「た」で始まる

作品名

田植歌について

「田植歌」の歴史と背景 田植歌は、田植えの際に歌われる民謡です。田植え歌の歴史は古く、古代中国にまでさかのぼります。中国では、田植えの際に「田歌」と呼ばれる歌が歌われており、これが日本に伝わり、田植歌となりました。田植歌は、地域によってさまざまな種類があり、歌詞やメロディーも異なりますが、どれも田植えの喜びと豊作を願う気持ちを表現しています。 田植歌は、単なる労働歌ではなく、地域の歴史や文化を伝える役割も果たしています。たとえば、新潟県の田植歌には、田んぼに稲を植える様子や、田んぼで働く人々の様子が描かれています。また、富山県の田植歌には、田んぼの神様への感謝の気持ちが込められています。 田植歌は、農耕文化の貴重な遺産であり、地域の歴史や文化を伝える役割を果たしています。近年では、田植え歌が歌われる機会が減ってきていますが、地域によっては田植歌を保存する活動も行われています。
その他

田宮流居合術の歴史と特徴

田宮流居合術の起源と歴史 田宮流居合術は、18世紀に田宮半兵衛正明によって創始された居合術の流派です。田宮半兵衛正明は、当時最強といわれていた流派の塚原卜伝の門下生でしたが、塚原卜伝の死後、自分独自の居合術を編み出しました。田宮半兵衛正明の居合術は、塚原卜伝の居合術よりも実戦的で、より速く、より強力でした。田宮半兵衛正明は、自分の居合術を「田宮流居合術」と名付け、多くの人に教え始めました。田宮流居合術は、瞬く間に広まり、江戸時代には、全国に広がるようになりました。田宮流居合術は、幕末の戊辰戦争でも大きな役割を果たし、多くの剣豪が田宮流居合術を学びました。明治時代以降、田宮流居合術は、軍隊や警察でも採用され、さらに広く普及しました。現在でも、田宮流居合術は、多くの武道愛好家に愛され、学ばれています。
施設名・ロケ地

多目的広場があるキャンプ場、「高須町公園オートキャンプ場」

大見出し「多目的広場があるキャンプ場、「高須町公園オートキャンプ場」」の下に作られた小見出しの「高須町公園オートキャンプ場の概要」 高須町公園オートキャンプ場は、愛媛県上浮穴郡の豊かな自然に囲まれたキャンプ場です。高須町公園内にあり、キャンプサイトのほか、多目的広場、テニスコート、遊具広場、炊事棟、トイレなどの施設があります。キャンプサイトは、オートサイトとフリーサイトがあり、オートサイトは電源付きと電源なしの2種類があります。フリーサイトは、区画が設けられていない自由なキャンプサイトです。多目的広場は、サッカーや野球などのスポーツを楽しむのに最適な場所です。テニスコートは、4面あり、テニスを楽しむことができます。遊具広場には、ブランコや滑り台などがあり、子供たちが遊ぶのに最適な場所です。炊事棟は、シンクやコンロなどが備えられており、キャンプでの食事作りに便利です。トイレは、キャンプ場の各所に設置されており、清潔に保たれています。
モノの名前

「たくあんのきんぴら」の魅力と作り方

「たくあんのきんぴら」の魅力 「たくあんのきんぴら」とは、たくあんとにんじん、油揚げを炒めた料理です。たくあんの歯ごたえと、にんじんの甘味、油揚げの香ばしさが合わさった、素朴ながら味わい深い一品となっています。 「たくあんのきんぴら」は、ご飯のおかずとしてはもちろん、お弁当のおかずとしても最適です。また、お酒のおつまみとしても人気があります。 「たくあんのきんぴら」は、作り方も簡単です。たくあんとにんじんは細切りにし、油揚げは短冊切りにして炒めるだけ。味付けは、醤油と砂糖、みりんで調えます。 「たくあんのきんぴら」は、たくあんという身近な食材を使った料理ですが、その味は絶品です。ぜひ一度、ご家庭で作ってみてはいかがでしょうか。
モノの名前

「たまがった」とは?佐賀の特産品

「たまがった」とは、佐賀県産のニンニクのことで、その愛称です。「たまげた」とは標準語で「とても驚いた」という意味ですが、佐賀県では「たまがった」と表現します。これは、佐賀県の方言で「とても驚いた」という意味だからです。「たまがった」は、佐賀県の特産品として知られており、その名の通り、とても大きいのが特徴です。通常のニンニクの2倍以上の大きさで、1玉が200グラムを超えるものもあります。また、「たまがった」は、その大きさだけでなく、味も特徴的です。とても辛みが強く、パンチの効いた味わいです。ニンニク好きにはたまらない逸品ですが、その辛さは苦手という人もいるかもしれません。
地名・ロケ地

