。大正時代には、島に郵便局ができました。昭和時代には、島に電気と水道が引かれました。 しかし、昭和30年代になると、島の人口は減少を始めました。昭和40年代には、島に人が住まなくなりました。現在、金重島は無人島となっています。
施設名・ロケ地

川崎富士見球技場:歴史と現状

-川崎球場の歴史- 川崎富士見球技場は、神奈川県川崎市川崎区富士見に位置する球技場です。1950年に竣工し、その後、1997年に全面改修が行われました。収容人数は18,000人で、サッカーやラグビーなどのスポーツイベントに使用されています。 川崎球場の歴史は、1930年に遡ります。この年、川崎市は、川崎区富士見に野球場を建設することを決定しました。野球場は、1931年に完成し、当時は川崎運動場と呼ばれていました。川崎運動場は、主に、プロ野球の試合や社会人野球の試合に使用されていました。 1950年、川崎市は、川崎運動場を改修して、サッカーやラグビーなどのスポーツイベントに使用できるようにすることを決定しました。改修工事は、1951年に完成し、球場は川崎富士見球技場と改称されました。川崎富士見球技場は、1951年の国民体育大会に使用され、1964年の東京オリンピックのサッカー競技の会場にもなりました。 1997年、川崎市は、川崎富士見球技場を全面改修することを決定しました。改修工事は、1998年に完成し、球場は収容人数18,000人になりました。川崎富士見球技場は、1998年のワールドカップサッカーの会場にもなりました。 川崎富士見球技場は、川崎市を代表するスポーツ施設であり、多くのスポーツイベントに使用されています。今後も、川崎富士見球技場は、川崎市で重要な役割を果たしていくものと思われます。
作品名

鴨東通信とはどんな雑誌か

-鴨東通信とはどんな雑誌か- -鴨東通信の創刊と概要- 鴨東通信は、1965年(昭和40年)に創刊された、京都大学鴨川寮の寮生によって発行されている学生新聞である。京都大学の学生寮である鴨川寮の入寮者全員に配布されている。週刊で、寮の掲示板には木曜日に掲示され、寮内には週末に配布される。 鴨東通信の目的は、寮生の生活をより豊かにし、寮生間の交流を深めることにある。そのため、寮生の関心のあるトピックに関する記事や、寮生によるエッセイやコラムなどが掲載されている。また、寮の行事やサークル活動などの情報も掲載されている。 鴨東通信は、寮生にとって非常に人気のある雑誌である。寮生たちは、鴨東通信を読むことで寮での生活の最新情報を知ることができ、寮生同士の交流を深めることができる。また、鴨東通信は、寮生にとって貴重な自己表現の場となっている。寮生たちは、鴨東通信に自分の考えや思いを掲載することで、寮生同士の交流を深め、寮での生活をより豊かにすることができる。
作品名

法月綸太郎の長編ミステリー『怪盗グリフィン、絶体絶命』

ミステリー小説やアクション小説の愛好家にとって、『怪盗グリフィン、絶体絶命』はまさにうってつけの小説だ。この小説の主人公、怪盗グリフィンは、類まれな盗みの才能と、決してあきらめない精神で、読者を魅了する。 グリフィンは、ある日、世界を脅かす悪の組織「シャドウ・シンジケート」の陰謀を暴こうとする。その過程で、さまざまな魅力的な仲間たちと出会う。 まず、グウェンドリンという若い女性は、グリフィンの相棒として活躍する。グウェンドリンは、ハッキングのスキルと、銃器の扱いにも長けた天才少女だ。 次に、老練な泥棒のアルセーヌ・ルパンは、グリフィンに盗みのテクニックを教える師匠のような存在となる。ルパンは、長年の経験と、盗みの哲学をグリフィンに伝授する。 そして、グリフィンの仲間たちの中には、ユーモラスな性格で場を和ませるトムや、博識で知恵を授けるシャーロック・ホームズなど、個性豊かなキャラクターがそろっている。 グリフィンは、仲間たちの助けを借りながら、シャドウ・シンジケートの陰謀を阻止するために奮闘する。その過程で、スリリングな展開が連続し、読者は手に汗握りながら物語を追うことになるだろう。
作品名

