「や」で始まる

作品名

「柳生但馬守」柴田錬三郎の傑作時代小説短編集

「柳生但馬守」の概要と特徴 柴田錬三郎の傑作時代小説短編集、「柳生但馬守」は、全10編の短編からなる連作短編集である。物語は、徳川幕府初期を舞台に、徳川家康の側近であり、剣術の名手としても知られる柳生但馬守宗矩を主人公としている。 柳生但馬守は、優れた剣術の使い手であるだけでなく、知略にも優れ、家康の信頼も厚かった。本作では、そんな柳生但馬守が、さまざまな事件を解決していく姿が描かれている。 本作の魅力の一つは、柳生但馬守のキャラクターにある。柳生但馬守は、一見すると冷徹で無慈悲な人物に見えるが、実は正義感が強く、弱きを助ける心を持った人物である。また、柳生但馬守は、剣術の名手としても知られており、その剣捌きは圧巻である。 本作のもう一つの魅力は、柴田錬三郎の巧みなストーリーテリングにある。柴田錬三郎は、短い物語の中に、人間の業や世の中の理不尽さを描き出している。また、柴田錬三郎の文章は、テンポが良く、読みやすい。 「柳生但馬守」は、柴田錬三郎の傑作時代小説短編集であり、時代小説ファン必読の一冊である。
施設名・ロケ地

山口市スポーツの森西京スタジアムのすべて

山口市スポーツの森西京スタジアムの特徴 山口市スポーツの森西京スタジアムは、山口市にある陸上競技場です。2013年に完成し、同年10月に開場しました。収容人員は10,865人です。 西京スタジアムの特徴は何と言っても、その規模にあります。陸上競技場としては、山口県内最大規模のスタジアムであるため、さまざまな大会やイベントを開催することができます。また、スタジアムの周りには、テニスコートや野球場、プールなどのスポーツ施設が集まっており、まさにスポーツの森となっています。 西京スタジアムは、サッカーの試合も開催することができます。ピッチの大きさは105m×68mで、人工芝を採用しています。また、スタジアムには電光掲示板や大型ビジョンも設置されており、試合の模様をより楽しむことができます。 西京スタジアムは、陸上競技やサッカーの試合だけでなく、コンサートやイベントなど、さまざまな催し物にも利用することができます。スタジアム内には、音響設備や照明設備も整っており、大規模なイベントを開催するのにも適しています。 西京スタジアムは、山口市にある、まさにスポーツの森です。陸上競技場としては、山口県内最大規模のスタジアムであり、さまざまな大会やイベントを開催することができます。また、スタジアムの周りには、テニスコートや野球場、プールなどのスポーツ施設が集まっており、まさにスポーツの森となっています。
モノの名前

八幡丸竹工芸品を知る

八幡丸竹工芸品の歴史と伝統 八幡丸竹工芸品の起源は古く、約400年前の江戸時代初期にまでさかのぼります。当時、八幡村(現在の八幡市)では、竹細工が盛んに行われており、その中でも特に「八幡丸竹」と呼ばれる良質の竹材を使用した竹工芸品が生産されていました。八幡丸竹は、しなやかで丈夫な性質を持ち、加工しやすいことから、様々な竹工芸品に使用されました。 八幡丸竹工芸品が全国的に知られるようになったのは、明治時代になってからです。明治時代には、日本各地で工芸品が盛んに生産され、八幡丸竹工芸品もその一つとして注目されました。特に、八幡丸竹で編まれた「八幡籠」は、その美しさや実用性から高い評価を受け、全国各地に出荷されました。 その後、大正時代には、八幡丸竹工芸品はさらに発展を遂げます。この時期には、八幡丸竹で編まれた「八幡傘」が開発され、その軽さと丈夫さから瞬く間に人気を博しました。八幡傘は、日本各地で使用されるようになり、八幡丸竹工芸品の代名詞となりました。 昭和時代に入ると、八幡丸竹工芸品は一時衰退しましたが、その後、伝統工芸品の復興運動が起こり、八幡丸竹工芸品もその復興の対象となりました。昭和40年代には、八幡丸竹工芸品の生産が再開され、現在では、伝統工芸品として全国的に知られるようになりました。
モノの名前

