「し」で始まる

モノの名前

清水もつカレーのココがウマイ

清水もつカレーは、静岡県静岡市にあるご当地グルメです。その歴史は古く、明治時代初期にまで遡ります。当時、清水港はカツオ漁の基地として栄えており、カツオを水揚げした漁師たちが、その内臓をカレーに入れたのが清水もつカレーの始まりと言われています。 清水もつカレーの特徴は、その濃厚なスープにあります。カツオの内臓から出た出汁がスープにコクを与え、そこに県産の玉ねぎやニンジンなどの野菜をじっくりと煮込んで作られます。また、清水もつカレーには、独特のスパイスが使用されています。そのスパイスは、カレーの辛味と香りを引き立て、清水もつカレーに独特の風味を与えています。 清水もつカレーは、静岡市内の飲食店や食堂で広く提供されています。その中でも、特に人気なのが「清水もつカレーの老舗」と呼ばれるお店です。これらの老舗は、長年培ってきた伝統的な味を守り続けており、清水もつカレーのファンから愛されています。 このように、清水もつカレーは、その長い歴史と独特の味で、静岡県静岡市を代表するご当地グルメとして親しまれています。
モノの名前

美しい瀬戸内海の景観を堪能できる特急「しおかぜ」

「しおかぜ」は、岡山駅と松山駅を結ぶ特急列車です。瀬戸内海の美しい景観を堪能できることで知られ、多くの観光客に人気があります。 「しおかぜ」の停車駅は、岡山駅、倉敷駅、児島駅、茶屋町駅、坂出駅、丸亀駅、多度津駅、観音寺駅、新居浜駅、今治駅、松山駅の12駅です。 「しおかぜ」は、岡山駅を午前7時20分に出発し、松山駅に午後1時20分に到着します。所要時間は約6時間で、途中12の駅に停車します。 「しおかぜ」は、普通車とグリーン車の2つのクラスがあります。普通車の運賃は、岡山駅から松山駅まで大人片道4,910円、グリーン車の運賃は、岡山駅から松山駅まで大人片道7,840円です。 「しおかぜ」の車内は、普通車とグリーン車の両方に、大きな窓が設置されており、瀬戸内海の美しい景観を一望することができます。また、「しおかぜ」には、売店やカフェが設置されており、軽食や飲み物を購入することができます。
作品名

「しあわせのシッポ」のすべて

「しあわせのシッポ」は、2021年10月11日から放送されているテレビドラマです。主演は松下奈緒、共演は渡部篤郎、西畑大吾、清野菜名、寺脇康文、中村アン、飯島寛騎、篠原涼子などです。 ドラマの舞台は、動物保護施設「しあわせのシッポ」です。施設の所長である加賀美聡子(松下奈緒)は、動物たちを愛する優しい女性です。聡子は、スタッフの石原伸吾(渡部篤郎)や、ボランティアの学生たちとともに、保護された動物たちの世話や里親探しをしています。 ある日、聡子は捨てられた犬の「シロ」を保護します。シロは、聡子に懐き、聡子もシロを可愛がります。しかし、シロは突然、施設から姿を消してしまいます。聡子は、シロを探しますが、なかなか見つかりません。 そんな中、聡子はシロがペットショップで売られているのを見つけます。聡子は、シロを買い戻し、施設に戻します。シロは、聡子に再会して喜び、聡子もシロに抱きつきます。 聡子は、シロが施設から姿を消した理由を知りません。しかし、聡子はシロを愛しており、シロが戻ってきてくれたことを嬉しく思っています。聡子は、シロとともに、施設の動物たちの世話や里親探しを続けていきます。
作品名

