施設名・ロケ地

施設名・ロケ地

染羽天石勝神社の魅力

染羽天石勝神社の歴史と由来 染羽天石勝神社は、福岡県福岡市西区にある神社です。天石勝別命を主祭神として祀っており、古くから航海安全の守り神として崇敬されてきました。 神社の創建は、平安時代の860年頃と言われています。当時は、博多湾の入り口に位置するこの地に、海賊や悪霊が跋扈しており、航海する船の安全が脅かされていました。そこで、地元の人々は、天石勝別命を祀る神社を建立し、海賊や悪霊を鎮めることを祈願したのです。 その後、染羽天石勝神社は、航海安全の守り神として広く信仰を集めるようになりました。特に、博多湾から出航する船乗りたちは、必ずこの神社に参拝して航海の安全を祈願しました。また、神社には、海賊や悪霊から逃れた人々が、感謝の気持ちを込めて奉納した絵馬や御神酒などが数多く残されています。 江戸時代になると、染羽天石勝神社は、福岡藩の庇護を受け、社殿の改修や境内地の整備が行われました。また、この頃には、神社の近くに、芝居小屋や茶屋などが建ち並び、賑わいを見せました。 明治時代に入ると、染羽天石勝神社は、神仏分離令によって、神社として独立しました。その後、神社は、幾度かの改修を経て、現在の姿になりました。 現在、染羽天石勝神社は、航海安全の守り神としてだけでなく、厄除けや開運の神様としても信仰されています。毎年、多くの参拝者が訪れ、そのご利益にあやかろうとしています。
施設名・ロケ地

「春花秋灯」について

都内に広がる「春花秋灯」の魅力 「春花秋灯」は、四季折々の花や灯籠を展示するイベントで、都内各地で開催されています。このイベントは、花と灯籠の美しさを楽しむことができるだけでなく、日本の伝統文化を体験することもできます。 都内で開催されている「春花秋灯」の中でも、特に人気が高いのは、上野恩賜公園で開催される「上野恩賜公園春花秋灯」です。このイベントでは、約1,000個の灯籠が公園内を彩り、夜になると幻想的な雰囲気を楽しむことができます。また、期間中は様々なイベントが開催され、多くの人で賑わいます。 「春花秋灯」は、都内の観光スポットを巡るのに最適なイベントです。花と灯籠の美しさに癒されながら、日本の伝統文化を体験することができます。
施設名・ロケ地

「八女本舗」の楽しみ方

八女市の伝統工芸に触れる 八女市は、古くから茶の湯の文化が盛んであり、その伝統工芸も茶道具を中心に発達してきました。八女の手漉き和紙は、その中でも特に有名な伝統工芸のひとつです。八女の手漉き和紙は、原料に楮(こうぞ)や三椏(みつまた)などの木々の皮を使用しており、その特徴は、丈夫で耐久性に優れていることです。また、八女の手漉き和紙は、その独特の風合いも魅力のひとつです。 八女の手漉き和紙は、茶道具をはじめ、書道や絵画などの美術品にも使用されています。また、近年では、八女の手漉き和紙を使ったファッションアイテムや雑貨なども人気を集めています。八女市を訪れた際には、ぜひ、八女の手漉き和紙を使った伝統工芸品に触れてみてください。
施設名・ロケ地

名古屋栄三越の歴史と特徴

-名古屋栄三越誕生の経緯- 名古屋栄三越は、1928年(昭和3年)10月1日に開業した老舗百貨店です。栄三越の誕生は、名古屋のまちづくりと密接に関係しています。 1910年(明治43年)に、名古屋市は都市計画の一環として、栄地区を商業の中心地として開発することにしました。栄地区は、名古屋城の東に位置しており、交通の便が良く、名古屋の中心部から徒歩圏内にあることから、商業地として適した場所でした。 栄地区の開発が始まると、名古屋の有力な商人たちが続々と栄地区に進出するようになりました。1925年(大正14年)には、名古屋で百貨店を経営していた三越が、栄地区に百貨店を開業することを決定しました。 三越が名古屋に進出するにあたっては、地元の商工会議所や有力者たちの協力が不可欠でした。商工会議所や有力者たちは、名古屋の経済を発展させるためには、三越のような大規模な百貨店を誘致することが必要であると考えており、三越の名古屋進出を積極的に支援しました。 三越は、名古屋の有力者たちの協力のもと、1928年(昭和3年)10月1日に栄地区に百貨店を開業しました。栄三越の開業は、名古屋のまちづくりに大きな影響を与え、名古屋の商業の中心地としての地位を確立するのに貢献しました。
施設名・ロケ地

