「わ」で始まる

作品名

「和解のために」について語る

教科書問題と慰安婦問題 教科書問題は、日本と中国、韓国の間で長年論争されてきた問題です。日本は、自国の歴史を正確に記述していると主張する一方、中国と韓国は、日本が自国の侵略行為を正当化するために歴史を歪曲していると非難しています。この問題は、双方が互いの主張を譲らず、解決が難しい状況が続いています。 慰安婦問題は、日本軍が第二次世界大戦中に朝鮮半島や東南アジアなどから多数の女性を強制連行し、性奴隷として働かせたという問題です。この問題は、1990年代に国際社会で広く知られるようになり、日本政府は謝罪と賠償に応じましたが、未だに問題の解決には至っていません。 「和解のために」という大見出しのもと、教科書問題と慰安婦問題について論じることは、非常に難しいことです。しかし、これら二つの問題は、日本と中国、韓国の関係に大きな影響を与えており、解決に向けて努力することが重要です。 まずは、日本政府がこれらの問題について、過去の過ちを認め、謝罪と賠償に応じる必要があります。また、日本政府は、自国の歴史を正確に記述するよう教科書を改訂する必要があります。中国と韓国政府も、日本への批判を強めるのではなく、日本との対話を続ける必要があります。 教科書問題と慰安婦問題は、簡単な解決策はありません。しかし、日本、中国、韓国の三カ国が、相互の理解を深め、和解に向けて努力することで、問題は解決に向かうでしょう。
作品名

「私の青空」のあらすじと魅力

「ヒロイン・なずなの人生」 「私の青空」の主人公であるなずなは、人生の岐路に立つ17歳の少女です。彼女は成績優秀で、将来は大企業に就職してバリバリ働くことを夢見ています。しかし、なずなの家には弟がおり、両親は経済的に苦しい状況にありました。そのため、なずなはアルバイトをしながら大学に通い、弟の学費を稼いでいます。 なずなは、バイトと勉強の両立に苦労しながらも、懸命に頑張っています。しかし、ある日、なずなは交通事故に遭い、脊髄を損傷してしまいます。医師から「二度と歩けないかもしれない」と宣告されたなずなは、絶望の淵に立たされます。 しかし、なずなは諦めません。リハビリに励み、車椅子での生活に慣れるよう努力します。そして、なずなは車椅子バスケに出会い、人生に再び希望を見出します。車椅子バスケのチームに入団したなずなは、チームメイトとの絆を深め、全国大会出場を目指して頑張ります。 なずなの人生は、決して順風満帆ではありませんでした。しかし、彼女は困難に負けず、夢に向かって努力し続けます。なずなの生きざまは、私たちに勇気と希望を与えてくれます。
作品名

わたしの渡世日記の魅力

女優、高峰秀子の自伝的エッセイ「わたしの渡世日記」は、彼女が女優として歩んできた人生を綴ったエッセイ集です。女優としての苦悩や喜び、映画界の裏話など、高峰秀子の人柄や女優としての生き方が垣間見える作品となっています。 高峰秀子は、1924年に東京で生まれました。1940年に松竹に入社し、映画「春の嵐」で女優デビュー。その後、数々の映画に出演し、日本を代表する女優の一人となりました。1962年には、映画「世界を賭ける恋」でブルーリボン賞主演女優賞と毎日映画コンクール女優主演賞を受賞。1965年には、映画「華麗なる一族」でキネマ旬報主演女優賞を受賞しました。
地名・ロケ地

「若狭高浜花火大会」の楽しみ方

花火大会の見どころ 若狭高浜花火大会は、全国有数の打ち上げ数を誇る花火大会です。毎年8月16日に開催され、約1時間半にわたって約1万発の花火が打ち上げられます。花火は、会場となる若狭高浜海水浴場から約300m離れた沖合に浮かぶ台船から打ち上げられます。 花火大会の見どころの一つは、打ち上げ数の多さです。約1万発の花火が約1時間半にわたって打ち上げられるため、次から次へと花火が上がり続ける様子を楽しむことができます。また、花火の種類も豊富で、スターマインやナイアガラなど、様々な花火を楽しむことができます。 花火大会のもう一つの見どころは、打ち上げ場所の沖合です。花火は、若狭高浜海水浴場から約300m離れた沖合に浮かぶ台船から打ち上げられます。そのため、花火が海面を照らす様子を楽しむことができます。また、花火大会当日は、若狭高浜海水浴場周辺の屋台や露店も賑わいます。花火大会を楽しむとともに、屋台や露店を巡ってみるのもおすすめです。
作品名