華麗なる千拍子

宝塚歌劇団のレビューは、華麗なる千拍子という大見出しの下に作られた小見出しの一つです。宝塚歌劇団のレビューは、宝塚歌劇団が上演するミュージカルの一種で、歌やダンス、演技を織り交ぜた華やかな舞台が特徴です。レビューは、宝塚歌劇団の伝統的な演目の一つであり、毎年多くのファンが楽しみにしています。 宝塚歌劇団のレビューは、その華やかさから「夢の世界」とも呼ばれています。レビューでは、宝塚歌劇団の生徒たちが美しい衣装を身にまとい、歌やダンスを披露します。また、レビューには、ストーリー性のあるものも多く、生徒たちの演技力も見どころの一つです。レビューは、宝塚歌劇団の生徒たちにとって、一つの目標であり、多くの生徒たちがレビューに出演することを目指しています。 宝塚歌劇団のレビューは、宝塚歌劇団の伝統的な演目の一つであり、毎年多くのファンが楽しみにしています。レビューは、華やかで夢のような舞台であり、宝塚歌劇団の生徒たちの歌やダンス、演技力を楽しむことができます。
施設名・ロケ地

関西スーパーってどんなお店?

関西スーパーの歴史 関西スーパーは、1954年(昭和29年)に大阪府大阪市南区に本社を置き、近畿地方を中心にスーパーマーケットを展開している企業である。もともとは1927年(昭和2年)に、創業者の仲谷仁一氏が大阪市南区に青物店を開業したのが始まりである。その後、1936年(昭和11年)には青物卸売業を営む「仲谷商店」を創業し、1948年(昭和23年)には「関西青果株式会社」と改称した。 1954年(昭和29年)には、スーパーマーケット事業に進出し、大阪市阿倍野区に1号店となる「阿倍野店」を開業した。その後、関西地方を中心に店舗網を拡大し、1969年(昭和44年)には「関西スーパーマーケット株式会社」に商号を変更した。1970年代には、CVS(コンビニエンスストア)事業にも参入し、店舗網を拡大した。 1980年代には、MD(マーチャンダイジング)手法を導入し、商品構成や陳列方法を改善した。また、プライベートブランド(PB)商品を開発し、販売を強化した。1990年代には、IT(情報技術)を導入し、店舗の管理や運営を効率化した。また、インターネット通販事業にも参入し、新たな販売チャネルを開拓した。 2000年代には、M&A(合併・買収)を積極的に行い、店舗網を拡大した。また、海外事業にも進出し、中国やタイに店舗を展開した。2010年代には、食品安全や環境問題への取り組みを強化し、企業の社会的責任(CSR)を重視した経営を行っている。
作品名

悲しみの三重奏曲→ ロシアの作曲家セルゲイ・ラフマニノフの傑作

悲しみの三重奏曲第1番と第2番は、ロシアの作曲家セルゲイ・ラフマニノフが1892年に作曲した2つの三重奏曲である。どちらも悲劇的な出来事を反映しており、ラフマニノフ自身の経験からインスピレーションを受けている。 第1番は、ラフマニノフが19歳の時に、彼の親友であり、メンターでもあったピョートル・チャイコフスキーの死を悼んで作曲された。この曲は、チャイコフスキーの死後まもなく、1893年に初演された。 第2番は、ラフマニノフが25歳の時に、彼の妹の死を悼んで作曲された。この曲は、1900年に初演された。 2つの三重奏曲とも、悲劇的なテーマを扱っているため、悲しみの三重奏曲と呼ばれている。しかし、どちらも美しいメロディーと豊かなハーモニーを持ち、ラフマニノフの作曲家としての才能を示している。 第1番は、悲劇的なテーマを持ちながら、美しいメロディーと豊かなハーモニーを持つ作品である。第2番は、第1番よりも悲劇的なテーマを持ち、その悲しみはより深く表現されている。しかし、どちらの曲もラフマニノフの作曲家としての才能を示しており、今日でも多くの人々に愛されている。
作品名

