「か」で始まる

作品名

特撮『仮面ライダーセイバー』のヒーロー・仮面ライダーバスターとは?

仮面ライダーバスターは、主人公の仮面ライダーセイバーとは異なる、もう一人の仮面ライダーです。その名の通り、バスター形態となって敵と戦うことが特徴で、バスター形態になると全身が銀色を基調としたカラーリングになり、両肩にはキャノン砲が設置されます。このキャノン砲は、バスター形態での必殺技「バスターマグナム」や、ライダーフォームでの必殺技「ハイパークリティカルラッシュ」を放つ際に使用されます。 仮面ライダーバスターは、物語の途中から登場します。主人公の仮面ライダーセイバーが、敵組織「ソードオブロゴス」の幹部であるストリウスとの戦いで瀕死の重傷を負ってしまい、その際に現れた謎の剣士が仮面ライダーバスターに変身してセイバーを救ったのです。その後、この謎の剣士は、仮面ライダーバスターとしてセイバーと行動を共にすることになります。
作品名

「家族狩り」の魅力と考察

「家族狩り」とはどんな作品か 「家族狩り」は、深沢七郎の小説を原作とした、1964年に公開された日本映画である。監督は市川崑、主演は加山雄三、若尾文子、佐久間良子、山﨑努、高橋昌也。 この映画は、1960年代の東京を舞台に、家族関係の崩壊と、その中で生きる人々の姿をリアルに描いた社会派映画である。映画は、ある日突然、失踪した夫の行方を妻が必死に探すという物語から始まる。夫は、妻と子供たちを捨て、別の女性と駆け落ちしていたことが判明する。妻は、夫の新しい家族と対峙し、家族の崩壊を目の当たりにする。 映画の中で描かれる家族関係は、崩壊寸前であり、登場人物たちは皆、それぞれの問題や悩みを抱えている。妻は、夫の失踪によって、経済的にも精神的にも追い込まれ、子供たちは、両親の離婚によって、心に傷を負う。夫は、新しい家族を築くことで、過去の過ちを償おうとするが、その家族もまた、すぐに崩壊してしまう。 「家族狩り」は、家族関係の崩壊というテーマを、リアルなタッチで描き出した社会派映画である。映画は、家族の崩壊が、個人に与える影響を浮き彫りにし、家族の大切さを訴えている。
作品名

『かぶき者 慶次』の魅力

前田慶次は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけて活躍した武将。通称は慶次郎、または又左衛門。加賀藩の初代藩主・前田利家の甥。豊臣秀吉に仕え、賤ヶ岳の戦い、九州平定、朝鮮出兵などに参加した。戦場での活躍だけでなく、豪快な性格と派手なファッションで知られ、「かぶき者」と呼ばれた。 慶次は、永禄10年(1567年)に前田利家の弟・前田安勝の次男として生まれた。幼名は犬千代丸。天正2年(1574年)、織田信長の家臣・柴田勝家に仕えた。天正10年(1582年)、本能寺の変で信長が横死すると、柴田勝家を離れ、叔父・前田利家に仕えた。天正11年(1583年)、賤ヶ岳の戦いで前田利家軍が勝利すると、慶次は加賀藩の領地を与えられた。 慶次は、天正15年(1587年)に九州平定に参陣。天正18年(1590年)には、朝鮮出兵に参陣した。慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いでは、加賀藩を留守にし、西軍に加担しなかった。戦後、徳川家康に謝罪し、加賀藩の所領を安堵された。 慶次は、慶長11年(1606年)に病死した。享年40。慶次は、豪快な性格と派手なファッションで知られ、「かぶき者」と呼ばれた。また、戦場での活躍も目覚ましく、賤ヶ岳の戦い、九州平定、朝鮮出兵などに参加した。
施設名・ロケ地

