NHK

作品名

明るいなかまについて

明るい仲間とは 明るい仲間とは、明るく前向きで、いつも笑顔で接してくれる人々のことです。彼らは、周りの人々を元気づける力があり、一緒にいると自然と笑顔になることができます。明るい仲間は、ポジティブなエネルギーを周囲に放ち、人々を幸せな気持ちにさせることができます。 彼らは、いつも前向きに物事を考え、困難に直面しても決して諦めません。また、彼らは、周りの人々のことを常に気にかけており、困っている人がいればすぐに手を差し伸べてくれます。明るい仲間は、まるで太陽のような存在で、周りの人々を照らし、元気づけてくれます。 明るい仲間と一緒にいると、自然と笑顔になり、前向きな気持ちになることができます。彼らは、私たちに生きる勇気と希望を与えてくれます。また、彼らは、私たちの人生をより豊かにし、幸せにしてくれます。明るい仲間は、私たちの宝物です。私たちの人生に欠かせない存在です。
作品名

元気あげる! 救命救急医物語

「物語の概要」 「元気あげる! 救命救急医物語」は、救命救急医である主人公・白石恵介が、様々な患者と出会い、彼らの命を救うために奮闘する姿を描いたヒューマンストーリーです。白石は、救命救急センターに勤務する医師であり、日々、生死をかけた戦いに身を投じています。そんな白石のもとには、様々な患者がやってきます。交通事故に遭った患者、心臓発作を起こした患者、そして、命の危機に瀕した子供たち。白石は、そんな患者たちの命を救うために、全力を尽くします。白石は、救命救急医として、患者の命を救うという使命感を持って働いています。しかし、白石もまた、一人の人間であり、患者を救えなかったときには、苦悩することもあります。それでも、白石は、諦めずに患者の命を救うために戦い続けます。白石の姿は、私たちに命の大切さを教え、生きる勇気を与えてくれます。
芸能人の名前

「ジャコビ」(NHKのキャラクター)について

「ジャコビの特徴」 NHKのキャラクターであるジャコビは、2017年に生まれました。ジャコビは、高さ14cm、体重346gのウサギのような姿をしています。体は真っ白で、目は黒いです。ジャコビは、いつもニコニコしていて、とても優しい性格をしています。ジャコビは、歌やダンスが大好きで、いつも笑顔で楽しそうにしています。ジャコビは、子供たちに夢と希望を与えるキャラクターとして親しまれています。 ジャコビは、いつも「きみは、できる!」という言葉を口癖にしていて、子供たちに元気と勇気を与えています。ジャコビは、どんなときでもあきらめないで、チャレンジすることを教えてくれます。ジャコビは、子供たちにとって、なくてはならない存在です。ジャコビは、子供たちに夢と希望を与えるキャラクターとして、これからも活躍し続けます。
作品名

「あつまれ!じゃんけんぽん」とは?

「あつまれ!じゃんけんぽん」は、2022年10月10日からNHK Eテレで放送されている子ども向け番組です。毎週月曜日から木曜日まで放送され、1回の放送は15分間です。 この番組は、じゃんけんをテーマにしたゲームやクイズ、コントなどを通して、子どもたちにじゃんけんの楽しさや奥深さを伝えていくものです。また、じゃんけんを通して、子どもたちに考える力や判断力、コミュニケーション能力を養うことも目的としています。 番組のメインキャラクターは、じゃんけんが大好きな女の子の「あかり」と、あかりの友達の男の子の「けんと」です。あかりとけんとが、じゃんけんを通して様々なゲームやクイズに挑戦したり、コントをしたりして、子どもたちを楽しませます。 「あつまれ!じゃんけんぽん」は、子どもたちが楽しくじゃんけんを学ぶことができる番組です。また、番組を通して、子どもたちが考える力や判断力、コミュニケーション能力を養うこともできます。
作品名