「やまざくらGO」の見どころ

「やまざくらGO」の特徴 「やまざくらGO」は、東北地方を走る観光列車であり、その特徴は、東北地方の四季折々の美しい景色を満喫できることです。車窓からは、春には桜、夏には緑、秋には紅葉、冬には雪景色など、季節によって異なる表情を見せる東北地方の自然を眺めることができます。また、「やまざくらGO」は、地元の特産品を使用した軽食や飲み物が車内で提供されており、東北地方の食文化を味わうことができます。さらに、「やまざくらGO」には、車内アテンダントが常駐しており、東北地方の歴史や文化に関する説明を聞くことができるため、東北地方の観光を楽しむことができます。
作品名

「康哲本色」を徹底解説!

-ドラマの魅力を徹底解説!- 「康哲本色」は、2022年1月に放送されたテレビドラマです。主演は、康哲役を演じる田中圭と、水島香菜子役を演じる北川景子です。 このドラマは、康哲が水島香菜子に一目惚れをし、猛烈にアプローチするところから始まります。しかし、水島香菜子は康哲の熱意に戸惑い、なかなか受け入れようとしません。そんな中、康哲は水島香菜子のために一生懸命になり、次第に水島香菜子の心を開いていきます。 このドラマの魅力の一つは、康哲と水島香菜子の恋愛模様です。二人が出会ってから恋に落ちるまでの過程が丁寧に描かれており、視聴者は二人の恋を応援せずにはいられません。また、二人の間に立ちはだかる様々な障害も、ドラマをより一層盛り上げています。 このドラマの魅力のもう一つは、康哲のキャラクターです。康哲は、一見チャラチャラした遊び人に見えますが、実はとても一途で情熱的な男です。そんな康哲が水島香菜子に恋をし、一生懸命になる姿は、視聴者の心を打つこと間違いなしです。 「康哲本色」は、恋愛ドラマが好きな人、田中圭や北川景子のファンにはたまらないドラマです。まだ見ていない方は、ぜひ一度見てみてください。
モノの名前

沖縄のブランド地鶏「やんばる地鶏」とは?特徴や味を解説

やんばる地鶏の特徴や味の特徴 やんばる地鶏の特徴は、まずその弾力のある歯ごたえです。これは、ストレスなく育てられた鶏の肉質ならではのもので、噛むほどに旨みが口の中に広がります。また、飼育期間が長いこともあって、肉に深みのある味わいがあります。さらに、やんばる地鶏は脂肪分が少ないので、ヘルシーな鶏肉としても人気です。 やんばる地鶏の味の特徴は、何といってもその濃厚なコクです。これは、鶏の餌にこだわって育てられているからこそ生まれるもので、卵の風味も豊かです。また、やんばる地鶏は皮がパリっとしていて、香ばしいのも特徴です。焼いたり揚げたりしても美味しいですが、シンプルな塩焼きでもそのおいしさを十分に味わうことができます。 やんばる地鶏は、その特徴的な味と歯ごたえから、県内外を問わず多くの人々に愛されています。沖縄を代表するブランド地鶏として、これからも多くの人に親しまれ続けることでしょう。
モノの名前

安来のいちごアイス、美味しさの秘密を探る

島根県安来市産のいちごを100%使用 安来のいちごアイスは、その美味しさで知られています。その秘密は、島根県安来市産のいちごを100%使用していることにあります。安来市は、温暖な気候と水はけの良い土壌に恵まれており、いちごの栽培に適した土地です。そこで採れたいちごは、甘みが強く、酸味のバランスも良く、とても美味しいと評判です。 安来のいちごアイスは、そんな新鮮な安来市産のいちごを100%使用して作られています。そのため、いちごの風味が豊かで、甘酸っぱさが絶妙なアイスに仕上がっています。また、安来のいちごアイスは、着色料や香料などの添加物を一切使用していません。自然な素材だけで作られているので、小さなお子様でも安心して召し上がっていただけます。 安来のいちごアイスは、地元の方々に愛されているスイーツです。夏になると、アイスクリーム屋さんには安来のいちごアイスを求める人で長蛇の列ができています。また、安来のいちごアイスは、お土産としても人気があります。安来市を訪れた際には、ぜひ安来のいちごアイスを味わってみてください。
モノの名前

荻窪冷し中華の秘密!あのコシのある麺を再現する方法とは?

