「ま」で始まる

施設名・ロケ地

松坂屋 豊田店:豊田市民に愛された百貨店

松坂屋 豊田店は、愛知県豊田市にある百貨店です。1962年に開店し、2016年に閉店するまで、豊田市民に愛され続けていました。 松坂屋 豊田店は、豊田市の中心部に位置し、地下1階から地上9階建ての建物でした。売り場面積は3万4,000平方メートルで、ファッション、化粧品、雑貨、食品など、幅広い商品を取り扱っていました。また、レストランや映画館なども併設されており、多くの人々が集まる場所となっていました。 松坂屋 豊田店は、豊田市の発展とともに歩んできた百貨店です。1962年の開店当時は、豊田市の人口は約20万人でしたが、2016年閉店時には約42万人にまで増加していました。松坂屋 豊田店は、豊田市民の生活に欠かせない存在であり、閉店は多くの市民に惜しまれました。 松坂屋 豊田店の閉店は、豊田市の商業に大きな影響を与えました。松坂屋 豊田店に代わる百貨店がなかったため、豊田市から百貨店が消滅する事態となりました。また、松坂屋 豊田店の閉店によって、多くの従業員が失業することになりました。 松坂屋 豊田店の閉店は、豊田市にとって大きな痛手となりました。しかし、松坂屋 豊田店の跡地には、新しい商業施設が建設され、豊田市の商業は再び活気づきつつあります。
作品名

魔法の天使クリィミーマミの魅力

魔法の天使クリィミーマミは、1983年に放送された日本のテレビアニメである。主人公の森沢優は、魔法のステッキを使って変身し、クリィミーマミとして活躍する。クリィミーマミは、その可愛らしい容姿と、魔法を使って人々を助けるという設定で、子供たちだけでなく大人たちにも人気を博した。 クリィミーマミの魅力の一つは、その可愛らしい容姿である。クリィミーマミは、大きな瞳と長い髪が特徴の美少女であり、その姿に子供たちは魅了された。また、クリィミーマミは変身するとドレスやスカートなどの華やかな衣装を着るため、その姿に女の子たちは憧れた。 クリィミーマミの魅力のもう一つは、魔法を使って人々を助けるという設定である。クリィミーマミは、魔法のステッキを使って、人々を病気から治したり、災いから守ったりする。その姿に子供たちは勇気をもらい、大人たちは希望を感じた。 クリィミーマミの魅力は、その可愛らしい容姿と、魔法を使って人々を助けるという設定にある。クリィミーマミは、子供たちだけでなく大人たちにも人気を博し、今でも多くの人々に愛されている。
地名・ロケ地

神秘に包まれた无人島:松江岬南小島

松江岬南小島は、島根県出雲市にある無人島です。宍道湖の北岸に位置し、面積は約9.5ヘクタールです。松江岬南小島は、松江藩主であった松平不昧公が、茶の湯のための茶園として整備した歴史を持ちます。現在は、島全体が国有地となっており、立ち入りを禁止されています。 松江岬南小島は、その美しい景観から、古くから「蓬莱島」と呼ばれ、人々から憧れの地とされてきました。島には、松や竹、梅など、四季折々の花々が咲き誇り、また、多くの野鳥が生息しています。松江岬南小島は、自然の宝庫であり、その神秘的な雰囲気は、多くの人々を魅了しています。
モノの名前

「まいひかり」の秘密

「まいひかり」とは、2009年に熊本県で誕生した、比較的新しい品種のお米です。熊本県のオリジナル品種であり、「ひのひかり」と「にこまる」を掛け合わせて作られました。「まいひかり」という名前は、熊本県の豊かな自然と、お米の美しい輝きをイメージして名付けられました。 「まいひかり」は、粘りがあり、甘みとコクのあるお米です。炊き立てのご飯は、つやつやと輝いており、食欲をそそります。冷めてもおいしいので、お弁当やおにぎりにも適しています。また、「まいひかり」は、炊き上がり後の時間が経っても、パサつかずにふっくらとした食感を保ち続けるのも特徴です。 「まいひかり」は、熊本県の主力品種として栽培されており、県内の多くの農家さんが生産しています。また、「まいひかり」は、熊本県外でも人気が高まっており、全国各地に出荷されています。熊本県の豊かな自然の中で育った「まいひかり」は、熊本県の誇る逸品であり、多くの人々に愛されています。
作品名