「つくばユナイテッドSun GAIA」について

「つくばユナイテッドSun GAIA」のチーム概要と歴史 「つくばユナイテッドSun GAIA」は、茨城県つくば市を拠点とする男子バスケットボールチームである。B3リーグに所属している。ホームアリーナは、つくばカピオアリーナ。 2016年、つくば市のバスケットボール普及と地域活性化を目的として設立された。茨城県を本拠地とする男子プロバスケットチームは、このチームが初となる。 初年度の2016-17シーズンは、B3リーグ昇格を目指して参戦した。しかし、惜しくも昇格を逃した。翌2017-18シーズンは、B3リーグ昇格を果たした。 B3リーグ昇格後は、毎年着実に成績を伸ばしている。2018-19シーズンは、B3リーグ東地区で優勝し、B2リーグ昇格を争うチャンピオンシップに進出した。しかし、惜しくも昇格を逃した。 2019-20シーズンは、新型コロナウイルスの影響でシーズンが打ち切りとなった。チームは、B3リーグ東地区で3位だった。 2020-21シーズンは、B3リーグ東地区で3位に入り、チャンピオンシップに出場した。しかし、惜しくも昇格を逃した。 2021-22シーズンは、B3リーグ東地区で2位に入り、チャンピオンシップに出場した。しかし、惜しくも昇格を逃した。 「つくばユナイテッドSun GAIA」は、B3リーグで着実に成績を伸ばしており、B2リーグ昇格に向けて期待が高まっている。
施設名・ロケ地

軽金属学会について

軽金属学会とは 軽金属学会は、軽金属とその合金に関する学理および技術の発展を図り、もって科学技術の進歩に寄与することを目的として1952年に設立された学会です。国内唯一の軽金属に関する総合学会であり、会員数は約2,000名です。学会の主な活動としては、年次大会の開催、論文誌の発行、研究会の開催、国際会議への参加などがあります。また、軽金属に関する教育や啓発活動も行っています。 軽金属学会の年次大会は、毎年秋に開催されます。大会では、軽金属に関する最新の研究成果が発表され、活発な議論が行われます。また、大会期間中には、軽金属に関する展示会や講演会も開催されます。 軽金属学会の論文誌は、「軽金属」と「軽金属論文集」の2誌です。「軽金属」は、軽金属に関する最新の研究成果を掲載した月刊誌です。「軽金属論文集」は、軽金属に関するより専門的な研究成果を掲載した年1回発行の論文誌です。
施設名・ロケ地

居酒屋チェーン「テング酒場」の魅力

- テング酒場の特徴 テング酒場は、街中に出店しており、仕事帰りのサラリーマンやOLが立ち寄るのに最適な居酒屋チェーンです。リーズナブルな価格で新鮮な魚介類や肉料理を提供しており、また、生ビールや焼酎などのアルコール類も豊富に取り揃えています。 テング酒場の大きな特徴の一つは、新鮮な魚介類を使った料理です。魚介類は毎日市場から仕入れており、刺身や焼き魚、煮魚など、さまざまな料理で提供しています。また、肉料理も充実しており、牛や豚、鶏肉などを使った料理が豊富にあります。 テング酒場のもう一つの特徴は、リーズナブルな価格です。ほとんどの料理が1,000円以下で、生ビールや焼酎などもリーズナブルな価格で提供しています。また、テング酒場では、毎日日替わりランチを提供しており、こちらはさらにリーズナブルな価格で提供されています。 テング酒場は、仕事帰りのサラリーマンやOLが立ち寄るのに最適な居酒屋チェーンです。リーズナブルな価格で新鮮な魚介類や肉料理を提供しており、また、生ビールや焼酎などのアルコール類も豊富に取り揃えています。 さらに、テング酒場では、宴会やパーティなどの貸し切りにも対応しています。貸し切りは、10名から最大50名まで可能です。また、テング酒場では、 catering service も提供しており、自宅やオフィスに料理を届けてもらうことも可能です。
施設名・ロケ地

