「た」で始まる

モノの名前

畳の日について

畳の日とは、毎年6月25日に開催される日本の記念日である。畳は、日本の伝統的な床材であり、日本特有の文化として世界中から注目されている。畳の日には、畳の感謝祭や畳に関するイベントが各地で開催され、畳の文化を広める活動が行われる。 畳は、稲わらやござを何枚も重ね合わせて作られたもので、日本の住宅には欠かせない存在である。畳は、夏は涼しく冬は暖かいという特徴があり、日本の気候に適している。また、畳は湿気を吸放湿する性質があるため、日本の住宅には最適な床材である。
地名・ロケ地

田島への旅

-無人島・田島の魅力- 田島は、宮城県気仙沼市に属する無人島です。人口は0人であり、面積は0.11平方キロメートルです。島の周囲は3キロメートルほどで、最高峰は海抜161メートルです。田島は、気仙沼市の中心部から約20キロメートル離れたところに位置しています。 田島の魅力は、何といってもその美しい自然です。島には、豊かな森林があり、海岸線には奇岩や洞窟が点在しています。また、田島は海鳥の繁殖地としても知られており、季節によっては様々な海鳥を観察することができます。 田島へのアクセスは、気仙沼港から出ている定期船を利用するのが一般的です。定期船は、田島まで約40分かかります。田島には、宿泊施設や飲食店はありません。そのため、島を訪れる場合は、日帰りで行く必要があります。 田島は、自然豊かな美しい無人島です。島を訪れることで、普段とは違った時間を楽しむことができます。無人島で過ごすことに興味のある方は、ぜひ田島を訪れてみてください。
地名・ロケ地

立川通りの魅力とは?

立川通りは、東京都の中心部を東西に走る主要道路です。新宿区、渋谷区、目黒区を通り、渋谷と目黒の区境である目黒川で途切れています。立川通りは、江戸時代には甲州街道の一部として整備され、明治時代以降は東京の郊外へと続く道路として発展しました。 立川通りは、長い歴史を持つ道路であり、その沿道には多くの史跡や名所があります。新宿区には、都庁や新宿御苑、渋谷区には、渋谷駅や渋谷ヒカリエ、目黒区には、目黒川沿いの桜並木などがあります。また、立川通りには、多くの商店やレストランが立ち並び、賑やかな雰囲気を醸し出しています。 立川通りは、東京都の中心部を東西に走る道路であり、その沿道には多くの史跡や名所があります。また、立川通りには、多くの商店やレストランが立ち並び、賑やかな雰囲気を醸し出しています。
モノの名前

たまり漬けの歴史と作り方

たまり漬けの歴史 たまり漬けは、醤油や味噌をベースに、野菜や魚介類などを漬け込んだ保存食です。その起源は古く、平安時代にはすでに存在していたとされています。当時は、塩や酢で漬けることが一般的でしたが、江戸時代になると醤油や味噌を使用したたまり漬けが普及するようになりました。 たまり漬けには、醤油や味噌の風味に加えて、野菜や魚介類の旨みが凝縮されており、ご飯のおかずやお酒のつまみとして親しまれてきました。また、たまり漬けは保存性が高く、長期保存が可能であるため、重宝されてきました。 現在では、たまり漬けは日本各地で作られており、地域ごとにさまざまな特色があります。例えば、愛知県では、八丁味噌を使ったたまり漬けが有名です。また、長野県では、野沢菜を使ったたまり漬けが親しまれています。 たまり漬けは、日本人の食文化に欠かせない保存食です。その歴史は古く、平安時代にはすでに存在していたとされています。当時は、塩や酢で漬けることが一般的でしたが、江戸時代になると醤油や味噌を使用したたまり漬けが普及するようになりました。たまり漬けには、醤油や味噌の風味に加えて、野菜や魚介類の旨みが凝縮されており、ご飯のおかずやお酒のつまみとして親しまれてきました。また、たまり漬けは保存性が高く、長期保存が可能であるため、重宝されてきました。現在では、たまり漬けは日本各地で作られており、地域ごとにさまざまな特色があります。
作品名