まだ人間じゃない:フィリップ・K・ディックのSF短編集

フィリップ・K・ディックのSF短編集「まだ人間じゃない」は、人間の存在、テクノロジーの影響、そして現実の本質を探求する15の物語で構成されています。これらの物語は、1952年から1972年の間に書かれ、ディックの最も有名な作品である「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」や「高層ビル」などの人気作が含まれています。 「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」は、未来のサンフランシスコを舞台にした物語で、退役した警察官が他の惑星に逃げたアンドロイドを狩り出す仕事を請け負う話です。この物語は、人間とアンドロイドの間に線を引くことがどれほど難しいかを問いかけ、テクノロジーが人間のアイデンティティや感情に与える影響を探求しています。 「高層ビル」は、巨大な高層ビルの中で暮らす人々の物語です。この物語は、現代社会の孤独と疎外感を描き、テクノロジーが人々を孤立させる可能性を警告しています。しかし、「高層ビル」はまた、人間の精神の回復力と、苦境を乗り越えて愛とつながりを見つける能力についても語っています。 「まだ人間じゃない」の他の物語も、同様に人間がテクノロジーや社会変化に適応する方法を問いかけています。「ものごとの正確な順序」は、完璧な世界を作るために記憶を操作する政府の恐ろしい力を描いた物語であり、「世界は必要ありません」は、現実から逃れるために仮想現実世界に逃げ込む人々を描いた物語です。 「まだ人間じゃない」は、人間の存在についての洞察に満ちた、刺激的で考えさせられるSF短編集です。ディックの物語は、テクノロジーの進歩がもたらす光と影を探求しており、私たちが人間であることを意味するものについての重要な疑問を提起しています。
モノの名前

地域団体商標「松輪サバ」の魅力

松輪サバは、神奈川県三浦半島沖で獲れるサバの一種で、地域団体商標に登録されています。その魅力の一つは鮮度の高さです。松輪サバは、獲れたその日に漁港に水揚げされるため、新鮮なまま市場に出回ります。また、松輪サバは、他のサバよりも脂のノリがよく、身が引き締まっているのが特徴です。これは、松輪サバが餌となるプランクトンを多く含む海域で育つためです。 松輪サバの鮮度の高さは、刺身や寿司などの生食で味わうとよくわかります。新鮮な松輪サバの刺身は、身が透き通っていて、脂がのっていて、口の中でとろけるような食感です。また、松輪サバの寿司は、シャリとの相性も抜群です。 松輪サバの鮮度の高さは、煮物や焼き物などの火を通した料理でも味わうことができます。火を通しても、身がパサパサにならず、ふっくらとした食感を楽しむことができます。また、松輪サバの脂のノリは、料理にコクと旨味を与えてくれます。 松輪サバは、鮮度の高さだけでなく、栄養価の高さも魅力です。松輪サバには、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれています。特に、EPAやDHAなどの不飽和脂肪酸は、健康に良いとされています。 松輪サバは、鮮度の高さ、栄養価の高さなど、さまざまな魅力を持つサバです。ぜひ一度、松輪サバを味わってみてはいかがでしょうか。
作品名

魔女の1ダース:社会批評の痛快エッセイ

米原万里の痛快な社会批評 米原万里は、日本のジャーナリストであり、作家であり、社会評論家です。1958年生まれ、東京都出身。早稲田大学政治経済学部を卒業後、テレビ朝日に入社。報道記者として活躍した後、1995年にフリーランスとなりました。 米原万里は、社会問題に鋭いメスを入れ、歯に衣着せぬ物言いをすることで知られています。その批評は、しばしば物議を醸しますが、その痛快さと鋭さは多くの読者に支持されています。 米原万里の社会批評は、主に政治、経済、教育、メディアなどの分野を対象としています。その批評の多くは、社会の矛盾や不条理を指摘し、その改革を訴えるものです。 米原万里は、社会批評のほかにも、旅行記やエッセイ、小説など幅広いジャンルの作品を発表しています。その作品は、そのユーモアと風刺に富んだ文体で人気を集めています。 米原万里は、社会批評家として、また作家として、日本の社会に大きな影響を与えた人物です。その鋭い批評とユーモアに富んだ文体は、多くの読者に支持されており、その作品はこれからも多くの人々に愛され続けるでしょう。
作品名