「若いお巡りさん」の歌詞と背景

1956年に発売された大ヒット曲「若いお巡りさん」は、作詞・作曲は浜口庫之助、歌は吉永小百合によってリリースされた。この曲は、若い警察官と地元の少女の恋愛を描いた、明るくキャッチーな曲調が特徴的であり、瞬く間に日本中に広がり、大ヒットとなった。吉永小百合の可愛らしい歌声と、浜口庫之助の巧みな作詞・作曲が相まって、この曲は人々の心に深く刻まれた。また、この曲は、日本のヒットチャートのトップに君臨し、数々の賞を受賞した。さらに、この曲は映画化もされており、人々の間で大きな話題となった。
作品名

若き獅子の凱歌

「若き獅子の凱歌」の概要 「若き獅子の凱歌」は、若くして成功を収めた起業家の物語である。主人公は、大学を中退してベンチャー企業を立ち上げ、数年のうちに大きな成功を収める。しかし、成功の代償として、主人公はプライベートや健康を犠牲にすることになる。 主人公は、大学を中退してベンチャー企業を立ち上げる。当初は苦労するが、やがて事業が軌道に乗り始め、大きな成功を収める。主人公は、若くして億万長者となり、世間の注目を集める。しかし、成功の代償として、主人公はプライベートや健康を犠牲にすることになる。 主人公は、成功のプレッシャーに耐えきれず、精神的に追い詰められていく。また、プライベートでは、恋人との関係が破綻し、家族との関係も悪化する。主人公は、心身ともに疲弊し、ついには倒れてしまう。 主人公は、倒れたことで自分の人生を見つめ直し、これまでの生き方を改める。主人公は、ベンチャー企業の経営から退き、プライベートに専念する。主人公は、恋人との関係を修復し、家族との関係も改善する。主人公は、心身ともに健康を取り戻し、幸せな人生を送るようになる。 「若き獅子の凱歌」は、若くして成功を収めた起業家の物語である。しかし、この物語は、成功の代償についても描いている。主人公は、成功を収めるためにプライベートや健康を犠牲にすることになる。しかし、主人公は、倒れたことで自分の人生を見つめ直し、これまでの生き方を改める。主人公は、ベンチャー企業の経営から退き、プライベートに専念する。主人公は、恋人との関係を修復し、家族との関係も改善する。主人公は、心身ともに健康を取り戻し、幸せな人生を送るようになる。
施設名・ロケ地

「若葉ちゃん」が生きた時代

地方競馬の公式マスコットキャラクター「若葉ちゃん」 地方競馬の公式マスコットキャラクターである「若葉ちゃん」は、1983年に誕生しました。それ以来、地方競馬のイベントやグッズなどに登場し、地方競馬を全国にPRしてきました。また、若葉ちゃんは地方競馬を題材にしたアニメやゲームにも登場しており、その人気は全国に広まっています。 若葉ちゃんの名前は、「若葉のように清新で、競馬界の未来を担う人材を育てる」という意味が込められています。若葉ちゃんは、地方競馬の公式マスコットキャラクターとして、地方競馬の将来を担う人材の育成に貢献しています。 若葉ちゃんは、地方競馬のイベントやグッズなどに登場し、地方競馬を全国にPRしてきました。また、若葉ちゃんは地方競馬を題材にしたアニメやゲームにも登場しており、その人気は全国に広まっています。
作品名

「私はラッパポートじゃないよ」の魅力

「私はラッパポートじゃないよ」は、ハーマン・ラッパポートとミッツィ・ニューハウスという2人の老人を軸に描いたハートウォーミングなコメディです。ラッパポートは80代のユダヤ人で、ニューヨークのセントラルパーク近くのベンチで毎日座って時間を過ごしています。ミッツィは70代の黒人で、ラッパポートのベンチの隣に座って毎日彼と話をします。 ラッパポートとミッツィは、最初は意見が合わず、よく言い争いをします。しかし、やがてお互いのことを理解し始め、友情を育んでいきます。ラッパポートは、ミッツィの孫娘シンシアと彼女の娘デビッドがアパートから立ち退かされるのを防ぐために、アパートの大家と闘います。この闘いの中で、ラッパポートとミッツィはさらに強い友情を育んでいきます。
作品名

