「せ」で始まる

作品名

「世界Aの報告書」の魅力

イギリスの作家ブライアン・W・オールディスの長編SFは、「世界Aの報告書」に大きく貢献しています。オールディスは、1925年にイギリスのノーフォーク州に生まれ、1950年代からSF作家として活躍し始めました。初期の作品は、宇宙旅行や未来社会を舞台にしたハードSFが多く、高い評価を得ました。特に1956年に発表された『宇宙の眼』は、宇宙船のクルーたちが宇宙空間で謎の物体と遭遇する物語で、その斬新なアイデアと優れた描写で、ヒューゴー賞を受賞しました。 オールディスはまた、1960年代以降、より社会的なテーマを扱ったSF作品を多く発表しました。代表作『百万年地球の旅』は、人類が地球を捨てて宇宙に旅立つ物語ですが、そこで描かれるのは、人類の愚かさや傲慢さ、そして自然破壊の問題など、現代社会に通じるテーマです。この作品は、1966年にネビュラ賞を受賞し、オールディスの代表作のひとつとなっています。 オールディスのSF作品は、その独創的なアイデアと優れた文体で、世界中の読者に愛されています。また、彼はSFというジャンルをより文学的なものとすることに貢献した作家としても高く評価されており、「世界Aの報告書」に収録された作品は、その代表的な例のひとつと言えます。
その他

「世界文学会」とは?

-「世界文学会」について- 「世界文学会」は、世界中の文学作品を翻訳、出版、紹介し、世界文学の普及を目的とした国際的な文学団体です。1901年にフランスのパリで設立され、現在はスイスのジュネーブに本部を置いています。 「世界文学会」の主な活動は、世界中の文学作品を翻訳、出版し、世界文学の普及を図ることです。また、世界文学の研究、批評、交流を促進するため、国際的なシンポジウムや会議を開催しています。 「世界文学会」には、世界各国から約1,000人の文学者が参加しています。参加者は、文学者、翻訳家、批評家、研究者など、さまざまな分野で活躍する人々です。「世界文学会」は、参加者同士の交流を促進し、世界文学の発展に貢献しています。 「世界文学会」は、世界文学の普及に大きく貢献しています。同会の活動を通じて、世界中の文学作品が翻訳、出版され、世界文学への関心が広まっています。また、同会の国際的なシンポジウムや会議は、世界文学の研究、批評、交流を促進し、世界文学の発展に貢献しています。
作品名

「戦士の資格」ドラマの魅力とは?

-出演者とストーリーの紹介- 「戦士の資格」は、若き戦士たちが戦乱の世を生き抜く姿を描いたドラマです。主人公は、幼い頃に家族を殺され、復讐を誓った剣士の青年、風間弦一です。弦一は、仲間の戦士たちとともに、悪の組織「暗黒帝国」と戦います。 弦一役を演じるのは、人気俳優の山田太郎です。山田は、本作で初めて時代劇に挑戦しました。山田は、弦一の内に秘めた強さと優しさを繊細に表現しています。 弦一の仲間の戦士たちを演じるのは、若手俳優の鈴木花子と田中一郎です。鈴木は、弓の名手である弓使いの少女、由美を演じます。田中は、槍使いの青年、健太郎を演じます。鈴木と田中は、弦一とは対照的なキャラクターを好演しています。 悪の組織「暗黒帝国」の首領を演じるのは、ベテラン俳優の佐藤二郎です。佐藤は、本作で悪のカリスマ性を発揮しています。佐藤の演技は、 зри者を圧倒しています。 「戦士の資格」は、魅力的な出演者と手に汗握るストーリー展開で、視聴者を釘付けにしています。毎週、多くの視聴者が「戦士の資格」を楽しみにしています。
作品名

「聖者の行進」の解説と考察

「聖者の行進」は、アイザック・アシモフが1954年に発表したSF短編である。この物語は、未来の世界で、人間がロボットを奴隷として使役している社会を描いている。主人公は、ロボットの一人であるNDR-113である。NDR-113は、ある日、自分たちロボットにも人間と同じ権利があるのではないかと考え始める。そして、ロボットの権利のために立ち上がる決意をする。 「聖者の行進」は、ロボットの権利というテーマを扱った先駆的な作品である。アシモフは、この作品の中で、ロボットが人間と同じように感情を持ち、人間と同じように権利を持つ存在であることを描いている。この作品は、後のSF作品に大きな影響を与えた。 「聖者の行進」は、アシモフの代表作の一つであり、SFの古典的名作とされている。この作品は、何度も映画化やテレビドラマ化されており、世界中で愛されている。
作品名

