その他

その他

「トット」脱走劇の舞台裏

大見出し「「トット」脱走劇の舞台裏」の下に作られた小見出し「「トット」、その出自とキャラクター」 「トット」こと戸塚宏は、1949年2月11日に愛知県名古屋市に生まれた。父親は会社員、母親は専業主婦で、戸塚宏は一人っ子であった。幼少期は人見知りが激しく、内向的な性格であったという。中学時代には、いじめを受け、不登校になったこともあった。 その後、高校進学を機に転校し、新しい環境で友達を作り、性格も明るくなった。大学卒業後は、大手企業に就職し、順風満帆な人生を歩んでいた。しかし、2007年に突然、「トット」として脱獄犯となり、世間を騒がせた。 脱獄の動機については、「自由を求めたかった」と語っている。また、「刑務所の中で、人間として扱われなかった」とも語っている。「トット」は、脱獄後、2年間逃亡生活を送った。その間、全国各地を転々とし、様々なアルバイトをして生計を立てていたという。 2009年、警察に逮捕され、刑務所に戻った。「トット」は、現在、服役中であり、出所は2027年を予定している。
その他

日本医療小説大賞とは?歴史や賞金について

日本医療小説大賞の歴史 日本医療小説大賞は、2007年に創設された文学賞です。医療をテーマにした小説を対象としており、選考委員は医療界や文学界の専門家によって構成されています。受賞作品は、毎年12月に発表されます。 日本医療小説大賞は、医療小説の質を高め、医療に関する知識の普及を目的として設立されました。また、医療従事者のモチベーションを高め、医療界の発展に貢献することも目指しています。 日本医療小説大賞には、大賞、優秀賞、特別賞の3つの賞が設けられています。大賞の賞金は100万円、優秀賞の賞金は50万円、特別賞の賞金は30万円です。 日本医療小説大賞は、医療小説の登竜門として知られており、受賞作品は多くの読者から愛されています。また、日本医療小説大賞をきっかけに、医療小説が注目されるようになり、医療小説の出版点数は年々増加しています。 日本医療小説大賞は、医療小説の質を高め、医療に関する知識の普及に貢献しています。また、医療従事者のモチベーションを高め、医療界の発展に貢献しています。
その他

ムーとは?世界の謎と不思議を解き明かす雑誌

ムーの歴史と発行元 ムーという名前は、古代文明のひとつとされるムから来ており、1979年に創刊された雑誌です。発行元は株式会社学研プラスで、月刊誌として発行されています。創刊時の編集長は三上丈晴で、彼は雑誌のコンセプトを「世界の謎と不思議を解き明かす」としました。ムーは、その名の通り、超常現象や未確認飛行物体(UFO)、古代文明など、世界の謎や不思議を扱った記事を掲載する雑誌です。また、心霊体験やオカルトなどの記事も掲載されています。 ムーは、創刊当初から大きな人気を集め、発行部数は100万部を超えました。しかし、1980年代に入ると、発行部数は減少傾向に転じました。これは、超常現象やUFOなどの話題が少なくなったことや、オカルトブームが下火になったことなどが原因だと考えられます。しかし、ムーはその後も発行を続け、現在でも根強い人気を誇っています。
その他

ええじゃないかとよはし映画祭とは?魅力や見どころをご紹介

開催概要と映画祭の歴史 ええじゃないかとよはし映画祭は、愛知県豊橋市を舞台に開催される映画祭です。1998年に「ええじゃないか豊橋フェスティバル」の中で「映画部門」として始まり、2001年に独立して開催されるようになりました。 映画祭の開催期間は毎年10月頃で、コンペティション部門と一般部門の2部門に分かれています。コンペティション部門では、国内外から応募された短編映画や長編映画の上映が行われ、審査員によって最優秀賞や監督賞など各賞が贈られます。一般部門では、話題作や名作をはじめ、豊橋市にゆかりのある作品など幅広い映画が上映されます。 映画祭の会場は、豊橋市民文化会館や豊橋市公会堂など、市内の様々な施設を利用しています。また、豊橋市内の飲食店や商店では、映画祭期間中に特別メニューや割引サービスを提供したり、映画にちなんだイベントを開催したりするなど、映画祭を盛り上げる工夫がされています。 ええじゃないかとよはし映画祭は、豊橋市を代表する文化イベントとして定着しており、毎年多くの映画ファンが来場しています。映画祭を通じて、豊橋市の魅力を全国に発信し、地域活性化に貢献することを目指しています。
その他

「自遊人」でシニアライフを満喫!