「別れを告げに来た男」の魅力と読みどころ

物語の背景とあらすじ 「別れを告げに来た男」は、1960年代の東京を舞台としたヒューマンドラマです。主人公は、妻と子供を捨てて家出をした男、高倉健。彼は、ある日突然、妻の元に現れて「別れを告げに来た」と言います。妻は、夫の突然の帰還に驚きながらも、彼を受け入れます。しかし、夫は何も語らず、ただ妻と子供たちと過ごす日々を過ごします。そして、ある日突然、彼はまた姿を消してしまうのです。 夫の失踪後、妻は夫を探す旅に出ます。彼女は、夫が最後に訪れた場所を訪ね歩き、彼の消息を探します。そして、ついに彼女は夫の行方を突き止めます。夫は、ある地方の小さな町で、ひっそりと暮らしていました。妻は、夫に再会し、彼の失踪の理由を知ることになります。 夫は、妻と子供たちを愛していましたが、自分が彼らに幸せな生活を与えることができないと思い、家出をしたのです。彼は、妻と子供たちが自分がいなくても幸せに暮らしていけることを願っていました。しかし、彼は妻と子供たちを忘れることができず、最終的には妻のもとに戻ってきたのです。 「別れを告げに来た男」は、愛と別離をテーマにした切ないラブストーリーです。この作品は、高倉健の渋い演技と、美しい映像で描かれており、多くの人々の心を打っています。
施設名・ロケ地

稚内市こまどりスキー場

初心者やファミリー向け 稚内市こまどりスキー場は、初心者やファミリー向けのコースが充実しています。緩やかな斜面が多く、小規模なファミリーパークもあり、子供でも安心して滑ることができます。また、レンタルショップやスキー教室も完備されているので、初めてスキーを体験する方でも安心です。 ファミリーパークには、そり用のゲレンデや雪上アスレチックなどが設置されており、スキーをしない子供でも楽しむことができます。また、スキー場内にはレストランや売店、休憩所などもあり、一日中快適に過ごすことができます。
地名・ロケ地

「環二通り」徹底解説!東京を走る都市高速道路

-「環二通り」とは?- 環二通りは、東京都内を東西に走る都市高速道路です。東京都の環状線のうち、2番目に内側を走る道路で、総延長は約32kmです。環二通りは、1964年(昭和39年)に開通した首都高速道路の最初の路線のひとつであり、現在では東京都内の重要な交通路となっています。 環二通りは、東京の主要なターミナル駅である東京駅、新宿駅、渋谷駅、池袋駅などを経由しており、都内の各地域を結ぶ重要な役割を果たしています。また、環二通りは、首都高速道路や一般道路と接続しているため、都内だけでなく、首都圏の他地域ともアクセスしやすい道路となっています。 環二通りは、開通以来、交通量の増加が続いており、近年では渋滞が発生することも多くなっています。そのため、環二通りの渋滞対策として、環状線の新規建設や既存道路の拡幅などが検討されています。
作品名

大黒摩季の「別れましょう私から 消えましょうあなたから」

「失恋というテーマを歌った名曲」 大黒摩季の「別れましょう私から 消えましょうあなたから」は、失恋というテーマを歌った名曲です。1999年にリリースされ、ミリオンヒットを記録しました。この曲は、恋愛関係の終わりを歌った曲ですが、失恋の痛みや悲しみだけでなく、新しい人生への希望も歌われています。 大黒摩季のボーカルは、この曲の感情を完璧に表現しています。彼女の力強くも繊細な歌声は、失恋の痛みをリアルに伝えています。また、歌詞も非常に共感できるものとなっています。失恋を経験したことがある人なら、誰もがこの曲の歌詞に共感できるのではないでしょうか。 この曲は、失恋の痛みを乗り越えて、新しい人生への希望を見出すための応援歌にもなっています。歌詞の中には、「別れましょう私から 消えましょうあなたから」というフレーズが何度も繰り返されます。これは、失恋の痛みから逃れるためには、相手から離れるしかないということを意味しています。そして、「さよならは 始まりだから」というフレーズは、失恋は新しい人生の始まりであるということを意味しています。 この曲は、失恋というテーマを歌った名曲です。失恋の痛みや悲しみだけでなく、新しい人生への希望も歌われています。この曲は、失恋を経験したことがある人なら、誰もが共感できるのではないでしょうか。
作品名

「私が恋愛できない理由」とは?