たのしい算数

-たのしい算数とは- 算数は、多くの学生にとって難しい科目です。しかし、算数を楽しくする方法があります。第一に、算数をゲームにすることです。算数ゲームは、学生が楽しみながら算数のスキルを学ぶのに役立ちます。第二に、算数を日常生活に取り入れることです。例えば、買い物をするときに計算をしたり、料理をするときに分量を測ったりすることができます。第三に、算数の問題を解くことを奨励することです。算数の問題は、学生が算数のスキルを磨くのに役立ちます。最後に、算数の先生をサポートすることです。算数の先生は、学生が算数のスキルを学ぶのを助けるために一生懸命働いています。算数の先生をサポートしてあげましょう。
作品名

「太平洋の生還者」:戦時中のハワイでの日本人捕虜の物語

太平洋戦争中にハワイに捕らえられた約1400人の日本人捕虜の足跡は、現在も太平洋の島々に残っています。彼らのうち、約400人が戦時中に捕虜収容所で対日降伏勧告ビラを作製する任務に就いていました。これらのビラは、日本の兵士や民間人に対して、戦争を終わらせるために降伏するように呼びかけるものでした。 ビラ作製に協力した捕虜たちは、収容所内で厳しい労働を強いられながら、ビラの制作に取り組みました。彼らは、ビラの内容を日本語で書き、印刷し、日本の兵士や民間人が居住する地域に投下しました。ビラは、日本の兵士や民間人に大きな影響を与え、戦争終結に貢献しました。 戦後、ビラ作製に協力した捕虜たちは、収容所から解放され、日本に帰国しました。しかし、彼らは戦争中に収容所で受けた屈辱や苦しみを忘れられず、その後も長くそのトラウマに苦しむことになりました。 捕虜収容所で対日降伏勧告ビラを作製した捕虜たちの足跡は、太平洋の島々に今も残っています。彼らの足跡は、戦争の悲劇を後世に伝え、平和の大切さを訴えています。
施設名・ロケ地

千葉県「誕生寺」の歴史と魅力

誕生寺の創建と歴史 千葉県成田市にある誕生寺は、奈良時代に天平勝宝2年に僧の行基によって開基されたと伝えられる古刹です。行基は、全国に多くの寺院を開基したことで知られる高僧で、誕生寺もその一つです。誕生寺は、当初は「釈迦ヶ嶽山観世音禅寺」という寺号でしたが、後に「誕生寺」に改められました。 誕生寺は、戦国時代には戦火に巻き込まれて焼失しましたが、江戸時代初期に再建されました。その後、誕生寺は、幕府の保護のもとで栄え、多くの僧侶が修行に訪れるようになりました。明治維新後は、廃仏毀釈運動の影響で一時衰退しましたが、その後、復興を果たし、現在では多くの参拝者が訪れる観光スポットとなっています。
作品名

「蒲公英草紙常野物語」の魅力

「蒲公英草紙常野物語」の魅力 恩田陸が描く、切なくも温かな物語 恩田陸の「蒲公英草紙常野物語」は、切なくも温かい物語です。主人公の少女、常野は、両親を亡くし、祖父母に育てられています。ある日、常野は、祖父母の家に届いた一通の手紙を読みます。それは、常野の母親が亡くなる前に書いた手紙でした。手紙には、常野が幸せに生きてほしいという母親の願いが綴られていました。常野は、母親の手紙を読んで、母親が自分を愛していたことを知り、勇気をもらいます。 「蒲公英草紙常野物語」では、常野が祖父母や友達と過ごす日々が描かれています。常野は、祖父母の愛情に包まれて育ち、友達との友情を深めていきます。しかし、常野は、母親の死を乗り越えることができずに苦しんでいます。常野は、母親の死を乗り越えるために、旅に出ます。旅の中で、常野は、さまざまな人と出会い、新しい価値観を学びます。そして、常野は、母親の死を乗り越え、自分の人生を生き始めることができます。 「蒲公英草紙常野物語」は、切なくも温かい物語です。恩田陸の繊細な筆致で、常野の心情が丁寧に描かれています。読者は、常野と一緒に泣き、笑い、そして成長することができます。「蒲公英草紙常野物語」は、誰もが一度は読むべき名作です。
モノの名前