小麦粉だけで作る中華麺の秘密 冷し中華の麺のコシの秘密は、小麦粉だけで作られていることです。小麦粉には、グルテンというタンパク質が含まれており、これが麺にコシを与えます。グルテンは、小麦粉に水を加えて練ると、粘り気が出てきます。この粘り気が、麺のコシの元になります。小麦粉だけで作る中華麺は、グルテンの量が多いため、コシが強く、歯ごたえがあります。 小麦粉だけで作る中華麺は、市販の中華麺よりもはるかにコシが強く、歯ごたえがあります。また、小麦粉の風味が強く、中華麺本来の味を楽しむことができます。小麦粉だけで作る中華麺は、冷し中華だけでなく、ラーメンや焼きそばなど、あらゆる中華料理に使うことができます。 小麦粉だけで作る中華麺は、家庭で作ることができます。小麦粉と水、塩があれば、簡単に作ることができます。小麦粉と水を混ぜ合わせ、粘り気が出るまで練ります。練りあがったら、麺棒で伸ばして、細長い麺状にします。麺を沸騰したお湯で茹でれば、小麦粉だけで作る中華麺の完成です。 小麦粉だけで作る中華麺は、コシが強く、歯ごたえがあり、小麦粉の風味が強いのが特徴です。家庭で作ることができるので、ぜひ一度作ってみてください。
作品名

山刄夜又/韋駄天百里の解説と魅力

山刄夜又/韋駄天百里の解説と魅力山刄夜又とは。・山田風太郎の伝奇小説「山刄夜叉」が、1957年に刊行。その後、「韋駄天百里」「いだ天百里」に改題されました。 ・「山刄夜叉」は、山田風太郎の伝奇小説で、1957年に刊行されました。後に「韋駄天百里」「いだ天百里」と改題されました。
モノの名前

秋田県山本酒造店が生み出す「山本」の魅力

秋田県山本酒造店は、1840年に創業された老舗酒蔵です。創業以来、伝統的な酒造りを守りながら、時代に合わせた新しい酒造りにも挑戦し続けています。その結果、山本酒造店の日本酒は、全国各地で愛される銘酒として知られるようになりました。 山本酒造店が日本酒造りを行う上で最もこだわっているのは、原料米です。山本酒造店では、地元秋田県産の酒造好適米を契約農家から直接仕入れています。また、酒造用水には、蔵の近くに湧き出る清らかな湧水を使用しています。これらの厳選された原料を用いて、山本酒造店は丁寧に日本酒を醸しています。 山本酒造店の日本酒造りの伝統は、江戸時代から受け継がれています。山本酒造店では、今でも昔ながらの製法で日本酒を醸しています。例えば、仕込みには木桶を使用しています。木桶は、日本酒に独特の風味とコクを与えるとされています。また、山本酒造店では、日本酒を低温でじっくりと発酵させています。これにより、日本酒は雑味のない、すっきりとした味わいに仕上がります。 山本酒造店の日本酒は、全国各地で愛される銘酒として知られています。山本酒造店の日本酒は、その伝統的な製法と厳選された原料によって、独特の風味とコクを備えています。また、山本酒造店の日本酒は、低温でじっくりと発酵させているため、雑味のない、すっきりとした味わいに仕上がっています。山本酒造店の日本酒は、日本酒愛好家からも高い評価を得ています。
作品名

やんパパの魅力とは?

-ヤンパパの概要と魅力- ヤンパパとは、「ヤンキー」と「パパ」を組み合わせた言葉で、子育て中のヤンキーのことを指します。ヤンキーとは、不良や暴走族のことを指す言葉として使われていますが、ヤンパパはヤンキーと同様にやんちゃな性格である一方、子育てに積極的な父親のことを指します。 ヤンパパは、ヤンキーの血気盛んな性格と、父親としての責任感の強さを兼ね備えた存在であり、そのギャップが魅力となっていると考えられます。また、ヤンパパは、ヤンキー特有の男らしさと、子育てに積極的な父親の姿に憧れる女性も多いようです。 ヤンパパは、子育てに積極的な父親であり、子供との時間を大切にする傾向にあります。また、ヤンパパは、ヤンキー特有の男らしさと、父親としての責任感の強さを兼ね備えているため、頼りがいのある存在として、子供からも尊敬されることが多いようです。
モノの名前

【山旅ロガーで快適登山】その機能・使い方を徹底解説!

