「な」で始まる

作品名

夏疾風の魅力

楽曲の解説 夏疾風は、疾走感溢れるギターサウンドと、力強いボーカルが特徴の楽曲です。歌詞は、夏の暑さに負けずに頑張る人々の姿を描いており、聴く人に勇気を与えてくれます。また、曲中には、夏らしい効果音が随所にちりばめられており、夏の雰囲気を盛り上げてくれます。 この楽曲は、バンドのメンバー全員が作詞作曲に参加しており、それぞれの個性があらわれている楽曲となっています。ギターリストのギターソロは、疾走感溢れる楽曲にさらにスピード感をプラスし、ボーカリストの歌唱は、力強さと繊細さを兼ね備えたパフォーマンスとなっています。また、ドラムとベースのリズム隊は、楽曲に安定感を与えており、バンドの演奏は、全体的にまとまった仕上がりとなっています。 夏疾風は、夏に聴きたい楽曲として、多くの人々に愛されています。その疾走感溢れるサウンドと、力強いボーカルは、夏の暑さを吹き飛ばしてくれるでしょう。また、歌詞に込められたメッセージは、聴く人に勇気を与えてくれるはずです。夏疾風は、夏にぴったりの楽曲となっています。
作品名

「涙のハリウッド」とは?

河合奈保子のヒットソング「涙のハリウッド」は、1981年にリリースされた中島みゆきの作詞・作曲によるバラードです。この曲は、ハリウッド映画のスターを夢見る女性を歌ったもので、河合奈保子の清涼感のある歌声と中島みゆきの叙情的な歌詞がマッチして、大ヒットとなりました。 「涙のハリウッド」は、河合奈保子にとって初のオリコンチャート1位を獲得した曲であり、彼女の代表曲のひとつとなっています。この曲は、数多くのテレビ番組で歌われ、河合奈保子の知名度を高めるのに一役買いました。また、この曲は河合奈保子の歌声の魅力を存分に引き出し、彼女の歌唱力の高さを証明する曲としても知られています。
地名・ロケ地

北区赤羽西にある坂、『中坂』

中坂の歴史を紐解いてみると、江戸時代までさかのぼります。当時、この坂は「中ノ坂」と呼ばれ、赤羽宿と志村坂下宿を結ぶ重要な街道筋でした。また、この坂には「中ノ坂観音」というお堂があり、旅人たちの信仰を集めていました。 明治時代になると、この坂は「中坂」と改名され、現在のような形になりました。また、この坂の周辺には工場や倉庫が立ち並び、産業の中心地として栄えました。しかし、昭和30年代に工場や倉庫が移転し始めると、この坂の周辺は寂れてしまいました。 現在、中坂は閑静な住宅街となっています。しかし、この坂には江戸時代からの歴史が残っており、今もなお、地元の人々に愛されています。 中坂は、北区赤羽西にある坂です。この坂は、赤羽駅と志村坂下駅を結ぶ重要な街道筋であり、江戸時代には「中ノ坂」と呼ばれていました。明治時代になると、この坂は「中坂」と改名され、現在のような形になりました。 中坂は、かつては工場や倉庫が立ち並び、産業の中心地として栄えました。しかし、昭和30年代に工場や倉庫が移転し始めると、この坂の周辺は寂れてしまいました。現在、中坂は閑静な住宅街となっていますが、この坂には江戸時代からの歴史が残っており、今もなお、地元の人々に愛されています。
施設名・ロケ地

名古屋国際音楽祭の魅力

名古屋国際音楽祭は、音楽愛好家が集まる世界最大級の音楽祭の1つです。2023年に開催される名古屋国際音楽祭では、世界中から名演奏家や指揮者、アンサンブルが集結し、オペラ、オーケストラ、室内楽、リサイタルなど、多種多様なプログラムが用意されています。 名古屋国際音楽祭の最も大きな魅力の一つは、世界中から集まる名演奏家たちです。毎年、ジャンルを問わず、一流の演奏家が出演しており、その演奏は世界中の音楽愛好家から絶賛されています。また、名古屋国際音楽祭は、若手演奏家を発掘する場としても知られており、多くの若手演奏家が名古屋国際音楽祭をきっかけに国際的な活躍の場を広げています。
作品名