「私が恋愛できない理由」あらすじ この物語は、恋愛経験のないことで悩んでいる大学生、田中花子の視点で語られます。花子は、友人たちと恋愛の話をしているときいつも取り残されているように感じ、とても焦っていました。花子は、恋愛できない理由が自分の外見にあると思い込み、ダイエットや美容に励みました。しかし、いくら努力しても恋愛はうまくいかず、さらに自信をなくしてしまいます。 そんなある日、花子はアルバイト先のカフェで、一人のお客さんと出会います。そのお客さんは、花子とは正反対の性格で、とても積極的で明るい女性でした。花子はその女性に憧れ、恋愛について相談するようになります。女性は花子に、「恋愛は外見ではなく、内面が大切だ」とアドバイスします。花子は、そのアドバイスを聞き、少しずつ自分の内面を見つめ直すようになります。 そして、ある日花子は、大学で出会った男の子に興味を持つようになります。花子は、その男の子に告白することを決意しますが、ふられてしまいます。花子は、ふられたことでとても落ち込みますが、その男の子から「君の内面は素敵だよ」と言われます。花子は、その言葉で勇気づけられ、恋愛に前向きに取り組むようになります。 花子は、その後も恋愛で失敗を繰り返しますが、その度に少しずつ成長していきます。そして、ある日ついに、花子は運命の人と出会います。花子は、その人と結婚し、幸せな家庭を築きます。花子は、恋愛できない理由を探していたときには、自分がこんなに幸せになれるとは思ってもいませんでした。
作品名

わがままな女たち:刺激的なヒューマンドラマ

わがままな女たち刺激的なヒューマンドラマ 「わがままな女たち刺激的なヒューマンドラマ」と題されたこの作品は、一人の男と三人の女の間の複雑な関係を描いた、コメディータッチのヒューマンドラマです。主人公の男は、奔放で強引な性格の女性に惹かれ、二人は結婚します。しかし、結婚生活は順調に進まず、二人は離婚することになります。その後、主人公の男は、控えめで優しい性格の女性と出会い、二人は結婚します。しかし、この結婚生活もまた、問題を抱えることになります。そして、主人公の男は、ふとしたことから、三番目の女性と出会い、二人は恋に落ちます。三番目の女性は、主人公の男にとって、理想の女性であり、二人は結婚することになります。 この作品は、主人公の男の葛藤と成長を描いており、人間の複雑な心理を巧みに表現しています。また、この作品は、ユーモアを交えて描かれており、クスッと笑えるシーンも多く含まれています。この作品は、男女の関係や結婚生活について深く考えさせられる、示唆に富んだ作品です。
施設名・ロケ地

和漢医薬学会について

和漢医薬学会とは 和漢医薬学会は、和漢医薬の研究、教育、普及を目的とした学会です。1922年(大正11年)に日本医学会の部会として発足し、1933年(昭和8年)に独立した学会となりました。 本部は東京都文京区にあり、会員数は約4,000名です。和漢医薬に関する研究発表会や講演会、講習会などを開催しているほか、和漢医薬に関する調査研究事業も行っています。 また、和漢医薬の普及啓発活動にも取り組んでおり、一般向けに和漢医薬に関する講演会や相談会を開催しています。和漢医薬に関する書籍や雑誌も発行しており、和漢医薬に関する情報発信に努めています。 和漢医薬学会は、和漢医薬の研究、教育、普及を推進し、和漢医薬の正しい理解と適正な使用に努めています。和漢医薬に関心のある方は、ぜひ和漢医薬学会に加入してみてはいかがでしょうか。
施設名・ロケ地

国の重要文化財「渡辺家住宅」の歴史と魅力

渡辺家住宅の特徴 渡辺家住宅は、江戸時代の武家屋敷の典型的な構造をしており、格式ある佇まいを備えています。敷地は広大で、主屋、離れ、土蔵、長屋門などが建ち並んでいます。主屋は木造平屋建てで、茅葺屋根が特徴的です。玄関は格式の高い表玄関と日常使いの裏玄関の2つがあり、表玄関には立派な門扉が設けられています。内部は、座敷、寝室、台所、納戸などがあり、当時の生活様式を垣間見ることができます。離れは、主屋とは別に建てられており、客間や書斎として使用されていたと考えられています。土蔵は、金銭や米などの財産を保管するための倉庫として使用されていました。長屋門は、敷地への出入り口として使用されており、門の上には櫓が設けられています。
作品名

