「み」で始まる

作品名

源頼朝の魅力

山岡荘八の小説『源頼朝』は、源頼朝の生涯を描いた長編小説です。この小説は、頼朝の幼少期から鎌倉幕府の成立までの過程を、歴史的事実をもとに、生き生きとした描写でつづっています。 山岡荘八は、頼朝の魅力を、その行動力とカリスマ性に見ています。頼朝は、幼い頃から武芸に秀でており、また、政治的手腕にも長けていました。頼朝は、平氏打倒の旗揚げに成功し、鎌倉幕府を成立させましたが、これは、頼朝の行動力とカリスマ性がなければ、なし得なかったことでしょう。 山岡荘八は、また、頼朝の冷徹さと孤独にも注目しています。頼朝は、平氏打倒のために、自分の家族や部下を犠牲にすることも厭いませんでした。頼朝は、孤独な人物であり、生涯にわたって、孤独との戦いを続けていました。 山岡荘八は、頼朝の魅力を、その行動力、カリスマ性、冷徹さ、孤独という4つの要素でとらえています。この4つの要素が、頼朝を鎌倉幕府の初代将軍たらしめたのです。
作品名

旅情推理と美しい景色を楽しむ「南九州殺人迷路」

十津川警部の活躍! 南九州殺人迷路の大きな見どころの一つが、十津川警部の活躍です。十津川警部は、鋭い洞察力と推理力で難事件を解決していく人気のキャラクターで、この作品でもその手腕を遺憾なく発揮しています。事件の真相に迫るため、十津川警部は南九州各地を巡り、地元の人々や関係者から話を聞き、証拠を集めていきます。その過程で、十津川警部は様々な困難に直面しますが、持ち前の粘り強さと知恵でそれらを乗り越え、事件を解決に導いていきます。十津川警部の活躍は、読者を引き込んで離さない魅力があり、作品を最後まで楽しませてくれます。
施設名・ロケ地

「尊経閣文庫」の魅力!歴史と所蔵資料を紹介

「尊経閣文庫」は、京都市中京区にある京都大学附属図書館の史料庫です。1897年(明治30年)に設立され、漢籍を中心に約120万冊の資料を所蔵しています。そのうち、約10万冊は貴重書に指定されており、国宝や重要文化財に指定されている資料も数多くあります。 「尊経閣文庫」の歴史は、1602年(慶長7年)に徳川家康が江戸城内に設立した「紅葉山文庫」に始まります。紅葉山文庫は、8代将軍徳川吉宗の命により、1731年(享保16年)に現在の「尊経閣文庫」の場所に移転されました。その後、1868年(明治元年)に明治政府に接収され、1897年(明治30年)に京都帝国大学附属図書館の一部門として開館しました。 「尊経閣文庫」の所蔵資料は、中国の古典籍を中心に、朝鮮や日本の古書、洋書なども含まれています。漢籍の分野では、唐代の写本や宋代の版本など、貴重な資料を多く所蔵しています。また、朝鮮の古書では、李朝の正史や実録、日本の古書では、平安時代の写本や鎌倉時代の版本など、貴重な資料を数多く所蔵しています。
作品名

時代の先駆者!「みやこ新聞」の歴史を紐解く

-黒岩涙香のパイオニア精神- 「みやこ新聞」の創刊者である黒岩涙香は、日本のジャーナリズム界に大きな影響を与えた人物です。彼は、日本初の民間新聞である「東京日日新聞」を創刊し、日本初の新聞記者養成所である「新聞記者講習所」を設立しました。また、彼は、日本初の新聞社である「時事新報社」の社長を務め、日本初の新聞通信社である「日本通信社」を創設しました。 涙香は、ジャーナリズムの重要性を説き、新聞は社会を啓蒙し、人々の生活を向上させる使命を担うべきだと主張しました。彼は、新聞は権力者に媚びることなく、常に真実を報道すべきだと考え、政府の弾圧にも屈することなく、新聞の自由を貫徹しました。 涙香のパイオニア精神は、日本のジャーナリズム界の発展に大きな貢献をしました。彼の残した功績は、今日でも高く評価されており、彼は日本のジャーナリズムの父と呼ばれています。
施設名・ロケ地

