「ハ」で始まる

モノの名前

「ハンディライン・S」を徹底解説!

ハンディライン・Sとは? ハンディライン・Sは、株式会社ハンディラインが製造・販売している、コンパクトで軽量な電動車いすです。その特徴は、折りたたみが簡単で、持ち運びに便利なこと。また、充電式バッテリーを搭載しており、1回の充電で最大約10km走行することが可能です。 ハンディライン・Sは、公共交通機関や自動車への乗降が困難な方や、短距離の移動が多い方など、様々な方におすすめの電動車いすです。また、狭いスペースでも使用できるため、室内での移動にも適しています。 ハンディライン・Sは、そのコンパクトさと操作性の良さから、近年注目を集めています。また、比較的安価で購入できることも人気の理由の一つです。ハンディライン・Sは、株式会社ハンディラインの公式オンラインショップや、一部の家電量販店などで販売されています。
作品名

「ハンチョウ〈5〉警視庁安積班」の魅力を徹底解説!

「ハンチョウ〈5〉警視庁安積班」は、2012年にTBS系で放送された刑事ドラマで、原作は今野敏の小説「安積班シリーズ」である。主人公は、警視庁捜査一課の安積班に所属する警部補・安積剛志で、毎回異なる事件を解決していく。 このドラマの魅力は、なんといってもストーリー展開の秀逸さにあります。毎回の事件は、一見単純なようでいて実は複雑な展開をしており、最後まで目が離せない。また、事件の犯人は、意外な人物であることが多いのもこのドラマの特徴で、視聴者を最後まで飽きさせない。
モノの名前

ハとは?タイ、バンコクを中心に開催された2005年アジア室内競技大会のマスコット。

ハのマスコットの物語 ハは、2005年にバンコクで開催されたアジア室内競技大会のマスコットです。この愛らしい青いキャラクターは、タイのアーティストによるもので、タイの国技であるムエタイをモチーフにデザインされました。ハは、強さと敏捷性、そしてタイの国民性を象徴しています。 大会期間中、ハは競技場やイベント会場で人々を楽しませ、マスコットとして大活躍しました。また、ハのぬいぐるみやキーホルダーなどのグッズも人気を集め、大会の盛り上げに一役買いました。 ハは、大会後もタイで人気のあるキャラクターとして認知され続けています。学校の教材やテレビ番組にも登場し、タイの子供たちに愛されています。また、ハはタイの観光名所にもなっていて、多くの観光客がハと記念撮影をしています。 ハは、タイの国民性を象徴する愛らしいキャラクターとして、人々に親しまれています。大会後も人気が衰えず、タイの文化や観光をアピールする役割を担っています。
作品名

「ハード・デイズ・ナイト」映画でビートルズの魅力

ビートルズの映画デビュー作である「ハード・デイズ・ナイト」は、1964年に公開されました。この映画は、ビートルズのツアーを追ったドキュメンタリーであり、彼らの魅力を余すことなく捉えています。 映画の中で、ビートルズは若さとエネルギーに満ち溢れています。彼らは、常に笑顔で、ファンと積極的に交流しています。また、彼らの音楽は、当時の若者に大きな影響を与えました。ビートルズの音楽は、シンプルでありながら、キャッチーで、誰もが口ずさむことができました。 「ハード・デイズ・ナイト」は、ビートルズの初期の貴重な記録です。この映画を見れば、ビートルズがなぜ世界中で人気を集めたのかがわかります。また、ビートルズの魅力を再確認することができます。 この映画は、ビートルズのファンのみならず、映画ファンにもおすすめです。ビートルズの音楽と、当時の若者の生きざまを垣間見ることができます。また、ビートルズの映画デビュー作ということもあり、歴史的価値があります。
有名人の名前