丹沢湖の魅力とアクティビティ

丹沢湖の自然は雄大で、四季折々の表情を見ることができます。春には桜が咲き、夏には緑が茂り、秋には紅葉が美しく、冬には雪化粧を施します。湖畔には遊歩道が整備されており、気軽に散策を楽しむことができます。また、湖畔にはキャンプ場やバンガロー、貸しボートなどがあり、アウトドアアクティビティを楽しむことができます。湖畔には釣り場もあり、バスやヘラブナ、コイなどの魚を釣ることができます。釣りをしながら、のんびりとした時間を過ごすことができます。
モノの名前

「太古のロマン」の魅力を徹底解説!

「太古のロマン」とは、太古の昔に存在したであろう古代文明や、その文明が遺したとされる遺跡や遺物に対するロマンのことです。太古のロマンは、人々にロマンや夢を与えてくれます。また、太古のロマンは、歴史や文化を学ぶきっかけにもなります。太古のロマンに魅せられて、古代文明の研究を始める人もいます。 太古のロマンは、世界中に存在します。日本の縄文時代や弥生時代、ギリシャやローマの古代文明、エジプトのピラミッド、マヤ文明など、世界中には数多くの太古のロマンがあります。これらの太古のロマンは、人々の想像力を刺激し、ロマンや夢を与えてくれます。 太古のロマンは、人々にロマンや夢を与えてくれるだけでなく、歴史や文化を学ぶきっかけにもなります。太古のロマンに魅せられて、古代文明の研究を始める人もいます。古代文明の研究は、歴史や文化を学ぶことができるだけでなく、太古のロマンをより深く理解することもできます。 太古のロマンは、人々にロマンや夢を与えてくれるだけでなく、歴史や文化を学ぶきっかけにもなるのです。
モノの名前

泡盛「多良川」の魅力

「多良川」の誕生の歴史 「多良川」の誕生の歴史は、1953年にまで遡る。当時、沖縄の泡盛業界は、戦後の混乱期を乗り越え、ようやく生産が軌道に乗り始めた頃であった。そんな中、泡盛造りの名人として知られる金城次郎氏は、泡盛の品質向上を目指し、新たな泡盛造りに取り組んだ。 金城氏は、泡盛の原料となる米の品種や栽培方法、泡盛の仕込み方法や熟成方法など、あらゆる面で試行錯誤を重ねた。そして、1959年、ついに金城氏は、独自の製法で造られた泡盛「多良川」を完成させた。「多良川」は、芳醇な香りとまろやかな味わいが特徴で、多くの人々に支持された。 「多良川」の誕生は、沖縄の泡盛業界に大きな影響を与えた。それまで主流であった、辛口で強い泡盛から、飲みやすくまろやかな泡盛へと、泡盛の嗜好が変化したのである。「多良川」は、沖縄の泡盛業界を牽引するブランドとして、現在も愛され続けている。
モノの名前

「玉ちゃんプリン」の美味しさの秘密

有精卵の濃厚なコク 「玉ちゃんプリン」の美味しさの秘密の一つは、有精卵の濃厚なコクです。有精卵は、無精卵と比べて栄養価が高く、コクのある味わいが特徴です。また、有精卵の黄身は、無精卵の黄身よりも色が濃く、プリンに美しい色合いを与えてくれます。「玉ちゃんプリン」では、契約農家から仕入れた新鮮な有精卵を使用することで、濃厚なコクと美しい色合いを実現しています。 有精卵の濃厚なコクを生かすために、「玉ちゃんプリン」では、独自の製法を採用しています。プリンの材料を混ぜ合わせる際には、卵を泡立てないように丁寧に混ぜ合わせ、オーブンでじっくりと焼き上げます。こうすることで、卵の濃厚なコクを損なうことなく、滑らかな食感のプリンに仕上げることができます。 「玉ちゃんプリン」の濃厚なコクは、多くの人々に愛されています。プリンを口に運ぶと、卵の濃厚な風味が広がり、幸せな気持ちになります。また、「玉ちゃんプリン」は、甘すぎず、後味がすっきりしているので、飽きずに食べることができます。 「玉ちゃんプリン」の濃厚なコクは、有精卵を使用し、独自の製法で丁寧に作られているからこそ実現しています。この濃厚なコクは、「玉ちゃんプリン」の大きな魅力であり、多くの人々に愛される理由のひとつです。
作品名