わんぱーくこうちでオオサンショウウオに学ぶ

わんぱーくこうちの魅力 わんぱーくこうちは、高知県須崎市に位置する自然豊かな公園です。約100ヘクタールの広大な敷地に、動物園、水族館、植物園、遊園地など、さまざまな施設が揃っています。中でも、オオサンショウウオの飼育施設は日本最大級を誇り、国内外から多くの観光客が訪れます。 オオサンショウウオは、日本の固有種で、世界最大級の両生類です。その巨大な体と愛らしい顔立ちから、人気を集めています。わんぱーくこうちでは、オオサンショウウオを間近で見ることができるだけでなく、その生態や保護活動について学ぶことができます。 わんぱーくこうちは、オオサンショウウオ以外にも、様々な動物を飼育しています。ライオンやトラ、ゾウなどの人気者から、小動物まで幅広く揃っています。また、水族館には、高知県近海に生息する魚類やサンゴ礁の生物を展示しています。 わんぱーくこうちには、遊園地も併設されています。観覧車やメリーゴーランド、ジェットコースターなど、定番のアトラクションが揃っています。また、夏季限定でプールもオープンします。 わんぱーくこうちは、自然と動物と触れ合える魅力的な公園です。家族連れやカップル、友達同士で訪れるのにぴったりです。高知県を訪れた際には、ぜひわんぱーくこうちに足を運んでみてください。
施設名・ロケ地

北海道の自然公園「札内川園地」の見どころ

-ピョウタンの滝の迫力- 札内川園地で最も有名なスポットの一つが、ピョウタンの滝です。ピョウタンの滝は、札内川の上流にある滝で、高さは約10メートル、幅は約20メートルです。滝壺は深く、エメラルドグリーンの水が美しいです。ピョウタンの滝は、その名の通り、滝壺の形が瓢箪に似ていることが由来です。 ピョウタンの滝は、春夏秋冬、どの季節に訪れても美しいです。春には、滝の周りに桜が咲き誇り、夏には、滝の周辺で涼しい風が吹き抜けます。秋には、滝の周りの紅葉が美しく、冬には、滝が凍りつき、幻想的な景色が広がります。 ピョウタンの滝は、札内川園地の中でも特に人気のスポットです。滝の周辺には、遊歩道が整備されており、滝を間近で見ることができます。また、滝の近くには、展望台があり、滝の上流や下流の景色を楽しむことができます。ピョウタンの滝は、札内川園地を訪れた際には、ぜひ見ておきたいスポットです。
施設名・ロケ地

神戸総合運動公園野球場 魅力を徹底解説

神戸総合運動公園野球場は、兵庫県神戸市須磨区にある野球場です。1988年に開場し、プロ野球の阪神タイガースの二軍本拠地として使用されています。また、社会人野球や高校野球などのアマチュア野球の試合にも使用されています。収容人員は30,000人で、内野は天然芝、外野は人工芝となっています。 この野球場は、阪神タイガースのファンに人気の球場です。阪神タイガースの二軍戦が行われる際には、多くのファンが球場に詰めかけます。また、社会人野球や高校野球などのアマチュア野球の試合が行われる際には、地元のファンが球場に足を運んでいます。 神戸総合運動公園野球場は、野球ファンにとって魅力的な球場です。プロ野球の阪神タイガースの二軍戦が行われる際には、多くのファンが球場に詰めかけます。また、社会人野球や高校野球などのアマチュア野球の試合が行われる際には、地元のファンが球場に足を運んでいます。
施設名・ロケ地

なみの紹介とおすすめポイント

なみの歴史と由来 なみは、日本の伝統的なヘアスタイルであり、平安時代から鎌倉時代にかけて流行しました。そのルーツは、古代の神事や祭祀において、神職が髪を束ねていたことに由来するとされています。平安時代の貴族の間では、髪を長くして後ろに垂らす「大垂髪(おおだれがみ)」が流行し、その中にさまざまな装飾品を付けるようになりました。鎌倉時代には、武家社会の台頭により、より簡素で動きやすいヘアスタイルが好まれるようになり、なみが誕生しました。 なみの特徴は、髪の毛を左右に分けて、耳のあたりの髪の毛を束ねて結うことです。残りの髪は、後ろに垂らしたり、結んでまとめたりします。なみは、平安時代の貴族の髪型を簡素化したものであり、武家社会に受け入れられ、江戸時代まで流行しました。江戸時代以降は、西洋文化の影響を受けて、なみは次第に廃れていきましたが、現在でも、伝統芸能や一部の地域では、なみを結う習慣が残っています。
施設名・ロケ地