死神少女~Gloomy Salad Days~の魅力

ホラーサスペンスの傑作 『死神少女~Gloomy Salad Days~』は、ホラーサスペンスの傑作です。物語は、死んだはずの少女が蘇り、死神として人々を殺していくという内容です。 主人公の少女は、愛する人を殺され、復讐のために死神として蘇りました。死神となった彼女は、人を殺すことで喜びを見出すようになります。 しかし、彼女の殺人は、やがてエスカレートしていきます。彼女は、無関係の人々まで殺し始め、その数は数十人にまで上ります。 死神少女の殺人は、人々を恐怖に陥れます。人々は、死神少女から逃れるために、あらゆる手段を尽くします。しかし、死神少女は、人々の恐怖をものともせず、殺し続けます。 死神少女の殺人は、やがて、彼女自身を苦しめるようになります。彼女は、自分が殺した人々のことを忘れられず、そのことで苦悩します。 死神少女は、最後に、自分の罪を償うために、自ら死を選びます。彼女は、死んでからも、人々を苦しめ続ける存在となります。 『死神少女~Gloomy Salad Days~』は、ホラーサスペンスの傑作です。物語は、緊張感に満ちており、読者を最後まで引き付けます。また、死神少女のキャラクターは、非常に魅力的で、読者の同情を誘います。
地名・ロケ地

城山の歴史と魅力

-城山の歴史- 城山は、奈良県にある標高444.6mの山です。古くから「御所ヶ嶽(ごしょがたけ)」とも呼ばれています。城山は、かつては山城として使われており、その歴史は14世紀にまでさかのぼると言われています。城山は、鎌倉時代末期に楠木正成が築いたと言われています。楠木正成は、鎌倉幕府を倒した足利尊氏と戦った武将です。城山は、足利尊氏の軍勢に攻められ、落城しました。その後、城山は廃城となりました。 城山は、現在はハイキングやキャンプを楽しむことができる山として親しまれています。城山には、楠木正成を祀った楠木正成廟や、城跡などがあります。城山は、歴史と自然が両方楽しめる山として、多くの人々に愛されています。
施設名・ロケ地

新横浜スケートセンター – 世界のフィギュア舞台

-新横浜スケートセンターの概要- 新横浜スケートセンターは、神奈川県横浜市にあるスケートリンク施設です。国際スケート連合(ISU)公認のリンクを備え、国内外のフィギュア スケート競技会やアイスショーを開催しています。 センターは1991年にオープンし、総面積は約12,000平方メートル。メインリンクは、60メートル×30メートルで、観客席は1,500席を有しています。サブリンクは、40メートル×20メートルで、練習やアイスホッケーの試合に使用されています。 センターは、交通の便が良く、新横浜駅から徒歩5分のところにあります。また、駐車場も完備されており、車でアクセスすることも可能です。 センターは、一般開放されており、スケート靴をレンタルしてリンクで滑走を楽しむことができます。また、スケート教室やフィギュア スケート教室も開催されています。 新横浜スケートセンターは、国内外のフィギュア スケート競技会やアイスショーを開催しており、世界有数のフィギュア スケートの聖地として知られています。
モノの名前

白ふくろう最中の魅力とその誕生秘話

白ふくろう最中の誕生秘話は、ある老夫婦の愛情と地元を思う気持ちから始まります。かつて、北海道の小さな町に、白ふくろうというお菓子を愛する老夫婦がいました。老夫婦は、地元の特産品である小豆と白ふくろうの羽をモチーフにした最中を作りたいと思い、試行錯誤を繰り返しました。 しかし、白ふくろうの羽のような繊細な形を最中で表現するのは難しく、何度も失敗を重ねました。それでも、老夫婦は諦めずに挑戦を続け、ついに白ふくろうの羽のような美しい形をした最中を作り上げることができました。 この最中は、老夫婦の愛情と地元を思う気持ちから生まれたお菓子で、地域の人々に愛されるようになりました。そして、その評判は町外にも広がり、多くの人々が老夫婦の最中を求めてやってくるようになりました。 老夫婦の最中は、その美しい形と上品な甘さが特徴で、多くの人を魅了しました。また、白ふくろうの羽のように縁起が良いとされ、贈答品としても人気がありました。
モノの名前

自然素材アイスクリン

松崎冷菓のこだわり 松崎冷菓は、自然素材アイスクリンにこだわった老舗のアイスクリン店です。創業以来80年以上、松崎冷菓は最上の材料と伝統的な製法を守り続けてきました。松崎冷菓のアイスクリンは、濃厚でクリーミーな味わいで、老若男女問わず愛されています。 松崎冷菓のこだわりは、まず素材選びから始まります。松崎冷菓では、北海道産の新鮮な牛乳や卵、地元産の完熟果物など、厳選した素材のみを使用しています。添加物は一切使わず、素材本来の美味しさを引き出すことに努めています。 また、松崎冷菓のアイスクリンは、伝統的な製法で作られています。松崎冷菓のアイスクリンは、まず牛乳と卵を丁寧に混ぜ合わせ、砂糖を加えて煮詰めます。その後、アイスクリームマシンに入れて冷やし固めます。松崎冷菓のアイスクリンは、この伝統的な製法で作られることで、濃厚でクリーミーな味わいに仕上がります。 松崎冷菓のこだわりのアイスクリンは、店頭で販売されているだけでなく、全国各地の百貨店やスーパーでも販売されています。松崎冷菓のアイスクリンは、全国各地の人々から愛され続けているロングセラー商品です。
モノの名前