関西大倉高等学校について

関西大倉高等学校の歴史 関西大倉高等学校は、1925年(大正14年)に創立された私立高等学校です。学校法人大倉学園が運営しており、大阪市住之江区にキャンパスを構えています。関西大倉高等学校の歴史は、創立者の大倉喜八郎の教育理念に端を発しています。大倉喜八郎は、「実社会に役立つ人材を育成する」ことを教育理念として掲げ、関西大倉高等学校を創立しました。関西大倉高等学校は、創立以来、この教育理念を貫き、社会に貢献できる人材を数多く輩出しています。 関西大倉高等学校は、創立以来、数多くの改革を行ってきました。1990年(平成2年)には、男女共学化を実施し、1997年(平成9年)には、中高一貫教育を開始しました。2006年(平成18年)には、スーパーサイエンスハイスクールに指定され、2020年(令和2年)には、文部科学省から「グローバル教育推進校」に指定されました。関西大倉高等学校は、常に教育改革に取り組み、社会のニーズに応えています。 関西大倉高等学校は、進学実績も優秀です。2022年(令和4年)の卒業生は、国公立大学に300人、私立大学に600人、専門学校に100人が進学しました。関西大倉高等学校は、進学実績だけでなく、部活動の盛んな学校としても知られています。野球部、サッカー部、ラグビー部などの運動部が強く、全国大会に出場する部活動もあります。また、文化部も盛んで、吹奏楽部、合唱部、美術部などの部活動が活発に活動しています。 関西大倉高等学校は、創立以来、社会に貢献できる人材を数多く輩出してきた、伝統ある学校です。常に教育改革に取り組み、社会のニーズに応えています。進学実績も優秀で、部活動も盛んな学校です。関西大倉高等学校は、今後も社会に貢献できる人材を輩出していくでしょう。
芸能人の名前

「唐獅子牡丹」の魅力と背景

楽曲の概要と背景 「唐獅子牡丹」は、1979年に発売された細川たかしさんのシングル曲です。演歌というジャンルに属しており、細川さんの代表曲のひとつとして知られています。作詞は阿久悠さん、作曲は猪俣公章さんによる切ない恋を歌った楽曲であり、その歌詞の内容は、男性が失恋してしまい、その悲しみを酒に紛らわせながら耐え忍ぶといった内容となっています。 「唐獅子牡丹」というタイトルは、中国の故事に由来しています。唐の時代、牡丹の花を愛していた皇帝が、牡丹の花を自分の庭に植えるために、唐獅子の石像を庭に設置しました。しかし、牡丹の花は唐獅子に踏まれず、皇帝は牡丹の花の強さに感動して、牡丹の花を国花としました。この故事から、「唐獅子牡丹」という言葉は、強さや美しさの象徴として使われるようになりました。
地名・ロケ地

「鹿沼さつきマラソン」とは?ハーフマラソンや10kmなど開催!

「鹿沼さつきマラソン」は、栃木県鹿沼市で開催されるマラソン大会です。毎年5月の第3日曜日に開催されており、ハーフマラソン(21.0975km)と10kmの2種目が行われます。 「鹿沼さつきマラソン」の歴史は古く、1985年に第1回大会が開催されました。当時は「鹿沼市民マラソン」という名称でしたが、1992年に現在の「鹿沼さつきマラソン」に改称されました。 「鹿沼さつきマラソン」は、毎年約1万人が参加する人気の大会です。コースは、鹿沼市の中心部を巡るフラットなコースとなっており、初心者から上級者まで幅広く参加することができます。 「鹿沼さつきマラソン」の見どころは、沿道の声援です。沿道には、多くの市民が立ち並び、参加者に対して声援を送ります。また、鹿沼市の名産品である「鹿沼さつき」も沿道で販売されており、参加者は走りながら「鹿沼さつき」を楽しむことができます。 「鹿沼さつきマラソン」は、鹿沼市の自然と歴史に触れながら、マラソンを楽しむことができる大会です。ぜひ、一度参加してみてはいかがでしょうか。
その他

革命的プロレタリア細胞イニシアチブとは?

革命的プロレタリア細胞イニシアチブ(RPCC)の誕生は、左翼政治運動に対する批判と不満が高まっていた1970年代初頭まで遡ります。当時、反体制運動は学生運動や労働運動などさまざまな形で展開されていましたが、その多くは小規模で組織化されておらず、政府や資本に対して決定的な打撃を与えることはできませんでした。 RPCCの創設者たちは、このような状況を打破するために、より過激で組織化された革命運動が必要であると考えました。彼らは、労働者階級を主導勢力として、資本主義社会を打倒し、社会主義革命を実現することを目指しました。そのために、RPCCは厳格な組織規律を設け、軍事訓練を実施し、爆弾や武器の製造も行いました。 RPCCの目的は、資本主義社会に革命を起こし、社会主義社会を実現することでした。彼らは、労働者階級が資本家階級を打倒して政権を奪取し、社会主義国家を建設することを目指しました。また、RPCCは国際的な革命運動との連帯を重視し、世界革命の実現を目指しました。
施設名・ロケ地

海鮮三崎港の魅力を徹底解剖!