「はっさい先生」の魅力

翠の奮闘する姿が魅力的 「はっさい先生」は、2014年から放送されているテレビドラマで、主人公の小学校教諭・八重桜翠(はっさい すい)が、さまざまな困難に立ち向かいながら、生徒たちと成長していく姿を描いた物語です。 翠は、新任教師として、東京都立桜ヶ丘小学校に赴任してきます。そこでは、問題児が多く、荒れたクラスを担当することになり、当初は戸惑いを隠せませんでしたが、生徒たちと向き合い、彼らの問題を解決するために奮闘していきます。 翠は、生徒たち一人ひとりの事情を理解し、彼らに寄り添いながら指導していきます。また、時には厳しく、時には優しく、生徒たちに接していきます。翠のそんな姿に、生徒たちは少しずつ心を開き、成長していきます。 翠の奮闘する姿は、多くの視聴者から共感され、支持を集めています。翠は、教師としてだけでなく、一人の人間としても魅力的なキャラクターで、彼女の生き方に勇気をもらったという人も少なくありません。 「はっさい先生」は、教師と生徒の絆を描いた感動作です。翠の奮闘する姿は、多くの人の心を打つことでしょう。
作品名

『透明なゆりかご』の魅力

医療従事者の視点 『透明なゆりかご』は、医療従事者の視点からも注目されている作品です。物語は、小児科医である主人公の瀬戸が、患者の少女である白川雫の命を救うために奮闘する姿を描いています。瀬戸は、雫の命を救うために、あらゆる手段を尽くします。しかし、雫の病状は悪化の一途をたどり、瀬戸は絶望的な状況に追い込まれます。それでも、瀬戸は諦めずに雫を助けようとします。そして、ついに瀬戸は雫の命を救うことに成功します。 この作品は、医療従事者の献身的な姿を描いています。瀬戸は、雫の命を救うために、自分の命を危険にさらすことも厭いません。また、瀬戸は雫の家族にも寄り添い、支え続けます。瀬戸の姿は、医療従事者の鏡であり、医療従事者を目指す人にとって、大きな励みになるでしょう。 さらに、この作品は、医療従事者の苦悩も描いています。瀬戸は、雫の命を救うために、多くの困難に直面します。また、瀬戸は雫の家族の悲しみや苦しみにも向き合わなければなりません。瀬戸の姿は、医療従事者の苦悩をリアルに描いています。そして、この作品は医療従事者の苦悩を理解するきっかけとなり、医療従事者を支える大切さを教えてくれるでしょう。
モノの名前

NHKネットラジオらじる★らじるとは?

NHKネットラジオらじる★らじるとは、NHKが運営するインターネットラジオサービスです。パソコンやスマートフォン、タブレットなどの端末から、NHKのラジオ番組を聴くことができます。また、番組の聴き逃し配信や、過去の番組のアーカイブ配信も行っています。 らじる★らじるの最大の特徴は、全国各地のNHK放送局の番組を聴くことができることです。例えば、東京に住んでいても、北海道の放送局の番組を聴くことができます。また、海外に住んでいても、日本の番組を聴くことができます。 らじる★らじるの使い方は簡単です。パソコンやスマートフォン、タブレットなどの端末で、らじる★らじるのホームページにアクセスします。すると、番組表が表示されます。番組表から聴きたい番組を選択すると、番組が始まります。 らじる★らじるは、無料で利用することができます。ただし、一部の番組は、有料会員向けの番組となっています。有料会員になると、広告が表示されず、番組をダウンロードして聴くことができます。 らじる★らじるは、NHKのラジオ番組を気軽に聴くことができる便利なサービスです。全国各地の放送局の番組を聴くことができるので、地方に住んでいる人でも、全国の番組を聴くことができます。また、海外に住んでいる人でも、日本の番組を聴くことができます。
作品名

ユメディア号こども塾ってどんな番組?

ユメディア号こども塾の基本情報 ユメディア号こども塾は、1992年から2000年までNHK教育テレビで放送されていた小学生向けの学習番組です。 放送時間は毎週木曜日の1730から1800で、1回の放送時間は30分です。 番組は、宇宙船「ユメディア号」を舞台に、船長であるお兄さん(タレントの相沢巧)と副船長のパンジー(タレントの岡菜穂子)が、毎回テーマを決めて、宇宙や科学、歴史、社会、自然など、さまざまな分野について楽しく学習していくという内容です。 番組には、他にもユメディア号のクルーとして、お姉さん(タレントの杉山清美)と弟(タレントの徳永新之助)がおり、毎回のテーマに関連した寸劇や実験、クイズなどを行っていました。 ユメディア号こども塾は、子どもたちに楽しく学習する機会を提供した番組として人気を博し、最高視聴率は21.3%を記録しました。
作品名