哀しくも美しい初恋物語「わたしは夢みる少女」

いくえみ綾による名作漫画「わたしは夢みる少女」 哀しくも美しい初恋物語「わたしは夢みる少女」は、いくえみ綾による名作漫画です。1985年から1987年まで「りぼん」で連載され、後にアニメ化もされました。 この漫画は、中学1年生の花岡舞を主人公とした青春ラブストーリーです。舞は、隣のクラスに転校してきた長谷部宗介に一目惚れします。宗介は、舞のことが好きだったことを知らず、舞の親友である秋山彩子と付き合います。舞は、宗介と彩子の仲を応援しながらも、諦めきれずに宗介への想いを募らせていきます。 「わたしは夢みる少女」は、初恋の甘酸っぱさや苦しさをリアルに描いた名作漫画です。舞の宗介への一途な想いや、宗介と彩子の心の葛藤など、登場人物たちの心情が丁寧に描かれています。また、青春時代の友情や悩みもリアルに描かれており、共感できる部分が多い漫画です。
作品名

「我が故郷」の見どころと聴きどころ

「我が故郷」の作曲背景と歴史 「我が故郷」は、1933年(昭和8年)に発表された文部省唱歌です。作詞は山田耕筰、作曲は北原白秋によって行われました。 この曲は、北原白秋が1932年(昭和7年)に故郷の宮崎県を訪れた際に、故郷の風景や人々の生活を目にして感動したことがきっかけで作曲されました。 山田耕筰は、北原白秋の詞に曲を付ける際に、故郷の風景や人々の生活を想像しながら作曲しました。その結果、故郷の風景や人々の生活を彷彿とさせるような、美しいメロディーが生まれました。 「我が故郷」は、1933年(昭和8年)に文部省唱歌として発表されると、すぐに全国の学校で歌われるようになりました。そして、現在でも多くの学校で歌われている唱歌の一つです。 「我が故郷」は、故郷の風景や人々の生活を彷彿とさせるような、美しいメロディーと歌詞で、多くの人々に愛されている唱歌です。
モノの名前

「若柳牛」の魅力と特徴

-大谷出汁の特徴とこだわり- 大谷出汁の特徴は、以下の通りです。 * -カツオ節と昆布をベースとした、あっさりとした味わい- * -無添加で、保存料や化学調味料を使用していない- * -天然素材のみを使用しているので、安心・安全- * -料理のうま味を引き立てる、万能出汁- 大谷出汁のこだわりは、以下の通りです。 * -使用するカツオ節と昆布は、厳選したもののみを使用- * -カツオ節と昆布の配合は、黄金比で調整- * -出汁をとる水は、軟水を使用- * -出汁をとる火加減は、弱火でじっくりと- * -出汁をとった後は、すぐに冷まして酸化を防ぐ- これらのこだわりにより、大谷出汁は、あっさりとした味わいながらもうま味たっぷりの、万能出汁に仕上がっています。 大谷出汁は、様々な料理に使用することができます。味噌汁、煮物、鍋物、麺類、丼物など、和食全般に最適です。また、洋食や中華料理にも使用することができます。 大谷出汁を使用することで、料理のうま味を引き立て、ワンランク上の味に仕上げることができます。無添加で安心・安全な出汁なので、小さなお子様や妊婦さんにも安心してご使用いただけます。
作品名

「私も流れの渡り鳥」について

「私も流れの渡り鳥」の概要 「私も流れの渡り鳥」は、1972年に発表された森進一の楽曲である。森にとって18枚目のシングルであり、作詞は阿久悠、作曲は猪俣公章が担当した。 この曲は、森の故郷である広島県尾道市を舞台としている。尾道は、瀬戸内海に面した町であり、古くから漁業や貿易で栄えてきた。森は、この町で育った少年が、漁師として働くために故郷を離れ、全国各地を転々とする人生を送る姿を描いている。 「私も流れの渡り鳥」は、森の代表曲のひとつであり、多くの歌手によってカバーされている。また、この曲は、森の故郷である尾道市をPRする曲としても親しまれている。
モノの名前

「わけねぎ」って知ってる?