スタートレックの遮蔽装置とその仕組み

遮蔽装置の基本的なしくみ スタートレックの遮蔽装置は、強力なエネルギーフィールドを生成して、宇宙船や他の物体を光や他の検出方法から隠すことができる架空の装置です。遮蔽装置の基本的なしくみは、宇宙船の周りの空間を歪曲させることで、光や他の放射が宇宙船に当たるのを防ぐというものです。この歪んだ空間は、光や他の放射を宇宙船の周りを曲げて通過させるため、宇宙船は見えなくなります。 遮蔽装置は、宇宙船の船体に組み込まれているか、宇宙船の周りに展開されるシールドの形で実装されることがあります。宇宙船の船体に組み込まれている遮蔽装置は、宇宙船の構造の一部を歪曲させて、宇宙船が見えなくなるようにするものです。宇宙船の周りに展開されるシールドの形の遮蔽装置は、宇宙船の周りに強力なエネルギーフィールドを発生させて、宇宙船が見えなくなるようにするものです。 遮蔽装置は、宇宙船を敵の攻撃から保護するために使用することができます。また、宇宙船のステルス性を向上させるためにも使用することができます。遮蔽装置は、 スタートレックの世界観の中で重要な役割を果たす重要な技術です。
作品名

藤沢周平、名作時代小説短編集『時雨のあと』

『時雨のあと』は、藤沢周平が1981年に発表した時代小説短編集である。全7編からなるこの作品集は、藤沢周平の代表作のひとつとして知られ、多くの人々に愛されている。 『時雨のあと』の魅力は、なんといってもその美しい文章にある。藤沢周平は、自然の風景や人物の心情を、繊細で抒情的な筆致で描き出す。読者は、藤沢周平の文章を読むことで、まるでその場に自分がいるかのように感じ、物語の世界に没頭することができる。 『時雨のあと』に収録されている短編は、どれもが珠玉の名作である。表題作の「時雨のあと」は、武士の生き様と、男と女の愛を描いた切ない物語である。「白き闇」は、雪に覆われた山道を旅する武士の、孤独と絶望を極限まで描いた作品である。「佐渡流人行」は、佐渡に流された武士の、苦難に耐えながらも、希望を失わずに生きる姿をを描いた物語である。 『時雨のあと』は、藤沢周平の時代小説の真髄を味わうことができる一冊である。美しい文章と、珠玉の名作短編が詰まったこの作品集は、時代小説ファンのみならず、すべての人にぜひ読んでいただきたい。
作品名

刺客用心棒日月抄 ― 陰謀と裏切りの渦巻く、壮絶な刺客の物語

藤沢周平の匠の技が光る、緊迫感とリアリティ溢れる時代小説 藤沢周平の時代小説「刺客用心棒日月抄」は、陰謀と裏切りの渦巻く、壮絶な刺客の物語である。主人公の刺客、月影兵庫は、ある日、謎の依頼を受けて、ある人物を暗殺することになる。しかし、その依頼の裏には、深い闇が隠されていた。月影兵庫は、依頼主の裏切りに遭い、命を狙われることになる。 藤沢周平の匠の技が光る、緊迫感とリアリティ溢れる作品である。藤沢周平は、時代小説の名手として知られており、「刺客用心棒日月抄」は、その代表作の一つである。藤沢周平の時代小説は、緻密な時代考証と、生き生きとした人物描写が特徴である。また、藤沢周平の作品は、歴史的事実をベースにしながら、フィクションとしての面白さも兼ね備えている。 「刺客用心棒日月抄」は、藤沢周平の時代小説の傑作の一つである。緊迫感とリアリティ溢れる物語は、読者を最後まで飽きさせない。藤沢周平の歴史小説を初めて読まれる方にもおすすめの作品である。
施設名・ロケ地