「ハルちゃん」のすべて

-ハルちゃんのプロフィール- ハルちゃんは、2017年10月25日に生まれた柴犬のメス犬です。体重は4.5キロ、体長は45センチです。毛色は茶色と白色で、垂れた耳とくるんとした尻尾が特徴です。性格はおっとりとしていて、人懐っこく、甘えん坊です。 ハルちゃんは、東京都の世田谷区に住んでいます。飼い主は、会社員の男性と専業主婦の女性の夫婦です。ハルちゃんは、夫婦の愛娘として大切に育てられています。 ハルちゃんは、毎日朝と夕方に散歩をしています。散歩コースは、近所の公園や河川敷です。ハルちゃんは、散歩が大好きで、いつも嬉しそうに歩いています。 ハルちゃんは、室内では主にリビングで過ごしています。ハルちゃんは、ソファの上や飼い主の膝の上でくつろぐのが大好きです。また、ハルちゃんは、おもちゃで遊ぶのが大好きで、よく飼い主と一緒にボール遊びや引っ張りっこをしています。 ハルちゃんは、家族にとても愛されている幸せな犬です。ハルちゃんは、これからも家族と一緒に楽しく暮らしていくことでしょう。
モノの名前

「ハニーリッチ」のこだわりと魅力

「ハニーリッチ」のこだわりと魅力ハニーリッチとは。ハニーリッチとは、株式会社ペリカン石鹸が発売している、石鹸および全身用のクリームシリーズの名称です。
作品名

ハングリーマーメイドの魅力

-ボディボーダーの兄と暮らす妹- ハングリーマーメイドは、2003年に公開されたアメリカ映画です。ある日、偶然にもサーフィンの世界大会に招待される主人公のケイトの成長を描いた感動ストーリーです。主人公は、サーフィン経験のない普通の女の子ですが、兄であるリッキーのサポートを受けて、世界大会出場を目指します。リッキーは、才能のあるボディボーダーであり、ケイトにとって憧れの存在です。そんな兄の指導を受けながら、ケイトはサーフィンを練習し、みるみるうちに上達していきます。やがて、ケイトは世界大会に出場するまでになり、その実力を発揮します。 ケイトは、兄であるリッキーに憧れてサーフィンを始めました。リッキーは、才能のあるボディボーダーであり、ケイトにとって憧れの存在です。兄の指導を受けながら、ケイトはサーフィンを練習し、みるみるうちに上達していきます。やがて、ケイトは世界大会に出場するまでになり、その実力を発揮します。 ケイトとリッキーは、とても仲の良い兄妹です。常に互いに支え合い、サーフィンを通して絆を深めていきます。また、ケイトの才能を認めて応援してくれるリッキーは、ケイトにとってかけがえのない存在です。 ケイトは、サーフィンを通して多くのことを学びました。サーフィンは、彼女に勇気と自信を与え、どんな困難にも立ち向かう強さを持たせてくれました。また、サーフィンは、彼女に人生の楽しさを教えてくれました。
作品名

ハマトラとは?アニメや漫画、ゲームも!

ハマトラとは、2013年に放送されたアニメや漫画、ゲームなどのメディアミックス作品です。ハマトラは「横浜トラブルメイキングアドバタイジング」の略で、神奈川県横浜市を舞台にした作品です。主人公のナイスとムラサキは、ハマトラ探偵事務所を営む探偵で、依頼人のトラブルを解決していきます。 ハマトラの世界は、超能力「ミニマム」を持つ人々が暮らす世界です。ミニマムは、物を小さくしたり、大きくしたり、時間や空間を操ったりなど、様々な能力があります。ナイスとムラサキもミニマムの使い手で、探偵として活躍しています。 ハマトラは、ミステリーやアクション、コメディなどの要素を兼ね備えた作品です。探偵事務所を舞台にしたミステリーや、ミニマムを使ったアクションシーン、そしてナイスとムラサキのコミカルなやり取りなど、様々な要素を楽しむことができます。
作品名