まあちゃんのながいかみと高楼方子

高楼方子の絵本作品の魅力 高楼方子の絵本作品は、その柔らかなタッチと温かみのある色使いが特徴です。また、日常の風景や人々を題材にすることが多いのですが、その中に込められた深いメッセージやユーモアに、多くの人が魅了されています。 高楼方子の作品は、子どもだけでなく大人にも人気があります。それは、彼女の作品が、年齢や性別を問わず、誰もが共感できる普遍的なテーマを扱っているからでしょう。また、彼女の作品は、心温まるストーリーと美しいイラストが融合しており、読者を優しい気持ちにさせてくれます。 高楼方子の絵本作品は、日本国内だけでなく、海外でも高い評価を受けています。彼女の作品は、世界中の子供たちに愛され続けており、その魅力は永遠に不変です。
作品名

「街」の歌が誕生するまで

作詞家・岩谷時子の思い 「上を向いて歩こう」を書いた作詞家、岩谷時子は、昭和の戦後復興期にギターを演奏する学生グループを見て、「街づくり」のための歌を作りたいと考えた。彼女は、人々が街を歩き回り、自分の街を誇りに思うような歌を作りたかったのだ。 岩谷は、人々が街を歩いている様子を思い浮かべながら、歌詞を書き始めた。彼女は、人々が笑顔で歩いている様子や、街の景色を思い浮かべながら、歌詞を書き進めていった。彼女は、人々が街を歩くことで、前向きな気持ちになることを願っていた。 岩谷は、「街づくり」のための歌を 作るために、様々な工夫を凝らした。彼女は、歌詞に「街」という言葉を何度も繰り返し、人々に街を意識させるようにした。また、彼女は、歌詞に「歩こう」という言葉を何度も繰り返し、人々が街を歩くことを促すようにした。 岩谷の「街づくり」のための歌は、人々に広く受け入れられた。人々は、岩谷の歌を口ずさみながら、街を歩き回った。岩谷の「街づくり」のための歌は、人々に街を大切にする気持ちを与え、街の復興に貢献した。
地名・ロケ地

松山藩とその歴史

-松山藩の誕生と発展- 1600年の関ヶ原の戦いで徳川家康が勝利し、江戸幕府を開いた。家康は、全国の大名にそれぞれ領地を与え、領地を治めさせた。その中に、伊予国(現在の愛媛県)にあった松山藩があった。松山藩は、加藤嘉明に与えられた。嘉明は、豊臣秀吉に仕えていた武将で、関ヶ原の戦いで徳川家康に味方した。 嘉明は、松山城を築城し、松山藩の藩庁とした。松山城は、標高132メートルの勝山という山の上に建てられた。城は、石垣と土塁で囲まれ、天守閣がそびえ立っていた。城下町は、松山城の麓に広がり、商人や職人が暮らしていた。 大阪城の豊臣氏の滅亡後は、大坂の陣でも徳川軍の主将のひとりとして活躍した。その後、前田利長に代わって豊臣秀頼の監視役の役目も務めている。 嘉明は、領内の産業を振興し、松山藩を繁栄させた。特に、松山藩は、米や綿花の生産が盛んで、江戸時代には、江戸に米を運ぶ米船の寄港地として栄えた。また、松山藩は、伊予絣の生産も盛んで、伊予絣は、全国に流通していた。 嘉明の死後は、その子孫が松山藩を治めた。松山藩は、江戸時代を通じて、繁栄を続けた。しかし、1868年の明治維新で、松山藩は廃藩となり、松山県となった。
作品名