-回転寿司チェーンの雄、海鮮三崎港とは?- 海鮮三崎港は、回転寿司チェーンの雄として知られる。その魅力は、なんといっても新鮮なネタを使用した寿司にある。海鮮三崎港では、毎朝市場で仕入れた新鮮な魚介類を、熟練の寿司職人が握っている。そのため、寿司はどれもネタがぷりぷりで、とても美味しい。 海鮮三崎港のもう一つの魅力は、そのリーズナブルな価格だ。回転寿司チェーンの中では、比較的リーズナブルな価格設定になっている。そのため、気軽に寿司を楽しむことができる。また、サイドメニューも充実しているので、寿司以外にもさまざまな料理を楽しむことができる。 海鮮三崎港は、その新鮮なネタとリーズナブルな価格で、多くの人々に愛されている回転寿司チェーンだ。家族連れや友人同士など、幅広い層に人気がある。
地名・ロケ地

神庭の滝

-神秘に満ちた神庭の滝- 神庭の滝は、広島県神石高原町にある落差110mの滝で、日本百名瀑のひとつにも選ばれています。その滝の美しさは古くから知られており、多くの文人墨客がこの地を訪れています。 神庭の滝は、山間部の森の中にあるため、澄んだ空気と清らかな水が特徴です。また、滝の周辺には多くの巨石が点在しており、神秘的な雰囲気を醸し出しています。 神庭の滝は、四季折々の美しさを見せてくれます。春には、桜やツツジが咲き乱れ、夏には緑が茂り、秋には紅葉が色づき、冬には雪化粧をするなど、いつ訪れても美しい景色を楽しむことができます。 神庭の滝は、アクセスも比較的良く、広島県内屈指の観光スポットとなっています。滝の近くには駐車場や売店があり、手軽に滝を楽しむことができます。また、神庭の滝周辺には、神庭高原スキー場や神庭高原牧場など、他の観光スポットも充実しています。
作品名

仮面ライダーWの魅力

仮面ライダーWのキャラクターは、それぞれがユニークな性格を持っており、魅力的です。 主人公のフィリップは、頭脳明晰で博識な少年。一見すると頼りなさげですが、実は芯が強く、正義感が強い一面も持ち合わせています。相棒の翔太郎は、ハードボイルドな探偵で、ワイルドで飄々とした性格。しかし、根は真面目で、仲間思いな一面も。 二人の他にも、様々なキャラクターが登場します。フィリップの姉である亜樹子は、クールでしっかり者の女性。翔太郎の相棒である亜美は、元気で明るい女の子。そして、謎の組織「財団X」の幹部である大道克己は、冷酷非情な性格の持ち主です。 これらのキャラクターが織りなす人間ドラマも見どころの一つ。友情、愛情、絆など、様々な要素が絡み合い、物語に深みを与えています。
モノの名前

川根大福 – ふわふわ生クリームと粒餡のハーモニー

川根大福 - ふわふわ生クリームと粒餡のハーモニー川根大福とは。川根大福は、静岡県島田市にある加藤菓子舗が作る、生クリームとこし餡を包んである一口サイズの大福餅です。
施設名・ロケ地

海響館:山口県下関市の水族館

海響館は、山口県下関市にある水族館です。1989年(平成元年)7月に開館し、2023年(令和5年)時点で34周年を迎えています。 海響館は、フグの展示種類数が世界一であることが特徴です。フグは、その毒性のために敬遠されがちですが、海響館ではフグの魅力を余すことなく紹介しています。フグの展示ゾーンには、トラフグ、マフグ、ハリセンボンなど、様々な種類のフグが展示されており、その生態や毒性について学ぶことができます。また、フグの泳ぐ様子を間近で観察できる水槽もあり、フグの優美な姿を楽しむことができます。 海響館は、フグの展示以外にも、様々な海の生き物を展示しています。イルカやアシカなどの海獣類、ペンギンやウミガメなどの鳥類、そしてクラゲやサンゴなどの海洋生物など、多種多様な海の生き物を観察することができます。また、海響館では、海の生き物たちと触れ合うことができる体験プログラムも開催しており、子どもから大人まで楽しめる水族館となっています。
作品名