「水と緑の館・展望タワー」で絶景を堪能

木曽三川公園センターにある展望塔は、木曽三川公園のシンボル的存在です。高さ36メートルの展望塔から、木曽三川や揖斐川の美しい流れ、そして伊勢湾までの雄大な景色を眺めることができます。 木曽三川公園センターは、岐阜県海津市にある公園です。公園内には、展望塔のほかにも、水と緑の館、多目的グラウンド、テニスコート、キャンプ場などの施設があります。水と緑の館には、木曽三川の歴史や自然に関する展示物が展示されています。 木曽三川公園は、木曽三川の流れを間近に感じることができる公園です。公園内には、遊歩道が整備されているので、散策を楽しむこともできます。また、木曽三川公園では、毎年8月には「木曽三川まつり」が開催されます。木曽三川まつりでは、花火大会や屋台などが開催され、多くの人で賑わいます。 木曽三川公園センターの展望塔は、木曽三川公園の絶景を堪能できるスポットです。展望塔からは、木曽三川や揖斐川の美しい流れ、そして伊勢湾までの雄大な景色を眺めることができます。木曽三川公園を訪れた際には、ぜひ展望塔に登ってみてください。
芸能人の名前

みどの魅力

-みどのプロフィール- みどは、1990年3月8日に東京都で生まれた日本の女優、モデルです。身長163cm、血液型はA型です。所属事務所はオスカープロモーションです。 みどは、2007年に開催された「第1回オスカープロモーションガール フレンドオーディション」で審査員特別賞を受賞し、芸能界デビューを果たしました。その後、2008年にドラマ「ハチミツとクローバー」で女優デビューを果たしました。 みどは、女優として映画、ドラマ、舞台などで活躍しています。主な出演作としては、映画「ちはやふる」(2016年)、「恋は雨上がりのように」(2018年)、「天気の子」(2019年)、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(2016年)、「おっさんずラブ」(2018年)、「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」(2019年)などがあります。 みどは、女優としてだけでなく、モデルとしても活躍しています。2014年から雑誌「CanCam」の専属モデルを務めており、ファッション誌や広告などに出演しています。 みどは、その清純な美貌と透明感あふれる演技で、多くのファンを魅了しています。今後の活躍が期待される女優の一人です。
作品名

「南みのわ新聞」の歴史と特徴

南みのわ新聞は、長野県上伊那郡南箕輪村で発行されている地域新聞です。1984年(昭和59年)に創刊され、南箕輪村唯一の地域新聞として、村内のニュースやイベント情報を中心に、さまざまな情報を発信しています。発行日は毎週木曜日で、A3判8ページ建てです。 南みのわ新聞の特徴の一つは、地域密着型の新聞であるということです。南箕輪村の大小さまざまなニュースをくまなく取材し、住民にとって身近な話題を扱っています。また、南箕輪村の文化や歴史、自然などを紹介する記事も多く掲載されており、地域の魅力を伝える役割も果たしています。 もう一つの特徴は、読者との距離が近いことです。南みのわ新聞は、読者からの投稿や意見を積極的に掲載しています。また、読者と記者が直接交流するイベントも定期的に開催しており、地域住民と新聞社が一体となった新聞作りを目指しています。 南みのわ新聞は、南箕輪村の住民にとってなくてはならない情報源であり、地域コミュニティの活性化に貢献しています。今後も、地域密着型の新聞として、南箕輪村の情報を発信し続けていくことが期待されています。
モノの名前