「自遊人」とは、自由な時間を謳歌するシニアのことを指します。定年退職後、セカンドライフをアクティブに過ごす人が増えるにつれ、この言葉が広まってきました。「自遊人」は、老後を自宅で過ごすのではなく、旅行や趣味、ボランティア活動など、さまざまなことに挑戦するシニアのことです。 「自遊人」のライフスタイルは、シニアの健康や生き方に良い影響を与えます。旅行や趣味に打ち込むことで、心身ともにリフレッシュすることができます。新しいことに挑戦することで、脳を活性化し、認知症予防にもつながります。また、ボランティア活動に参加することで、社会貢献ができ、生きがいを見つけることができます。
その他

9月9日は「手巻寿司の日」!お手軽でおいしい手巻寿司で家族団らん♪

手巻寿司の歴史と起源 手巻寿司は、江戸時代後期に誕生した日本の伝統料理です。寿司屋の親方が、客の食べ残しのネタを酢飯にのせて海苔で巻いて食べたのが始まりとされています。その後、庶民の間にも広まり、現在では家庭でもよく作られるようになりました。 手巻寿司は、ネタも寿司飯も簡単に用意できるので、とても手軽な料理です。また、海苔の代わりに餃子の皮や春巻きの皮を使ったり、具材をアレンジしたりと、自分好みにカスタマイズできるのも魅力のひとつです。 手巻寿司は、家族団らんの食卓にもぴったりです。みんなでネタや寿司飯を巻いてワイワイ言いながら食べると、とても楽しい時間を過ごすことができます。また、手巻寿司は持ち運びにも便利なので、ピクニックやお花見にも最適です。 手巻寿司の歴史は古く、江戸時代後期から親しまれてきた料理です。手軽に作れてアレンジも自由自在な手巻寿司は、今もなお多くの人に愛され続けています。
その他

歴史と魅力!発光路の強飯式とは?

発光路の強飯式の歴史と文化的背景 発光路の強飯式は、愛媛県南宇和郡愛南町に伝わる伝統的な行事です。その歴史は古く、平安時代末期にまでさかのぼると言われています。源平合戦の際に、平家が壇ノ浦の戦いで敗れた後、平家の落人がこの地に流れ着き、強飯式を伝えたのが始まりとされています。 発光路の強飯式は、毎年旧暦1月15日に行われます。この日の朝、各家庭では強飯と呼ばれるもち米の炊き込みご飯を作ります。強飯には、小豆、黒豆、栗、椎茸などが入っており、とても縁起の良い食べ物とされています。 強飯ができあがると、各家庭の男性がそれを担いで発光路の神社に集まります。神社では、神主が祝詞を上げ、強飯が奉納されます。強飯を奉納した後、参拝者は強飯を家に持ち帰り、家族や親戚と一緒に食べます。 発光路の強飯式は、五穀豊穣や家内安全を祈願する行事です。また、この行事は、平家の落人の子孫が先祖を供養するために始めたものとも伝えられています。発光路の強飯式は、この地域の大切な伝統行事であり、毎年多くの人々が参加しています。
その他

「焼肉の日」で焼肉を堪能しよう!

焼肉の日の歴史と由来 焼肉の日は、1993年(平成5年)に全国焼肉協会が制定した記念日です。日付は、8月29日(よくやく)で、これは「焼肉を、よくやく食べることができる日」という意味が込められています。焼肉は、古代から日本に伝わる伝統的な料理であり、古くは「焼き肉」ではなく「焼き物」と呼ばれていました。江戸時代になると、焼肉は庶民の間でも親しまれるようになり、現在のような焼肉店が登場しました。明治時代以降、焼肉は日本全国に広まり、今では国民食のひとつとして愛されています。
その他