「影の軍団 幕末編」魅力に迫る

「影の軍団 幕末編」の魅力と見所 「影の軍団 幕末編」は、1985年に放送された時代劇テレビドラマです。幕末の動乱を舞台に、主人公の影の軍団が徳川幕府に立ち向かう姿を描いています。 このドラマの魅力は、何といってもそのアクションシーンの迫力の高さです。主人公の影の軍団は、忍者としての能力を駆使して、敵を次々と倒していきます。そのアクションシーンは、どれも見応えがあります。 また、このドラマには、個性的なキャラクターが登場します。主人公の影の軍団はもちろんのこと、そのライバルである徳川幕府の役人たちも、それぞれに魅力があります。それぞれのキャラクターの思惑が交錯する中で、物語は展開していきます。 そして、このドラマの見所は、その時代背景です。幕末は、日本史上最も激動の時代の一つです。このドラマでは、幕末の動乱をリアルに描き出しており、その時代を学ぶことができます。 このドラマは、アクションシーンの迫力の高さ、個性的なキャラクター、時代背景など、さまざまな魅力を持つ時代劇です。ぜひ一度、このドラマを見てみてください。
その他

柏レイソルについて詳しく解説

柏レイソルの歴史 柏レイソルは、1994年に千葉県柏市をホームタウンとして創設された、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブである。前身は、1940年に創部された日立製作所サッカー部で、1992年にJリーグの準加盟クラブに承認され、1993年にJリーグ昇格を果たした。 柏レイソルは、Jリーグ昇格後、1996年にナビスコカップ(現・JリーグYBCルヴァンカップ)で初優勝を飾り、1999年にはJリーグで初優勝を果たした。また、2012年には天皇杯で初優勝を飾り、2015年にはリーグカップで2回目の優勝を果たした。 柏レイソルは、Jリーグ屈指の強豪クラブであり、多くのタイトルを獲得している。また、柏レイソルから日本代表に選出された選手も多く、日本サッカーの発展に貢献している。 柏レイソルは、地元柏市に根ざしたクラブであり、柏市民から愛されている。柏レイソルのホームスタジアムである日立柏サッカー場は、柏市民の憩いの場であり、柏レイソルの試合がある日は、多くの柏市民がスタジアムに詰めかける。
モノの名前

「川越太麺焼きそば」:埼玉県のソウルフード

-川越太麺焼きそばの特徴- 川越太麺焼きそばは、その名の通り、太い麺が特徴です。麺の太さはまちまちですが、一般的な太さは1cm以上で、中には2cm以上のものもあります。この太い麺が、食べ応えのある食感となっていて、ファンを魅了しています。 もう一つの特徴は、ソースの甘さです。川越太麺焼きそばは、ソースが甘めに味付けされているのが特徴です。この甘めのソースが、太い麺とよく絡んで、絶妙な味わいを生み出しています。 また、川越太麺焼きそばには、キャベツやもやし、ネギなどの野菜がたっぷり入っています。野菜のシャキシャキとした食感と、麺のモチモチとした食感のハーモニーが楽しめます。 さらに、川越太麺焼きそばには、目玉焼きや紅しょうがなどがトッピングされていることが多いです。これらのトッピングが、川越太麺焼きそばに彩りを添えています。
モノの名前