三鷹市を巡る「みたかシティバス」

みたかシティバスとは、東京都三鷹市が運行するコミュニティバスです。運行開始は2003年4月1日で、現在は三鷹駅北口を起終点とする3路線と、吉祥寺駅北口を起終点とする1路線の4路線が運行されています。バスの車体は白色を基調とし、側面に「みたかシティバス」のロゴと、路線番号・行先表示が書かれています。また、車内には、停留所名と次の停留所までの距離が表示されたモニターが設置されています。 みたかシティバスは、三鷹市内のさまざまな場所を結んでおり、公共交通機関の空白地帯を補完する役割を果たしています。また、低料金で利用できるため、地域住民の足として親しまれています。みたかシティバスの運賃は、大人1乗車100円、小児1乗車50円です。定期券は、1か月券が2,000円、3か月券が5,000円、6か月券が9,000円で販売されています。
モノの名前

宮之城花器を再発見

宮之城花器の歴史と特徴 宮之城花器は、鹿児島県宮之城市で製造されている陶器の花器です。その歴史は古く、江戸時代初期にまでさかのぼります。宮之城花器は、その独特な形と文様で知られており、全国各地に愛好家がいます。 宮之城花器の特徴は、まずその形にあります。胴部と口縁部がくびれた形をしており、全体に丸みを帯びた柔らかなフォルムが特徴です。また、表面にはさまざまな文様が施されており、花や鳥、風景など、さまざまなモチーフが描かれています。文様は、手描きで描かれることが多く、一つひとつが個性的です。 宮之城花器のもう一つの特徴は、その釉薬です。宮之城花器に使用されている釉薬は、独特の風合いを持つ灰釉です。灰釉は、木灰を溶かして作られる釉薬で、素朴で温かみのある風合いが特徴です。また、灰釉は耐火性が高く、高温で焼いても溶け出さないため、耐久性に優れています。 宮之城花器は、その独特な形と文様、釉薬の風合いで、全国各地に愛好家がいる陶器の花器です。花を飾るだけでなく、インテリアとしても楽しむことができます。
モノの名前

茨城の名物!瑞穂牛の魅力を味わおう

瑞穂牛とは? 瑞穂牛は、茨城県で生産される黒毛和牛です。常陸牛と並んで茨城県を代表するブランド牛であり、その歴史は古く、江戸時代から肥育されていたとされています。瑞穂牛の特徴は、きめ細かなサシと柔らかな肉質です。また、肉本来の旨味と甘みが強く、脂はしつこくなくあっさりとしています。 瑞穂牛は、茨城県内の限られた農家で生産されています。生産農家は、厳しい基準をクリアした農家のみが認定されており、牛の飼育方法や餌にこだわりを持って飼育しています。餌には、茨城県産の稲わらやとうもろこし、そして県内産のビール粕が与えられています。これらの餌によって、瑞穂牛は風味豊かで旨味のある肉質になります。 瑞穂牛は、茨城県内のレストランやホテルなどで提供されています。また、デパートやスーパーでも販売されています。瑞穂牛を食べたことがある人からは、「肉が柔らかくジューシーで、旨味がある」「脂がしつこくなくあっさりとしている」「値段の割に美味しい」などの声が聞かれています。 瑞穂牛は、茨城県の誇るブランド牛です。その美味しさは多くの人を魅了しており、茨城県を訪れた際にはぜひ一度味わいたい逸品です。
作品名

「水の残像」の魅力とは?

江島その美の詩集「水の残像」とは? 江島その美の詩集「水の残像」は、水の魅力を詩で表現した詩集です。水は自然界に多く存在するものであり、私たちの生活に欠かせないものです。しかし、水は形がなく、捉えどころのないものでもあります。江島その美は、そんな水の姿を詩で捉えようとしてきました。 江島その美が水の詩を書き始めたきっかけは、ある日、川岸で水の流れを眺めていたときのことでした。水の流れは、常に変化しており、決して同じではありません。江島その美は、水の流れの美しさに魅了され、その美しさを詩で表現したいと思うようになりました。 江島その美の詩集「水の残像」には、水の流れを詠んだ詩が数多く収められています。江島その美は、水の流れを「永遠の旅人」と表現しています。水は常に流れ続け、決して止まることはありません。江島その美は、水の流れのその永遠性に美しさを感じています。 また、江島その美は、水の流れを「人生」と重ね合わせて表現しています。人生もまた、常に変化しており、決して同じではありません。江島その美は、水の流れを眺めることで、人生の無常さを感じています。しかし、江島その美は、人生の無常さの中にこそ、美しさを見出しています。 江島その美の詩集「水の残像」は、水の魅力を詩で表現した詩集です。江島その美は、水の流れを「永遠の旅人」と表現し、その永遠性に美しさを感じています。また、江島その美は、水の流れを「人生」と重ね合わせて表現し、人生の無常さの中にこそ、美しさを見出しています。
施設名・ロケ地