山旅ロガーとは?GPSトレッキングを快適に! 山旅ロガーとは、GPS機能を搭載した登山用スマートフォンアプリのことです。登山ルートの記録、現在地確認、他の登山者との連絡など、登山をより安全で快適なものにするために様々な機能を提供しています。 山旅ロガーの機能とは? 山旅ロガーは、登山をより安全で快適なものにするために様々な機能を提供しています。主な機能は以下の通りです。 * GPS機能現在地や歩いたルートを記録し、地図上に表示します。 * コンパス機能現在地の進行方向を指し示します。 * 高度計機能現在地の標高を測定します。 * 気温計機能現在地の気温を測定します。 * 気圧計機能現在地の気圧を測定します。 * 加速度計機能登山中の歩数や移動距離を測定します。 * 心拍数測定機能登山中の心拍数を測定します。 これらの機能を組み合わせることで、登山中の様々な情報を記録し、登山をより安全で快適なものにすることができます。 山旅ロガーの使い方とは? 山旅ロガーは、登山前にスマートフォンにインストールしておく必要があります。インストール後は、登山中にアプリを起動して、GPS機能やコンパス機能などを使用することができます。 登山中に山旅ロガーを使用する際は、以下の点に注意してください。 * スマートフォンを防水ケースに入れておく。 * スマートフォンのバッテリー残量を十分に確保しておく。 * 登山ルートを事前に計画しておく。 * 登山中は定期的に休憩を取り、スマートフォンを充電する。 これらの点に注意することで、山旅ロガーを安全に使用することができます。 山旅ロガーのメリットとは? 山旅ロガーを使用するメリットは、以下の通りです。 * 登山ルートの記録が容易になる。 * 現在地を簡単に確認できる。 * 他の登山者との連絡が容易になる。 * 登山中の様々な情報を記録できる。 これらのメリットにより、山旅ロガーは登山をより安全で快適なものにするのに役立ちます。
その他

安沢歌舞伎の魅力を紐解く

安沢歌舞伎の歴史と起源 安沢歌舞伎の歴史は古く、江戸時代初期にさかのぼります。安沢地区は、信濃国埴科郡(現在の長野県埴科郡)に位置する山間の小さな村でした。安沢歌舞伎の起源については諸説ありますが、一説には、村人が娯楽を求めて始めたのが始まりと言われています。また、安沢地区は、善光寺への参詣道の宿場町としても栄えており、旅人をもてなすために上演されたという説もあります。 安沢歌舞伎は、村人の娯楽として、また、神事として大切に守られてきました。明治時代になると、安沢歌舞伎は一時衰退しましたが、昭和になって復活しました。昭和30年代には、安沢歌舞伎保存会が発足し、安沢歌舞伎の継承と発展に努めてきました。 安沢歌舞伎の特徴は、素朴さとユーモアです。安沢歌舞伎は、村人が演じる素朴な芝居で、そのユーモアあふれる演技は、観客を惹きつけています。また、安沢歌舞伎は、安沢地区の伝統芸能として大切に守られており、その歴史と文化的な価値は高く評価されています。
地名・ロケ地

焼島について解説

焼島の概要 焼島は、鹿児島県南さつま市に位置する島です。面積は約0.4平方キロメートル、人口は約100人です。島は、約1万年前の火山噴火によって形成されました。その後、江戸時代から明治時代にかけて、島民は漁業や農業を営んできました。現在は、観光業が島の主要産業となっています。 焼島は、美しい海と豊かな自然に囲まれています。島には、サンゴ礁や熱帯魚が生息する海、亜熱帯植物が茂る森林など、さまざまな自然景観があります。また、島には、焼島神社や焼島灯台など、歴史的建造物も残されています。 焼島は、鹿児島県を代表する観光地の一つです。島には、海水浴場やキャンプ場、ホテルや旅館など、さまざまな観光施設が整備されています。また、島では、釣りやダイビング、シュノーケリングなどのマリンスポーツを楽しむことができます。
モノの名前