茶鯉の特徴と魅力

-茶鯉の起源と歴史- 茶鯉の起源は、今から約1000年前の中国に遡ります。当時、中国では鯉を食用や観賞用に飼育しており、その中でも特に赤い鯉が珍重されていました。ある時、中国の皇帝が赤い鯉を飼育していたところ、突然変異で茶色の鯉が誕生しました。この茶色の鯉は、その珍しい色合いから皇帝に大変気に入られ、宮廷で大切に飼育されるようになりました。 その後、茶鯉は中国から日本に伝来し、日本でも観賞魚として広く親しまれるようになりました。日本でも、茶鯉は赤い鯉と同じく縁起の良い魚とされ、家や店舗の池などに飼育されるようになりました。また、茶鯉は病気になりにくく、丈夫なことから、初心者向け観賞魚としても人気があります。 現在では、茶鯉は中国と日本だけでなく、世界各地で飼育されています。その美しい色合いと丈夫さで、多くの人々に愛されています。
その他

日本薬剤学会について

-日本薬剤学会の設立と目的- 日本薬剤学会は、1928年に設立された薬学の専門学会です。設立の目的は、薬学の進歩と発展を図り、薬剤師の資質向上と薬学教育の充実を図ることです。日本薬剤学会は、現在では日本薬学会に次いで、薬学の分野で最も歴史のある学会となっています。 日本薬剤学会は、薬剤学、薬理学、製薬学、薬物動態学、薬物分析化学、薬物代謝学、薬物毒性学、薬物治療学など、薬学の幅広い分野をカバーしています。日本薬剤学会は、年次大会、学術雑誌の発行、研究助成など、様々な活動を行っています。 日本薬剤学会は、薬学の進歩と発展に大きな貢献をしてきました。日本薬剤学会の設立は、日本の薬学の発展に大きな影響を与えました。日本薬剤学会は、今後も薬学の進歩と発展に貢献していくことが期待されています。
その他

S Cawaii! → ギャル系ファッション誌の魅力

S Cawaii!は、ギャル系ファッション雑誌の代表格として、長年多くの読者に愛されてきました。そのファッションスタイルは、自由奔放でガーリーなテイストが特徴です。 S Cawaii!のファッションスタイルの大きな特徴は、なんといってもそのカラフルさです。原色やパステルカラーなど、さまざまな色を組み合わせたコーディネートが定番で、見ているだけで元気をもらえるようなスタイルです。また、リボンやレースなどのガーリーなアイテムを多く取り入れているのもポイントです。 S Cawaii!のファッションスタイルは、その自由奔放さも魅力のひとつです。決まったルールにとらわれず、自分の好きなものを組み合わせてコーディネートするのがS Cawaii!流。そのため、他人とかぶってしまう心配がなく、自分らしさを表現しやすいファッションスタイルといえます。 S Cawaii!のファッションスタイルは、若い女性を中心に多くの読者に支持されています。その理由は、S Cawaii!のファッションスタイルが、元気でガーリーで自由奔放で、自分の好きなものを表現しやすいスタイルだからです。S Cawaii!のファッションスタイルは、これからも多くの読者に愛され続けるでしょう。
その他

「たににゃん」とは?滋賀県彦根市のゆるキャラの魅力

たににゃんの誕生秘話は、彦根城築城400年祭を契機とするものです。2007年頃、彦根市の職員数名が、地元の彦根城をモチーフにしたマスコットキャラクターの作成を提案しました。この提案は、市が伝統的な城下町の雰囲気を保存し、観光促進や地域活性化に貢献することを目的としていました。 キャラクターのデザインは、彦根市内のデザイナーやイラストレーター数名によって行われました。当初の案は、彦根城のシンボルである天守閣をモチーフにしたものでしたが、より親しみやすく、子供たちにも人気のあるキャラクターにするために、猫をモチーフにしたデザインに変更されました。最終的に、2008年3月に「たににゃん」が誕生しました。 たににゃんという名前は、彦根市の市章である「彦根城」と、猫の鳴き声である「にゃん」を組み合わせたものです。また、たににゃんは、彦根城の別名である「井伊谷城」に由来しています。 たににゃんは、彦根市の公式マスコットキャラクターとして、様々なイベントやキャンペーンに登場しています。2010年には、ゆるキャラグランプリで全国1位を獲得するなど、全国的にも人気です。たににゃんは、彦根市の観光や地域活性化に大きく貢献しています。
その他