「みさき台公園」の魅力

-公園内の天文台- みさき台公園は、天文台を備えた公園で、星や宇宙に興味がある人々にとって、魅力的なスポットとなっています。天文台では、土日祝日には、無料で天体観測会が行われていて、望遠鏡を使って、月や惑星、星雲や銀河など、さまざまな天体を観察することができます。また、天文台では、定期的に講演会やワークショップを開催しており、星や宇宙についての知識を深めることができます。 みさき台公園の天文台は、1994年に開館した比較的新しい天文台ですが、その施設は充実しており、口径50センチの反射望遠鏡や、太陽観測用の望遠鏡などを備えています。また、天文台には、星や宇宙についての展示物がある展示室や、宇宙を疑似体験できるプラネタリウムなどがあり、大人から子供まで楽しむことができます。 みさき台公園の天文台は、星や宇宙に興味がある人々にとって、絶好のスポットであり、一度は訪れてみたい場所となっています。
地名・ロケ地

三方五湖周遊道路を満喫!絶景ドライブのすすめ

三方五湖周遊道路とは?特徴と魅力を徹底解説 三方五湖周遊道路とは、福井県三方郡美浜町と三方上中郡若狭町を通る、延長35キロメートルほどの観光道路です。三方五湖や、久々子湖、水月湖など五つの湖の周辺を巡るルートで、変化に富んだ景観を楽しむことができます。 三方五湖周遊道路の特徴は、何といっても景色の美しさです。湖畔のドライブコースは、四季折々の美しさがあり、特に春と秋には、湖面に映る紅葉や桜が絶景です。また、冬の澄んだ空気の日には、遠くの山々まで見渡すことができます。 三方五湖周遊道路の魅力は、景色の美しさだけでなく、湖畔に点在するスポットにもあります。その中でも、最も人気なのが三方五湖レインボーラインです。これは、三方湖の北岸に位置する、全長1.7キロメートルの観光リフトです。リフトに乗ると、三方五湖の絶景を一望することができます。 他にも、三方五湖周遊道路には、様々なスポットがあります。例えば、水月湖畔には、水月湖キャンプ場があり、キャンプを楽しむことができます。久々子湖畔には、久々子湖温泉があり、温泉を楽しむことができます。また、三方五湖周辺には、新鮮な魚介類を使った料理を提供する飲食店が多くあり、グルメを楽しむこともできます。
作品名

「未来世界から来た男」について

-フレドリック・ブラウンのSFショート・ショート集- フレドリック・ブラウンは、20世紀半ばに活躍したアメリカのSF作家です。彼の作品は、ユーモアと風刺を交えた軽妙な作風が特徴で、多くの読者に愛されました。ブラウンの作品の中でも特に人気が高いのが、SFショート・ショート集です。 SFショート・ショートとは、短編よりもさらに短い、数ページ程度のSF作品のことを指します。ブラウンは、この限られた文字数の中で、巧みなストーリー展開と意外な結末を演出することに長けていました。彼のSFショート・ショート集には、「未来世界から来た男」をはじめ、多くの名作が収録されています。 「未来世界から来た男」は、ブラウンのSFショート・ショート集の中でも最も有名な作品の一つです。この作品は、未来から来た男と、彼を助けるために奮闘する人々の姿を描いた物語です。未来から来た男は、地球を救うための重要な情報を携えていますが、その情報は政府に知られてしまうと、利用されてしまう危険性があります。そのため、彼は政府の追跡を逃れながら、その情報を安全な場所に届けようとしなければならないのです。 「未来世界から来た男」は、ブラウンのユーモアと風刺が存分に発揮された作品です。主人公である未来から来た男は、ブラウン自身をモデルにしたキャラクターであり、彼の飄々とした語り口調が作品の魅力を高めています。また、政府の追跡から逃れるために主人公が奮闘する様子は、手に汗握る展開です。 「未来世界から来た男」は、ブラウンのSFショート・ショート集の中でも特に人気が高い作品です。ユーモアと風刺を交えた軽妙な作風と、巧みなストーリー展開が魅力の作品です。ブラウンの作品を初めて読む方には、ぜひこの作品をお勧めします。
施設名・ロケ地