夏の思い出:ケツメイシの夏の定番ソング

ケツメイシの夏といえば、誰もが口ずさむことができる「夏の思い出」が定番ソングである。この曲は2006年にリリースされ、オリコンシングルチャートで最高位4位を獲得するなど、大ヒットを記録した。 「夏の思い出」の誕生秘話は、ボーカルのRyojiの夏の思い出がきっかけとなっている。Ryojiは学生時代、夏休みには祖母の家がある千葉県大原海水浴場によく遊びに行っていた。そのときのことを思い出しながら、歌詞を書いたという。 楽曲制作にあたって、Ryojiはメンバーに「夏の思い出」という曲をイメージしてもらうために、自分たちが過ごした千葉の思い出を話し、大原海水浴場の写真を見せたりしたという。また、Ryojiは「夏の思い出」をレコーディングする際に、実際に大原海水浴場までメンバーを連れて行き、そこでレコーディングしたという。 「夏の思い出」は、歌詞やメロディーが夏の海や花火をイメージさせるような爽やかな曲である。また、コロナ禍で夏の旅行を思うようにできない人々に、夏の思い出を思い出させ、少しでも前向きな気持ちになってもらえるよう作られたという。
地名・ロケ地

名古屋調理師専門学校ってどんな学校?

名古屋調理師専門学校は、愛知県名古屋市中区にある調理師専門学校です。1955年(昭和30年)に開校し、60年以上の実績を誇ります。調理師免許の取得を目指す人材を育成することを目的としており、調理師養成課程と製菓衛生師養成課程を設置しています。調理師養成課程では、和食、洋食、中華、製菓の4つの専攻から選ぶことができます。製菓衛生師養成課程では、ケーキやパン、和菓子などのお菓子の作り方を学びます。名古屋調理師専門学校は、国家試験の合格率が高く、就職率も高いことで知られています。卒業生は、ホテルやレストラン、料亭、パン屋さん、お菓子屋さんなど、さまざまな分野で活躍しています。
モノの名前

浪花草紙 – 大阪の伝統銘菓

浪花草紙の歴史と由来 浪花草紙は、江戸時代中期に大阪で作られたお菓子で、小麦粉や砂糖、水飴を原料とした生地に、胡麻や落花生、くるみなどの木の実を散らして焼き上げたものです。その名前は、大阪が浪花の都と呼ばれていたことに由来しています。 浪花草紙は、縁起の良いお菓子とされ、お祝い事や贈り物として好まれました。また、その日持ちの良さから、旅のお供としても重宝されました。 明治時代になると、浪花草紙は全国に広まり、大阪を代表する銘菓となりました。現在でも、大阪の土産物として人気が高く、多くの和菓子店で販売されています。 浪花草紙は、その素朴な味わいと、縁起の良さが特徴のお菓子です。大阪の伝統銘菓として、これからも長く愛され続けることでしょう。
施設名・ロケ地

中井中央公園野球場について

中井中央公園野球場の概要 中井中央公園野球場は、岡山県井原市にある野球場です。1986年(昭和61年)に完成し、主に高校野球や社会人野球の試合で使用されています。また、岡山県野球場の改修工事中は、広島東洋カープの二軍戦や福岡ソフトバンクホークスのファーム戦も行われました。 中井中央公園野球場の両翼は92メートル、中堅は120メートルで、内野は土、外野は天然芝となっています。収容人数は5,000人で、スコアボードは電光掲示板です。また、ナイター設備も備えており、夜間試合も可能です。 中井中央公園野球場は、井原市の中心部から北東に約3キロの場所にあります。アクセスは、井原インターチェンジから車で約15分です。また、井原駅から徒歩で約20分です。 中井中央公園野球場は、井原市を代表する野球場で、多くの野球ファンに親しまれています。また、高校野球や社会人野球の試合が行われるなど、県内有数の野球場としても知られています。
作品名

