「し」で始まる

作品名

主よ、人の望みの喜びについて

-ドイツの作曲家J・S・バッハの教会カンタータ- ヨハン・セバスチャン・バッハ(以下バッハ)は、17世紀後半から18世紀前半に活躍したドイツの作曲家である。彼は、オルガン奏者、チェンバロ奏者、作曲家、音楽教師など、幅広い分野で活躍した。バッハの作品は、その音楽的技巧の高さで知られており、彼の教会カンタータは、バッハの最も重要な作品の一つである。 バッハは、生涯に300曲以上の教会カンタータを作曲した。それらは、ルター派教会の典礼のために作曲されており、聖書の一節や讃美歌を題材にしている。バッハの教会カンタータは、通常、独唱、合唱、器楽の伴奏で構成されている。独唱の部分は、レチタティーヴォとアリアで構成されており、合唱の部分は、コラールとフーガで構成されている。バッハの教会カンタータは、その音楽的技巧の高さに加えて、その豊かな感情表現でも知られている。バッハは、聖書の言葉を音楽で表現することで、人々に深い感銘を与えた。 バッハの教会カンタータは、現在でも世界中で演奏されている。彼の教会カンタータは、ルター派教会の典礼において重要な役割を果たしているだけでなく、コンサートホールでも演奏されている。バッハの教会カンタータは、その音楽的技巧の高さ、豊かな感情表現、そして聖書への深い理解によって、人々に愛されている作品である。
作品名

静かなる炎

「静かなる炎」の魅力 「静かなる炎」は、1958年に公開された、監督ヴィンセント・ミネリ、主演ポール・ニューマン、ジョアン・ウッドワードのアメリカ映画です。映画は、田舎町で暮らす若者、レオン・ジャレット(ポール・ニューマン)と、彼の親友であるビル・スターレット(エフレン・ジム・ベイン)の物語です。レオンは、町で唯一の高校を卒業した人物であり、教師になるという夢を持っています。しかし、彼の父親は農場を継がせることを望んでおり、レオンは自分が何をしたいのか、何をすべきなのか、葛藤しています。 「静かなる炎」は、1950年代のアメリカ社会の閉塞感と、若者の夢と現実の乖離をリアルに描いた作品です。また、レオンとビルという二人の若者の友情が描かれており、その友情は、二人の人生に大きな影響を与えていきます。映画は、アメリカの地方の生活や、若者が直面する問題をリアルに描いているため、公開後すぐに大きな話題を呼びました。また、ポール・ニューマンとジョアン・ウッドワードの演技も高く評価され、ポール・ニューマンはアカデミー主演男優賞にノミネートされました。 「静かなる炎」は、現在でも多くの映画ファンに支持されている作品です。映画のテーマは普遍的なものであり、若者だけでなく、大人にも共感できる内容となっています。また、映画の美しい映像と、ポール・ニューマンとジョアン・ウッドワードの演技も、映画の魅力を高めています。
施設名・ロケ地

勝福寺の歴史と魅力

勝福寺のアクセス情報 勝福寺は、奈良県奈良市にある真言宗御室派の寺院です。西国三十三所観音霊場の第7番札所であり、奈良県内では唯一の札所となっています。 勝福寺へのアクセスは、公共交通機関を利用するのが便利です。JR奈良駅から奈良交通バスに乗車し、「勝福寺前」バス停で下車します。バス停から徒歩約5分で勝福寺に到着します。 また、自家用車を利用する場合は、名阪国道から奈良インターチェンジで降り、国道369号線を経由して勝福寺を目指します。勝福寺には、無料駐車場が用意されています。 勝福寺は、静かな山間に佇む寺院です。四季折々の美しい景色を楽しむことができる人気の観光スポットとなっています。境内には、本堂、三重塔、鐘楼などの建物があり、国の重要文化財に指定されています。 勝福寺は、歴史と魅力あふれる寺院です。公共交通機関や車でアクセスできるので、ぜひ一度訪れてみてください。
施設名・ロケ地

旧平澤家住宅、松籟閣の魅力

松籟閣の歴史と由来 松籟閣は、江戸時代後期に建てられた豪商の屋敷です。明治時代に旧平澤家住宅となり、現在は国の重要文化財に指定されています。松籟閣は、書院造りの主屋と茶室、庭園で構成されています。主屋は、寄棟造りの屋根に銅板葺き、南面に広い縁側を設けています。茶室は、数寄屋造りの建物で、平屋建て、寄せ棟造り、茅葺きとなっています。庭園は、池泉回遊式庭園で、池の中に島を配し、築山を築いています。松籟閣は、豪商の屋敷として建てられたため、贅を尽くした造りとなっています。書院造りの主屋は、柱や梁にケヤキやヒノキなどの高級木材を使用し、障壁画には金箔や銀箔が用いられています。茶室は、数寄屋造りの建物で、質素な造りとなっていますが、庭に面した窓からは、美しい庭園を眺めることができます。松籟閣は、江戸時代後期の豪商の屋敷として、貴重な歴史的建造物です。現在では、国の重要文化財に指定され、一般公開されています。
施設名・ロケ地

食品館あおばの魅力

「食品館あおばの魅力」の小見出しの「豊富な品揃え」について段落を記述します。 食品館あおばは、生鮮食品から加工食品、日用雑貨まで、幅広い品揃えで知られています。特に、野菜や果物は新鮮で、地元産のものが多く揃っています。肉や魚介類も充実しており、鮮度抜群です。さらに、加工食品も豊富で、全国各地の美味しいものが揃っています。また、日用品や雑貨も充実しており、生活に必要なものがすべて揃います。食品館あおばは、まさに「ワンストップショッピング」が可能で、買い物が楽しくなります。しかも、価格はリーズナブルで、家計に優しいのが魅力です。
作品名

「真コール!」その魅力とは!