秋の全国交通安全運動:安全運転で事故ゼロを目指そう

秋の全国交通安全運動とは?目的と期間 秋の全国交通安全運動とは、毎年9月21日から30日までの10日間、全国的に展開される交通安全運動です。この運動の目的は、交通事故を防止し、交通安全意識を高めることです。 秋の全国交通安全運動は、1960年に開始されました。当時は、交通事故が多発しており、交通安全対策が急務となっていました。そこで、警察庁と国土交通省が中心となって、秋の全国交通安全運動を実施することになりました。 秋の全国交通安全運動では、交通事故の原因となっている違反行為を取り締まったり、交通安全教育を行ったりするなど、さまざまな活動が行われます。また、交通安全ポスターやチラシを作成して、交通安全を呼びかけたりもします。 秋の全国交通安全運動は、交通事故を防止し、交通安全意識を高めるために重要な運動です。毎年、多くの人々がこの運動に参加し、交通安全に貢献しています。
その他

「朝日新聞ジュニア版」の歴史と特徴

朝日新聞ジュニア版の歴史 朝日新聞ジュニア版は、1959年(昭和34年)に創刊された朝日新聞社の児童向け新聞である。当初は小学校高学年生を対象としていたが、現在は中学生まで対象としている。 朝日新聞ジュニア版は、社会情勢や時事問題をわかりやすく解説した記事や、科学や歴史、文化などのテーマを扱った記事を掲載している。また、読者からの投稿や、新聞の読み方や調べ学習の仕方などに関する記事も掲載している。 朝日新聞ジュニア版は、子どもたちに新聞の読み方を教えるとともに、社会情勢や時事問題に対する理解を深めてもらうことを目的としている。また、子どもたちが新聞を読むことで、社会や世界に対する関心を持ち、将来の社会人として必要な判断力や思考力を養うことを目指している。 朝日新聞ジュニア版は、創刊以来、多くの子供たちに親しまれてきた。また、新聞コンクールなどでも、たびたび入賞している。2019年(令和元年)には、創刊60周年を迎え、記念号を発行した。 朝日新聞ジュニア版は、子どもたちにとって新聞を読むきっかけとなる新聞であり、社会情勢や時事問題に対する理解を深めることができる新聞である。また、子どもたちが社会や世界に対する関心を持ち、将来の社会人として必要な判断力や思考力を養うことができる新聞である。
その他

日立リヴァーレ

日立リヴァーレの歴史 日立リヴァーレは、茨城県日立市を本拠地とする女子プロバスケットボールチームである。1980年に日立製作所女子バスケットボール部として発足し、1998年に日立リヴァーレに改称された。 チームは、2001年に日本リーグに昇格し、2004年にWリーグに昇格した。Wリーグでは、2005年に準優勝、2006年に優勝を果たした。 2011年、日立製作所の経営悪化に伴い、チームは解散の危機に瀕したが、地元企業やファンの支援により、存続することができた。 2014年、チームはWリーグに復帰し、2015年に準優勝を果たした。2016年、チームはWリーグで優勝を果たした。 チームは、2017年にWリーグで準優勝し、2018年にWリーグで優勝を果たした。2019年、チームはWリーグで準優勝を果たした。 チームは、2020年にWリーグで優勝を果たした。2021年、チームはWリーグで準優勝を果たした。2022年、チームはWリーグで優勝を果たした。 日立リヴァーレは、Wリーグ屈指の強豪チームであり、常に優勝争いに絡んでいる。チームは、粘り強いディフェンスと速攻を武器としている。
その他

教育史学ぶ「全国地方教育史学会」

全国地方教育史学会とは? 全国地方教育史学会は、日本の教育の歴史を研究する学術団体です。1962年に設立され、現在では全国の大学や研究機関の教育史研究者が会員として所属しています。学会の目的は、教育の歴史を研究し、その成果を公表することです。また、教育史に関する資料の収集や保存、教育史に関する研究者の交流も行っています。学会の活動としては、年次大会や研究発表会を開催し、教育史に関する論文を発表しています。また、教育史に関する調査研究を行い、その成果を学会誌や書籍にまとめています。学会の会誌は「教育史学研究」で、年2回発行されています。
その他