「龍野武者行列殺人事件」読み解き

「龍野武者行列殺人事件」とは、1964年(昭和39年)10月13日に兵庫県揖保郡龍野町(現・たつの市)の祭り「龍野武者行列」の会場で、参加者や見物客など20人以上を殺害した連続殺人事件である。 犯人は、美術教師だった杉本幸治(当時30歳)で、精神分裂症を患っており「自分は源氏の子孫で、この罪は武士道に基づいている」と犯行を供述した。 杉本は、殺害した被害者の遺体を「戦場の死体」と称して並べ、自分の顔に血をぬり、太刀を振って武者行列の会場を徘徊した。その姿はまるで、戦国時代の戦場を彷彿とさせるものであった。 杉本は、その後、警察に逮捕され、1967年(昭和42年)に死刑が確定した。しかし、1970年(昭和45年)に死刑執行が行われる前に、獄中で病死した。 「龍野武者行列殺人事件」は、日本の犯罪史上、最も残忍な事件の一つとして知られている。その異常な犯行は、多くの人の心を震撼させ、現在でも語り継がれている。
モノの名前

多摩動物公園の魅力を大解剖!

多摩動物公園は、東京都日野市にある動物園です。1958年(昭和33年)に開園し、現在では約250種、約2,500点の動物を飼育しています。園内は大きく分けて、アフリカ園、アジア園、オーストラリア園、アメリカ園、ヨーロッパ園の5つのゾーンに分かれており、それぞれのゾーンにはその地域に生息する動物たちが飼育されています。 また、多摩動物公園は、動物の生態や行動を観察できる施設も充実しています。例えば、アフリカ園にはサファリゾーンがあり、車で動物たちの間を移動しながら観察することができます。また、アシカショーやゾウのショーなど、動物たちの芸を見ることもできます。 多摩動物公園は、動物たちとふれあえる施設も充実しています。例えば、ふれあいコーナーでは、ヤギやウサギ、モルモットなどの動物たちと触れ合うことができます。また、ポニー乗馬体験やラクダ乗馬体験など、動物に乗ることもできます。 多摩動物公園は、動物たちを間近で見ることができるだけでなく、動物の生態や行動を観察したり、動物たちとふれあうこともできる、楽しみ方が盛りだくさんの動物園です。
モノの名前

田辺だいこんはおいしい!

田辺だいこんはおいしい! 田辺だいこんの特徴 田辺だいこんは、根が円筒形で大きく、長さは30~40センチほど。皮は薄く、中は白く緻密で、甘みがあり、辛みが少ないのが特徴です。また、水分を多く含んでいるため、煮物や汁物にするとトロトロになります。 田辺だいこんは、和歌山県田辺市で栽培される大根の一種です。田辺市は、温暖な気候と肥沃な土壌に恵まれ、だいこんの栽培に適しています。田辺だいこんは、江戸時代から栽培されており、そのおいしさから、全国各地に出荷されています。 田辺だいこんは、そのまま生で食べてもおいしく、煮物や汁物、漬物など、さまざまな料理に使用することができます。また、田辺だいこんを使ったおでんは、田辺市の郷土料理として知られています。 田辺だいこんは、そのおいしさから、全国各地に出荷されています。また、田辺だいこんを使ったおでんは、田辺市の郷土料理として知られています。田辺だいこんは、和歌山県を代表する特産品の一つです。
作品名

「逮捕しちゃうぞ」の魅力

「逮捕しちゃうぞ」は、1996年から2002年までテレビ朝日系列で放送されたテレビドラマです。女性警察官たちが活躍するコミカルなドラマで、高い人気を博しました。 このドラマの魅力の一つは、その作品の特徴にあります。まず、女性警察官たちが主人公であるという点が挙げられます。当時、女性警察官はまだまだ珍しく、ドラマで女性警察官が活躍するのは画期的でした。 また、このドラマはコメディタッチで描かれているのも特徴です。警察官たちの日常でのドタバタ劇や、犯人とのやり取りなどがコミカルに描かれていて、笑いながら楽しめます。 さらに、このドラマはアクションシーンにも力を入れています。銃撃戦や格闘シーンなど、迫力満点のアクションシーンが展開され、視聴者を楽しませます。 これらの特徴が相まって、「逮捕しちゃうぞ」は高い人気を博しました。ドラマは全4シリーズが制作され、スペシャルドラマも放送されました。また、映画化もされ、大ヒットを記録しました。 「逮捕しちゃうぞ」は、現在でも根強い人気を誇るドラマです。その魅力は、女性警察官たちが主人公であるという点、コメディタッチで描かれている点、アクションシーンに力を入れている点など、さまざまな要素が組み合わさったところにあります。
作品名