「とべたら本こ」の魅力

少年の成長と冒険 「とべたら本こ」の主人公、とんぼは、幼い頃から空を飛ぶことに憧れていました。ある日、とんぼは不思議な鳥に出会い、空を飛ぶための特訓を受けます。特訓は厳しく、とんぼは何度もくじけそうになりますが、仲間たちの支えもあり、ついに空を飛ぶことができるようになりました。 空を飛べるようになったとんぼは、世界を飛び回り、様々な冒険をします。その中で、とんぼは様々な人と出会い、友情を育み、人生の大切さを学んでいきます。また、空を飛ぶことができたことで、とんぼは人々に勇気と希望を与えていきます。 とんぼの冒険は、少年の成長と冒険の物語です。とんぼは、空を飛ぶという夢を叶えるために、努力を惜しまず、仲間たちと協力して困難を乗り越えていきます。そして、空を飛ぶことができたことで、とんぼは人々に勇気と希望を与えていきます。とんぼの冒険は、少年たちが夢を叶えるための勇気と希望を与える物語です。
作品名

さんすうすいすいを探究する

「番組の概要」 『さんすうすいすい』は、小学1年生から6年生までの児童を対象とした、算数の基礎を楽しく学ぶことができる番組です。番組では、算数の基本的な概念や計算方法をわかりやすく解説し、算数の問題を解くためのコツやテクニックを紹介します。また、算数の問題を解くことの楽しさや、算数が生活の中でどのように役立つかを伝えることで、算数の学習意欲を高めることを目指しています。番組は、算数の専門家である講師と、算数に苦手意識を持っている児童が出演し、講師が児童に算数の問題を解く方法を指導するという形式で進行します。児童は、講師の指導を受けながら算数の問題を解くことで、算数の基本的な概念や計算方法を理解し、算数の問題を解くためのコツやテクニックを身につけることができます。また、算数の問題を解くことの楽しさや、算数が生活の中でどのように役立つかを知り、算数の学習意欲を高めることができます。
作品名

「あすか」ドラマの魅力を徹底解説!

「伝統的な和菓子の世界に新風を吹き込む女性和菓子職人・あすかの成長」 ドラマ「あすか」の主人公であるあすかは、伝統的な和菓子の世界に新風を吹き込む女性和菓子職人です。あすかは幼い頃から和菓子作りが大好きで、いつか自分の店を持ちたいという夢を持っていました。しかし、あすかの父親は和菓子職人を継がせることに反対し、あすかは家出同然に家を飛び出します。 あすかは東京で和菓子の修行を始め、様々な困難に遭いながらも、持ち前の才能と努力で和菓子作りの腕を磨いていきます。やがてあすかは自分の店を持つ夢を叶え、伝統的な和菓子に新しい風を吹き込む革新的な和菓子職人として注目を集めるようになります。 あすかの成長物語は、夢を持つことの大切さや、努力すれば夢は叶うということを教えてくれます。また、伝統的な文化を守りながら、新しい風を吹き込むことの大切さも伝えてくれます。
作品名

「新宿鮫」の魅力を徹底解説!

大見出し 「新宿鮫」の魅力を徹底解説! 小見出し 原作の魅力を比較 「新宿鮫」は、大沢在昌氏が手掛けた小説シリーズで、1990年代に一大ブームを巻き起こしました。ハードボイルド小説の傑作として知られており、映画やドラマにもなっています。 「新宿鮫」の魅力は、何といっても主人公の鮫島政一にあります。鮫島は、新宿を舞台に活躍する私立探偵で、鋭い洞察力と優れた格闘術を駆使して難事件を解決していきます。鮫島は、正義感が強く、曲がったことが大嫌いな性格で、読者の共感を集めています。 「新宿鮫」シリーズは、全15巻で構成されています。各巻とも、独立したストーリーになっており、好きな巻から読むことができます。しかし、順を追って読むことで、鮫島の成長や人間関係の変化を楽しむことができます。 「新宿鮫」シリーズの原作小説は、映画やドラマとは異なる魅力を持っています。小説では、鮫島の心理描写や事件の背景がより詳しく描かれており、より深い味わいを楽しむことができます。また、小説には、映画やドラマには登場しないオリジナルキャラクターも登場します。 「新宿鮫」シリーズの原作小説は、ハードボイルド小説のファンはもちろん、ミステリー小説やサスペンス小説が好きな人にもおすすめです。一読の価値のある作品です。
作品名