影の軍団 服部半蔵の世界

伊賀忍者と甲賀忍者の戦い 大見出しの「影の軍団 服部半蔵の世界」の下に作られた小見出しの「伊賀忍者と甲賀忍者の戦い」では、伊賀忍者と甲賀忍者の戦いの歴史と、その戦いにまつわるエピソードについて解説しています。 伊賀忍者と甲賀忍者は、室町時代から戦国時代にかけて存在した日本の忍者集団です。伊賀忍者と甲賀忍者は、ともに忍者として優れていましたが、領地を巡って対立し、戦いを繰り広げていました。 伊賀忍者と甲賀忍者の戦いは、伊賀軍を率いた服部半蔵と、甲賀軍を率いた真田幸村の戦いとして有名です。服部半蔵と真田幸村は、どちらも忍者の頭領として知られており、その戦いは忍者の世界では伝説的なものとなっています。 伊賀忍者と甲賀忍者の戦いは、最終的には伊賀忍者の勝利に終わりました。伊賀忍者たちは、甲賀 ninjas の領地を攻め落とし、甲賀忍者の勢力を弱体化させました。しかし、甲賀忍者たちも一筋縄ではいかず、伊賀忍者の攻撃を何度も撃退しました。 伊賀忍者と甲賀忍者の戦いは、日本の忍者史において重要な出来事として知られています。この戦いは、伊賀忍者と甲賀忍者の実力を知らしめ、忍者の存在を世間に印象づけました。
施設名・ロケ地

秘められた鉱物資源の宝庫「加納鉱山」

加納鉱山の歴史と変遷 加納鉱山は、奈良時代から平安時代にかけて採掘された歴史を持つ、日本の鉱山です。奈良時代の正倉院文書には、加納鉱山で採掘された金が朝廷に献上されたという記録が残っています。平安時代には、加納鉱山は朝廷直轄の鉱山となり、金や銀、銅などの貴金属が産出されました。中世になると、加納鉱山は衰退しましたが、江戸時代には再び採掘が盛んになり、金や銀、鉛などの金属が産出されました。明治維新後は、加納鉱山は官営鉱山となり、金や銀、銅などの金属が産出されました。大正時代には、加納鉱山は民間企業に払い下げられ、金や銀、銅などの金属が産出されました。昭和時代になると、加納鉱山は閉山しましたが、平成時代になって再び採掘が再開され、金や銀、銅などの金属が産出されました。
施設名・ロケ地

化学とマイクロ・ナノシステム研究会とは

-CHEMINASの概要- CHEMINASは、化学とマイクロ・ナノシステム研究会(以下、化学マイクロ・ナノシステム研究会)の略称である。化学マイクロ・ナノシステム研究会は、化学分野におけるマイクロ・ナノシステムに関する研究を促進することを目的として、2006年に設立された学術団体である。化学マイクロ・ナノシステム研究会は、化学、材料科学、工学、生物学など、さまざまな分野の研究者が参加しており、マイクロ・ナノシステムに関する研究成果を発表する学術大会やワークショップを開催している。また、化学マイクロ・ナノシステム研究会は、マイクロ・ナノシステムに関する研究を支援するための助成金や賞を設けており、若手研究者の育成を支援している。 化学マイクロ・ナノシステム研究会は、マイクロ・ナノシステムに関する研究を促進するために、さまざまな活動を行っている。化学マイクロ・ナノシステム研究会は、毎年、マイクロ・ナノシステムに関する研究成果を発表する学術大会を開催している。学術大会では、国内外の研究者が最新の研究成果を発表し、活発な議論が行われる。また、化学マイクロ・ナノシステム研究会は、マイクロ・ナノシステムに関する研究を支援するための助成金や賞を設けており、若手研究者の育成を支援している。助成金や賞は、マイクロ・ナノシステムに関する研究を行う若手研究者に授与され、研究費や研究活動の支援に充てられる。 化学マイクロ・ナノシステム研究会は、マイクロ・ナノシステムに関する研究を促進するために、さまざまな活動を行っている。化学マイクロ・ナノシステム研究会の活動は、マイクロ・ナノシステムの開発や応用を促進し、社会の発展に貢献している。
施設名・ロケ地