たからもの とんだ

「たからもの とんだ」は、ある日突然、空から落ちてきた宝箱をめぐる物語である。主人公の少年、太郎は、その宝箱の中から不思議な生き物、トンダを取り出した。トンダは、太郎に宝物を探す旅に出ることを提案し、二人は旅に出る。旅の途中で、太郎とトンダは、さまざまな困難に遭遇するが、それを乗り越え、ついに宝物を手に入れる。しかし、宝物を手に入れた後、太郎はトンダとの別れを告げ、一人旅を続ける。 太郎は、旅を続けている途中で、さまざまな人々と出会う。その中には、太郎に親切にしてくれる人もいれば、太郎を騙そうとする人もいる。太郎は、そんな人々と出会いながら、少しずつ成長していく。そして、ついに、太郎は自分の宝物を手に入れる。それは、太郎が旅の中で出会った人々との絆であった。太郎は、その絆を胸に、これからも旅を続けていく。
その他

武雄の荒踊 – 日本文化の輝き

-「武雄の荒踊」とは何か?- 「武雄の荒踊」とは、佐賀県武雄市で毎年8月15日から16日にかけて行われる伝統芸能です。約400年の歴史を持ち、国の重要無形民俗文化財にも指定されています。踊りは、笛や太鼓、鐘などの楽器に合わせて、白装束をまとった踊り手たちが輪になって踊るというシンプルなものです。しかし、その動きは激しく、踊り手たちは一心不乱に踊る姿が特徴的です。 「武雄の荒踊」は、五穀豊穣や無病息災を祈願するお祭りとして始まったとされています。しかし、次第に庶民の娯楽としても親しまれるようになり、現在では武雄市の夏の風物詩となっています。毎年、多くの人が「武雄の荒踊」を見学に訪れ、その迫力ある踊りを楽しんでいます。 「武雄の荒踊」は、日本の伝統文化の輝きを伝える貴重な芸能です。今後も大切に受け継がれていくことを願っています。
モノの名前

魅惑の大吟醸「龍力 米のささやき」

「龍力 米のささやき」は、岩手県一関市にある老舗酒蔵「菊の司酒造」が醸す大吟醸酒です。地元の酒米「龍力」を100%使用し、伝統的な製法で丁寧に醸されています。 「龍力 米のささやき」の特徴は、その華やかな香りと純米大吟醸らしい柔らかでありながらインパクトのある飲み口です。マンゴーを思わせるフルーティーな香りと、上品な甘味と酸味のバランスが絶妙です。口に含むと、米の旨味が広がり、心地よい余韻が続きます。 「龍力 米のささやき」は、冷やしてそのまま飲むのはもちろん、温めても美味しくいただけます。また、食前酒や食中酒としても最適です。
作品名

旅のサーカス:美空ひばりの不朽の名曲

日本ポピュラー音楽史に残る名曲 美空ひばりは、日本のポピュラー音楽史に数多くの名曲を残しました。その中でも特に有名なのが、「川の流れのように」、「愛燦燦」、「リンゴ追分」の3曲です。 「川の流れのように」は、1989年にリリースされた美空ひばりのシングル曲で、彼女の代表曲のひとつです。作詞は秋元康、作曲は三木たかしが担当しました。この曲は、人生の無常さと美しさを歌ったもので、日本レコード大賞を受賞するなど大ヒットしました。 「愛燦燦」は、1983年にリリースされた美空ひばりのシングル曲で、彼女のラストシングルでもあります。作詞は小林旭、作曲は宇崎竜童が担当しました。この曲は、愛の素晴らしさを歌ったもので、日本有線大賞を受賞するなど大ヒットしました。 「リンゴ追分」は、1952年にリリースされた美空ひばりのシングル曲で、彼女のデビュー曲でもあります。作詞は佐伯孝夫、作曲は吉田正が担当しました。この曲は、リンゴ畑で働く女性の歌で、日本レコード大賞を受賞するなど大ヒットしました。 この3曲は、美空ひばりの代表曲として今もなお歌い継がれています。そのメロディーの美しさと歌詞の深さは、多くの人々の心を捉えて離しません。
作品名