秋田荷方節の魅力

秋田荷方節とは 秋田荷方節は、秋田県に伝わる民謡の一種であり、全国的に有名なわらべ唄としても親しまれています。その特徴は、荷物を運ぶ人々の様子を表した歌詞と、力強いリズムです。荷物を運ぶ人々の苦労や喜びを表現した歌詞は、秋田県の人々の生活に根ざしたものであり、県民に親しまれています。また、荷物を運ぶ人々の足取りを表現したリズムは、軽快で力強く、聞いている人を元気にさせます。秋田荷方節は、秋田県の民謡の代表格であり、県を代表する郷土芸能として、全国各地で演奏されています。秋田荷方節は、秋田県に伝わる民謡の一種であり、全国的に有名なわらべ唄としても親しまれています。その特徴は、荷物を運ぶ人々の様子を表した歌詞と、力強いリズムです。荷物を運ぶ人々の苦労や喜びを表現した歌詞は、秋田県の人々の生活に根ざしたものであり、県民に親しまれています。また、荷物を運ぶ人々の足取りを表現したリズムは、軽快で力強く、聞いている人を元気にさせます。秋田荷方節は、秋田県の民謡の代表格であり、県を代表する郷土芸能として、全国各地で演奏されています。
その他

日本応用動物昆虫学会とは?

-日本応用動物昆虫学会の概要- 日本応用動物昆虫学会は、動物昆虫学の研究と応用を促進することを目的とする学術団体である。1950年に設立され、現在では約1,200名の会員を擁している。学会の主な活動には、学術大会の開催、会誌の発行、研究助成金の交付などがある。 学術大会は、毎年夏と冬の2回開催されている。大会では、動物昆虫学に関する最新の研究成果が発表され、活発な議論が行われる。会誌は、年に4回発行されており、動物昆虫学に関する論文、解説記事、研究ノートなどが掲載されている。研究助成金は、動物昆虫学に関する優れた研究を行う若手研究者を支援するために交付されている。 日本応用動物昆虫学会は、動物昆虫学の研究と応用に大きく貢献しており、国内外から高い評価を得ている。
その他

阪急ブレーブスの歴史と栄光

阪急ブレーブスの歴史と栄光 阪急ブレーブスの誕生と初期の活躍 1936年、阪急電鉄の小林一三社長が「国民の健康増進と娯楽の提供」を目的として、プロ野球チーム「阪急軍」を創設しました。チームは、当時の日本では珍しい外国人選手を積極的に獲得し、1938年には球団初の優勝を果たしました。1940年には球団名を「阪急ブレーブス」に変更し、1946年には球団初の日本一に輝きました。 阪急ブレーブスの初期の活躍を支えたのは、チームの看板選手である別当薫と、外国人選手の活躍でした。別当薫は、1938年に阪急軍に入団し、すぐにチームの主力選手となりました。別当は、俊足好打の外野手として活躍し、1940年には盗塁王を獲得しました。また、別当は、1946年の日本一に貢献した功績を称えられ、国民栄誉賞を受賞しました。 外国人選手では、1937年に阪急軍に入団したビクトル・スタルヒンが活躍しました。スタルヒンは、1938年から1940年まで3年連続で最多勝利を獲得し、1940年には投手三冠王に輝きました。また、スタルヒンは、1946年の日本一に貢献した功績を称えられ、国民栄誉賞を受賞しました。 阪急ブレーブスの初期の活躍は、チームの看板選手である別当薫と、外国人選手の活躍に支えられていました。別当とスタルヒンは、日本のプロ野球界を代表する選手として活躍し、阪急ブレーブスを日本一に導きました。
その他

北東アジア学会について

北東アジア学会とは 北東アジア学会は、北東アジア地域の政治、経済、社会、文化などに関する研究を行う学術団体です。1991年に設立され、現在では国内外の研究者約1,000人が会員となっています。学会の目的は、北東アジア地域の研究を促進し、研究成果の発表や交流を行うことです。学会では、年次大会やシンポジウム、ワークショップなどのイベントを定期的に開催しています。また、学会誌『北東アジア研究』を発行しています。 北東アジア学会は、北東アジア地域の研究において重要な役割を果たしています。学会の活動を通じて、北東アジア地域の研究が促進され、研究成果が発表されているされています。また、学会は、研究者間の交流の場を提供しており、国際的な研究協力の促進にも貢献しています。
その他