「かみゆうべつ温泉チューリップの湯」温泉と花が織りなす感動

道北の自然が育んだ極上の温泉 北海道の北部に位置する北海道上川郡上湧別町の「かみゆうべつ温泉チューリップの湯」は、道北の自然が育んだ極上の温泉です。温泉は、海抜約500mの高地に位置するホテル「かみゆうべつ温泉チューリップの湯」の敷地内から湧き出ており、泉質はアルカリ性単純温泉です。アルカリ性単純温泉は、肌がすべすべになると言われており、疲労回復や美肌効果が期待できます。 「かみゆうべつ温泉チューリップの湯」では、大浴場と露天風呂の2つの温泉を楽しむことができます。大浴場は、広々としていて開放感があり、露天風呂は、自然を眺めながら入浴することができます。また、「かみゆうべつ温泉チューリップの湯」では、宿泊客専用の貸切風呂も用意されており、家族や友人とプライベートな空間で温泉を楽しむことができます。
モノの名前

秋田県発祥の天然記念物「雁鶏」について

-雁鶏の歴史と特徴- 雁鶏は、秋田県発祥の天然記念物で、国の特別天然記念物に指定されており、国の特別天然記念物に指定されています。雁鶏は、江戸時代初期に秋田藩主の佐竹義宣が飼っていた雁と鶏を交配させたことにより誕生したとされています。雁鶏は、頭部に鶏冠を持ち、首が長く、体が大きく、肉質が柔らかく、味は濃厚で、コクのあることが特徴です。雁鶏は、主に秋田県内で飼育されており、その飼育数は、近年、減少傾向にありますが、秋田県の郷土料理として親しまれています。 雁鶏の歴史は、江戸時代初期に遡ります。当時、秋田藩主の佐竹義宣が雁と鶏を交配させて、雁鶏を作りました。雁鶏は、その独特の風味と肉質で、すぐに人気となりました。明治時代になると、雁鶏は秋田県外にも出荷されるようになり、全国的に知られるようになりました。しかし、第二次世界大戦後、鶏肉が普及するにつれて、雁鶏の飼育数は減少しました。現在では、秋田県内で飼育されている雁鶏は、わずか数千羽となっています。 雁鶏は、鶏よりも体が大きく、肉質が柔らかく、コクのある味わいが特徴です。雁鶏の肉は、主に焼き鳥や鍋物にして食べられます。また、雁鶏の卵は、鶏卵よりも大きく、濃厚な味わいで、卵かけご飯や目玉焼きにして食べられます。雁鶏は、秋田県の郷土料理として親しまれており、秋田県を訪れた際には、ぜひ味わいたい一品です。
モノの名前

「亀戸張子」の魅力とは?

亀戸張子の歴史は古く、江戸時代初期まで遡ります。その頃、亀戸周辺には多くの張り子職人がおり、様々な張子人形を制作していました。亀戸張子は、その中でも特に精巧な作りと華やかな色彩で知られており、庶民の間で大いに人気を博していました。 亀戸張子の全盛期は、江戸時代中期から後期にかけてです。この頃、亀戸張子は将軍家や大名家にも愛好され、各地にその名を知られるようになりました。また、亀戸には数多くの張子人形店が軒を連ね、亀戸は張子人形の一大産地として栄えました。 しかし、明治維新以降、西洋文化の流入や機械生産の発達などにより、亀戸張子の需要は徐々に減少していきました。そして、関東大震災や太平洋戦争によって、亀戸の張子人形店はほとんどが焼失してしまいました。 戦後、亀戸張子は一時衰退しましたが、昭和30年代頃から復興の動きが始まりました。現在では、亀戸には数多くの張子人形店が復活し、亀戸張子は再び人気を博しています。
作品名

仮面ライダーウィザードインフィニティードラゴンゴールドのすべて

インフィニティードラゴンゴールドとは? 仮面ライダーウィザードインフィニティードラゴンゴールドとは、仮面ライダーウィザードの強化フォームの一つである。通常のインフィニティードラゴンの姿に金色のアーマーを纏い、武器がドラゴンソードからドラゴンゴールドソードに変化する。ドラゴンゴールドソードは通常のドラゴンソードよりも強力であり、必殺技の「インフィニティストライクゴールド」は、ドラゴンの力を100倍に高め、敵に強烈な一撃を放つことができる。
施設名・ロケ地