柳生新陰流:美技と戦いの歴史

柳生新陰流の歴史と起源 柳生新陰流は、長い歴史を持つ日本の武術です。その起源は、室町時代に播磨国守護である柳生氏が、剣術と柔術を融合させた新しい武術を創始したことにあります。この新しい武術は、柳生新陰流と呼ばれ、戦国時代には大いに発展しました。そして江戸時代には、徳川将軍家の御流儀となり、多くの武人に学ばれました。 柳生新陰流は、剣術と柔術を融合させた武術です。剣術では、直線的な攻撃と防御を基本としており、柔術では、相手の力を利用して技を掛けることを基本としています。柳生新陰流の特徴は、この剣術と柔術を融合させることで、相手がどのような攻撃を仕掛けてきても臨機応変に対応できるということです。 柳生新陰流は、戦国時代から江戸時代にかけて、多くの武人に学ばれました。その中には、上泉信綱、上泉伊勢守、柳生宗矩など、日本の武術史上を代表する武人も含まれています。柳生新陰流は、これらの武人によって発展していき、江戸時代には、徳川将軍家の御流儀となりました。 柳生新陰流は、日本を代表する武術の一つです。その歴史は古く、戦国時代から江戸時代にかけて、多くの武人に学ばれました。柳生新陰流は、剣術と柔術を融合させた武術であり、その特徴は、相手のどのような攻撃にも臨機応変に対応できることです。柳生新陰流は、徳川将軍家の御流儀として発展し、江戸時代には、日本の武術界を代表する流派となりました。
モノの名前

大和きくなを知ろう!

大和きくなとは、奈良県大和郡山市で生まれた菊です。大和きくなの特徴は、その花の形にあります。花弁が内側にくるくると巻いていて、菊の中では珍しい形をしています。色は白、ピンク、黄色などがあり、花弁の巻き方や色によっても、愛らしいもの、華やかなものなど、様々な表情を見せてくれます。 大和きくなは、平安時代から栽培されているとされており、長い歴史を持っています。奈良県では、大和きくなを代表する菊として、現在でも盛んに栽培されています。大和きくなは、その美しさから、観賞用として親しまれていますが、食用としても利用することができます。菊の花を天ぷらにしたり、菊の酢漬けを作ったりして、食べることができます。大和きくなは、観賞用としても食用としても、私たちの生活に彩りを添えてくれる花です。
作品名

柳ヶ瀬ブルースの魅力と歴史

柳ヶ瀬ブルースの誕生 柳ヶ瀬ブルースは、1967年に作られた日本のブルース歌手、遠藤実の楽曲である。岐阜県岐阜市にある歓楽街、柳ヶ瀬を舞台にした歌で、遠藤が柳ヶ瀬で遊んだ経験をもとに作られたと言われている。柳ヶ瀬ブルースは、遠藤の代表曲のひとつであり、多くの歌手によってカバーされている。 柳ヶ瀬ブルースは、昭和40年代の日本の世相を反映した歌である。高度経済成長期に沸く日本の中で、柳ヶ瀬は夜の街として栄えていた。柳ヶ瀬には、多くのバーやスナックがあり、遠藤はそこで多くの女性たちと出会ったという。柳ヶ瀬ブルースは、遠藤が柳ヶ瀬で過ごした日々を歌った歌であり、そこには青春の輝きと切なさがあふれている。 柳ヶ瀬ブルースは、日本のブルース音楽史に残る名曲である。遠藤実の渋い歌声と、柳ヶ瀬の夜の街を思わせる歌詞が、多くの人の心を打った。柳ヶ瀬ブルースは、昭和40年代の日本の世相を反映した歌であり、そこには青春の輝きと切なさがあふれている。
作品名