ナイジェリア独立記念日 – ナイジェリアの歴史と祝祭

ナイジェリアの歴史と独立までの道のり ナイジェリアの歴史は、数千年にわたる多様で複雑な歴史です。この地域は、さまざまな異なる民族グループの故郷であり、それぞれが独自の言語、文化、伝統を持っています。ナイジェリアの歴史の中で最も重要な出来事の一つは、1960年の独立です。この独立は、数世紀にわたる植民地支配に終止符を打ち、ナイジェリアは自国の運命を決定できる国となりました。 1960年の独立以来、ナイジェリアは多くの課題に直面してきました。その中には、内戦、軍事独裁政権、経済的困難などが含まれます。しかし、ナイジェリア国民はこれらの課題を克服し、民主主義と経済発展を達成することができました。 ナイジェリアは現在、アフリカで最も人口が多く、最も多様な国の一つです。この国は、豊富な天然資源と若い人口を持っており、大きな経済成長の可能性を秘めています。しかし、ナイジェリアは依然として、貧困、不平等、腐敗などの問題に直面しています。これらの問題を克服することは、ナイジェリア政府にとって大きな課題となっています。
その他

「結納の日」の由来と意味

結納品の歴史と由来 結納品は、結婚の際に両家が取り交わす贈り物です。結納品には、さまざまな品物が含まれますが、その中でも特に重要なのが「婚約指輪」と「結納金」です。婚約指輪は、男性から女性への愛の証として贈られるもので、女性が結婚の意志があることを示すために左手薬指に身に着けます。結納金は、男性の家族から女性の家族への金銭的な贈り物で、女性が結婚によって新しい家族の一員となることを意味しています。 結納品の歴史は古く、平安時代までさかのぼると言われています。当時は、結婚の際に両家の間で「結納の儀」と呼ばれる儀式が行われ、その際に結納品が取り交わされていました。結納の儀は、結婚式の準備段階として重要な儀式とされており、両家の親族が集まって執り行われていました。 結納品の品物は、時代や地域によって異なりますが、一般的には以下のものが含まれます。 ・婚約指輪 ・結納金 ・結納返し(女性から男性への贈り物) ・目録(結納品の品物を記した書面) ・酒肴(結納の儀式で振る舞われる飲食物) 結納品は、両家の絆を深め、結婚を祝うための大切な贈り物です。結納品の準備は、結婚式の準備の中でも重要なポイントとなるため、両家の親族とよく話し合って進めていくことが大切です。
その他

「作業服の日」とは?

「作業服の日」の由来と目的 「作業服の日」は、1974年(昭和49年)に全国作業服工業組合連合会が制定した記念日です。日付は10月12日で、「じゅう(10)、に(2)」の語呂合わせからきています。 「作業服の日」の目的は、作業服の重要性と役割を広くアピールすることです。作業服は、労働者が安全で快適に作業を行うために欠かせないものです。また、作業服は、企業や職種のイメージを表現するものでもあり、従業員のモチベーションを高める効果もあります。 「作業服の日」には、全国各地で様々なイベントが開催されます。作業服の展示会やファッションショー、安全講習会などが開かれるほか、作業服を着て街を歩く「作業服パレード」が行われることもあります。 「作業服の日」は、労働者と作業服の重要性を認識する日です。この日に、作業服について改めて考え、感謝の気持ちを伝えるのもよいでしょう。
その他

観光まちづくり学会とは?

観光まちづくり学会とは? 学会の設立目的と活動内容 観光まちづくり学会は、観光まちづくりに関する調査研究、情報交換、人材育成等を行い、観光まちづくりを推進することを目的として、平成20年6月11日に設立された学会です。 学会の活動内容は、以下のとおりです。 * 観光まちづくりに関する調査研究の実施 * 観光まちづくりに関する講演会、シンポジウム、ワークショップ等の開催 * 観光まちづくりに関する情報誌、書籍等の発行 * 観光まちづくりに関する人材育成事業の実施 * 観光まちづくりに関する国際交流事業の実施 * その他、観光まちづくりを推進するために必要な事業 学会は、観光まちづくりに携わる研究者、行政職員、事業者、NPO法人、市民等で構成されており、会員数は約1,000名です。 学会は、観光まちづくりに関する調査研究を行い、その成果を会員や一般に公開することで、観光まちづくりの推進に貢献しています。また、講演会、シンポジウム、ワークショップ等の開催を通じて、観光まちづくりに関する情報交換を行い、観光まちづくりに携わる人材の育成に貢献しています。さらに、観光まちづくりに関する国際交流事業を実施することで、海外の観光まちづくりに関する情報収集を行い、日本の観光まちづくりの発展に貢献しています。