「ハーヴェイ」の解説とあらすじ

「ハーヴェイ」とはどんな映画? 「ハーヴェイ」は1950年に公開されたアメリカのコメディ映画である。1944年のピューリッツァー賞を受賞したメアリー・チェイスによる同名の戯曲を原作としている。監督はヘンリー・コスター、脚本はオースティン・ゴース、主演はジェームズ・スチュワートとジョセフィン・ハル。 この映画は、6フィート3インチのウサギのハーヴェイを想像上の友人に持つエルウッド・P・ダッド(ジェームズ・スチュワート)の物語である。エルウッドはハーヴェイと一緒に公園を散歩したり、バーに行ったり、ダンスをしたりしている。エルウッドの妹ヴィタ(ジョセフィン・ハル)と義理の弟ウィリー(チャールズ・ドレイク)は、エルウッドが精神的に病気であると信じ、彼を精神病院に入院させようとする。しかし、エルウッドが入院した精神病院の医師は、エルウッドは精神的に病気ではないと判断し、彼を釈放する。 エルウッドは釈放された後、ヴィタとウィリーと一緒に暮らすことになる。しかし、ヴィタとウィリーは、エルウッドがハーヴェイと一緒に暮らしていることを許すことができず、エルウッドを再び精神病院に入院させようとする。しかし、今度はエルウッドの友人である判事が、エルウッドは精神的に病気ではないと判断し、彼を釈放する。 エルウッドは釈放された後、ハーヴェイと一緒に公園を散歩したり、バーに行ったり、ダンスをしたりして幸せに暮らした。
モノの名前

石見浜田地震の概説と影響

-石見浜田地震による被害と死者- 石見浜田地震による直接的な死者は125人、行方不明者は80人、負傷者は約1,400人に上った。地震が原因とされる崖崩れ、山崩れ、さらに火災が発生し、多くの家屋が倒壊、損傷した。道路や橋、鉄道などのインフラへの被害も甚大で、復旧作業には時間がかかった。 地震の最大の被害は、浜田市から益田市にかけての地域に集中した。浜田市では、中心部の約3分の1が倒壊し、多くの死者が出た。益田市でも、中心部が大きな被害を受け、多くの家屋が倒壊した。また、益田市の北隣の江津市でも、多くの家屋が倒壊し、死者が出た。 石見浜田地震による被害は、当時としては最大級のものであり、全国に大きな衝撃を与えた。この地震を教訓に、耐震設計の強化や、防災体制の整備が進められた。
施設名・ロケ地

ハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団の歴史 | 世界のオーケストラ

-その起源と発展- ハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団は、1828年に設立されたドイツのオーケストラです。その前身は、1693年にヨハン・アダム・ライケンによって設立された劇場オーケストラで、1725年には市から資金援助を受け、常設オーケストラとなりました。1828年には、劇場オーケストラと市民オーケストラを統合して、現在のハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団が設立されました。 ハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団は、その設立当初から、ドイツを代表するオーケストラのひとつとして知られていました。19世紀には、ヨハネス・ブラームス、グスタフ・マーラー、リヒャルト・シュトラウスなど、多くの著名な作曲家がハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団と共演しました。20世紀には、レナード・バーンスタイン、カルロ・マリア・ジュリーニ、クラウディオ・アバドなど、世界的に有名な指揮者がハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団を指揮しました。 現在、ハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団は、世界屈指のオーケストラのひとつとして知られています。レパートリーは幅広く、バロック音楽から現代音楽まで、あらゆるジャンルの音楽を演奏しています。ハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団は、世界各地で公演を行っており、その演奏は常に高い評価を受けています。
施設名・ロケ地