「魔天忍法帖」について

魔天忍法帖の概要 魔天忍法帖は、山田風太郎による日本の忍者小説。1959年に新潮社から刊行された。忍者の集う山奥の温泉を舞台に、伊賀忍者の末裔と甲賀忍者の末裔の二人の男女の運命を描いた作品である。 物語は、伊賀忍者の末裔である主人公の伊賀忍者が、甲賀忍者の末裔であるヒロインの甲賀お竜と出会い、恋に落ちるという展開で始まる。しかし、二人の愛は、両家の長年にわたる争いによって阻まれてしまう。 伊賀忍者と甲賀忍者は、何百年も前から争いを続けてきた。その争いは、両家の祖先である伊賀の服部半蔵と甲賀の百地三太夫の確執に端を発している。半蔵と三太夫は、どちらが優れた忍者であるかを巡って、何度も戦った。そして、その争いは、子孫たちにも引き継がれていくこととなる。 伊賀忍者と甲賀忍者の争いは、日本各地を舞台に繰り広げられた。伊賀忍者は、伊賀流忍術を駆使して、甲賀忍者を翻弄する。一方、甲賀忍者も、甲賀流忍術を駆使して、伊賀忍者に立ち向かう。両家の忍者は、互いに一歩も譲らず、激戦を繰り広げる。 伊賀忍者と甲賀忍者の争いは、ついに、山奥の温泉を舞台に、クライマックスを迎える。伊賀忍者と甲賀忍者は、温泉で激突し、決着をつけようとする。そして、その戦いの結果、伊賀忍者が勝利を収める。 伊賀忍者が勝利を収めたことで、伊賀忍者と甲賀忍者の争いは終結する。そして、伊賀忍者と甲賀お竜は、結ばれることとなる。
モノの名前

信州山ノ内町の前坂大根

信州山ノ内町の前坂大根とは 信州山ノ内町の前坂大根は、長野県山ノ内町の前坂地区で栽培されている大根です。前坂地区は、標高約1,000メートルに位置する山間の地域で、昼夜の寒暖差が大きく、水はけの良い土壌が特徴です。この恵まれた自然環境の中で、前坂大根は、みずみずしく、甘みのある大根に育ちます。 前坂大根は、江戸時代後期に、前坂地区に住む農民が、京都の市場に出荷するために栽培を始めたのが始まりと言われています。前坂大根は、その品質の高さから、すぐに人気を博し、江戸時代末期には、京都や大阪の市場に出荷されるようになりました。明治時代になると、前坂大根は、東京の市場にも出荷され、全国的に知られるようになりました。 前坂大根は、その独特の甘みと辛みが特徴です。甘みは、前坂地区の昼夜の寒暖差によって、大根のデンプンが糖に変化することで生まれます。辛みは、大根に含まれる辛味成分であるイソチオシアネートによるものです。イソチオシアネートは、大根を切ったり、すりおろしたりすることで、揮発し、辛みを感じることができます。 前坂大根は、生食でも、煮物や漬物にしても美味しくいただけます。特に、前坂大根の千切りを、酢と醤油で和えた「前坂大根の酢の物」は、前坂地区の郷土料理として親しまれています。前坂大根は、信州山ノ内町の特産品であり、全国各地に出荷されています。
施設名・ロケ地

神戸の老舗料亭「松迺家」の魅力

創業100年以上という歴史を持つ神戸の老舗料亭「松迺家」は、その伝統と格式の高さが魅力です。厳選された旬の食材を使用した料理は、どれも絶品揃いで、目にも美しい盛り付けは芸術品です。 また、松迺家は、数寄屋造りの建物や美しい日本庭園など、その風情ある雰囲気も魅力の一つです。個室や宴会場も完備しており、様々なシーンに対応することができます。 さらに、松迺家は、その行き届いたサービスも評判です。スタッフは皆、丁寧で親切な対応をしてくれ、ゲストの満足度を第一に考えています。 松迺家は、神戸を代表する老舗料亭として、多くの人々に愛されています。特別な日のお食事や、大切な人との会食などにぜひ訪れてみてください。
モノの名前