たまご麺の魅力

たまご麺の特徴 たまご麺は、小麦粉に卵を練り込んで作られる麺です。そのため、小麦粉だけで作られる麺よりもコシが強く、つるつるとした食感があります。また、卵の風味が豊かで、中華料理や日本料理など、幅広い料理に使用することができます。 たまご麺は、ビタミンやミネラルが豊富に含まれているのも特徴です。特に、ビタミンB1は、疲労回復や筋肉の疲れを軽減する効果があります。また、ビタミンB2は、皮膚や粘膜の健康維持に役立ちます。さらに、たまご麺には、鉄分やカルシウムなども含まれており、栄養価の高い食品として知られています。 たまご麺は、ラーメンやうどん、そばなど、さまざまな料理に使用することができます。ラーメンでは、コシのある食感が楽しめるため、人気があります。また、うどんは、つるつとした食感と卵の風味が楽しめるため、夏にぴったりの料理です。さらに、そばは、たまご麺特有の風味とコシがあり、ざるそばやかけそばなど、さまざまな料理に使用することができます。 たまご麺は、栄養価が高く、さまざまな料理に使用できる麺です。ぜひ、たまご麺の魅力を味わってみてはいかがでしょうか。
作品名

坂本冬美の『大志』

「『大志』とはどのような曲か」 坂本冬美の『大志』は、壮大なドラマを思わせるような曲です。雄大なオーケストラをバックに、坂本冬美の力強い歌声が響き渡ります。歌詞は、夢や目標に向かって突き進む人々の姿を歌っており、聴く人の背中を押してくれるような前向きなメッセージが込められています。 『大志』は、坂本冬美の代表曲のひとつであり、多くの歌手によってカバーされています。その中でも、特に有名なのが、2011年に放送されたNHK連続テレビ小説『カーネーション』の主題歌として使用されたバージョンです。このバージョンは、坂本冬美と東京スカパラダイスオーケストラがコラボレーションしており、スカのリズムが加わったことで、より軽快でポップなアレンジになっています。 『大志』は、坂本冬美の歌唱力と、楽曲の壮大なスケール感が魅力の曲です。聴く人の心に勇気と希望を与えてくれる、まさに「大志」にふさわしい一曲です。
作品名

「太陽を飲み込め」について

大見出し「「太陽を飲み込め」について」の下に作られた小見出しの「韓国ドラマ「太陽を飲み込め」のあらすじ」 韓国ドラマ「太陽を飲み込め」は、財閥の御曹司でありながら、情に厚く正義感あふれる青年、チュ・ジュンウォン(イ・ジョンジェ)と、貧しい家庭に生まれながら、明るく前向きに生きる女性、テ・ギョンウ(ソン・ヘギョ)の恋と成長を描いたヒューマンドラマである。 ジュンウォンは、大企業テソングループの御曹司であり、容姿端麗で才能にも恵まれ、周りの人々から羨望のまなざしを向けられていた。しかし、ジュンウォンは表面上は華やかな生活を送っていたものの、心の奥底では孤独を感じていた。一方、ギョンウは、貧しい家庭に生まれながら、明るく前向きに生きる女性である。ギョンウは、ジュンウォンと同じ大学に通い、ジュンウォンの優しさに惹かれていく。しかし、2人の身分はあまりにも違い、恋愛は困難である。 そんなある日、ジュンウォンの父が亡くなり、ジュンウォンがテソングループの会長に就任する。ジュンウォンは、会長として経営に手腕を発揮し、テソングループをさらに大きく成長させる。しかし、その裏では、ジュンウォンを陥れようとする陰謀が渦巻いていた。ジュンウォンは、家族や友人との絆を深めながら、陰謀に立ち向かっていく。 ジュンウォンとギョンウの恋は、様々な障害を乗り越えながら、ついに成就する。2人は結婚し、幸せな家庭を築く。しかし、そんな幸せも長くは続かず、ジュンウォンが事故に遭い、昏睡状態に陥ってしまう。ギョンウは、ジュンウォンが目を覚ますのを信じて、献身的に看病を続ける。 数年後、ジュンウォンはついに昏睡状態から目覚める。ジュンウォンとギョンウは、再会を喜び、再び幸せな生活を送る。
作品名

「太閤記」の魅力を紐解く

吉川英治の歴史小説を忠実に再現 『太閤記』は、吉川英治の同名小説を原作とした大河ドラマで、主人公は天下人・豊臣秀吉です。このドラマでは、吉川英治の歴史小説を忠実に再現しており、秀吉の波乱万丈な人生が描かれています。 ドラマでは、秀吉の幼少期から始まり、下級武士としての下積み時代、織田信長との出会い、本能寺の変後の混乱期での台頭、そして豊臣政権の成立までの過程が描かれています。また、秀吉の性格や行動も、原作小説に忠実に再現されており、その人間像がよく伝わってきます。 『太閤記』は、秀吉の生涯をダイナミックに描いた歴史ドラマで、昭和の歴史を代表する作品の一つです。その人気は、忠実に再現された原作小説の世界観と、秀吉の魅力的なキャラクター性によるものといえるでしょう。
モノの名前