「何が彼女をそうさせたか」(1930年)

「監督・脚本鈴木重吉」 「何が彼女をそうさせたか」の監督・脚本を担当したのは、鈴木重吉です。鈴木は、1896年、愛知県に生まれました。1918年に早稲田大学文学部を卒業後、松竹蒲田撮影所に入社し、助監督として映画製作に携わり始めました。1922年には、監督としてデビューし、その後、数多くの映画を手がけました。 鈴木は、社会派映画を得意とし、社会問題を題材にした作品を多く監督しました。「何が彼女をそうさせたか」も、その一つです。この作品は、大正末期から昭和初期にかけて起こった、いわゆる「近代女性」の悲劇を描いた作品です。主人公の女性は、知識欲旺盛で独立心も強く、自分で人生を切り開きたいと願っています。しかし、当時の社会は、女性が男性に従属するべきだとする価値観が強く、女性が社会で活躍することは困難でした。主人公の女性は、その価値観に苦しみ、最終的には悲劇的な結末を迎えてしまいます。 「何が彼女をそうさせたか」は、鈴木重吉の代表作の一つであり、日本映画史に残る名作として知られています。この作品は、女性の権利や社会問題など、現代にも通じるテーマを扱っており、多くの人々に感動を与えています。
モノの名前

長門ゆずきちを知ろう!

長門ゆずきちの特徴 長門ゆずきちの特徴は何といってもその爽やかな酸っぱさです。一般的なゆずよりも酸味が強く、その酸っぱさが料理をさっぱりとさせ、夏場に最適です。また、皮は薄くて柔らかく、実もジューシーで食べやすいのが特徴です。 長門ゆずきちの果汁は、酸味が強いので、そのまま飲むのは難しいですが、水やソーダで割って飲むと、爽やかな味わいが楽しめます。また、果汁に砂糖を加えてジャムを作ったり、料理の隠し味として使ったりするのもおすすめです。 長門ゆずきちの皮は、薄くて柔らかいので、料理に使いやすいのが特徴です。ゆずの皮は、爽やかな香りと ほのかな苦味があり、料理のアクセントになります。長門ゆずきちの皮は、細切りにしてそのまま料理に添えたり、千切りにして天ぷらにしたり、お吸い物の風味づけに使ったりするのもおすすめです。 長門ゆずきちの実も、ジューシーで食べやすいのが特徴です。そのまま食べても美味しいですが、サラダに入れたり、ゼリーやジャムにして食べるのもおすすめです。また、皮と一緒にすりおろして、ポン酢やドレッシングを作っても美味しくいただけます。 長門ゆずきちの魅力は、その爽やかな酸っぱさと、使いやすさです。料理のアクセントとして、また、そのまま食べても美味しいので、ぜひ一度お試しください。
施設名・ロケ地

「なかさと清津スキー場」の魅力を徹底解説!

雪質の良さが魅力!なかさと清津スキー場 なかさと清津スキー場の雪質は、パウダースノーの代名詞とも言える北海道の雪質の中でも特に良質で知られています。その理由は、スキー場の標高が高く、気温が低いためです。気温が低いと、雪がより軽い状態で積もるため、パウダースノーになりやすくなります。なかさと清津スキー場は、標高1,200mを超える場所に位置しており、シーズン中は常に気温が低く保たれているため、常にパウダースノーを楽しむことができます。 また、なかさと清津スキー場では、雪を圧雪する作業を最小限に抑えているため、雪の自然な状態を維持しています。圧雪を行うと、雪が硬くなってしまうため、滑走性が悪くなってしまいます。しかし、なかさと清津スキー場では、圧雪を最小限に抑えることで、雪の自然な状態を維持し、滑走性を高めています。 なかさと清津スキー場の雪質は、多くのスキーヤーやスノーボーダーを魅了しています。毎年、シーズンになると、多くのスキーヤーやスノーボーダーがなかさと清津スキー場を訪れ、パウダースノーを満喫しています。
作品名