釜石鵜住居復興スタジアム:復興の象徴としてのスタジアム

震災からの復興の象徴 東日本大震災から10年後の2021年、岩手県釜石市に釜石鵜住居復興スタジアムが完成しました。このスタジアムは、震災で被災した釜石鵜住居地区の復興のシンボルとして建設されました。 釜石鵜住居復興スタジアムは、サッカーやラグビーの試合が行える多目的競技場で、収容人数は約16,000人です。スタジアムは、震災の教訓を踏まえて耐震性や津波対策が強化されており、災害発生時には避難場所としても利用できます。 釜石鵜住居復興スタジアムは、震災からの復興のシンボルとしてだけでなく、釜石市のスポーツ振興にも貢献しています。スタジアムを拠点に、サッカーやラグビーのチームが活動しており、市民にスポーツの楽しさを伝えています。また、スタジアムでは、コンサートやイベントなども開催されており、釜石市を盛り上げるのに一役買っています。 釜石鵜住居復興スタジアムは、震災からの復興のシンボルとして、そして釜石市のスポーツ振興に貢献する施設として、これからも多くの人々に愛され続けるでしょう。
作品名

「数とかたち」の概要と影響

「数とかたち」は、NHK教育テレビで1978年から1992年まで放送されていた小学校低学年向けの算数番組である。番組では、身近な生活の場面で起こる数学的な出来事を題材にし、子どもたちが数学的な考え方や技能を身につけることを目指していた。 番組は、毎回異なるストーリー展開で、主人公の小学生たちが数学的な問題を解決していくという形式で放送されていた。ストーリーの中には、身近な生活の場面で起こる数学的な出来事が巧みに組み込まれており、子どもたちは楽しみながら数学的な考え方や技能を身につけることができた。 「数とかたち」は、放送開始以来、高い人気を集め、多くの視聴者から支持されていた。番組は、1992年に終了したが、その後も再放送され、多くの人々に親しまれている。
作品名

「紙葉の家」の魅力と考察

「紙葉の家」は、そのユニークな構造と表現手法によって、読者を魅了する小説です。まず、この小説は、一人称の視点で語られていますが、その語り手は、ある日突然、紙でできた家に住むことになります。この紙の家は、まるで、本の中に描かれた世界のような場所で、語り手は、そこでの生活を、まるで、小説の主人公のような感覚で体験していきます。さらに、この小説では、紙でできた家という設定を生かした表現手法が、効果的に使用されています。例えば、語り手は、紙の家の中で、紙でできた家具や道具を使用したり、紙でできた壁に文字や絵を書いたりします。また、紙の家は、まるで、本のようにページをめくることで、次の部屋に移動することができるという設定になっており、この設定は、読者に、まるで、本の中に入り込んだかのような感覚を与えてくれます。
その他

唐ワンくんの魅力

唐ワンくんの誕生と役割 唐ワンくんは、日本のアニメーション作品「それいけ!アンパンマン」に登場するキャラクターです。中国からの留学生で、アンパンマンの仲間として登場します。白い顔に黒い目と口、赤い頬が特徴で、頭にはベレー帽をかぶり、赤いマフラーを巻いています。常に笑顔を絶やさず、明るく元気な性格です。 唐ワンくんは、中国から日本に留学してきた少年です。故郷の中国では、パンダが大好きな少年でした。ある日、唐ワンくんは日本に留学することになり、日本でアンパンマンと出会います。唐ワンくんはアンパンマンの正義感と優しさに惹かれ、アンパンマンの仲間になります。 唐ワンくんは、アンパンマンの仲間として、様々な活躍をします。アンパンマンが困っているときには、必ず助けに現れます。また、唐ワンくんは中国語を話せるので、外国から来た人々とコミュニケーションをとることもできます。唐ワンくんは、アンパンマンの仲間として欠かせない存在です。
作品名

「解放されたフランケンシュタイン」とは?

-原題の意味- 「解放されたフランケンシュタイン」の原題は「The Re-Animator」です。このタイトルは、ラテン語の"re"(再び)と"animare"(生き返らせる)を組み合わせたもので、「再び生き返らせる人」という意味になります。これは、映画の中で主人公のハーバート・ウェストが、死者を蘇生させる薬「死体蘇生剤」を発明し、それを用いて様々な死体を蘇生させるという内容に由来しています。 この「死体蘇生剤」は、ウェストの死んだ恋人を蘇生させるために開発されました。ウェストは、恋人を蘇生させることに成功しますが、蘇生した恋人はゾンビのような怪物となってしまいます。ウェストは、この怪物をコントロールすることができず、最終的には怪物に殺されてしまいます。 映画の原題は、ウェストが発明した「死体蘇生剤」の力と、その薬によって蘇生させられた怪物の脅威を表しています。また、このタイトルは、フランケンシュタインの怪物が人間による創造物であったのに対し、ウェストの怪物は化学物質によって蘇生させられたという点で、フランケンシュタインの怪物とは異なる存在であることを暗示しています。