「高清水」物語、秋田の伝統ある日本酒ブランド

秋田の酒文化は、日本の中でも特に長く、豊かな歴史を誇っています。県内には、約150の酒蔵があり、その数は全国で第3位を占めています。また、秋田の酒蔵は、全国的にも有名な銘酒を数多く生産しており、その品質の高さが評価されています。秋田の酒文化を語る上で欠かせないのが、県を代表する銘酒「高清水」です。 「高清水」は、秋田県大潟村にある酒蔵「高清水酒造」で生産される日本酒です。同社は、1873年(明治6年)に創業し、以来、140年以上もの間、日本酒を生産し続けています。「高清水」は、その名の通り、清涼感溢れる味わいが特徴です。また、米の旨味をしっかりと感じることができる、力強い酒質も魅力です。秋田の酒文化に触れたい方におすすめの銘酒です。
モノの名前

たかさき福々まんじゅうの魅力と作り方

たかさき福々まんじゅうの歴史と由来 たかさき福々まんじゅうの発祥は、高崎市にある老舗和菓子店「福々堂」です。昭和初期に、福々堂の初代店主である福原福太郎氏が、高崎の特産品である小麦粉と小豆を使って、新しい銘菓を作ろうと考案したのが始まりです。 福太郎氏は、何度も試行錯誤を重ね、小麦粉の配合や蒸し上げる時間など、細部までこだわり抜いて、ようやくたかさき福々まんじゅうを完成させました。福太郎氏は、たかさき福々まんじゅうを「幸せを招くお菓子」として、多くの人々に愛されることを願い、「福々」という名前をつけました。 たかさき福々まんじゅうは、1935年に発売され、瞬く間に高崎の銘菓として広く知られるようになりました。その後、全国各地に広がり、今では日本各地で愛される人気のお菓子となっています。
作品名

立待岬についての豆知識

立待岬の歌唱者について 立待岬の歌は、日本の演歌歌手である森進一氏が歌っています。この歌は、1974年にリリースされ、当時大きなヒットとなりました。その後も、多くの歌手によってカバーされ、現在でもカラオケの定番曲として親しまれています。 立待岬の歌は、岬の自然の美しさや、そこで起こる恋愛模様を歌った曲です。歌詞の中には、「立待岬に立つ男の背中に」「波が打ち寄せてくる」というフレーズが登場し、立待岬の風景が鮮やかに描かれています。また、「あなたを待つ」というフレーズが繰り返し登場し、男の愛の深さが表現されています。 この歌は、森進一氏の歌声によって、さらにその魅力が引き出されています。森進一氏の歌声は、力強く伸びやかで、立待岬の雄大な自然を表現するのにも、男の愛の深さを表現するのにもぴったりです。 立待岬の歌は、日本人の心に響く名曲です。その歌詞の美しさや、森進一氏の歌声の素晴らしさは、いつまでも人々の心に残り続けることでしょう。
作品名

人魚の森とは?アニメ、原作の魅力を解説!

原作漫画の概要と特徴 『人魚の森』の原作漫画は、諸星大二郎氏によって1984年から1986年まで『ヤングコミック』に連載されたSF漫画です。全6巻で完結しています。 この作品は、1991年に実写映画化され、2007年にはアニメ化されました。また、2014年には宝塚歌劇団によって舞台化されています。 『人魚の森』の物語は、主人公の少年・裕太が、ある日、海で人魚と出会うところから始まります。その人魚は、裕太に「この海は、人魚の森と呼ばれる場所である」と告げます。 裕太は、人魚の森でさまざまな不思議な体験をします。人魚と友達になったり、海の生き物と会話したり、不思議な能力を身に着けたりします。 『人魚の森』は、美しい海を舞台にした幻想的な物語です。人魚や海の生き物との交流を通して、主人公の少年が成長していく姿が描かれています。 また、この作品は、環境問題についても考えさせられる内容となっています。人魚の森は、汚染によって破壊されつつあります。裕太は、人魚の森を守るために、立ち上がります。 『人魚の森』は、老若男女問わず楽しめる作品です。美しい映像と音楽、そして感動的なストーリーが魅力です。
モノの名前