百万石の七つばなし

百万石の七つばなしの作品の特徴は、古くて新しいことである。 古いとは、古典的な歌舞伎の型や様式を踏襲していることである。例えば、義太夫浄瑠璃による語り、三味線の伴奏、華やかな衣裳や化粧、そして宙乗りや早変わりなどの派手な演出などである。これらの要素は、歌舞伎の伝統を重んじる観客にアピールするものである。 新しいとは、現代的な価値観やテーマを扱っていることである。例えば、三人の主人公の恋愛模様は、現代の若者に共感しやすいものである。また、金と権力の亡者である早尾藤兵衛の悪行は、現代社会に通じるテーマである。このように、百万石の七つばなしは、古典的な歌舞伎の型や様式を踏襲しつつも、現代的な価値観やテーマを扱っているのである。 この古くて新しいという特徴が、百万石の七つばなしを長く愛されてきた理由である。古典的な歌舞伎の型や様式を踏襲しているため、歌舞伎の伝統を重んじる観客にアピールする。また、現代的な価値観やテーマを扱っているため、現代の若者にも共感しやすい。このように、百万石の七つばなしは、幅広い層の観客にアピールする作品なのである。
地名・ロケ地

無人島の新たな魅力!「長尾鼻北小島」の魅力を徹底解説!

長尾鼻北小島の見どころ 長尾鼻北小島は、無人島ながら、その美しい自然や豊富な生物相で知られています。ここでは、長尾鼻北小島の主な見どころをご紹介します。 まず、なんといっても外せないのが、その美しいビーチです。白砂と青く澄んだ海のコントラストはまさに絶景。シュノーケリングや海水浴など、様々なウォーターアクティビティが楽しめます。また、島内を散策すれば、手つかずのジャングルや、珍しい動植物に出会うことができます。 特に、長尾鼻北小島の象徴ともいえるのが、島の中央にそびえる「長尾鼻北小島山」です。標高はそれほど高くありませんが、山頂からの眺めは抜群。島全体や、周辺の島々を一望することができます。また、長尾鼻北小島山はトレッキングコースとしても人気があり、大自然の中を歩きながら、島の魅力を存分に味わうことができます。 さらに、長尾鼻北小島には、様々な動植物が生息しています。ヤシの木や海ブドウなど、南国ならではの植物が数多く見られます。また、鳥類や魚類の種類も豊富で、バードウォッチングやフィッシングを楽しむこともできます。 長尾鼻北小島は、美しい自然や豊富な生物相を誇る、魅力いっぱいの無人島です。ぜひ一度、訪れてみてはいかがでしょうか。
モノの名前

成島焼 〜山形が誇る伝統工芸〜

成島焼の歴史と魅力 成島焼の歴史は、江戸時代後期にまでさかのぼります。当時、肥前国(現在の佐賀県)から移り住んできた陶工、成島五郎兵衛が、現在の南陽市に窯を開いたのが始まりです。五郎兵衛は肥前国の陶芸技術を基に、地元の土や釉薬を用いて、独特の焼物を作りました。それが、成島焼の原点です。 成島焼は、その独特の風合いと優れた耐久性から、すぐに評判となりました。特に、五郎兵衛が得意とした茶器は、茶人達の間で珍重され、茶席を彩る重要な道具として使われるようになりました。また、成島焼は生活雑器としても広く普及し、人々の暮らしに深く根付いていきました。 成島焼の魅力は、その素朴な美しさにあります。地元の土を用いて作られるため、土そのものの風合いが感じられ、温かみのある質感があります。また、五郎兵衛が得意とした灰釉は、独特の焦げ目や緋色の斑点を生み出し、味わい深い表情を醸し出しています。さらに、成島焼は耐久性に優れており、長年愛用してもその美しさを保ち続けることができます。
その他