ハーバーランドプラザ:暫定から正式施設へ

ハーバーランドプラザは、阪神淡路大震災からの復興の象徴として建設されました。この施設は、震災で被災した人々のための仮設住宅として建設されたものでしたが、その後、本格的な施設として整備されました。ハーバーランドプラザは、住宅だけでなく、商業施設やレクリエーション施設、文化施設などが併設されており、地域の人々の生活の拠点となっています。 ハーバーランドプラザは、復興のシンボルとしてだけでなく、地域の人々の交流の場としても重要な役割を果たしています。この施設には、広場や公園などの公共スペースが多く設けられており、人々が集まって憩う場所となっています。また、ハーバーランドプラザは、イベントやコンサートなどの文化的な催しが開催される場所にもなっています。 ハーバーランドプラザは、阪神淡路大震災からの復興のシンボルであり、地域の人々の生活の拠点であり、交流の場です。この施設は、震災からの復興を支え、地域の活性化に貢献しています。
作品名

ハガーマガーを守れ

ハードボイルド小説の歴史 ハードボイルド小説とは、犯罪や暴力の世界を舞台に、タフで現実的な探偵や犯罪者を主人公にした小説のことです。ハードボイルドとは、直訳すると「ゆで卵」ですが、転じて「強く無慈悲な」という意味で使われています。ハードボイルド小説は、1920年代のアメリカで誕生し、1930年代から1940年代にかけて黄金期を迎えました。当時のアメリカは、禁酒法や大恐慌など、社会が混乱していた時代であり、ハードボイルド小説は、そんな時代を背景に、犯罪や暴力の世界で生きる人々の姿を描いた小説として人気を博しました。ハードボイルド小説の代表的な作家としては、ダシール・ハメット、レイモンド・チャンドラー、ジェームズ・エルロイなどが挙げられます。 ハードボイルド小説は、そのハードな描写と現実的なストーリーで、世界中の読者を魅了してきました。また、ハードボイルド小説は、映画やテレビドラマにも多く翻案されており、日本でも人気を博しています。ハードボイルド小説は、犯罪や暴力の世界を舞台にした小説でありながら、そこに描かれる人間ドラマは、多くの人々の共感を呼んでいます。ハードボイルド小説は、これからも世界中の読者に愛され続ける小説であり続けるでしょう。
作品名

ハンチョウ神南署安積班の魅力

大見出し「ハンチョウ神南署安積班の魅力」の下に作られた小見出しの「なぜ人気なのか?その理由を解説」 ハンチョウ神南署安積班は、2009年から2010年にかけて放送されたテレビドラマです。阿部寛さん演じる安積班長をはじめとする個性的なキャラクターや、毎回繰り広げられるドタバタコメディが人気を博しました。ここでは、ハンチョウ神南署安積班がなぜ人気なのか、その理由を解説します。 まず、ハンチョウ神南署安積班の魅力は、何と言っても個性的なキャラクターです。安積班長は、一見怖そうに見えますが、実は心優しい人物です。部下思いで、いつも彼らのことを気にかけています。また、お調子者の今井巡査部長(生瀬勝久さん)や、天然な沢村巡査(吹石一恵さん)など、他のキャラクターもそれぞれが魅力的で、ドラマを盛り上げています。 次に、ハンチョウ神南署安積班の魅力は、毎回繰り広げられるドタバタコメディです。安積班長たちが巻き込まれる事件は、どれもユニークで笑えるものばかりです。また、キャラクター同士の掛け合いも面白く、思わず笑ってしまうシーンがたくさんあります。 最後に、ハンチョウ神南署安積班の魅力は、温かい人間ドラマです。ドラマでは、安積班長と部下たちとの絆や、事件に巻き込まれた人々との交流が描かれます。その姿に、視聴者は胸を打たれます。 ハンチョウ神南署安積班は、個性的なキャラクター、ドタバタコメディ、温かい人間ドラマが魅力のドラマです。それが、多くの人々に愛される理由です。
モノの名前

ハッピーシャインデコリッチャについて

ハッピーシャインデコリッチャの特長 ハッピーシャインデコリッチャは、Decoritchasという新たなカラーバリエーションの品種で、鮮やかな黄色の花弁が特徴です。花弁の端には明るい赤色の縁取りがあり、コントラストが鮮やかで華やかな印象を与えてくれます。花の大きさは約5~6cmで、半八重咲きから一重咲きです。花持ちが良く、剪定や病気にも強いので、初心者でも育てやすい品種です。また、耐暑性と耐寒性にも優れているので、日本の気候にも適しています。生垣や鉢植えなど、さまざまな場所で楽しむことができます。
施設名・ロケ地