ノスタルジーを懐く三宮OPAの記憶

三宮OPAの歴史と歩み 三宮OPAは、神戸市中央区三宮通に所在するショッピングビルです。1980年に開業し、2002年には新館が増設されました。地下1階から地上11階建て、店舗数は約150店舗です。 三宮OPAは、1階に直営店、2階から10階にテナントが入居し、11階にはシネマコン החレクスOPAが併設されています。取扱商品は、ファッション、雑貨、コスメ、インテリア、食品などです。ターゲット層は、10代から20代の男女です。 三宮OPAは、三宮駅に近く、神戸を拠点とする若い世代に人気のショッピングスポットです。また、神戸市外からも多くの買い物客が訪れます。三宮OPAの年商は約30億円です。 三宮OPAは、2020年にリニューアルオープンしました。リニューアルにあたり、正面エントランスの移設、フードコートの拡張、テナントの変更などが行われました。リニューアル後は、より多くの買い物客が訪れるようになりました。 三宮OPAは、神戸市を象徴するショッピングビルです。若い世代に人気のショッピングスポットとして、今後も多くの買い物客が訪れることが予想されます。
施設名・ロケ地

「水文・水資源学会」について

水文・水資源学会は、水文および水資源に関連する分野の研究と実践を推進することを目的とし、1992年に設立されました。学会の活動には、以下のものがあります。 * 学術集会の開催 学術集会は、毎年1回開催され、水文・水資源に関する最新の研究成果が発表されます。また、集会の開催に併せて、ワークショップや講演会なども開催されます。 * 学術誌の発行 学会は、学術誌「水文・水資源論文集」を発行しています。論文集には、水文・水資源に関する論文が掲載されます。 * 研究助成金の交付 学会は、水文・水資源に関する研究を行う研究者に対して、研究助成金を交付しています。助成金は、研究費や旅費として使用することができます。 * 国際交流の推進 学会は、国際交流を積極的に推進しています。学会は、海外の学会との交流を深め、海外の研究者との共同研究や、国際会議の開催などを行っています。 * 社会への貢献 学会は、社会への貢献にも力を入れています。学会は、水文・水資源に関する情報を一般に公開したり、水文・水資源に関する講演会を開催したりしています。また、学会は、水文・水資源に関する政策提言も行っています。
施設名・ロケ地

宮城野原公園宮城球場とその歴史

宮城野原公園宮城球場は、仙台市宮城野区にある野球場で、東北6球団の本拠地として使用されています。1924年に開場し、1929年に東北初のプロ野球チームである仙台鉄道局が誕生しました。1936年には東北初のナイター設備が設置され、1950年には大規模な改修が行われ、収容人数が2万5千人に増えました。1960年代には東北地方で唯一の1万人収容可能球場となり、1973年には東北楽天ゴールデンイーグルスが発足し、本拠地として使用されるようになりました。 宮城野原公園宮城球場は、東北地方の野球の中心地として長年親しまれてきた球場です。東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地として、多くの名勝負が繰り広げられてきました。また、東北地方の大学野球や高校野球の試合も行われており、東北地方の野球振興に大きく貢献しています。 宮城野原公園宮城球場は、東北地方の野球の歴史を物語る貴重な球場です。東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地として、また東北地方の大学野球や高校野球の試合が行われる球場として、これから先も東北地方の野球振興に貢献し続けるでしょう。
施設名・ロケ地

希望と太陽のロックフェスとは?

-開催概要- 希望と太陽のロックフェスとは、毎年夏に開催される音楽フェスです。全国からアーティストが集まり、多彩なジャンルの音楽を披露してくれます。また、会場にはフードコートやアトラクションも充実しており、一日中楽しむことができます。 フェスのテーマは「希望と太陽」。音楽の力で人々を元気づけ、明るい未来を夢見てほしいという願いが込められています。フェスの会場は、自然豊かな公園や海辺など、開放感のある場所が選ばれます。 出演アーティストは、ロック、ポップス、ヒップホップなど、幅広いジャンルからラインナップされます。また、毎年新進気鋭のアーティストも多数出演し、フェスを盛り上げます。 フェスの会場には、フードコートやアトラクションも充実しています。フードコートでは、地元のグルメや定番のフェス飯など、さまざまな料理が楽しめます。また、アトラクションでは、遊園地の乗り物やゲームなど、大人から子供まで楽しめるコンテンツが揃っています。 希望と太陽のロックフェスは、音楽ファンはもちろん、家族連れや友達同士など、幅広い世代が楽しめるイベントです。ぜひ、今年の夏は希望と太陽のロックフェスに足を運んでみてください。
施設名・ロケ地