「盲導犬クイールの一生」の魅力

「盲導犬クイールの一生」は、盲導犬クイールと彼の飼い主であるニック・トラビスの感動の物語です。クイールは、ニックを助け、彼の独立した生活を支えるために献身的な働きをする優秀な盲導犬です。この物語は、クイールがニックの生活にやってきてから、引退して新しい家族に引き取られるまでの、彼の生涯にわたる冒険を描いています。 物語は、ニックが視力を失い、盲導犬を必要としていることを知ったことから始まります。彼は、訓練を受けた盲導犬であるクイールと出会い、すぐに彼らの間に強い絆が生まれます。クイールは、ニックが安全に移動し、障害物を避け、周囲の世界を探索するのを助けます。クイールは、ニックの信頼できるパートナーであり、彼の生活に欠かせない存在となります。 物語は、クイールとニックが一緒に経験するさまざまな冒険を描いています。彼らは、公園を散歩したり、買い物に行ったり、旅行に出かけたりします。クイールは、いつでもニックの側にいて、彼の安全を確保します。クイールは、ニックにとって単なる盲導犬ではなく、親友であり、家族の一員です。 しかし、クイールも年をとり、引退する時が来ます。ニックは、クイールを手放すのがつらいですが、彼の最善の利益を考え、新しい家族に引き取ってもらうことを決意します。新しい家族は、クイールを愛し、敬意を持って接してくれました。クイールは、新しい家族の一員として幸せに余生を過ごしました。 「盲導犬クイールの一生」は、盲導犬の献身と忠誠を描いた感動的な物語です。この物語は、私たちに盲導犬が視覚障害者の生活にどのような影響を与えることができるかを教えてくれます。また、人生の終わりに近づくとき、愛する人を手放すことの難しさについても教えてくれます。
作品名

「10年先も君に恋して」の魅力

「10年先も君に恋して」の魅力ストーリーの面白さ 「10年先も君に恋して」は、2024年に公開された日本の恋愛映画である。主演は佐藤健と有村架純であり、二人は高校時代からの親友である。しかし、ある日、有村架純演じる茅野桜子が佐藤健演じる瀬戸亮介に告白し、二人は付き合うことになる。しかし、二人の関係は順調ではなく、やがて破局してしまう。しかし、10年後、二人は再会し、再び恋に落ちることになる。 本作のストーリーは、とても面白く、二人がどのようにして10年後に再会し、再び恋に落ちるのかという過程が丁寧に描かれている。また、二人のキャラクターも魅力的で、特に佐藤健演じる瀬戸亮介は、クールでミステリアスな性格でありながらも、本当は優しい一面を持つというキャラクターであり、多くの女性ファンを魅了した。さらに、有村架純演じる茅野桜子は、明るく天真爛漫な性格でありながらも、実は強い意志を持った女性であり、そんな彼女のキャラクターもまた多くの男性ファンを魅了した。 本作は、ストーリーの面白さと魅力的なキャラクターによって、多くの人々に愛される作品となっている。
作品名

「Papa told me」の世界観と魅力

「Papa told me」は、小学生の女の子「みい」とパパの二人暮らしをほのぼのと描いた物語です。作者は、マンガ家の「東村アキコ」氏です。 この物語は、2017年にアニメ化されました。主人公・みいの声を演じたのは「杉咲花」さん、みいの父親の声を演じたのは「大森南朋」さんです。アニメ化されたことで、より幅広い世代にこの物語が知られるようになりました。 「Papa told me」の魅力は、何といっても家族の温かさです。みいとパパは、とても仲が良く、いつも一緒に笑い合っています。また、みいはパパをとても尊敬しており、パパの言うことは何でも聞きます。 「Papa told me」は、家族の絆や親子の愛情を描いた、とても心温まる物語です。読んだ人誰もが、きっと幸せな気持ちになることでしょう。
作品名

『天上の青』1994年のサスペンスドラマを振り返る

NHKが1994年に放映したサスペンスドラマ『天上の青』は、放送終了後20年以上が経った今でも、根強い人気を誇るドラマです。このドラマは、フリージャーナリストの主人公が、連続殺人事件の真相を追うというストーリーで、巧妙に張り巡らされた伏線と、最後まで目が離せない展開が話題となりました。 主演は、当時まだ若手だった唐沢寿明が務め、主人公のフリージャーナリストを熱演しました。また、共演には、松嶋菜々子や陣内孝則など、豪華な俳優陣が名を連ね、ドラマを盛り上げました。 『天上の青』は、その高いクオリティから、放送終了後にビデオ化され、レンタルビデオ店でも大ヒットを記録しました。また、現在では、動画配信サービスでも配信されており、若い世代にも人気を集めています。
作品名