「高島節」の魅力と歴史

高島節の誕生と炭鉱労働者 高島節は、長崎県高島市で生まれた民謡です。その起源は、明治時代の炭鉱労働者にまでさかのぼります。当時、高島には多くの炭鉱があり、そこで働く人々は過酷な労働を強いられていました。その中で、労働者たちは自分たちの気持ちを歌に乗せて表現するようになりました。それが高島節の始まりです。 高島節は、三味線や太鼓の音色に乗せて、男女が交互に歌い合うのが特徴です。歌詞は、労働者たちの生活や恋愛、そして彼らが抱いていた希望や夢を歌ったものです。高島節は、炭鉱労働者たちの心の叫びであり、彼らの人生を物語る貴重な民謡です。 高島節は、労働者たちの間で親しまれるようになりましたが、やがて鉱山の閉山や労働者の減少によって、その存在が危ぶまれるようになりました。しかし、地元の人たちの努力によって、高島節は現在も歌い継がれています。その魅力は、労働者たちの魂が込められた歌詞と、三味線や太鼓の音色に乗せて歌われる力強いメロディーにあります。 高島節は、長崎県の無形文化財に指定されており、地域の人々によって大切に守られています。毎年、高島市では高島節のコンクールが開催され、多くの出場者が参加します。また、高島節を歌い継ぐサークルや教室も各地にあり、その普及に努めています。 高島節は、炭鉱労働者たちの魂が込められた貴重な民謡です。その魅力は、労働者たちの生活や恋愛、そして彼らが抱いていた希望や夢を歌った歌詞と、力強いメロディーにあります。高島節は、長崎県の無形文化財に指定されており、地域の人々によって大切に守られています。
地名・ロケ地

田ノ脇鼻南小島の誕生

田ノ脇鼻南小島の命名の経緯 田ノ脇鼻南小島は、2016年10月に国土地理院が公表した新しい島であり、面積は約0.1平方キロメートル、周囲は約1.3キロメートルである。この島は、鹿児島県薩摩川内市にある田ノ脇鼻の南約4キロメートルに位置し、田ノ脇鼻の南にあることから「田ノ脇鼻南小島」と名付けられた。 田ノ脇鼻南小島の命名は、国土地理院の「無人島に関する情報整備基準」に基づいて行われた。この基準では、無人の島の命名は、その島の位置や形状、歴史などの要素を考慮して行うこととされている。田ノ脇鼻南小島の位置は、田ノ脇鼻の南約4キロメートルであり、形状は円形に近い。歴史に関しては、この島に関する記録は残っていないが、江戸時代の地図には田ノ脇鼻の南に小島が描かれていることから、この島は江戸時代から存在していたと考えられる。 田ノ脇鼻南小島の命名は、地元住民の意見を聞いて行われた。地元住民からは、この島を「田ノ脇鼻南小島」と呼んでほしいという要望が多く寄せられた。国土地理院はこの要望を尊重し、この島を「田ノ脇鼻南小島」と命名した。
施設名・ロケ地

秋田の秘境、田沢湖畔にある「縄文の森たざわこ」の魅力

「湖畔に広がる絶好のロケーション」 縄文の森たざわこの魅力の一つは、その絶好のロケーションです。田沢湖畔に位置するこの施設は、湖の美しい景色を望むことができます。また、森に囲まれているため、四季折々の自然を楽しむことができます。特に、秋の紅葉の時期には、真っ赤に染まった木々が湖面に映し出され、幻想的な景色が広がります。また、冬の時期には、雪化粧した森と湖が一面に広がり、まるで別世界に来たかのような気分を味わうことができます。
作品名

「宝の山」(1929) 知られざる名作の魅力

監督・小津安二郎の原点とも言える作品 小津安二郎監督の初期の作品「宝の山」は、1929年に公開され、今日ではあまり知られていない名作です。しかし、この作品は小津監督のその後の作品に大きな影響を与え、彼の原点とも言われています。 「宝の山」は、貧しい家庭に生まれた主人公の四兄弟が、宝くじに当たって一夜にして大金持ちになるという物語です。しかし、お金持ちになったことで、兄弟たちはそれぞれに問題を抱えていきます。兄は酒とギャンブルに溺れ、弟は遊びほうけて学校を中退、妹は結婚詐欺に遭ってしまいます。 そして、主人公はそんな兄弟たちを心配しながらも、自分が宝くじに当たったことを誰にも言えずに、毎日懸命に働いています。そんな中、主人公は偶然、以前勤めていた会社の社長と再会します。社長は主人公の真面目な働きぶりを評価し、彼を再び会社に雇用します。 主人公は社長の助けを借りて、兄弟たちの問題を解決していきます。そして、兄弟たちは改心し、主人公は社長の娘と結婚して幸せになります。 「宝の山」は、お金持ちになることの意味や、家族の絆の大切さを描いた作品です。小津監督はこの作品で、その後、彼の作品に一貫して描かれることになるテーマを提示しています。
作品名