「ノーザンホースパーク」~北海道の自然の中で馬と癒される観光施設~

馬とのふれあい ノーザンホースパークでは、馬とのふれあいを楽しむことができます。ポニーライディングやホーストトレッキングなど、初心者でも気軽に体験できるプログラムが用意されています。ポニーライディングは、年齢制限がなく、小さな子供でも楽しめます。ホーストトレッキングは、自然豊かなコースを馬に乗って散策するアクティビティで、北海道の大自然を満喫することができます。また、馬の厩舎を見学することもできます。馬の生態や飼育方法について学ぶことができ、馬への理解を深めることができます。
施設名・ロケ地

維新百年記念公園を楽しむためのガイド

-公園の歴史と概要- 維新百年記念公園は、京都府京都市左京区にある公園です。1968年に明治維新100周年を記念して開園しました。面積は約25ヘクタールで、公園内には約1,000本の桜の木が植えられています。また、梅林、つつじ園、バラ園、紅葉園など、四季折々の花が楽しめるスポットがあります。 公園のシンボルは、高さ20メートルの「維新の塔」です。塔の頂上からは、京都市街を一望することができます。公園内には他にも、西南戦争で活躍した西郷隆盛の銅像や、明治維新の志士たちの墓所など、歴史を感じさせるスポットがあります。 維新百年記念公園は、散歩やジョギング、お花見など、様々な用途で利用することができます。また、公園内には、バーベキュー広場や遊具広場、野外ステージなどもあり、家族連れで楽しめるスポットとなっています。
施設名・ロケ地

瀬戸内国際芸術祭のベネッセアートサイト直島

瀬戸内国際芸術祭とは、香川県の瀬戸内海に浮かぶ大小12の島々と、岡山県の一部地域を舞台に、現代美術を中心とした国際芸術祭です。1994年に前身の「直島コンテンポラリーアートミュージアム1994」としてスタートし、2010年には「瀬戸内国際芸術祭2010」として開催されました。その後、3年に1度の開催となり、2019年に「瀬戸内国際芸術祭2019」が開催されました。 芸術祭の特徴は、島の自然や歴史、文化と現代美術が融合した作品が多く展示されていることです。また、島の人々とアーティストが交流し、共同で作品制作を行うなど、地域と芸術が密接に結びついているのも特徴です。芸術祭期間中は、島々を巡るシャトルボートやフェリーが運行され、島を巡りながら作品鑑賞を楽しむことができます。また、各島には、作品を展示する美術館やギャラリーがあり、島の人々の暮らしや歴史を学ぶことができます。
施設名・ロケ地

絶景の米どころ、「みかわ」の魅力

みかわの自然と歴史 みかわの自然の美しさは、悠久の時をかけて形成された豊かな地形にあります。豊かな森林、清流、そして美しい海岸線は、人々を魅了し続けています。また、みかわは、歴史の舞台としても重要でした。古代から人々が暮らし、多くの史跡が残されています。例えば、弥生時代には、三河湾に面した丘陵に、三河国府が置かれていました。また、戦国時代には、徳川家康が三河を平定し、江戸幕府を開きました。みかわの歴史と自然は、人々の生活に深く根ざしており、現在も大切に守り続けられています。
施設名・ロケ地

道の駅「みき」の魅力

兵庫道の駅「みき」の魅力 ~小見出し 兵庫県三木市にある道の駅「みき」~ 道の駅「みき」は、豊かな自然に囲まれた、かつての西国街道の宿場町、三木市にある道の駅です。 周辺には、国指定重要文化財「三木城跡」や江戸時代から続く町並みが残る「三木本町」などがあり、歴史と風情を感じながら観光や散策が楽しめます。 また、併設される「くすのき通り」には、新鮮な野菜や果物、銘菓など、地元の特産品を扱うお店が立ち並んでおり、ショッピングや食べ歩きをするのにも最適です。
施設名・ロケ地

清水灯台の魅力

清水灯台の歴史 清水灯台は、昭和9年(1934年)6月30日に初点灯しました。灯台の高さは31.3メートル、光達距離は18海里あり、遠州灘を航行する船舶の安全を確保してきました。 清水灯台は、レンガ造りの美しい灯台で、清水市のシンボルの一つとなっています。灯台は、国の重要文化財に指定されており、毎年多くの観光客が訪れます。 清水灯台の歴史は、清水港の歴史と密接に関係しています。清水港は、平安時代から栄えた港町で、江戸時代には東海道の宿場町としても知られていました。明治時代になると、清水港は近代化され、国際貿易港として発展しました。 清水灯台の建設は、明治30年(1897年)に計画されました。しかし、日露戦争や第一次世界大戦の影響で、建設は遅れ、昭和9年(1934年)にようやく完成しました。 清水灯台は、昭和18年(1943年)にアメリカ軍の空襲を受け、大きな被害を受けました。しかし、戦後すぐに修理され、現在でも現役の灯台として活躍しています。 清水灯台は、清水市の歴史と文化を象徴する貴重な財産です。これからも、遠州灘を航行する船舶の安全を守り続けていくでしょう。
施設名・ロケ地