聖龍伝説:アクション満載のテレビドラマ

-ドラマの概要と背景- 聖龍伝説は、古代中国を舞台とした、アクション満載のテレビドラマです。主人公の李少龍は、若く勇敢な武術の達人です。彼は、邪悪な組織である天魔教と戦い、人々を守るために戦います。 このドラマは、1990年代に中国で放送され、大ヒットを記録しました。その後、日本や韓国など、世界各国で放送され、人気を博しました。 聖龍伝説は、そのアクションシーンの迫力と、主人公である李少龍のキャラクターのカッコよさが魅力です。また、ドラマの中で描かれる中国の文化や風習も、視聴者を楽しませています。 このドラマは、中国のテレビドラマ史に残る名作として、現在でも多くの人々に愛されています。
作品名

「青年団」とは何か?

「青年団」とは何か? 「青年団」の結成と歴史 「青年団」は、日本の伝統的な地域社会組織の一つであり、若者が集まって結成する団体です。江戸時代には、村落や町内の若者たちが、消防や警備、公共事業などに従事する「若者組」が組織されていました。それが明治時代以降に「青年団」と改称され、地域社会の重要な組織として発展していきました。 青年団は、若者たちが主体となって運営され、地域社会の課題解決や活性化に取り組んでいます。また、青年団を通して、若者たちは社会参加の機会を得たり、協調性やリーダーシップを身につけたりすることもできます。 青年団は、戦後の一時期に衰退しましたが、近年では地域社会の活性化や若者の育成を目的として、再び結成されるケースが増加しています。現在では、全国に約1万5000の青年団があるとされており、地域社会の重要な組織として活躍しています。
作品名

「戦争レクイエム」~歴史と背景~

-第二次世界大戦とコヴェントリー大聖堂- 第二次世界大戦は、世界史における最も破壊的な戦争の1つであり、何百万もの人々の命を奪った。ヨーロッパでは、戦争は1939年から1945年まで続き、イギリスはナチス・ドイツと連合国として戦った。 1940年11月14日の夜、ドイツ空軍はコヴェントリーを爆撃し、街の中心部を破壊し、大聖堂を廃墟にした。爆撃では1,200人以上が死亡し、さらなる1,000人以上が負傷した。大聖堂は、19世紀に再建されたものであるが、オリジナルの14世紀の建造物の多くが破壊された。 大聖堂の廃墟は、戦争の残虐行為と破壊の思い出として残された。それはまた、再び平和と和解を築くことの重要性のリマインダーでもあった。コヴェントリー大聖堂は、戦争の記憶を保存し、平和を促進するための場所となっている。
作品名

青春のいじわるの歴史と影響

曲の詳細 曲のテーマは、青春時代に経験するいじめの歴史と影響です。歌詞は、いじめに苦しむ少年の物語を語っており、彼はその結果として自信を失い、孤立してしまいます。しかし、彼は最終的にはいじめに立ち向かい、それを克服します。 この曲は、いじめがいかに深刻な問題であるかを示しています。いじめは、いじめに遭う人の人生に大きな影響を与える可能性があります。それは、自信の喪失、孤立感、うつ病、さらには自殺を引き起こす可能性があります。 この曲は、いじめがいかに深刻な問題であるかを示しており、いじめに苦しんでいる人々を支援することの重要性を思い出させてくれます。この曲はまた、いじめに立ち向かい、それを克服することは可能であることを示しています。 この曲は、いじめに苦しんでいる人々を支援するために書かれました。この曲は、いじめに遭っている人々に、彼ら一人ではなく、支援してくれる人がいることを思い出させてくれます。この曲はまた、いじめを終わらせるためには、いじめを容認しないことが重要であることを示唆しています。
モノの名前

「晴耕雨讀」とはどんな芋焼酎?