歴史と自然が融合する「美濃国分寺緑地」

国指定史跡「美濃国分寺跡」 美濃国分寺跡は、奈良時代から平安時代にかけて栄えた国分寺の跡地であり、国の史跡に指定されています。境内には、金堂、講堂、僧坊などの建物跡が残されており、当時の様子を垣間見ることができます。また、境内には、樹齢1000年を超える大木が立ち並び、緑豊かな自然が広がっています。このため、美濃国分寺跡は、歴史と自然が融合する場所として、多くの観光客が訪れます。 美濃国分寺は、奈良時代の天平13年(741年)に聖武天皇の詔により全国に建立された国分寺のひとつです。美濃国分寺は、現在の大垣市に位置し、総面積は10万坪にも及びました。金堂、講堂、僧坊などの建物が並び、奈良時代から平安時代にかけて、美濃国の政治・経済・文化の中心地として栄えました。 平安時代末期になると、美濃国分寺は衰退し始め、室町時代には廃寺となりました。その後、江戸時代には、美濃国分寺跡に御厨屋敷が建てられ、明治時代初期まで使用されました。明治時代末期になると、美濃国分寺跡は公園として整備され、一般に公開されました。現在、美濃国分寺跡は、国の史跡に指定されており、多くの観光客が訪れる人気スポットとなっています。 美濃国分寺跡は、歴史と自然が融合する場所として、多くの人々に親しまれています。境内には、金堂、講堂、僧坊などの建物跡が残されており、当時の様子を垣間見ることができます。また、境内には、樹齢1000年を超える大木が立ち並び、緑豊かな自然が広がっています。このため、美濃国分寺跡は、歴史と自然を同時に楽しめる場所として、多くの人々に愛されています。
モノの名前

三次人形:広島県の伝統工芸品

三次人形の歴史は古く、平安時代末期にはすでに作られていたと伝えられています。当時は、厄除けや祈願のための人形として作られていました。その後、江戸時代になると、三次人形は庶民の間で広く親しまれるようになりました。その理由は、三次人形が安価で、かつ可愛らしい顔をしていたからです。また、三次人形は様々な素材で作られており、そのバリエーションの豊かさも人気を集めました。 三次人形が作られるようになった由来は、平安時代末期の源平合戦にさかのぼります。この合戦で、平家の武将である平清盛が、戦勝祈願のために三次の地に人形を奉納したと伝えられています。これが三次人形の始まりとされています。その後、三次人形は庶民の間で広く親しまれるようになり、現在では広島県の伝統工芸品に指定されています。
地名・ロケ地

秋田県大仙市北部、雄物川水系淀川ににある、美山湖とは?

美山湖とは? 美山湖は秋田県大仙市北部にあるダム湖で、雄物川水系淀川に位置しています。奥羽山脈の麓にあり、周囲の山々が生み出す美しい景観が魅力です。湖の面積は約10平方キロメートル、貯水量は約1億トンで、秋田県内で最も大きなダム湖となっています。美山湖の建設は、1957年に始まり、1962年に完成しました。当初は、洪水調節と灌漑を目的として建設されましたが、現在では、発電、水産、観光など、様々な用途で利用されています。 美山湖は、その美しい景観から、観光地としても人気があります。湖畔には、キャンプ場や遊歩道が整備され、ハイキングや釣りなど、様々なアクティビティを楽しむことができます。また、湖には、ワカサギやコイなどの魚が生息しており、釣りスポットとしても人気を集めています。
施設名・ロケ地