万平ホテルの魅力を解明!ジョン・レノンも宿泊

近代化産業遺産として認定された軽井沢の象徴 長野県北佐久郡軽井沢町にある万平ホテルは、1894年(明治27年)に開業した日本の老舗ホテルです。万平ホテルは、西洋人観光客を主なターゲットとして建設されたホテルで、当時の最新鋭の設備を備えていました。ホテルの建物は、イギリス人建築家によって設計され、日本の伝統的な建築様式と西洋の建築様式を融合させたデザインとなっています。万平ホテルは、開業以来、多くの著名人が宿泊しており、ジョン・レノンもその一人です。ジョン・レノンは、1966年に妻のオノ・ヨーコと軽井沢を訪れ、万平ホテルに宿泊しました。ジョン・レノンは、軽井沢の美しい自然を気に入り、滞在中に数多くの楽曲を作曲しました。万平ホテルは、ジョン・レノンが宿泊したホテルとして知られており、多くの観光客が訪れています。万平ホテルは、2006年に近代化産業遺産に認定されました。近代化産業遺産とは、近代日本の産業発展に貢献した、歴史的、文化的価値の高い産業施設のことです。万平ホテルは、日本のホテル業界の発展に貢献したホテルとして、近代化産業遺産に認定されました。万平ホテルは、軽井沢のランドマーク的な建物であり、多くの観光客が訪れる人気の観光スポットです。
施設名・ロケ地

デンソーアイリスの魅力

-チームの歴史と実績- デンソーアイリスは、1971年に愛知県刈谷市で誕生した女子バスケットボールチームです。チームは、1974年に全日本実業団バスケットボール選手権大会で初優勝を果たし、その後、日本リーグ(現Wリーグ)でも1980年、1989年、1991年の3回優勝を飾りました。 さらに、デンソーアイリスは、国際大会でも数々の実績を残しています。1998年にアジアクラブ選手権で優勝し、2000年には世界クラブ選手権で準優勝を果たしました。また、2008年には、日本代表チームの主力を多く擁し、WNBA(米女子プロバスケットボールリーグ)に参戦しました。 デンソーアイリスは、日本女子バスケットボール界を代表するチームとして、長年にわたって活躍しています。チームの強さの秘訣は、チームワークとディフェンスの強さです。デンソーアイリスは、チーム一丸となって戦うことで、多くの勝利を収めてきました。また、チームは、ディフェンスに力を入れており、相手チームの得点を抑えることで、勝利を収めてきました。 デンソーアイリスは、今後も日本女子バスケットボール界を牽引するチームとして、活躍が期待されています。
施設名・ロケ地

浜風の家:阪神淡路大震災で親を亡くした子供たちの心のケアを行う施設

浜風の家阪神淡路大震災で親を亡くした子供たちの心のケアを行う施設 浜風の家の設立経緯と目的 1995年1月17日、兵庫県南部を震源とする阪神淡路大震災が発生しました。この地震は、マグニチュード7.3、震度7という大きな地震で、死者6,434人、負傷者43,792人、行方不明者3,029人を出す大惨事となりました。 この震災で、親を亡くした子供たちは、大きな悲しみと不安を抱えていました。そんな子供たちを支援するために、1995年4月に浜風の家が設立されました。 浜風の家は、兵庫県神戸市中央区にある、阪神淡路大震災で親を亡くした子供たちの心のケアを行う施設です。浜風の家は、子供たちが安心して過ごせる場所を提供し、心のケアを行うことを目的としています。 浜風の家には、子供たちが自由に遊べるプレイルーム、勉強できる学習室、心のケアを行うカウンセリングルームなどがあります。また、浜風の家では、子供たちが様々な体験をできるイベントを開催しており、子供たちの心のケアに役立てています。 浜風の家は、阪神淡路大震災で親を亡くした子供たちの心のケアを行う重要な施設です。浜風の家は、子供たちが安心して過ごせる場所を提供し、心のケアを行うことで、子供たちの健やかな成長を支えています。