わけねぎとは? わけねぎとは、ネギの一種です。わけねぎは、葉と茎が白いのが特徴です。わけねぎは、主に冬に収穫されます。わけねぎは、関東地方で栽培されていることが多いです。わけねぎは、主に鍋物や煮物、汁物に使われます。わけねぎは、甘味があって、とてもおいしいです。わけねぎは、栄養価も高いです。わけねぎには、ビタミンCやカルシウム、鉄分などが含まれています。わけねぎは、風邪予防にも効果的です。わけねぎは、とても万能な野菜です。
施設名・ロケ地

豪農渡部家の歴史と魅力

江戸時代豪農の暮らしは、現代の私たちにとって、遥か昔のことのように感じられます。豪農たちは、どのような暮らしをしていたのでしょうか?今回は、豪農渡部家の江戸時代の暮らしについてご紹介します。 渡部家は、江戸時代、現在の埼玉県比企郡に位置する男衾村(おぶすまむら)で、代々豪農を営んできました。渡部家は、江戸時代初期に、男衾村に土着した渡部兵右衛門が、農業を営むようになったのが始まりとされています。兵右衛門は、農業に勤しみ、土地を買い足して、次第に財を成していきました。そして、兵右衛門の孫である渡部藤右衛門の代に、渡部家は豪農として、男衾村で一目置かれる存在となりました。 渡部家の江戸時代の暮らしは、農作業を軸に営まれていました。渡部家は、男衾村で、水田や畑を多く所有しており、稲作や麦作、野菜作りなどを行っていました。また、渡部家は、養蚕も行っており、絹糸を生産していました。渡部家の江戸時代の暮らしは、農作業に明け暮れるものでしたが、渡部家は、豪農として、比較的裕福な暮らしをしていました。 渡部家は、江戸時代の豪農として、男衾村の有力者でした。渡部家は、村の年貢を取り立てたり、村の裁判を行ったりしていました。また、渡部家は、男衾村の寺社に寄進したり、村の道路や橋の建設に協力したりしていました。渡部家は、江戸時代の男衾村において、重要な役割を果たしていました。 渡部家の江戸時代の暮らしは、現在では、見ることはできませんが、渡部家の屋敷跡や、渡部家に伝わる古文書などから、その暮らしを垣間見ることができます。渡部家の江戸時代の暮らしは、現代の私たちにとって、貴重な歴史遺産であり、江戸時代の豪農の暮らしを知るための貴重な資料となっています。
モノの名前

「若武者もとちか君」とは?高知県南国市の魅力を発信するキャラクター

「若武者もとちか君」誕生のきっかけ 「若武者もとちか君」は、高知県南国市の魅力を発信するため、2017年に誕生しました。南国市は、温暖な気候と豊かな自然に恵まれた地域で、果物や野菜などの農産物が盛んです。また、歴史や文化も深く、多くの観光スポットがあります。しかし、南国市は県内でも知名度が低く、観光客も少なかったため、市では知名度向上と観光振興を目的として、「若武者もとちか君」を誕生させました。 「若武者もとちか君」は、南国市の歴史上の人物である「もとちか公」をモデルにしています。もとちか公は、戦国時代に南国市を治めていた武将で、勇猛果敢な性格と、人々を大切にする心の持ち主でした。南国市では、「若武者もとちか君」を市のシンボルとして、市内のイベントや観光PR活動に積極的に活用しています。
作品名

恋愛体験のために恋愛を疑似体験!? 遠山えまの漫画「私に××しなさい」

恋愛経験のない主人公の苦悩 物語の主人公である二葉に恋心を抱くお調子者の桜庭は、二葉に告白する。しかし、彼女は恋愛経験がないため、恋愛感情や、どうやって恋人同士になればいいのかなど、すべてがわからない。そして、桜庭から「私に××しなさい」とお願いされる。二葉は 戸惑いながらも、恋愛を疑似体験するため、桜庭の提案を受け入れることにする。 恋愛経験がないことは、二葉にとって大きな悩みである。なぜなら、周りの友達は皆、恋愛を経験しており、自分は恋愛の話題に全くついていけないからである。例えば、友達が好きなアイドルのコンサートに行くことを話していても、二葉は「アイドルって何?」と思ってしまう。また、友達が恋人とデートに行ったことを話していても、二葉は「デートって何?」と思ってしまう。 二葉は、恋愛経験がないことで、自分が周りから浮いているのではないかと感じてしまう。そして、恋愛経験がないことを恥ずかしく思ってしまう。そのため、二葉は恋愛を疑似体験することで、恋愛について学び、恋愛経験のある友達と同じ土俵に立ちたいと考えるようになるのである。