親子クイズとは?番組内容と出演者を紹介

- 番組概要- 「親子クイズ」は、親子チームが出場し、様々なクイズに答えていく番組です。クイズは、一般常識問題から、時事問題、スポーツ問題など、幅広いジャンルから出題されます。親子チームは、協力してクイズに答え、ポイントを稼いでいきます。最終的に、最も多くのポイントを獲得したチームが優勝となります。 番組は、メインMCとパネリスト、そして出場する親子チームで構成されています。メインMCは、番組の進行役を務め、パネリストは、クイズの問題を出したり、出場チームの回答を判定したりします。出場する親子チームは、全国から募集され、予選を勝ち抜いたチームが出場します。 「親子クイズ」は、家族で楽しめる番組として人気があります。親子で協力してクイズに答えることで、コミュニケーションを深めることができ、絆を強めることができます。また、クイズを通じて、新しい知識を身につけることもできます。
作品名

ストレッチマン2のすべて

ストレッチマン2とは、1995年から1996年まで放送された、TBS系列の特撮テレビドラマ「ウルトラマンティガ」に登場する架空のヒーローである。 ストレッチマン2は、別名「ウルトラマンヒカリ」とも呼ばれ、ティガのサポート役として登場する。ティガと同じく、光の国出身のウルトラマンであり、ティガの弟に当たる。ティガよりも優れた戦闘能力を持っており、ティガをサポートする形で、多くの戦いで活躍する。 ストレッチマン2の特徴は、その伸縮自在の身体である。全身を伸ばしたり縮めたりすることができ、この能力を使って敵を捕まえることができる。また、伸縮自在の身体を使って、様々な技を繰り出すことができる。 ストレッチマン2は、ティガと共に多くの敵と戦い、地球を守った。ティガと共に帰還した後も、光の国で活躍し続けているとのことである。
作品名

「なかよくあそぼ」について

「なかよくあそぼ」は、子どもたちに友だちとのコミュニケーションの大切さを伝えるための番組です。この番組には、「ともだちいっぱい」というコーナーがあり、毎回異なるゲストを招いて、友だちとのエピソードを語ってもらっています。 このコーナーのゲストは、子どもたちにとって身近な存在であることが多く、子どもたちはゲストの話を聞いて、友だちとの関係を築くためのヒントを得ることができます。また、このコーナーでは、ゲストが友だちとけんかをしたときや、友だちに嫌なことをされたときの対処法についても話してくれるので、子どもたちは友だちとのトラブルを解決するための方法を学ぶことができます。 「ともだちいっぱい」のコーナーは、子どもたちに友だちとのコミュニケーションの大切さを伝えるとともに、友だちとのトラブルを解決するための方法を教えることで、子どもたちの健全な成長に貢献しています。
作品名

「しぜんだいすき」とは

「しぜんだいすき」は、自然環境について学ぶことのできる子供向けテレビ番組です。この番組は、自然の素晴らしさを伝えることを目的としており、毎週土曜日曜日の午前5時30分からNHK Eテレで放送されています。 番組では、毎回異なるテーマを取り上げ、専門家による解説や、子供たちが自然の中で遊ぶ様子などを放送しています。また、番組には「しぜんのおともだち」というキャラクターが登場し、子供たちに自然の面白さや大切さを教えてくれます。 「しぜんだいすき」は、子供たちに自然の素晴らしさを伝え、自然を大切にする心を育むことを目的とした番組です。番組では、毎回異なるテーマを取り上げ、専門家による解説や、子供たちが自然の中で遊ぶ様子などを放送しています。また、番組には「しぜんのおともだち」というキャラクターが登場し、子供たちに自然の面白さや大切さを教えてくれます。
作品名