ハウステンボス:長崎県佐世保市のテーマパーク

ハウステンボスとは? ハウステンボスは、長崎県佐世保市にあるテーマパークです。1992年(平成4年)に開園し、2010年(平成22年)に閉園するまでの18年間で、延べ3,500万人を超える来場者を集めました。その後、2010年(平成22年)にハウステンボス株式会社が設立され、2011年(平成23年)に再オープンしました。ハウステンボスは、広大な敷地に、オランダの街並みを再現したエリア、フラワーガーデン、遊園地、美術館、ホテルなど、さまざまな施設があります。また、ハウステンボスでは、季節ごとのイベントや、花火大会、イルミネーションショーなど、さまざまなイベントが開催されています。ハウステンボスは、長崎県を代表する観光スポットであり、国内外から多くの観光客が訪れます。
作品名

「ハレルヤ」とは

「ハレルヤ」という映画をご存知でしょうか?「ハレルヤ」とは、1929年に公開されたアメリカ合衆国のミュージカル映画です。キング・ヴィダー監督、アイリーン・リッチ、チャールズ・ギルピン、ウィリアム・デニスン、ゲイル・ソーンダース、ミニー・ノヴァ、ハリー・グリボンが主演しました。マージョリー・ステンソンが原作の舞台劇「ハレルヤ」を基に、ハーバート・J・ビビンスとウィリアム・ターナー・レヴィが脚本を執筆しました。 この映画は、米国の南部で暮らすアフリカ系アメリカ人の生活を描いたものです。主人公は、綿花畑で働く貧しい黒人青年、ハレルヤです。ハレルヤは、ある日、教会で美しい歌声を披露し、牧師から認められます。その後、ハレルヤは、教会の合唱団で歌い始め、やがては、歌手の道を歩むようになります。しかし、ハレルヤの成功は、彼の人生に様々な困難をもたらします。彼は、人種差別や貧困に苦しみ、さらに、愛する女性との別れにも直面します。 「ハレルヤ」は、公開当時、大きな話題となりました。この映画は、黒人俳優が主演する初のハリウッド映画であったためです。また、この映画は、黒人の生活をリアルに描いた作品として、高く評価されました。しかし、「ハレルヤ」は、その一方で、黒人差別を助長する映画であるとして、批判も受けました。
作品名

「ハート・オブ・グラス」の魅力

ニュー・ウェイヴの金字塔 「ハート・オブ・グラス」は、ニュー・ウェイヴという音楽ジャンルを代表する曲の一つとして知られています。ニュー・ウェイヴとは、1970年代後半にイギリスで生まれた音楽ジャンルで、パンク・ロックやエレクトロニック・ミュージックなどの要素を取り入れた音楽を特徴としています。 「ハート・オブ・グラス」は、1979年にイギリスのロックバンド、ブロンディが発表した曲です。この曲は、ブロンディにとって初の全米シングルチャート1位を獲得した曲となり、世界中で大ヒットしました。 「ハート・オブ・グラス」の歌詞は、ガラスのような心にまつわるラブソングです。曲調は、シンセサイザーやギターを駆使したアップテンポなニュー・ウェイヴサウンドで、ブロンディのボーカル、デボラ・ハリーの独特の歌声が印象的です。 「ハート・オブ・グラス」は、ニュー・ウェイヴという音楽ジャンルの代表曲として、現在でも多くの音楽ファンに愛され続けています。この曲は、ニュー・ウェイヴの金字塔として、音楽史にその名を残しています。
モノの名前