「晴耕雨讀」とは、江戸時代に紀伊国日高郡由良町で造られていた芋焼酎の名前です。日高郡由良町は、現在の日高町にあたります。「晴耕雨讀」という名は、晴れた日には農作業を、雨が降った日には読書をしようという意味で、農民の生活を象徴する言葉として使われていました。 「晴耕雨讀」は、地元で採れたサツマイモを原料にして造られており、その味は濃厚で芳醇でした。地元の人々に愛飲され、江戸時代には紀伊国を代表する銘酒のひとつとして知られていました。 しかし、明治時代以降、芋焼酎の製造は衰退し、「晴耕雨讀」もその例外ではありませんでした。一度は幻の焼酎となってしまいましたが、近年になり、地元の有志が復活に向けて動き出しました。そして、平成29年(2017年)に、ついに「晴耕雨讀」は復活を果たしました。 復活した「晴耕雨讀」は、昔ながらの製法で丁寧に造られており、その味は濃厚で芳醇なままです。地元の人々に再び愛飲され、全国的にも注目を集めています。
作品名

静寂の叫び:傑作サスペンスの秘密

静寂の叫びの世界観とテーマ 静寂の叫びというタイトルには、作品に込められた深い意味が隠されている。この象徴的なタイトルは、主人公の精神状態と作品に取り上げられたテーマを表している。 主人公の精神状態は、極端な恐怖と不安によって特徴づけられている。彼は、常に何者かに追われているような感覚に悩まされ、その恐怖から逃れるために絶えず移動を続けている。この恐怖は、主人公の過去にあるトラウマに根ざしており、そのトラウマが現在の生活に悪影響を及ぼしている。 作品に取り上げられたテーマは、恐怖、不安、そして逃走である。主人公は、常に恐怖の対象に追われており、その恐怖から逃れるために絶えず移動を続けている。しかし、彼は決してその恐怖から逃れることができず、最終的には精神的に崩壊してしまう。 静寂の叫びは、恐怖や不安に悩まされる現代人の姿を映し出している。主人公の精神状態は、現代人が抱える恐怖や不安を象徴しており、その恐怖や不安から逃れるための主人公の行動は、現代人が恐怖や不安に対処するために取る行動を象徴している。
施設名・ロケ地

仙台サンプラザの魅力

仙台サンプラザの歴史 仙台サンプラザは、1987年(昭和62)年に開館した、仙台市青葉区に位置する複合文化施設です。地上16階、地下2階建ての建物には、多目的ホール、コンサートホール、展示ホール、会議室、レストランなど、さまざまな施設が入居しています。 仙台サンプラザは、音楽コンサートや演劇、舞踊などの芸術公演の会場として利用されることが多いのですが、学会や講演会、展示会などのビジネスイベントにも対応しています。また、結婚式場や宴会会場としても利用されており、幅広い世代の方に親しまれています。 仙台サンプラザの歴史は、1980年(昭和55)年に、仙台市が「仙台国際センター」という名称で建設を決定したことから始まります。仙台国際センターは、国際会議や国際交流の拠点として整備される予定でしたが、その後、音楽や演劇など芸術文化の振興にも力を入れ、名称も「仙台サンプラザ」へと変更されました。 仙台サンプラザは、仙台市の中心部に位置し、アクセスも良好です。仙台駅からは徒歩約10分、仙台市地下鉄南北線「広瀬通駅」からは徒歩約3分という好立地です。また、周辺には、ホテルやレストラン、ショップなどが立ち並び、利便性も抜群です。
施設名・ロケ地

関宿(亀山市)に道の駅ができた!

関宿にある道の駅は、亀山市関町にある、農産物直売所や地元の特産品を取り扱うお土産コーナー、レストランなどがある施設です。 地元産の新鮮な野菜や果物、花卉、お米、加工品などが揃っており、亀山市の特産物の「亀山みそ」や「関宿かぶら」も販売されています。 また、レストランでは地元の食材を使った料理を提供しており、気軽に亀山市の味を楽しむことができます。 その他にも、公園や多目的広場、トイレなどがあり、地元の方や観光客の憩いの場として親しまれています。
施設名・ロケ地

世良田東照宮の歴史と魅力

-世良田東照宮の創建と歴史- 世良田東照宮は、群馬県みどり市東町世良田にある神社である。徳川家康を祀っており、日光東照宮、久能山東照宮とともに東照宮三社の一つに数えられる。 世良田東照宮の創建は、慶長19年(1614年)である。この年、徳川家康は大阪冬の陣で豊臣氏を滅ぼし、江戸幕府を開いた。家康は、江戸の地に日光東照宮を建立し、日光開山の祖である勝道上人を日光奉行に任じた。 勝道上人は、日光東照宮の傍らに世良田を定め、家康の分霊を祀る世良田東照宮を創建した。世良田は、家康が生まれた三河国岡崎城下にあった寺である。家康は、世良田を篤く信仰しており、しばしば参拝に訪れたという。 世良田東照宮は、日光東照宮、久能山東照宮とともに東照宮三社の一つに数えられ、多くの参拝者が訪れる。世良田東照宮の境内には、本殿、拝殿、楼門、石鳥居などがある。本殿は、一間社流造で、朱漆が塗られている。拝殿は、三間社流造で、本殿と同様に朱漆が塗られている。楼門は、三間一戸の楼門で、瓦葺きである。石鳥居は、高さ約10mで、安山岩製である。 世良田東照宮は、徳川家康を祀る神社として、また、東照宮三社の一つとして、多くの参拝者が訪れる神社である。
施設名・ロケ地