たけのこの里探検隊

-味わってみよう- たけのこの里の味わいは、まさに日本のお菓子の真髄です。一口かじれば、竹林の中にいるような清々しい気分にさせてくれます。また、たけのこの里は、その見た目の美しさでも知られています。竹林をイメージしたパッケージは、まさに芸術品です。お土産として、またはちょっとしたプレゼントとしても最適です。 たけのこの里は、そのまま食べても美味しいですが、温めて食べてもまた格別です。電子レンジで温めると、たけのこの里の生地が柔らかくなり、中のチョコレートがとろ~り溶けてきます。これは、まさに至福のひとときです。また、たけのこの里をアイスと一緒に食べても美味しいですよ。たけのこの里の甘さとアイスの冷たさが絶妙にマッチして、夏にぴったりのスイーツになります。 たけのこの里は、幅広い年代の方に愛されているお菓子です。その美味しさは、一度食べれば必ずやあなたを魅了するはずです。ぜひ、この機会にたけのこの里を味わってみてください。
施設名・ロケ地

高島屋東別館、歴史と文化が息づく大阪のランドマーク

松坂屋大阪店からシタディーンなんば大阪へ 1922年に、松坂屋大阪店として開業した高島屋東別館は、大阪のランドマークとして親しまれてきました。しかし、2020年3月に閉店となり、その歴史に幕を閉じました。 閉店後、高島屋東別館はシタディーンなんば大阪として生まれ変わりました。シタディーンなんば大阪は、浅草橋や西新宿など日本全国に展開するアパートメントホテルチェーンの一員です。 シタディーンなんば大阪は、高島屋東別館の建物をリノベーションして作られており、その歴史と文化を継承しています。客室は、シングルルームからファミリールームまで、さまざまなタイプを用意しています。また、レストランやカフェ、バーなど、さまざまな飲食施設も充実しています。 シタディーンなんば大阪は、大阪の都心部に位置しており、観光やビジネスに最適です。また、難波駅やなんばパークスなど、大阪の主要な観光スポットにもアクセスしやすい立地です。 シタディーンなんば大阪は、高島屋東別館の歴史と文化を継承しつつ、新しい魅力を備えた宿泊施設として生まれ変わりました。大阪を訪れる際は、ぜひシタディーンなんば大阪に宿泊してみてはいかがでしょうか。
その他

多治見市で盛大に開催された「多治見市制記念花火大会」

多治見市制記念花火大会の歴史と由来 多治見市制記念花火大会は、1950年に多治見市が市制施行50周年を記念して初めて開催されました。以来、毎年8月15日に開催され、今年で72回目を迎えます。花火大会は、多治見市の夏の風物詩として、毎年多くの市民や観光客が訪れます。 花火大会の歴史は、1950年にさかのぼります。当時、多治見市は市制施行50周年を迎え、盛大にお祝いするため、花火大会を開催することにしました。花火大会は、市内の多治見駅前公園を会場として開催され、約3,000発の花火が打ち上げられました。花火大会は、市民に大変好評で、翌年も開催されることになりました。 その後、花火大会は毎年開催されるようになり、規模も年々大きくなっていきました。1960年には、花火大会の会場が多治見市総合体育公園に移され、花火の打ち上げ数も約1万発に増えました。さらに、1970年には、花火大会の開催日が8月15日に固定され、現在に至っています。 現在、多治見市制記念花火大会は、多治見市の夏の風物詩として、毎年多くの市民や観光客が訪れる一大イベントとなっています。花火大会では、約1万発の花火が打ち上げられ、市民や観光客に夏の夜空を彩ります。
作品名

「太陽はもう輝かない」:フランキー・ヴァリとウォーカー・ブラザーズの物語

フランキー・ヴァリは、1967年にフォー・シーズンズを離れ、ソロキャリアをスタートさせた。彼の最初のソロシングル「Can't Take My Eyes Off You」は、ビルボード Hot 100 で最高位2位を記録し、大きな成功を収めた。その後、「My Eyes Adored You」、「Halfway to Paradise」、「You're Ready Now」などのヒット曲をリリースし、ソロアーティストとしての地位を確立した。 1969年、ヴァリは映画「太陽はもう輝かない」に出演した。この映画は、1960年代のニューヨークを舞台にしたミュージカルで、ヴァリは主人公の歌手、ジョニー・カステローを演じた。映画は興行的に成功し、主題歌「太陽はもう輝かない」も大ヒットした。この曲は、ビルボード Hot 100 で最高位2位を記録し、グラミー賞の最優秀レコード賞と最優秀楽曲賞を受賞した。 「太陽はもう輝かない」は、ヴァリのソロキャリアの代表曲となり、彼の最も有名な曲の一つとなった。この曲は、彼の力強いボーカルとドラマチックなアレンジが特徴で、多くのアーティストによってカバーされている。ヴァリは、この曲でグラミー賞の最優秀レコード賞と最優秀楽曲賞を受賞し、彼のキャリアの頂点を極めた。
モノの名前

北海道限定の「宝焼酎 大自然」徹底解説!