「ハリー・S・トルーマン」について

-「ハリー・S・トルーマン」とは?- ハリー・S・トルーマンは、1945年から1953年まで第33代アメリカ合衆国大統領を務めた人物です。彼はフランクリン・D・ルーズベルト大統領の副大統領として就任し、ルーズベルト大統領が1945年4月12日に突然死したことにより、大統領に昇格しました。 トルーマンはミズーリ州インデペンデンスに生まれ、地元の学校で教育を受けました。第一次世界大戦中に軍隊に入隊し、フランスで野戦砲兵隊に従軍しました。戦後、彼はミズーリ州に戻り、農場を経営し、政治活動を始めました。1934年にアメリカ合衆国上院議員に選出され、1945年に副大統領に就任しました。 トルーマン大統領は第二次世界大戦の終結を監督し、国連の設立にも尽力しました。また、アメリカ合衆国の核兵器開発計画であるマンハッタン計画を承認し、1945年8月6日に広島、8月9日に長崎に原子爆弾を投下しました。 トルーマン大統領は冷戦初期を指導し、ソビエト連邦と対立しました。また、国内的には公民権運動を支持し、アフリカ系アメリカ人の権利拡大に努めました。 トルーマン大統領は1953年に大統領を退任し、1972年にミズーリ州インデペンデンスで亡くなりました。
作品名

「ハロウィーンの死体」

「ハロウィーンの死体」のあらすじ この物語は、1978年のハロウィン以来、マイケル・マイヤーズに悩まされてきた小さな町ハドンフィールドで始まる。マイケルは精神病院に収容されていたが、輸送中にバスを乗っ取り、故郷に逃げ出し、再び殺戮を開始する。 マイケルは、前作で生き残ったローリー・ストロード(ジェイミー・リー・カーティス)とその孫娘アリソン(アンディ・マティチャック)を狙い始める。ローリーは長年にわたってマイケルと戦ってきたが、今回は彼を倒すために最後のチャンスであることを知っている。 マイケルは、ハドンフィールドだけでなく、周辺の町でも殺戮を続ける。保安官のフランク・ホーキンス(ウィル・パットン)は、マイケルを捕まえるために必死だが、なかなかうまくいかない。 ローリーは、マイケルの行動パターンを研究し、彼が最も弱いところを見つけようとする。彼女は、マイケルの過去を調査し、彼の母親が精神病患者であったこと、そして彼が養子に出されたことを知る。ローリーは、マイケルが母親の死に対して復讐しようとしているのではないかと考える。 ローリーは、マイケルを罠にかけ、ついに彼を倒す。しかし、マイケルは死なず、再び姿を消す。ローリーは、マイケルがいつか戻ってくることを知っており、その日を恐れている。
作品名

ハスラー2:色を変えた金

「ハスラー2色を変えた金」は、ポール・ニューマンとトム・クルーズが共演し、伝説的な名作となった。ポール・ニューマンは、若いビーンよりも老いたが、同様に熟練したエディを演じた。エディは、街から街へと移動する賭けビリヤードのグールである。トム・クルーズは、エディの若い弟子となったヴィンセントを演じた。ヴィンセントは、エディの才能とカリスマ性に惹かれ、彼に師事することを決意する。 エディとヴィンセントは、やがてプール界のトップスターへと上り詰める。しかし、成功は彼らの友情を破壊し始める。エディは、自分の年齢と衰えを感じ始め、ヴィンセントは、エディの影から抜け出し、自分自身の道を歩みたいと願う。二人は、ついに決別し、敵対関係となる。 エディとヴィンセントは、最終的に再会し、和解する。二人は、お互いを尊敬し、愛し合っていることに気づく。彼らは、プール界を引退し、新しい生活を始めることにする。 「ハスラー2色を変えた金」は、友情、裏切り、救いの物語である。ポール・ニューマンとトム・クルーズの共演は、映画史に残る名演技である。この映画は、批評家からも一般の人々からも絶賛され、アカデミー賞にもノミネートされた。
作品名