壬生駅(栃木県下都賀郡壬生町):駅の詳細と周辺情報

壬生駅の概要と歴史 壬生駅は、栃木県下都賀郡壬生町にあるJR東日本宇都宮線の駅です。 1885年(明治18年)10月1日に開業し、1987年(昭和62年)4月1日の国鉄分割民営化によりJR東日本の駅となりました。 島式ホーム1面2線を有する地上駅で、駅舎は西口側にあります。 壬生駅は、壬生町の玄関口であり、町内最大の繁華街である壬生中央商店街が駅前に広がっています。 また、駅周辺には、壬生町役場、壬生警察署、壬生病院など、公共施設や医療機関が充実しています。 壬生駅は、宇都宮市や栃木市への通勤・通学客が多く利用しており、1日の平均乗車人員は約1万2,000人です。 また、壬生町は、いちごの生産量が日本一であり、壬生駅周辺には、いちご狩りを楽しむことができる観光農園がたくさんあります。
作品名

三毛猫ホームズの家出の魅力

三毛猫ホームズの家出の魅力シリーズの魅力とその背景 三毛猫ホームズの家出は、日本のミステリー小説シリーズであり、赤川次郎によって書かれています。このシリーズは、ホームズという三毛猫が主人公であり、彼は人間の言葉が理解でき、人間と会話をすることができます。彼は、飼い主である小林少年と一緒に、さまざまな事件を解決していきます。 このシリーズは、1979年に第1作目が発表されて以来、現在まで30作以上が出版されており、累計発行部数は1,000万部を超えています。また、このシリーズは、テレビドラマ、アニメ、映画などにもなっています。 このシリーズの魅力は、なんといってもホームズという猫のキャラクターにあります。ホームズは、非常に賢く、推理力に優れており、事件を次々と解決していきます。また、彼は、人間に対して非常に忠実であり、飼い主である小林少年のピンチには必ず駆けつけます。 このシリーズの背景は、日本の高度経済成長期です。この時代は、日本が経済的に発展し、人々の生活が豊かになっていきました。しかし、一方で、社会問題も深刻化し、犯罪も増加していきました。 このような背景の中、このシリーズは、ホームズという猫が活躍し、事件を解決していく姿を描いた作品です。このシリーズは、当時の社会問題を反映しており、人々に共感を与えています。
施設名・ロケ地

「三井野原スキー場」の魅力 島根県仁多郡奥出雲町でスキーを楽しむ

大見出し「「三井野原スキー場」の魅力 島根県仁多郡奥出雲町でスキーを楽しむ」の下に作られた小見出しの「家族連れに優しいスキー場」についてお話しします。 三井野原スキー場は、島根県仁多郡奥出雲町にあるスキー場で、ファミリーに優しいスキー場として知られています。スキー場には、初心者向けの緩斜面から、上級者向けの急斜面まで、さまざまなコースが用意されており、家族全員が楽しめるようになっています。また、子ども向けのスキー教室や、レンタルスキー・レンタルボードなどの設備も充実しており、スキー初心者でも安心して楽しむことができます。 また、三井野原スキー場には、ゲレンデに隣接した「三井野原高原ユースホステル」があり、宿泊施設も充実しています。ユースホステルは、ファミリー向けの部屋や、グループ向けの部屋など、さまざまな部屋タイプが用意されており、家族連れでもグループでも快適に過ごすことができます。 さらに、三井野原スキー場では、毎年12月下旬から3月中旬まで、ナイトスキーを開催しており、ナイター券を購入することで、夜間もスキーやスノーボードを楽しむことができます。ナイトスキーは、昼間とはまた違った雰囲気の中でスキーやスノーボードを楽しむことができるので、人気があります。 三井野原スキー場は、初心者でも安心して楽しめる設備が充実しており、家族連れに優しいスキー場です。スキーやスノーボードを始めるのに最適な場所であり、家族全員で楽しい時間を過ごすことができます。
モノの名前