かむかむうす焼の魅力

-サンリオキャラクターをフィーチャーしたデザイン- かむかむうす焼は、さまざまなサンリオキャラクターをフィーチャーしたデザインが目を引きます。ハローキティ、ポムポムプリン、ぐでたま、シナモロールなど、人気キャラクターの顔がデザインされたうす焼は、見ているだけで笑顔になれるかわいさです。また、季節限定のデザインや、コラボレーション企画で登場する限定デザインなど、常に新しいうす焼が誕生しています。 キャラクターのデザインは、細部までこだわって描かれており、まるでキャラクターが生きているかのような躍動感があります。また、カラフルな色使いで、見ているだけで元気になれるデザインです。 かむかむうす焼は、サンリオキャラクター好きの方にはたまらない一品です。自分の好きなキャラクターのうす焼を食べて、ほっこりとしたひとときを過ごすことができます。また、お土産やプレゼントにも喜ばれること間違いなしです。
施設名・ロケ地

金山ダム:北海道の空知川にそびえる壮大なコンクリートダム

金山ダムの歴史と特徴 金山ダムは、北海道の空知川にそびえる壮大なコンクリートダムであり、1957年に完成しました。高さ92.5メートル、堤頂長320メートル、総貯水容量1億8,900万立方メートルを誇り、北海道では最大、日本でも有数の規模を誇るダムです。金山ダムは、洪水調節、かんがい、水道用水供給、発電など、さまざまな目的に利用されており、北海道の重要なインフラとして活躍しています。 金山ダムの建設は、空知川がたびたび氾濫を起こし、多大な被害をもたらしていたことから計画されました。1947年のカスリーン台風では、空知川が氾濫して甚大な被害をもたらし、金山ダムの建設が急務となりました。金山ダムの建設工事は1951年に着工し、6年の歳月をかけて完成しました。 金山ダムは、重力式コンクリートダムで、堤体の厚さは最大104メートルにもなります。ダムの天端からは、空知川の雄大な景色を眺めることができます。金山ダムは、北海道の重要なインフラとしてだけでなく、観光スポットとしても人気を集めています。
地名・ロケ地

からけためものがたり

-難工事の末に誕生したため池- からけためは、江戸時代初期の元和8年(1622年)に完成したため池です。当時、この地域は旱魃に見舞われており、人々は水不足に苦しんでいました。そこで、当時の領主である松平家康が、この地にため池を築くことを決意しました。 しかし、ため池を築くには、大きな川をせき止めなければなりませんでした。そのため、この工事は非常に難航しました。また、この工事が行われたのは江戸時代の初期であり、重機などはなく、すべて人力で行われたため、工事に従事した人々は、過酷な労働を強いられました。 それでも、人々はあきらめずに工事を続け、元和8年(1622年)にようやく完成しました。からけためが完成すると、この地域は旱魃から救われ、人々は水不足に苦しむことなく暮らすことができるようになりました。 からけためは、人々の努力の結晶であり、この地域の貴重な遺産です。現在でも、からけためは、農業用水や生活用水として利用されており、人々に恩恵をもたらしています。
作品名

黒澤明監督不朽の名作「影武者」

黒澤明監督不朽の名作「影武者」 解説戦国の世に翻弄された影武者の運命 黒澤明監督による不朽の名作「影武者」は、戦国の世を舞台に、影武者として生きた男の運命を壮大に描いた歴史劇である。主人公は、信玄の影武者として育てられた武田勝頼。父である信玄が病に倒れ、信玄の死を隠蔽するため、勝頼は信玄の影武者として生きることを決意する。 勝頼は、信玄の影武者として、戦場を駆け回り、数々の勝利を収める。しかし、やがて信玄の死が明らかになり、勝頼は武田家を追われる身となる。勝頼は、各地を流浪し、やがて織田信長に仕官する。 織田信長のもとで、勝頼は、本能寺の変に遭遇する。信長が本能寺で明智光秀に謀殺された後、勝頼は、光秀と戦うが、敗北を喫する。勝頼は、信長とともに本能寺で自害し、その生涯を終える。 「影武者」は、戦国の世に翻弄された影武者の運命を描いた壮大な歴史劇である。黒澤明監督による巧みな演出と、三船敏郎による圧巻の演技が、本作を不朽の名作にしている。