えいごでしゃべらないとJr.の魅力

「えいごでしゃべらないとJr.の魅力」は、2019年4月からテレビ東京で毎週木曜日の深夜0時58分から放送されているバラエティ番組です。番組のメインは、ジャニーズJr.のメンバーたちが英語でトークを繰り広げるというものです。 番組では、ジャニーズJr.のメンバーたちが英語で自己紹介をしたり、お互いのことを質問し合ったり、ゲームに挑戦したりします。彼らが英語でコミュニケーションをとる姿は、新鮮でとても興味深いものです。また、番組ではJr.たちのプライベートな一面も見ることができます。普段はあまり見せない彼らの素顔に、ファンはきっとときめくことでしょう。 「えいごでしゃべらないとJr.の魅力」は、ジャニーズJr.のファンはもちろん、英語を勉強している人や、バラエティ番組が好きな人にもおすすめです。番組を見れば、ジャニーズJr.の魅力を再発見できるだけでなく、英語の勉強にもなります。また、番組を通して、異文化交流の大切さを学ぶことができるでしょう。
作品名

さわやか3組の魅力

「さまざまな人間関係を学ぶ」 さわやか3組は、さまざまな人間関係を学ぶことができる教室です。クラスには、さまざまな背景や個性を持つ生徒が在籍しており、お互いに協力したり、競争したり、時には衝突したりしながら、人間関係を築いていきます。 例えば、クラスには、勉強が得意な生徒と、苦手な生徒がいます。勉強が得意な生徒は、苦手な生徒に教えたり、一緒に勉強したりすることで、思いやりと協力する心を育んでいます。また、苦手な生徒は、勉強が得意な生徒から教わることで、諦めずに努力することの大切さを学んでいます。 また、クラスには、引っ込み思案な生徒と、積極的な生徒がいます。引っ込み思案な生徒は、積極的な生徒と交流することで、積極的に自分の意見を言うことや、人とコミュニケーションをとる方法を学んでいます。一方、積極的な生徒は、引っ込み思案な生徒と接することで、相手の気持ちを考えることや、思いやりの心を持つことの大切さを学んでいます。 さわやか3組では、生徒たちは、さまざまな人間関係を経験することで、社会で生きていく上で必要な人間関係のスキルを身につけていきます。
作品名

リズムあそびの魅力

リズムあそびの歴史 リズムあそびは、古くから世界各地に存在する遊びです。原始時代には、人々は自然の音や動物の鳴き声に合わせて体を動かして踊っていました。やがて、音楽が発達すると、リズムに合わせて歌ったり、楽器を演奏したりするようになりました。 日本でも、縄文時代には、すでにリズムあそびが行われていたと考えられています。土器や貝殻で作られた楽器を使って、人々は音楽に合わせて踊っていました。平安時代になると、雅楽が盛んになり、リズムあそびも貴族の間で人気を博しました。 江戸時代には、庶民の間で盆踊りなどが盛んになり、リズムあそびはさらに身近なものとなりました。明治時代になると、西洋音楽が日本に入ってきて、リズムあそびも新しい変化を遂げました。 現代では、リズムあそびは、幼児教育や音楽教育の場で広く活用されています。リズムに合わせて体を動かすことで、運動能力やリズム感を養うことができるからです。また、リズムあそびは、仲間との協力やコミュニケーションをとることを学ぶ場としても活用されています。
芸能人の名前

ドレミファ・どーなっつ!の「空男」が気になる

-空男のプロフィール- * 名前空男(そらお) * 年齢14歳 * 性別男性 * 職業フリーター * 性格明るく元気で、いつも笑顔。好奇心旺盛で、新しいことに挑戦することが大好き。困っている人をみると、放っておけない。 * 特技ドレミファ・どーなっつの店長代理を務める。接客の仕事に就いており、お客様に対する気遣いが行き届いている。 * 趣味音楽鑑賞、読書、旅行 * 夢世界中を旅して、多くの人と出会うこと。そして、自分の音楽を世界中の人々に届けること。 空男は、ドレミファ・どーなっつの店長代理を務める、14歳の男の子です。明るく元気で、いつも笑顔。好奇心旺盛で、新しいことに挑戦することが大好きです。困っている人をみると、放っておけません。 空男の特技は、接客です。お客様に対する気遣いが行き届いており、いつも笑顔で対応しています。また、空男は音楽鑑賞、読書、旅行が趣味です。音楽鑑賞では、特にロックミュージックが好きで、よくライブに行っています。読書では、特に推理小説が好きで、よく読んでいます。旅行では、特に海外旅行が好きで、よく海外に旅行に行っています。 空男の夢は、世界中を旅して、多くの人と出会うことです。そして、自分の音楽を世界中の人々に届けることです。