明星 評判屋 – 味わいと特徴を徹底解説

明星 庸屋は、日本を拠点とするラーメン店です。1992年に創業し、全国に100店舗以上を展開しており、その人気は日本国内外に広がっているアジア有数の人気ラーメン店です。明星 庸屋は、独創的で革新적인ラーメンで知られています。その中でも明星 庸屋を象徴する看板メニューの「明星 とんかつラーメン」は、豚骨ラーメンに大きなとんかつが乗ったもので、明星 庸屋を語る上で欠かせないメニューです。また、明星 庸屋ではラーメンだけでなく、チャーハンや餃子といったサイドメニューも提供されています。明星 庸屋は、その独創的で革新적인ラーメンで、日本国内外で人気を博しており、今後もその人気は続くと思われます。
施設名・ロケ地

神戸の花火大会!「みなとこうべ海上花火大会」

「みなとこうべ海上花火大会」とは? 「みなとこうべ海上花火大会」は、神戸市が毎年8月に開催している花火大会です。神戸港の中央に浮かぶ人工島「ポートアイランド」の周辺海域を会場として、約4,000発の花火が打ち上げられます。花火大会は、1981年に神戸開港120周年を記念して開催されたのが始まりです。その後、毎年開催されるようになり、現在では神戸の夏の風物詩として親しまれています。 「みなとこうべ海上花火大会」の見どころは、何といってもその規模の大きさです。花火大会では、約4,000発の花火が打ち上げられますが、そのうち約1,000発が直径約1キロメートルの巨大なスターマインです。スターマインは、花火大会のクライマックスを飾る花火で、その美しさは圧巻です。 「みなとこうべ海上花火大会」は、ポートアイランドの周辺海域からだけでなく、神戸の街からも楽しむことができます。花火大会当日は、多くの人々がポートアイランドや神戸の街に集まり、花火を鑑賞します。また、花火大会期間中は、神戸市内でさまざまなイベントが開催され、多くの人でにぎわいます。
地名・ロケ地

宮古島の伝統文化「パーントゥ」の魅力と意味

宮古島の島尻地区では、パーントゥを演じる際に泥を使用します。これは、泥には厄払いのパワーがあると信じられているためです。パーントゥは、泥の付いた草を身にまとい、泥を顔に塗りたくって登場します。そして、家々を訪れて厄払いをします。パーントゥが訪れると、その家の家族は泥を浴びせられます。これは、厄払いを受けるためです。また、パーントゥは家の中を走り回り、泥を塗りたくります。これは、家の中の厄を払うためです。島尻地区のパーントゥは、泥だらけの厄払いとして知られています。泥は厄払いのパワーがあると信じられているため、泥をたくさん浴びれば浴びるほど、厄払いになるというわけです。パーントゥが訪れると、その家の家族は泥を浴びせられたり、家の中を泥で塗りたくられたりしますが、それを嫌がる人はいません。むしろ、パーントゥに泥をたくさん浴びせてもらおうと、我先にとパーントゥのもとに集まってきます。
施設名・ロケ地

感動の旅!大分県豊後大野市「道の駅 みえ」

「道の駅 みえ」は、大分県豊後大野市にある道の駅で、オートバイやサイクリングの愛好者の間で、ツーリングの目的地として人気のスポットです。2015年には「バイク&ツーリングめぐりの旅キャンペーン」において、「バイクツーリングに便利な道の駅」として国土交通大臣賞を受賞。さらに、2017年には「ツーリングスポット」として「九州ツーリングMAP」に掲載され、全国のライダーから注目を集めています。 「道の駅 みえ」には、地元の特産物や工芸品を販売する売店や、郷土料理が味わえるレストラン、休憩スペースなどがあり、ツーリングの途中に立ち寄って、休憩や食事を楽しむことができます。また、併設されている公園には、遊具や広場があり、子供連れでも楽しむことができます。 また、毎週土・日曜、祝日には、地元の人々が集う「マルシェ」が開催されており、新鮮な野菜や果物、地元の特産品などが販売されています。このマルシェは、地元の人との交流の場としても親しまれており、観光客にも人気となっています。