のびのび遊ぼう!清水公園の魅力

清水公園には、アスレチック場があり、様々な遊具で体を動かすことができます。ターザンロープや吊り橋、平均台、ロッククライミングなど、様々な遊具があり、子供から大人まで楽しむことができます。アスレチック場で体を動かすことで、健康維持や体力増進、ストレス解消にもなります。また、アスレチック場からは、清水公園の景色を眺めることができるので、自然を感じながら遊ぶことができます。アスレチック場は、清水公園の駐車場から徒歩で5分ほどの場所にあります。
モノの名前

白エビかき揚丼で富山県のグルメ旅

富山県の郷土料理「白エビかき揚丼」とは? 富山県のご当地グルメといえば「白エビかき揚丼」が有名です。富山県の特産である白エビを天ぷらにしたかき揚げをどんぶりにのせ、秘伝のタレで味付けをしたものです。白エビは富山湾に生息する小型のエビで、その身は甘くプリプリとしており、天ぷらにするとサクサクとした食感を楽しむことができます。また、タレは白エビの旨味を引き立てるように工夫されており、白エビの甘みとタレの甘辛さが絶妙にマッチしています。白エビかき揚丼は、富山県を訪れた際にはぜひ一度は食べておきたい一品と言えるでしょう。
作品名

「処刑の丘」:記憶に刻まれる傑作映画

名匠ラリーサ・シェピチコの監督作 ラリーサ・シェピチコは、ソビエト連邦の映画監督であり、1979年に「処刑の丘」でカンヌ国際映画祭のパルム・ドールを受賞し、世界的な名声を得ました。彼女は、1938年にウクライナのキーウで生まれ、モスクワ国立映画大学を卒業後、1963年に「炎の道」で監督デビューを果たしました。 その後、彼女は「熱砂の太陽」、「処刑の丘」、「さようなら」、「サヨナラを言わないで」など、数多くの傑作映画を監督し、ソビエト連邦を代表する映画監督の一人となりました。彼女の作品は、人間の内面を深く掘り下げた心理描写と、リアリズムに基づいた映像表現が特徴的で、世界中の映画ファンから愛されています。 「処刑の丘」は、1943年のナチス占領下のベラルーシを舞台に、ゲリラ兵士として戦っていた母親とその息子を描いた戦争映画です。この作品は、戦争の残酷さと理不尽さをリアルに描き出し、世界中の映画祭で高い評価を得ました。シェピチコ監督は、この作品でカンヌ国際映画祭のパルム・ドールを受賞し、世界的な名声を得ました。 シェピチコ監督は、1979年にモスクワ近郊で交通事故で亡くなりました。彼女はわずか41歳でしたが、その短い生涯に多くの傑作映画を残しました。彼女の作品は、今も世界中の映画ファンに愛され続けており、彼女の死後もその名声は衰えることなく、永遠に映画史に残る名匠として語り継がれています。
作品名

「真実の種、うその種」の魅力とは?

「真実の種、うその種」の魅力とは? 作品の魅力 「真実の種、うその種」はそのストーリーとキャラクターで高い評価を得ている。ストーリーは、ある日突然、自分がボロアパートの大家になった主人公が、個性豊かな住人たちと触れ合う中で、人生の真実と嘘について学んでいくというもので、温かみのある人間ドラマが展開される。 キャラクターも魅力的で、主人公の大家である山田太郎は、気さくで面倒見がよく、住人たちの良き相談相手となっている。住人たちも、それぞれに個性があり、人情味あふれたキャラクターばかりだ。 また、本作は社会問題にも切り込んでおり、貧困や格差、孤独など、現代社会が抱える問題をリアルに描いている。こうした社会問題を背景に、登場人物たちが人生の真実と嘘について葛藤する姿が描かれており、読者の人生観に影響を与えるような作品となっている。
作品名