山姥のにしきの物語 – 秋田に伝わる伝説

山姥伝説の概要と特徴 山姥は、山に棲むとされる日本の妖怪です。その姿は、髪が長く、顔は赤く、目がつり上がっていて、歯が鋭く、爪が長いなど、恐ろしいものとして描かれることが多いです。山姥は、人を襲って食べると言われており、そのため、山に入る人は、山姥に襲われないよう、注意することが求められていました。 山姥伝説は、日本各地に伝わっていますが、特に秋田県には、多くの山姥伝説が残されています。秋田県は、山が多く、山姥が棲むのに適した環境であったためと考えられています。秋田県には、山姥を祀った神社や、山姥に関する伝説が残る場所がたくさんあります。 山姥伝説は、単に恐ろしい妖怪の話ではなく、人間と自然との関わりについて考えさせる物語でもあります。山姥は、山に棲む存在ですが、人間とは異なり、自然と調和して生きています。山姥は、山を知り尽くし、山の恵みを活用して生活しています。そのため、山姥は、人間にとっては、恐ろしい存在であると同時に、尊敬すべき存在でもあったのです。
作品名

「やさしくエモーション」大ヒットの秘密

ホイットニー・ヒューストンの歌声の魅力 ホイットニー・ヒューストンは、1963年にアメリカ合衆国ニュージャージー州ニューアークで生まれ、2012年にロサンゼルスのビバリーヒルズで亡くなった歌手、女優である。彼女は、1985年のデビューアルバム「ホイットニー・ヒューストン」が全世界で2500万枚以上を売り上げ、世界的なスターの仲間入りを果たした。その後も、「そよ風の誘惑」「ボビー・ブラウン」「愛に溺れて」など、数々のヒット曲を生み出し、1億8000万枚以上のアルバムを売り上げた。 ホイットニー・ヒューストンの歌声は、そのパワフルさと美しさで知られている。彼女は、高音域まで伸びやかな声を持ち、その歌声は、聴く者の心を揺さぶる。また、彼女は、優れた歌唱力と表現力を持ち、楽曲に命を吹き込むことができるシンガーである。 ホイットニー・ヒューストンの歌声の魅力は、彼女が持つ「感情を伝える力」にある。彼女は、楽曲に込められた感情を自分の声で表現することができ、聴き手をその世界に引き込むことができる。彼女の歌声は、聴く者の心に響き、共感を呼ぶ。 ホイットニー・ヒューストンは、世界で最も愛されたシンガーの一人である。彼女の歌声は、今もなお多くの人々に愛され続けている。
作品名

山へいく牛の魅力を探る

川村たかしという名をご存じでしょうか。彼は、日本の児童文学界を代表する作家であり、その作品は世代を超えて愛され続けています。その中でも、特に有名なのが「山へいく牛」という作品です。 この物語は、アルプスの山の中で暮らす牛の家族を描いたもので、牛たちの生活や冒険を描いています。主人公の牛、五郎は、好奇心旺盛で勇敢な牛で、いつも新しいことを求めています。五郎の父親は、山のことをよく知る賢い牛で、五郎に山のことを教えます。五郎の母親は、愛情深い牛で、いつも五郎のことを心配しています。 「山へいく牛」は、牛たちの生活や冒険を描いた物語ですが、その中に、家族の絆や友情、自然の大切さなどが描かれています。牛という動物を通して、人間の生活や社会の問題を考えさせられる作品です。 川村たかしは、「山へいく牛」以外にも、「ちびくろサンボ」や「坊っちゃん」など、数多くの名作を生み出しました。彼の作品は、子どもたちに夢と希望を与え、人生の大切さを教えてくれます。
モノの名前

「やはぎせんべい」の魅力とは?八丁味噌と手焼きのこだわり

八丁味噌の奥深い味わいと、手焼きの香ばしさが特徴 やはぎせんべいは、愛知県豊田市八丁町で製造されている、八丁味噌と国産米を使ったせんべいです。八丁味噌は、愛知県岡崎市で生産されている味噌で、米麹、大豆、食塩を原料として、2年以上熟成させて作られます。八丁味噌は、香ばしく、コクのある味わいが特徴です。やはぎせんべいは、八丁味噌を生地に練り込んで焼いています。 また、八丁味噌は、愛知県岡崎市で生産されている味噌で、米麹、大豆、食塩を原料として、2年以上熟成させて作られます。八丁味噌は、香ばしく、コクのある味わいが特徴です。やはぎせんべいは、八丁味噌を生地に練り込んで焼いています。 また、やはぎせんべいは、一枚一枚手焼きされています。そのため、手焼きならではの香ばしさが特徴です。また、手焼きなので、一枚一枚の焼き加減が微妙に異なります。そのため、一枚一枚の味や食感を楽しむことができます。
施設名・ロケ地