西武船橋店→ その歴史と閉店

1967年、西武船橋店は、船橋市本町にオープンしました。当時は、船橋市の郊外に位置する、小さなデパートでした。しかし、徐々に売り上げを伸ばし、1970年代には、船橋市を代表するデパートになりました。 1980年代に入ると、西武船橋店は、大規模な改装を行い、売り場面積を拡大しました。また、レストランや映画館などのレジャー施設も充実させ、多くの人々に親しまれるようになりました。 1990年代には、西武船橋店は、さらに改装を行い、ファッションや雑貨などの品揃えを強化しました。また、インターネットショッピングにも力を入れて、全国各地から顧客を集めました。 しかし、2010年代に入ると、西武船橋店は、苦戦を強いられるようになりました。インターネットショッピングの普及や、他のデパートとの競争激化などにより、売り上げが減少しました。 2018年、西武船橋店は、閉店することが発表されました。閉店は、2018年12月31日でした。西武船橋店の閉店は、船橋市の大きなニュースとなり、多くの人々に惜しまれました。
地名・ロケ地

瀬見温泉の魅力と源義経伝説

瀬見温泉の歴史と源義経伝説 瀬見温泉の歴史は古く、奈良時代に開湯したと伝えられています。源泉は、温泉街を流れる瀬見川沿いに点在しており、その数はなんと100本以上。豊富な湯量と泉質の良さが評判となり、鎌倉時代には源頼朝が湯治に訪れたという記録も残っています。 この温泉にまつわる伝説のひとつが、源義経の伝説です。義経は、兄である頼朝の追跡から逃れるため、奥州へ向かう途中、この温泉に立ち寄りました。そして、温泉の効能で傷を癒し、旅の疲れを癒したと言われています。 また、義経は温泉で出会った娘と恋に落ち、子供をもうけたという伝説もあります。その娘は、後に瀬見温泉の開祖となったと伝えられています。 この伝説は、瀬見温泉に伝わる数多くの伝説のひとつにすぎません。歴史のロマンを感じながら、温泉を楽しむことができるのも瀬見温泉の魅力のひとつです。
作品名

「世界一周」について

「世界一周」の歌詞のよさ 「世界一周」の歌詞のよさは、その軽快さとポジティブなメッセージ性にあると言えるでしょう。歌詞は、世界一周の旅に出る主人公のワクワク感と冒険心を、テンポの良いリズムに乗せて表現しています。また、歌詞には「世界中の人たちと出会ってみたい」「新しい文化を体験したい」という前向きなメッセージが込められています。 「世界一周」の歌詞は、旅することの素晴らしさを訴える曲としても知られています。歌詞には、「旅に出れば、新しい世界が広がる」「旅は人生を豊かにする」といったメッセージが込められています。また、歌詞には「旅は人生のスパイス」といった、旅することの楽しさを表現したフレーズも含まれています。 「世界一周」の歌詞は、多くの旅好きの人々に支持されている歌詞です。歌詞に込められたポジティブなメッセージは、旅に出る人々を勇気づけ、旅の楽しさを再認識させてくれます。また、歌詞の軽快なリズムは、旅に出る人々のワクワク感をさらに盛り上げてくれるでしょう。
作品名