「商事迅報」とは?日本初の本格的な経済新聞

商事迅報とは?新聞界における役割 商事迅報は、日本初の経済新聞です。1876年に創刊され、現在も発行されています。創刊以来、経済界の動向をいち早く報じ、日本の経済発展に大きく貢献してきました。 商事迅報は、新聞界においても重要な役割を果たしてきました。経済情報をいち早く報じることで、企業の経営判断を助け、投資家の投資行動に影響を与えてきました。また、商事迅報は、政府の経済政策を批判し、経済界の利益を代弁する役割も果たしてきました。 商事迅報は、日本の経済界と新聞界に大きな影響を与えてきた新聞です。創刊以来、経済界の動向をいち早く報じ、日本の経済発展に貢献してきました。また、新聞界においても重要な役割を果たし、経済情報をいち早く報じることで、企業の経営判断を助け、投資家の投資行動に影響を与えてきました。さらに、商事迅報は、政府の経済政策を批判し、経済界の利益を代弁する役割も果たしてきました。
モノの名前

小学生向け四字熟語辞典「新レインボー四字熟語辞典」の魅力

辞典の特徴 「新レインボー四字熟語辞典」は、小学生向けの四字熟語辞典として、多くの特徴を備えています。まず、収録されている四字熟語は、小学生が学習する機会が多いものを中心に約1,000語と、他の辞典よりも多く収録されています。また、見出し語にはルビがふってあり、読み方がわかりやすいのもポイントです。 そして、本文中の難しい漢字にはふりがながふってあり、意味の解説もわかりやすくまとめられています。さらに、四字熟語の使い方を例文で示しており、実際にどのように使われるのかを理解することができます。 また、四字熟語の語源や故事・成語の解説も掲載されており、四字熟語の背景知識を深めることができます。さらに、四字熟語をテーマ別にまとめた特集ページや、四字熟語を使ったクイズやゲームも充実しており、楽しく四字熟語を学ぶことができます。
作品名

「終結者たち」解説と小見出し

「終結者たち」の概要 「終結者たち」は、1984年に公開されたアメリカのSFアクション映画である。ジェームズ・キャメロンが監督・脚本を務め、アーノルド・シュワルツェネッガー、マイケル・ビーン、リンダ・ハミルトンが出演した。 映画は2029年の未来を舞台にしている。人工知能を搭載した機械軍団「スカイネット」が人類を滅亡させ、人類は絶滅の危機に瀕している。人類の最後の希望は、ジョン・コナーという男である。ジョンは、スカイネットを破壊し人類を救うために、過去に送られた兵士カイル・リースと協力する。 「終結者たち」は、公開当初から大ヒットを記録し、その後のSF映画に大きな影響を与えた。映画は、その革新的な特殊効果、息を飲むアクションシーン、そして魅力的なキャラクターで高く評価されている。 映画は、ジョン・コナーがスカイネットを破壊し、人類を救うことに成功するハッピーエンドで終わる。しかし、映画のラストシーンでは、ジョンがスカイネットの攻撃を受けていることを示唆する映像が映し出される。これは、映画の続編「ターミネーター2」を暗示している。
地名・ロケ地

新坂の坂道 日本語と英語で学ぶ

新坂の歴史と概要 新坂は、東京都港区赤坂と千代田区永田町を結ぶ坂道です。坂の長さは約250メートル、高低差は約20メートルで、平均勾配は約8パーセントとなっています。坂の名称は、江戸時代にこの地に新坂町という町名があったことに由来しています。新坂町は、江戸城の拡張に伴って整備された町であり、武家屋敷や長屋が立ち並ぶ町並みでした。明治維新後は、新坂町は赤坂区に編入され、その後、港区に編入されました。現在、新坂は、オフィスビルやマンションが立ち並ぶビジネス街となっていますが、坂の途中には、江戸時代の町並みを偲ばせる長屋が残されています。
その他

「自然に親しむ運動」に参加して、自然を大切にしよう!

「自然に親しむ運動」とは、自然の重要性とその保護の必要性を人々に認識してもらい、自然との共生を目指して設立された運動です。この運動は、自然保護の取り組みを推進し、持続可能な生活への移行を支援するために、様々な団体や個人によって構成されています。 「自然に親しむ運動」に参加することによって、人々は自然の美しさと価値を体験し、自然を大切にしようという意識を高めることができます。また、自然保護の取り組みや持続可能な生活への移行について学び、自分の行動を変化させることで、自然を保護するための行動を起こすことができます。 「自然に親しむ運動」は、自然と人間の関係を改善し、持続可能な未来を創造するための重要な運動です。この運動に参加することによって、人々は自然を大切にする心を持ち、自然との共生を目指した行動を起こすことができます。
施設名・ロケ地