巻柿について

-巻柿の概要- 巻柿とは、柿の実を渋抜きをしてから、皮をむき、平たく伸ばして干したものである。柿の生産量が多い日本では、古くから作られており、全国各地にさまざまな巻柿がある。巻柿は、柿の甘さと渋みが凝縮されており、栄養価も高い。ビタミンA、ビタミンC、カリウム、食物繊維などが豊富に含まれている。また、柿に含まれるポリフェノールは、抗酸化作用があり、ガンや生活習慣病の予防に効果があると言われている。 巻柿は、そのまま食べても美味しいが、焼いたり、煮たりしても美味しく食べられる。また、お菓子の材料としてもよく使われる。巻柿は、保存性が高く、長期保存が可能である。そのため、贈答品としても人気がある。
作品名

「満蒙建国の黎明」解説・あらすじ・評価

「満蒙建国の黎明」は、満州とモンゴルの建国を扱った長編歴史小説です。1932年に刊行され、当時はベストセラーとなりました。 この小説は、満州とモンゴルの歴史を詳細に記述しており、満州とモンゴルの建国の過程を克明に描いています。また、満州とモンゴルの民族精神を強調しており、満州とモンゴルの独立と発展を訴えています。 この小説は、満州とモンゴルの建国を肯定的に評価しており、満州とモンゴルの建国を日本の国家利益に資するものとしています。また、満州とモンゴルの建国を日本の大陸政策の一環として位置づけており、日本の大陸政策の正当性を主張しています。 この小説は、満州とモンゴルの建国を美化しており、満州とモンゴルの建国を侵略戦争として批判していません。また、日本の大陸政策を批判しておらず、日本の大陸政策の正当性を主張しています。 この小説は、満州とモンゴルの建国を賛美しており、満州とモンゴルの建国を日本の国策に沿ったものとしています。また、日本の大陸政策を支持しており、日本の大陸政策の正当性を主張しています。
作品名

「まんがジョッキー」のすべて

「まんがジョッキー」の魅力は、なんといってもその番組のユニークさにある。この番組は、漫画家とテレビの融合という全く新しいコンセプトで制作され、その斬新なスタイルは多くの視聴者を魅了した。番組では、漫画家たちがそれぞれ自分の作品について解説したり、お互いの作品について批評したりする。また、漫画家たちが実際に漫画を描いている様子を放送したり、漫画の制作過程を解説したりする場面もあり、漫画家たちの仕事の裏側を垣間見ることができる。 「まんがジョッキー」のもう一つの魅力は、その出演者の個性である。この番組には、手塚治虫、藤子不二雄、赤塚不二夫など、そうそうたる漫画家たちが次々と登場する。彼らはいずれも、日本の漫画界を代表する大御所であり、そのトークや作品解説は、漫画ファンにはたまらない。また、番組に出演する漫画家たちは、皆とてもフレンドリーで、お互いに敬意を払いながら意見を交換している。その様子は、まるで漫画家たちの座談会のようで、見ているこちらも楽しくなってくる。 「まんがジョッキー」は、漫画の楽しさや奥深さを伝える番組であり、漫画ファンにはたまらない番組である。また、漫画に興味のない人でも、この番組を見ればきっと漫画の魅力にハマってしまうことだろう。
作品名

「前髪に虹がかかった」ってどんな作品?

「前髪に虹がかかった」は、2021年に公開された日本の恋愛映画です。監督は今泉力哉、主演は広瀬すずと松坂桃李です。 この映画は、美容師の美咲(広瀬すず)と、彼女が担当する美容室の客である美容師の塁(松坂桃李)の恋模様を描いています。美咲は塁に一目惚れをし、塁も美咲に惹かれていきます。しかし、美咲には恋人がおり、塁には妻がいます。 そんな中、美咲と塁は美容室で過ごす時間が増えていき、次第に距離を縮めていきます。しかし、2人の恋は周囲の反対に遭い、やがて破局を迎えてしまいます。 美咲と塁は、それぞれの人生を歩み始めますが、お互いのことを忘れることはできません。そして、ある日2人は再会を果たし、再び恋に落ちます。 「前髪に虹がかかった」は、切ないラブストーリーですが、最後はハッピーエンドを迎えます。2人の恋は、周囲の反対に遭っても決して諦めず、最後は結ばれるという、希望のメッセージを伝えています。
モノの名前

万司天神掛軸を徹底解説!