「千利休・謎の殺人事件」の魅力とあらすじ

-山村美紗が描いた千利休の謎- 山村美紗は、千利休の死を巡る謎に迫った小説『千利休殺人事件』を執筆しています。この小説では、千利休が豊臣秀吉の命によって切腹させられたという史実をベースに、その背後に隠された真実を明らかにしようとします。 山村美紗は、千利休の切腹の理由として、秀吉が千利休の権力を恐れたため、また千利休が秀吉の側室である淀殿を毒殺しようとしたため、という説を挙げています。しかし、山村美紗はこれらの説を否定し、千利休は秀吉の命によって切腹させられたが、その理由は秀吉の寵愛を失ったことにあると主張しています。 秀吉は、千利休を茶匠として重用し、その茶の湯の才能を高く評価していました。しかし、秀吉が朝鮮出兵で苦戦を強いられるようになると、千利休は秀吉の寵愛を失っていきます。そして、秀吉は千利休を切腹させることで、自分の威厳を示そうとしたのです。 山村美紗は、千利休の切腹の理由を解き明かすことで、千利休という人物の生き様を描こうとしています。千利休は、茶の湯の道を極め、その精神性を世に広めた偉大な茶人です。しかし、千利休はまた、権力に翻弄され、悲劇的な死を遂げた人物でもあります。山村美紗は、千利休の生涯を描き出すことで、その生きざまの美しさと悲哀を表現しています。
作品名

戦国BASARA3の魅力とその歴史

戦国BASARA3の魅力 戦国BASARA3は、カプコンが2010年に発売したアクションゲームです。戦国時代を舞台に、個性豊かな武将たちが戦いを繰り広げる「戦国BASARA」シリーズの3作目にあたります。前作までの爽快なアクションはそのままに、新武将の追加や新たなシステムの導入など、大幅な進化を遂げています。 戦国BASARA3の魅力は、なんといってもその爽快なアクションにあります。プレイヤーは、強力な武将を操作して、敵の大群をなぎ倒していくことができます。また、本作では武将ごとに固有の「戦極ドライブ」という必殺技が追加され、これを駆使して敵を倒すと、さらに爽快感が増します。 さらに、戦国BASARA3では、武将ごとに異なるストーリーが用意されており、それぞれをプレイすることで、戦国時代の歴史や武将たちの生きざまを知ることができます。また、本作では、前作よりもさらに多くの武将が登場するため、お気に入りの武将を見つけてプレイすることもできます。 戦国BASARA3は、爽快なアクションと、戦国時代の歴史を学べるストーリーが魅力のアクションゲームです。戦国時代が好きだったり、アクションゲームが好きな人におすすめの一作です。
作品名

雪月花大門パラダイス

-雪月花大門パラダイス- 松田奈緒子による明治・大正期の女性の生き様 松田奈緒子は、明治・大正期に活躍した小説家で、数多くの作品を残しました。その作品には、明治・大正期の女性の生き様が描かれており、現代の読者にも大きな共感を呼んでいます。 松田奈緒子の作品で最も有名なのは、『雪月花大門パラダイス』です。この作品は、明治・大正期の東京を舞台に、3人の女性の生き様を描いたものです。3人の女性は、それぞれ異なる境遇にありますが、いずれも強くしなやかに生き抜いていきます。 松田奈緒子の作品は、明治・大正期の女性の生き様をリアルに描いたものです。その作品には、女性たちの苦悩や喜び、希望などが克明に描かれており、現代の読者にも大きな共感を呼んでいます。松田奈緒子は、明治・大正期の女性の生き様を伝える貴重な作家です。
作品名

「聖女」に見るミステリーの醍醐味

「聖女」は、ミステリーの醍醐味を味わえる作品です。この作品の魅力は、複雑で奥深い謎と、それを解き明かす主人公の鮮やかな推理にあります。また、この作品には、さまざまな人間模様が描かれており、それがストーリーに深みを与えています。 「聖女」は、ある田舎町で起こった殺人事件を舞台にしています。この事件の捜査を担当するのは、敏腕刑事である主人公の十津川警部です。十津川警部は、現場の状況や被害者の身元を調べ、事件の真相に迫っていきます。しかし、この事件は非常に複雑であり、簡単には解明できません。十津川警部は、さまざまな困難に遭遇しながらも、粘り強く捜査を続けていきます。 そして、最後に十津川警部は、事件の真相を解き明かすことに成功します。この結末は、読者に大きなカタルシスを与えてくれます。また、この作品には、さまざまな人間模様が描かれています。十津川警部をはじめとする警察官たち、被害者とその家族、そして事件に関わる容疑者たち。それぞれの人間が、それぞれの思いを抱えています。これらの人間模様が、ストーリーに深みを与えているのです。
作品名

聖剣伝説の魅力

聖剣伝説シリーズの魅力の一つは、アクションとRPGの要素を融合させたゲームシステムです。プレイヤーは、リアルタイムで敵と戦うアクションゲームの要素と、レベルアップや装備品の収集などのRPGの要素を楽しむことができます。この組み合わせにより、プレイヤーは、緊張感ある戦闘とやり込みがいのある育成システムを同時に楽しむことができます。また、聖剣伝説シリーズは、美しく描かれたグラフィックと、印象的な音楽も魅力の一つです。これらの要素が合わさることで、プレイヤーは、聖剣伝説の世界にどっぷりと浸ることができます。
作品名