宝焼酎 大自然とは? 宝焼酎 大自然は、北海道限定で販売されている焼酎です。2016年に発売され、北海道産の米と麦を100%使用して作られています。アルコール度数は20度で、味はすっきりとした甘口です。北海道の雄大な自然をイメージして作られた焼酎で、パッケージには北海道の風景が描かれています。 宝焼酎 大自然は、北海道の郷土料理であるジンギスカンや海鮮料理によく合います。また、お湯割りや水割りにしてもおいしくいただけます。北海道を訪れた際には、ぜひ宝焼酎 大自然を味わってみてください。北海道の雄大な自然を感じることができるでしょう。
地名・ロケ地

【多良間港】先島諸島の港湾を知る

多良間港の歴史 多良間港は、沖縄県宮古島市多良間にある港湾である。多良間島の東側に位置し、多良間空港に隣接している。多良間港は、1965年(昭和40年)に多良間島と沖縄本島を結ぶ定期航路が開設されたことに伴い、建設された。その後、多良間島と宮古島を結ぶ定期航路も開設され、多良間港は、多良間島と周辺離島を結ぶ重要な港湾となった。 多良間港は、多良間島と周辺離島への物資の輸送や、観光客の受け入れなど、多良間島の経済や観光に重要な役割を果たしている。また、多良間港は、多良間島と沖縄本島を結ぶ航路の拠点として、沖縄県の交通網にとっても重要な位置を占めている。 多良間港は、2011年(平成23年)に、国の重要港湾に指定された。これにより、多良間港は、国の財政支援を受けることが可能となり、港湾施設の整備や拡充が行われることとなった。現在、多良間港では、港湾施設の整備や拡充が行われており、将来的には、多良間島と沖縄本島を結ぶ高速船の就航も計画されている。
作品名

「太陽の牙 ダグラム」とは?

「太陽の牙 ダグラム」とは、1981年から1983年にかけて放送されたロボットアニメである。名古屋テレビを制作局とし、テレビ朝日系列で全75話が放送された。 「太陽の牙 ダグラム」は、西暦2083年の地球が舞台である。地球は、宇宙から飛来したエイリアン「ドーラ」によって侵略され、人類は滅亡の危機に瀕していた。そんな中、主人公であるクリン・カシムは、地球を守るために立ち上がった。クリンは、ドーラの侵略から地球を守るために戦うロボット「ダグラム」に乗り込み、ドーラと戦いを繰り広げる。 「太陽の牙 ダグラム」は、ロボットアニメとしては異色の作品である。本作は、従来のロボットアニメのように、主人公がロボットに乗って敵を倒していくという単純なストーリーではない。本作では、主人公であるクリンが、戦争の悲惨さや、命の大切さなどを学びながら成長していく姿が描かれている。また、本作では、戦争による環境破壊や、難民の問題など、現代社会が抱える問題も描かれており、社会派ロボットアニメと呼ばれることもある。 「太陽の牙 ダグラム」は、そのリアルなストーリーと、重厚な作画で、多くのアニメファンから支持されている。本作は、現在でも根強い人気を誇るロボットアニメの金字塔である。
地名・ロケ地

知る人ぞ知る「たかしば湖」

高柴ダムとたかしば湖の歴史 たかしば湖は、大分県豊後大野市にある人造湖です。1980年(昭和55年)に高柴ダムが完成した際に、ダムによってせき止められた水が貯まってできました。高柴ダムは、豊後大野市と隣接する熊本県上益城郡山都町との境に位置する一級河川・筑後川の支流である大野川に建設されました。ダムの高さは約80メートル、堤体の長さは約260メートルです。たかしば湖の水は、大分県と熊本県の約12万人の人々の生活用水や工業用水として利用されています。また、たかしば湖は、周辺の自然環境が美しいことから、観光地としても人気があります。湖畔には、キャンプ場や遊歩道が整備されており、毎年多くの観光客が訪れます。