白山の巫女舞「長滝の延年」

白山長瀧神社は、石川県小松市にある神社で、白山の主祭神である菊理姫命を祀っています。この神社には、毎年8月14日に行われる「長滝の延年」という民俗芸能が奉納されています。 「長滝の延年」は、白山の巫女舞とされる最も古い神事です。巫女は白装束に身を包み、手に鈴を持ち、鈴を鳴らしながら舞います。舞は、白山比咩神社の舞楽を起源とし、1000年以上の歴史を持つとされています。 「長滝の延年」は、白山の神々に五穀豊穣や子孫繁栄を祈願する神事で、国の重要無形民俗文化財に指定されています。また、国の選択無形民俗文化財である「白山の神事芸能」の構成要素の一つでもあります。 「白山の神事芸能」は、白山比咩神社を中心とした白山地域に伝わる民俗芸能の総称です。白山の神事芸能は、白山の神々を祀る神事の中で奉納される芸能で、白山比咩神社の舞楽、白山長瀧神社の巫女舞、白山比咩神社の田遊び、白山比咩神社の獅子舞などが含まれます。 白山の神事芸能は、白山の自然や文化を反映した芸能であり、白山の信仰や歴史を伝える貴重な文化遺産です。
作品名

「涙のサンダーロード」って何?ブルース・スプリングスティーンの名曲の魅力と感動

「涙のサンダーロード」の歌詞に込められた物語 「涙のサンダーロード」は、アメリカのシンガーソングライターであるブルース・スプリングスティーンによって書かれた曲です。この曲は彼の1975年のアルバム「Born to Run」に収録されており、スプリングスティーンの代表曲の一つとして知られています。この曲は、若い男女の愛と別れを歌ったもので、スプリングスティーンの繊細な歌詞とメロディが印象的です。 この曲の歌詞は、スプリングスティーン自身の経験を基に書かれています。スプリングスティーンは、この曲の主人公である「私」が、自分の夢を追いかけて故郷を離れる決意をした若い男であると語っています。主人公は別れ際に恋人に「君と一緒にいたいけど、自分の夢を追いかけるために去らなければならない」と告げます。恋人は主人公の決意を理解し、彼を送り出します。 この曲は、若い男女の愛と別れの物語を歌っていますが、同時にスプリングスティーン自身の夢を追いかけるという決意の歌でもあります。スプリングスティーンは、この曲を通して、自分の夢を追いかけることと、愛する人との別れという二つの相反する感情の葛藤を描いています。 「涙のサンダーロード」は、スプリングスティーンの代表曲の一つとして知られており、多くのアーティストによってカバーされています。この曲は、若い男女の愛と別れの物語を歌った曲として、多くの人々に共感されています。また、この曲はスプリングスティーン自身の夢を追いかけるという決意の歌であり、多くの人々に勇気を与えています。
施設名・ロケ地

名古屋港水族館の見どころ

名古屋港水族館の人気の一つは、メインプールで行われるイルカショーです。イルカは、その知性や愛嬌のある姿で多くの人々に愛されています。名古屋港水族館で飼育されているイルカは、バンドウイルカとカマイルカの2種類です。バンドウイルカは、体長約2.5メートル、体重約100キログラムで、シャチに次いで世界で2番目に大きなイルカです。カマイルカは、体長約1.5メートル、体重約50キログラムで、バンドウイルカよりも小型です。 イルカショーでは、イルカが華麗なジャンプやボール遊び、歌声を披露してくれます。特に、イルカがトレーナーと息を合わせて行うジャンプは圧巻です。イルカショーは、子供から大人まで楽しめる人気のアトラクションです。名古屋港水族館に訪れた際には、ぜひイルカショーをご覧になってください。
地名・ロケ地