万司天神掛軸とは、万事成功を祈願して奉納された掛軸のことです。万司天神は、あらゆる分野の守護神とされており、受験・恋愛・金運・商売繁盛など、あらゆる願いを叶えてくれると言われています。万司天神掛軸は、自宅や職場に飾ることで、万事成功を祈願することができます。 万司天神掛軸は、一般的に、縦長の掛け軸に、万司天神の姿が描かれています。万司天神は、手に如意宝珠を持ち、蓮華座に座っている姿で描かれることが多いです。また、万司天神の左右には、眷属の白狐が描かれていることも多いです。万司天神掛軸は、通常、神棚に飾られますが、仏壇に飾る場合もあります。
作品名

夏の定番ソング「真夏のあらし」の魅力

「真夏のあらし」は、1977年にリリースされた稲垣潤一さんのデビューシングルで、日本レコード大賞を受賞した名曲です。夏をテーマにした爽やかなメロディーと、恋する若者の心情を歌った歌詞が、多くの人々の共感を呼び、夏の定番ソングとなりました。 この曲は、稲垣潤一さんのデビューを機に、阿久悠さん作詞、筒美京平さん作曲という豪華な布陣で制作されました。阿久悠さんは、これまでに「また逢う日まで」や「キャンディーズ」など、数多くのヒット曲を手がけた作詞家です。筒美京平さんは、「ルビーの指環」や「魅せられて」など、数多くのヒット曲を手がけた作曲家です。 阿久悠さんは、この曲の歌詞について、「夏の暑さを表現するために、あえて『あらし』という言葉をタイトルにした」と語っています。筒美京平さんは、この曲のメロディーについて、「夏の爽やかさを表現するために、あえてシンプルなコード進行にした」と語っています。 「真夏のあらし」は、稲垣潤一さんのデビューシングルとして大ヒットし、日本レコード大賞を受賞しました。この曲は、夏の定番ソングとして、今でも多くの人々に愛されています。
施設名・ロケ地

「まきばの館」の楽しみ方

ハム・ミルク工房 まきばの館には、ハム・ミルク工房があり、ここでハムやベーコン、ソーセージ、牛乳、チーズなどの乳製品を作っています。ハムやベーコンは、地元産の豚を使用して作られており、ソーセージは、ハーブやスパイスを効かせたものや、チーズ入りのものなど、種類が豊富です。牛乳は、まきばの館の敷地内にある牧場で飼育されている牛から搾乳されたもので、新鮮で濃厚な味わいです。チーズは、牛乳から作られるカマンベールチーズやモッツァレラチーズ、チェダーチーズなどがあり、どれも濃厚な風味で人気があります。ハムやベーコン、ソーセージ、牛乳、チーズなどの乳製品は、まきばの館の売店で販売されており、お土産としても人気です。
作品名

まほろ市の殺人~色彩の謎を解き明かせ~

夏夏に散る花の秘密 まほろ市で発生した連続殺人事件。犯人は、殺人現場に花を置いていくという特徴的な手口を使用しており、警察は犯人を「フラワー・キラー」と呼んでいた。フラワー・キラーは、これまで3人の女性を殺害しており、いずれも若い女性だった。 殺害された女性は、いずれも花のヘアアクセサリーをつけていた。また、現場には花びらが撒かれていた。警察は、犯人が花に何らかの意味を込めているのではないかと考え、捜査を進めた。 やがて、警察はフラワー・キラーの正体に迫っていく。犯人は、花屋を営む男だった。男は、殺害した女性全員と付き合っていたことが判明した。男は、女性たちに愛想を尽かされると、花をプレゼントして殺害していたのだ。 男は、逮捕され、裁判にかけられた。裁判では、男は犯行を否認した。しかし、警察は、男の犯行を裏付ける証拠を数多く集めていた。男は、最終的に有罪判決を受け、死刑となった。 フラワー・キラー事件は、まほろ市に大きな衝撃を与えた。人々は、事件のことを知り、恐怖に震えた。しかし、犯人が逮捕され、事件が解決したことで、人々は安堵した。
作品名