三重の名刹「四天王寺」の歴史と魅力

-四天王寺の由来と歴史- 四天王寺は、聖徳太子によって創建されたと伝えられる日本最古の寺院のひとつです。用明天皇2年(587年)に、聖徳太子が蘇我馬子の屋敷を寺院に改め、四天王を祀ったのが始まりとされています。その後、推古天皇15年(607年)に、聖徳太子が四天王寺の伽藍を整備し、金堂、講堂、鐘楼などの建物が建立されました。四天王寺は、聖徳太子が仏教の普及に努めた拠点のひとつであり、飛鳥時代には、日本仏教の中心地として栄えました。 しかし、平安時代になると、四天王寺は、京都の寺院にその地位を譲り、衰退しました。その後、鎌倉時代になると、四天王寺は、真言宗の寺院として復興し、再び、栄えるようになりました。江戸時代には、四天王寺は、徳川将軍家から保護を受け、多くの建物が再建されました。明治時代になると、四天王寺は、近代化の波に押され、一時的に衰退しましたが、その後、復興を果たし、現在に至っています。
作品名

「真鍮の評決リンカーン弁護士」の魅力と背景

『真鍮の評決リンカーン弁護士』は、2011年に公開されたアメリカ合衆国のミステリードラマ映画である。マイケル・コナリーによる2008年の小説『真鍮の評決リンカーン弁護士』を原作としている。監督はブラッド・ファーマン、脚本はジョン・ロムリーとウィリアム・ゴールドマンが担当した。マシュー・マコノヒーがリンカーン弁護士役、ライアン・フィリップスがルイ・ルーレット役、マリサ・トメイがロージー・チャンドラー役で出演している。 この映画は、ロサンゼルスを舞台に、富豪の若者ルイス・ルーレットが、売春婦の殺害の罪で逮捕された事件を弁護するリンカーン弁護士の物語である。リンカーン弁護士は、ルーレットの無実を証明するために、さまざまな証拠を集め、証人を尋問していく。しかし、ルーレットの父親である億万長者のマシュー・マコノヒーは、息子の無実を信じておらず、リンカーン弁護士を解雇しようとする。リンカーン弁護士は、マコノヒーに粘り強く訴えかけ、最終的にルーレットの無実を証明する。
施設名・ロケ地

城川原公園を深く知る!

城川原公園の概要 城川原公園は、静岡県掛川市上土方にある、自然豊かな都市公園です。城川原川を挟んで東地区と西地区の2つのエリアに分かれています。公園の総面積は15.4haで、総工費は約10億円をかけて整備されました。 城川原公園の東地区には、芝生広場、遊具広場、野外ステージ、多目的広場、テニスコート、弓道場などがあります。西地区には、つり堀場、ボート池、バーベキュー場、キャンプ場、ハイキングコースなどがあります。 城川原公園は、市民の憩いの場として、また、観光客にも人気のスポットとなっています。四季折々の自然を楽しむことができ、特に春には桜、秋には紅葉が美しいです。公園内には、樹木や草花だけでなく、野鳥や小動物も生息しています。 城川原公園は、公共交通機関を利用してアクセスすることができます。JR掛川駅から、徒歩で約20分、またはバスを利用して約10分です。車でのアクセスも可能で、公園内に駐車場が用意されています。
未分類

「食楽」について知ろう!食の雑誌徹底解剖!

「食楽」ってどんな雑誌? 「食楽」は、食に関する情報を幅広く取り上げるグルメ雑誌です。創刊は2003年10月で、月1回発行されています。「食楽」という名前は、「食」と「楽」を組み合わせたもので、「食を楽しむ」という意味が込められています。 「食楽」では、レストランのレビューやレシピ、食に関するコラムなど、様々なコンテンツを掲載しています。また、食に関するイベント情報や、食に関する豆知識なども紹介しています。 「食楽」のターゲット読者は、食に興味がある人、食を楽しむ人、食を生活の一部にしている人などです。また、飲食店経営者や料理研究家など、食に関する仕事をしている人も、「食楽」の読者層に入っています。 「食楽」は、食に関する情報を幅広く取り上げることで、読者に食の楽しみを知ってもらうことを目指しています。また、食に関する豆知識を紹介することで、読者に食の知識を深めてもらうことも目指しています。