南部片富士湖の魅力

「北上川五大ダム計画の最上流に位置するダム湖」 南部片富士湖は、岩手県上閉伊郡にある人口湖です。北上川五大ダム計画の最上流に位置するダム湖で、1964年に完成しました。総貯水量は1億3,200万立方メートルで、岩手県内では最大規模のダム湖です。湖畔には、片富士オートキャンプ場や片富士湖自然公園などがあり、レジャーを楽しむことができます。また、片富士湖は、ワカサギ釣りの名所としても知られており、毎年多くの釣り人が訪れます。
地名・ロケ地

「中の島」の魅力を探る

「中の島」の歴史と文化 「中の島」は、江戸時代初期に埋め立てられた人工島です。島の名前の由来は、かつてこの地が日本橋川の真ん中に位置していたことから、「中の島」と呼ばれるようになりました。 「中の島」には、江戸時代から続く老舗の商店や、明治時代以降に建てられた洋風建築など、さまざまな歴史的建造物が残されています。また、島の真ん中には、日本橋川に架かる「中の島橋」があり、橋の上からは東京の街並みを見渡すことができます。 「中の島」は、歴史と文化が融合した魅力的な街です。江戸の風情が残る路地を散策したり、老舗の商店で買い物を楽しんだり、洋風建築を眺めながら散歩したりと、さまざまな楽しみ方ができます。 また、「中の島」は、歌舞伎座や東京国立博物館など、東京を代表する文化施設が点在しています。これらの施設を訪れて、日本の伝統芸能や芸術に触れてみるのもおすすめです。 「中の島」は、東京を代表する観光スポットのひとつです。ぜひ一度、訪れてみてはいかがでしょうか。
作品名

なりたて中学生を詳しく解説

「なりたて中学生」とは、中学校に入学して間もない生徒のこと。中学校に入学するまで小学校の児童として過ごしてきており、中学校入学後は新しい環境での生活が始まるため、慣れないことが多い。また、小学校では学習内容が比較的少なかったが、中学校に入学すると学習内容が一気に増え、勉強の難しさについていけないと感じる生徒も少なくない。 なりたて中学生は、小学校の児童と比べて、体も心も大きく成長する時期にある。そのため、身体的な変化や精神的な変化に対応できず、ストレスを抱えることも多い。また、新しい環境での生活に慣れるまでは、友達関係をうまく築くことができず、孤独や不安を感じる生徒も少なくない。 中学校の先生や保護者は、こうしたなりたて中学生の変化を理解し、適切なサポートを行うことが大切である。また、なりたて中学生自身も、新しい環境での生活に慣れるまでの間は、無理をせず、少しずつ新しい生活に慣れるようにすることが大切である。
作品名

長良川鵜飼殺人事件 – 山村美紗のミステリー短編集

「アメリカ副大統領令嬢キャサリンシリーズ」は、山村美紗のミステリー短編集『長良川鵜飼殺人事件』に収録されている短編小説シリーズです。このシリーズは、アメリカ副大統領の令嬢であるキャサリン・マッカーサーを主人公とし、彼女が世界各地で巻き込まれる事件を解決していくという内容です。 キャサリンは、アメリカ合衆国副大統領の娘としてニューヨークで生まれました。彼女は幼い頃から聡明かつ行動的で、16歳のときにハーバード大学に入学しました。大学卒業後、彼女は国務省に入り、外交官として世界各国で勤務しました。その後、彼女は政界に転身し、ニューヨーク州選出の下院議員に当選しました。 キャサリンは、外交官時代から世界各地で様々な事件に巻き込まれていました。彼女は、その聡明さと行動力を活かして、これらの事件を解決していきました。また、彼女は政界に転身した後も、その正義感と行動力を武器に、様々な問題に取り組んでいます。 「アメリカ副大統領令嬢キャサリンシリーズ」は、山村美紗のミステリー短編集『長良川鵜飼殺人事件』に収録されている短編小説シリーズです。このシリーズは、アメリカ副大統領の令嬢であるキャサリン・マッカーサーを主人公とし、彼女が世界各地で巻き込まれる事件を解決していくという内容です。キャサリンは、聡明かつ行動的で、外交官として世界各国で勤務した後、政界に転身しました。彼女は、その聡明さと行動力を活かして、様々な事件を解決していきました。
作品名