女子高生レスラーの活躍を描く「まつりスペシャル」の魅力とは

「まつりスペシャル」の主人公、赤井まつりは、プロレスラーを目指す女子高生です。明るく元気で正義感の強い性格で、一度決めたら最後までやり遂げるという強い意志を持っています。また、プロレスラーとしての才能にも恵まれ、その才能を活かして様々な大会で活躍しています。 まつりの魅力は、そのひたむきな姿勢と、プロレスに対する熱い情熱です。まつりは、プロレスラーになるために、厳しい練習を毎日続けており、その練習量は他の選手を圧倒しています。また、まつりはプロレスに対して、ただ勝つだけではなく、観客を楽しませることも大切であると考えており、常に観客を楽しませるようなファイトスタイルを心がけています。 まつりのプロレスに対する情熱は、試合中のパフォーマンスにも表れています。まつりは、試合中になると、まるで別人のように激しくなり、観客を魅了するようなファイトスタイルを見せます。また、まつりはプロレスラーとしての強さだけではなく、その美しさでも注目を集めており、女子プロレス界のトップスターとして活躍しています。
施設名・ロケ地

まかいの牧場で休日を満喫しよう!

まかいの牧場を訪れると、まず目に入ってくるのが牧場ならではの景色と自然です。一面に広がる牧草地、そこを悠々と歩く牛や羊、そして雄大な山々。都会の喧騒を離れ、牧場で過ごす休日はまさに癒しの時間です。 牧草地に寝転がって空を見上げれば、広大な青空と白い雲が広がっています。鳥のさえずりが耳に心地よく響き、風に乗って草花の香りが漂ってきます。まるで絵画のような美しい景色に、自然の恵みを改めて感じることができます。 そして、牧場ならではの動物との触れ合いも欠かせません。牛や羊、ヤギなどの動物に直接触れたり、餌を与えたりすることができます。動物の温もりや柔らかさに触れ、心も体もほっこりします。 また、牧場では乗馬体験やバギー体験などのアクティビティをを楽しむこともできます。牧草地を駆け抜ける爽快感を味わったり、山々を眺めながらのトレッキングなどを満喫することができます。 休日は、まかいの牧場で牧場ならではの景色と自然を満喫して、心と体をリフレッシュしましょう。
モノの名前

松阪名物「うま~いどん丼」の魅力

うま~いどん丼誕生秘話 松阪名物「うま~いどん丼」は、松阪牛のすき焼きを丼に盛ったもので、2004年に松阪市内の飲食店「まぐろや」のオーナーシェフである前田義孝氏が考案したものです。 前田氏は、すき焼きという料理は、甘辛いたれと牛肉のうま味が絶妙なハーモニーを奏でる、日本が誇るべき逸品であると考えていました。しかし、すき焼きは、鍋で調理する必要があり、また、肉と野菜を別々に食べるのが一般的で、食べにくいという欠点もありました。 そこで、前田氏は、すき焼きをもっと手軽に、よりおいしく食べる方法はないかと考え、うま~いどん丼を考案しました。うま~いどん丼は、すき焼きのたれと牛肉を丼に盛り、その上に温泉卵をのせたものです。すき焼きのたれの甘辛さと牛肉のうま味を、温泉卵のマイルドな味わいが調和した、新感覚の丼ぶりです。 うま~いどん丼は、そのおいしさと手軽さから、瞬く間に松阪名物として人気を集めました。今では、松阪市内だけでなく、県内外にもその名が知られるようになり、多くの人々がうま~いどん丼を求めて松阪を訪れます。