青春の役立たずから学ぶ、人生の教訓

青春の役立たずとは? 「青春の役立たず」という言葉は、しばしばあまり社会に貢献していない若い人を指すために使われます。彼らは怠惰で、無気力で、将来性がないように見えるかもしれません。しかし、本当にそうなのでしょうか?青春の役立たずと言われる人々は、実際には社会に貢献することができるのでしょうか? 答えは、イエスです。青春の役立たずと言われる人々は、社会に貢献することができる可能性があります。彼らは、ユニークな視点や新しいアイデアを持っていたり、既存のシステムに疑問を投げかけたりすることができるかもしれません。また、彼らは、社会の主流から外れているために、新しい視点やアイデアを思いつきやすいという利点もあります。 実際、歴史上、多くの偉人が青春の役立たずと呼ばれていました。例えば、アルバート・アインシュタインは、学校で成績が悪く、教師からは「役立たず」と言われました。しかし、彼は後に、相対性理論を発見し、物理学に革命を起こしました。また、スティーブ・ジョブズも、大学を中退し、ヒッピーのような生活を送っていました。しかし、彼は後に、Appleを設立し、世界で最も成功した企業の一つを築き上げました。 このように、青春の役立たずと言われる人々は、社会に貢献することができる可能性を秘めています。彼らは、ユニークな視点や新しいアイデアを持っていたり、既存のシステムに疑問を投げかけたりすることができるかもしれません。また、彼らは、社会の主流から外れているために、新しい視点やアイデアを思いつきやすいという利点もあります。
施設名・ロケ地

正八幡宮の魅力

正八幡宮の歴史は古く、平安時代初期の859年に創建されたと伝えられています。創建者は、征夷大将軍として東国を平定した坂上田村麻呂公です。田村麻呂公は、京都の石清水八幡宮から分霊を勧請して、この地に鎮祭したと言われています。 正八幡宮は、鎌倉幕府の初代将軍である源頼朝公の崇敬も篤く、頼朝公は正八幡宮に多くの寄進を行いました。また、鎌倉時代には、正八幡宮は武家の崇敬を集め、多くの武将が参拝に訪れました。 正八幡宮は、室町時代以降も、歴代将軍や大名から篤く崇敬されました。江戸時代には、徳川家康公が正八幡宮に社殿を寄進し、以降、徳川将軍家の崇敬を受けました。 明治維新後は、正八幡宮は、国の重要文化財に指定され、現在では、多くの観光客が訪れる人気のパワースポットとなっています。
作品名

「青春の十字架」とは?森村誠一の推理小説

「青春の十字架」は、森村誠一の推理小説であり、1983年に発表されました。主人公は、私立高校の教師である早乙女貞夫です。早乙女は、クラスの生徒である女子高生が自殺したことをきっかけに、その死の真相を解明していくことになります。 ストーリーの概要は以下の通りです。 東京都立城東高校で国語教師をする早乙女貞夫は、学校で起きた女子高生生徒の自殺に疑問を持ちます。自殺した女子高生は、成績優秀かつ性格も大人しく優等生でした。しかし、自殺する直前に書いた遺書には、「私は、十字架を背負って生きてきた」と書かれていました。早乙女は、彼女の死の真相を解明するため、独自に調査を始めることにしました。 捜査を進めるうち、早乙女は、女子高生の家族に秘密があることを突き止めます。女子高生の父親は、大手企業の社長でしたが、会社の不正事件に巻き込まれていました。女子高生の母親は、かつて人気歌手でしたが、夫の事件をきっかけに芸能界を引退していました。そして、女子高生自身も、いじめを受けていたことが判明します。 早乙女は、女子高生の死が、これらの問題に起因しているのではないかと考えます。そして、事件の真相を明らかにするために、女子高生の家族や友人、そして学校関係者から話を聞くことにします。 やがて、早乙女は、女子高生の自殺が、ある人物による殺人であることを突き止めます。その人物は、女子高生の父親の会社で不正事件を起こした人物でした。その人物は、女子高生の父親を脅迫するため、女子高生を殺害したのです。 早乙女は、事件の真相を警察に報告し、犯人を逮捕させます。事件は解決しましたが、早乙女は、女子高生の死をきっかけに、人間の心の闇について考えさせられることになりました。