難攻不落、アルジェの要塞の魅力

-小説の世界観と背景- アルジェの要塞は、数々の小説に登場し、その世界観や背景を形作ってきました。例えば、アレクサンドル・デュマの小説「モンテ・クリスト伯」では、主人公の主人公エドモン・ダンテスが、アルジェの要塞に投獄されます。この小説の中でアルジェの要塞は、不正義と抑圧の象徴として描かれ、ダンテスが復讐を果たすための舞台となります。 また、ジュール・ヴェルヌの小説「地底旅行」では、アルジェの要塞が、地底世界への入り口として描かれています。この小説の中でアルジェの要塞は、未知の世界への憧れと冒険心を掻き立て、読者を物語の世界へと誘います。 これらの小説は、アルジェの要塞を舞台に、様々な物語を展開しています。これらの小説の中で、アルジェの要塞は、不正義や抑圧の象徴として、あるいは未知の世界への入り口として描かれています。小説の世界観や背景を形作る重要な役割を果たしているのです。
施設名・ロケ地

苗場スキー場:新潟県のゲレンデの魅力

苗場スキー場の最長4000メートルのロングコースは、スキーヤーやスノーボーダーにとってたまらない魅力を秘めています。このコースは、苗場プリンスホテルから志賀高原まで続く、日本屈指の長さを誇るゲレンデです。その広大なスケールと、変化に富んだ地形は、一度滑ってみれば忘れられない思い出となるでしょう。 ロングコースの最大の特徴は、その変化に富んだ地形にあります。緩やかな斜面から急斜面まで、様々な斜度が混在しており、初心者から上級者まで楽しめるようになっています。また、コース中にはコブやジャンプ台などの地形変化もあり、滑走のテクニックを試すことができます。 そして、ロングコースのもう一つの魅力は、その景色です。苗場スキー場は、標高1,000メートルから2,000メートルに位置しており、日本アルプスの雄大な山々を望むことができます。晴れた日には、北アルプスの白馬連峰や、南アルプスの甲斐駒ケ岳まで見渡すことができます。 苗場スキー場の最長4000メートルのロングコースは、スキーヤーやスノーボーダーにとって、最高の滑走体験を提供してくれるでしょう。変化に富んだ地形と美しい景色は、滑走する者を魅了し、忘れられない思い出となること間違いなしです。
施設名・ロケ地

「七井戸公園」でリフレッシュ!自然と遊具が満喫できる公園

七井戸公園の魅力 七井戸公園は、緑豊かな自然と、子供たちが楽しめる遊具が充実した公園です。園内には、七つの池があり、そのうちの一つには、鯉が泳いでおり、子供たちは鯉のエサやりを楽しむことができます。また、公園には、大きな滑り台やブランコ、砂場など、子供たちが体を動かして遊べる遊具が充実しており、子供連れのご家族に人気の公園です。 七井戸公園は、自然と触れ合える場所でもあります。園内には、木々や花々が咲き誇り、四季折々の景色を楽しむことができます。また、公園には、野鳥が生息しており、バードウォッチングを楽しむこともできます。 七井戸公園は、自然と遊具が満喫できる公園です。子供連れのご家族や、自然と触れ合いたい方におすすめの公園です。