ハナチャン大研究!キャラクター解説と出現場所

-ハナチャンの特徴と生態- ハナチャンはウサギに似た姿をした、イヌ科の動物です。体長は30~50cm、体重は2~3kgと小型で、毛色は白や茶色が一般的です。ハナチャンの特徴は、その大きな鼻で、この鼻を使って地面を掘ったり、獲物の匂いを嗅いだりします。ハナチャンは夜行性で、主に昆虫や小動物を捕食しています。 ハナチャンの生態は、まだあまり解明されていませんが、群れを作って生活していることが知られています。群れは、オスとメス、子供で構成されており、群れのリーダーはオスです。ハナチャンは、繁殖期になると、メスは1~3匹の子どもを産みます。子どもたちは、生後約1ヶ月で巣立ち、約1年で性成熟を迎えます。ハナチャンは、寿命が約5年と、比較的短命です。 ハナチャンは、その愛らしい姿から、世界中で人気のある動物です。ペットとして飼われているハナチャンもいますが、野生では、森林や草原に生息しています。ハナチャンは、環境の変化に敏感で、生息地が破壊されると、その数が減少する傾向にあります。そのため、ハナチャンの保護活動が行われています。
作品名

「ハンカ・マンカ」について

ビアトリクス・ポターによる絵本「2ひきのわるいねずみのおはなし」の主人公は、ハンカ・マンカという2匹のねずみです。彼らは、人間の家で食べ物を盗んで暮らしている、非常にいたずら好きで悪巧み好きなねずみです。ある日、彼らは、トーマス・マグレガーという農夫の家に侵入し、食べ物を盗みます。しかし、トーマス・マグレガーは、ハンカ・マンカを捕まえて、かごの中に閉じ込めます。 ハンカ・マンカは、かごの中で大騒ぎし、トーマス・マグレガーを困らせます。トーマス・マグレガーは、ハンカ・マンカを猫に食べさせようとしますが、ハンカ・マンカは、猫をだまして逃げ出します。ハンカ・マンカは、トーマス・マグレガーの家のあちこちを走り回って、いたずらをして、トーマス・マグレガーを困らせ続けます。 最終的に、ハンカ・マンカは、トーマス・マグレガーの奥さんによって捕まり、穴の中に閉じ込められてしまいます。ハンカ・マンカは、穴の中で反省し、二度と悪いことはしないと約束します。トーマス・マグレガーは、ハンカ・マンカを許して、穴から出してあげます。ハンカ・マンカは、トーマス・マグレガーと仲直りし、二度と人間の家に侵入しなくなります。
作品名

純愛適齢期のハクバノ王子サマの魅力

ドラマ「ハクバノ王子サマ」の魅力は、何と言ってもその純愛ストーリーにある。主人公のハクバノ王子は、ある日、一般人の女子高生、ヒロインと出会い、恋に落ちる。しかし、2人の間には身分の差があり、またヒロインには幼なじみの彼氏がいて、恋は簡単には実らない。そんな中、ハクバノ王子はヒロインへの愛を貫き、最終的には結ばれることになる。 このドラマの魅力は、何と言ってもハクバノ王子がただ単にイケメンであるだけでなく、純粋にヒロインを愛する一途な性格であることだ。決して、お金や地位に惑わされることなく、ヒロインへの想いを貫く姿は、視聴者の心を打つ。また、ヒロインの彼氏も、決して悪い男ではなく、ヒロインを大切に思う気持ちは本物である。ヒロインと彼氏の関係も、また視聴者の共感を呼ぶのではないだろうか。 「ハクバノ王子サマ」は、純愛をテーマにした王道のラブストーリーである。しかし、その王道ストーリーが、視聴者を飽きさせることなく、最後まで楽しませる。その理由は、ドラマのキャラクターたちが、とても魅力的で共感しやすいからだろう。ハクバノ王子とヒロインの純粋な愛は、視聴者の心を温め、彼氏との関係に悩むヒロインの姿は、視聴者の共感を呼ぶ。また、ドラマの展開も、とてもスピーディで、視聴者を飽きさせない。