たそがれの地球:ポール・アンダースンの名作SF短編集

「たそがれの地球」の世界観は、終末的な世界観である。人類は核戦争によって滅亡の危機に瀕しており、わずかに残された生存者たちは、放射能に汚染された地球で生き延びるために苦闘している。また、「たそがれの地球」の世界観は、科学技術が高度に発達した世界観である。人類は、宇宙旅行や人工知能など、さまざまな科学技術を駆使して、滅亡の危機を乗り越えようとしている。 「たそがれの地球」のテーマは、人類の生存と希望である。人類は、核戦争によって滅亡の危機に瀕しているが、わずかに残された生存者たちは、生き延びるために希望を捨てずに戦い続けている。また、「たそがれの地球」のテーマは、科学技術と人間の関係である。科学技術は、人類に多くの恩恵をもたらしたが、同時に、人類を滅亡の危機に瀕させるほどの破壊力も持っている。人類は、科学技術と上手く付き合っていかなくてはならない。
作品名

多良間しょんがねの魅力

多良間しょんがねの歴史 多良間しょんがねの歴史は古く、12世紀頃にはすでに生産されていたといわれています。当時は、中国の交易船が琉球に寄港し、その際に多良間島の住民に製塩の技術を伝えたと考えられています。多良間しょんがねは、琉球王国の時代には貢ぎ物として献上されるほど貴重で、その品質の高さは広く知られていました。 江戸時代に入ると、多良間しょんがねは薩摩藩の専売品となり、厳格な管理が行われるようになりました。薩摩藩は、多良間島に役人を派遣して製塩を管理し、生産量や価格を厳しく取り締まりました。また、多良間しょんがねは薩摩藩の特産品として扱われ、他の藩に輸出することが禁止されました。 明治時代になると、多良間しょんがねは政府の専売品となり、塩専売法によって生産と販売が管理されるようになりました。塩専売法は、太平洋戦争後まで続き、多良間しょんがねの生産は政府の厳しい管理下に置かれていました。 戦後、塩専売法が廃止され、多良間しょんがねの生産は自由化されました。しかし、多良間しょんがねの生産量は激減し、1970年代には生産が完全に停止してしまいました。 その後、多良間しょんがねの伝統を復活させようと、1980年代に生産が再開されました。現在では、多良間しょんがねは毎年約10トン生産されており、その品質の高さは再び評価されています。多良間しょんがねは、原料の海水と太陽と風の力だけで作られる自然食品であり、ミネラルが豊富に含まれています。また、独特の甘みと旨みがあるのが特徴で、料理に使用すると素材の味を引き立てます。
作品名

麻倉未稀の名曲「黄昏ダンシング」のすべて

「黄昏ダンシング」の楽曲解説 麻倉未稀の「黄昏ダンシング」は、1981年4月21日に発売された彼女のデビューシングルである。作詞は売野雅勇、作曲は杉本真人、編曲は松任谷正隆が担当した。 この曲は、麻倉未稀の力強いボーカルと、松任谷正隆によるゴージャスなアレンジが特徴的な、ディスコ調のポップスナンバーである。歌詞は、黄昏の街を舞台に、恋に落ちた男女の切ない心情を歌っている。 「黄昏ダンシング」は、発売当時から大ヒットを記録し、オリコンチャートで最高位4位を獲得した。また、第23回日本レコード大賞で優秀歌唱賞を受賞した。この曲は、麻倉未稀の代表曲として知られており、現在でも多くのファンに愛され続けている。 「黄昏ダンシング」の成功は、麻倉未稀の歌手としてのキャリアを大きく飛躍させた。彼女はその後、数々のヒット曲をリリースし、人気歌手としての地位を確立した。また、女優としても活躍し、映画やドラマに出演した。 「黄昏ダンシング」は、麻倉未稀の才能を世に知らしめた記念碑的な楽曲である。この曲は、彼女の代表曲として、これからも多くの人々に愛され続けていくことであろう。