山形県立山形西高等学校 について

山形県立山形西高等学校の歴史 山形県立山形西高等学校は、1878年(明治11年)に「山形県師範学校」として開校したのが始まりです。1886年(明治19年)に「山形県尋常師範学校」に改称され、さらに1901年(明治34年)には「山形県師範学校」に再改称されました。その後、1943年(昭和18年)に「山形県立第一師範学校」に改称され、1948年(昭和23年)には「山形県立山形師範学校」となりました。 1949年(昭和24年)に学制改革が行われ、山形県立山形師範学校は「山形県立山形西高等学校」に改編されました。山形県立山形西高等学校は、普通科と師範科の2学科を設置し、1951年(昭和26年)に師範科が廃止され、普通科のみとなりました。 山形県立山形西高等学校は、1963年(昭和38年)に現在地に移転し、1966年(昭和41年)に新校舎が完成しました。その後、1971年(昭和46年)に体育館が完成し、1976年(昭和51年)にはプールが完成しました。 山形県立山形西高等学校は、2008年(平成20年)に創立130周年を迎え、記念式典が行われました。2011年(平成23年)には、東日本大震災が発生し、山形県立山形西高等学校も大きな被害を受けました。しかし、生徒と教職員の努力により、2012年(平成24年)には復旧工事が完了し、通常の授業が再開されました。 山形県立山形西高等学校は、2023年(令和5年)に創立145周年を迎えます。長い歴史と伝統を誇る山形県立山形西高等学校は、これからも地域に根ざした教育活動を展開していくことでしょう。
モノの名前

岐阜の伝統工芸品「山田焼」の魅力

山田焼の歴史と特徴 山田焼は、岐阜県東濃地方で生産される陶磁器です。その歴史は古く、室町時代にまでさかのぼることができます。当時、この地域には美濃焼の窯元が多く、山田焼はその流れを汲んでいます。山田焼の特徴は、その素朴で温かみのある風合いです。また、山田焼の釉薬は独特の光沢と透明感があり、見る人を魅了します。山田焼は、食器や花瓶、置物など、さまざまな用途に使用されています。その素朴な美しさは、多くの人々に愛されています。 山田焼の釉薬は、主に鉄分を含む長石を原料として作られています。この釉薬を陶器に施し、約1,250度の高温で焼成すると、独特の光沢と透明感が出ます。山田焼の素朴な美しさは、この釉薬によってもたらされています。山田焼は、主に食器や花瓶、置物など、さまざまな用途に使用されています。その素朴な美しさは、多くの人々に愛されています。
モノの名前

「薬用 SG-EX」の魅力

ナリス化粧品の男性用ヘアケア用品ブランド「薬用 SG-EX」は、男性の髪と頭皮の健康を考えた商品展開を行っています。薬用成分として、フケやかゆみなどの頭皮トラブルを防ぐピリドキシン塩酸塩や、頭皮の血行を促進し、毛髪を健やかに保つセンブリエキスなどを配合しています。また、髪にハリコシを与え、スタイリングをしやすいように整えてくれる成分も配合しており、髪質が気になる方にもおすすめです。 「薬用 SG-EX」は、シャンプーだけでなく、コンディショナーや育毛剤などの商品もラインナップされています。シャンプーは、頭皮をすっきりと洗い上げるタイプや、髪に潤いを与えてくれるタイプなど、さまざまな種類が用意されています。コンディショナーは、髪を柔らかく仕上げてくれるタイプや、髪にボリュームを与えてくれるタイプなどがあります。育毛剤は、頭皮環境を整えて、毛髪の成長を促す効果が期待できます。