バレーボールの才能に目覚めた帰国子女の成長物語 「真コール!」は、帰国子女の少女がバレーボールの才能に目覚め、成長していく姿を描いたスポ根漫画です。主人公の真コールは、アメリカから日本に帰国したばかりの少女。バレーボールのことは何も知らないコールでしたが、偶然見た試合に衝撃を受け、バレーボールを始めることを決意します。 コールは、バレーボールのセンスはあったものの、基礎ができていないため、最初は苦労の連続でした。しかし、努力を重ねることで着実に上達し、やがてチームの主力選手に成長します。コールは、バレーボールを通して仲間との絆を深め、人生の目標を見つけることができました。 「真コール!」は、バレーボールの面白さやチームワークの大切さを描いた作品です。また、帰国子女の少女が日本社会に溶け込んでいく姿も描かれており、共感できる人も多いのではないでしょうか。
作品名

身毒丸とは?日本を代表する演劇作品の考察

大見出し「身毒丸とは?日本を代表する演劇作品の考察」の下に作られた小見出しの「身毒丸の歴史とあらすじ」 身毒丸は、1918年(大正7年)に初演された、菊池寛の戯曲である。身毒丸は、1917年に起こった「松島事件」をモチーフにしており、結婚を目前に控えた青年が、恋人と情夫の男を殺害し、自殺するまでの経緯を描いている。 身毒丸は、劇団「自由劇場」によって初演され、その斬新な演出とストーリーで大きな話題となった。身毒丸は、その後、何度も上演され、今日でも日本の演劇界を代表する作品の一つとして知られている。 身毒丸のあらすじは、次のようなものである。 主人公の青年、秋月俊輔は、医学部の学生である。俊輔は、恋人であるお蔦と結婚を目前に控えていた。しかし、ある日、俊輔はお蔦が、他の男、田辺一郎と密会しているところを目撃してしまう。俊輔は、お蔦と一郎を殺害し、その後、自身も自殺する。 身毒丸は、人間の心の闇を描いた作品である。身毒丸は、嫉妬や憎しみといった人間の負の感情が、いかに人を破滅に導くかを教えてくれる。
地名・ロケ地

春色・安土八幡の水郷

穏やかな春の景色 安土八幡城址に近い安土町、この地のもう一つの名物が水郷情緒である。分水嶺を挟んで、琵琶湖に注ぐ姉川と、淀川に注ぐ野洲川という二つの大河が流れていて、その間は複雑に入り組んだ水郷を形成している。 安土町の古い町並みを抜けると、白壁に黒格子の家並み。川辺には柳が優しく揺れ、水芭蕉が可憐に咲いている。その先には、緑の山並みと、満開の桜が美しい。穏やかな春の日差しが、すべてを鮮やかに照らし出している。 川沿いには、ひっそりとたたずむ水辺の茶屋。旅人たちが一休みし、水郷の風景を眺めながら、お茶をすすっている。水郷は、安土の歴史と文化を語り継ぐ、静かで美しい場所である。 もし、京都方面から車で安土町を目指すなら、国道8号線を走って、安土御所ICで降りるのが便利だ。ICから安土町までは、車で約10分である。 また、JR東海道本線の安土駅から、徒歩で安土町まで行くこともできる。安土駅から安土町までは、歩いて約15分である。
施設名・ロケ地

新長谷寺の魅力と歴史

新長谷寺の歴史 新長谷寺の歴史は、奈良時代の天平年間(724~748年)に遡ります。 727年に、僧侶の行基が光明皇后の勅命を受けて、奈良市街地の南にある現在地に長谷寺を建立しました。長谷寺は、薬師如来を本尊とし、十一面観音菩薩像や不動明王像などの多くの仏像を安置する、奈良を代表する寺院の一つです。 その後、長谷寺は幾度かの火災に見舞われ、1611年に伽藍の大部分が焼失しました。しかし、江戸幕府の支援により、1621年に再建されました。 1880年、長谷寺は「新長谷寺」と改称され、現在に至っています。 新長谷寺は、奈良時代から続く歴史ある寺院であり、多くの貴重な仏像を安置する、奈良を代表する観光スポットの一つです。
作品名

心療内科医・涼子 – 1997年の日本のテレビドラマ

-放送局や脚本家の紹介- 『心療内科医・涼子』は、1997年1月14日から同年3月25日まで、毎週火曜日の2100から2154(JST)に、TBS系列の「火曜ドラマ」枠で放送された日本のテレビドラマです。全11回。 脚本は、井上由美子氏が担当しました。井上氏は、1980年代から脚本家として活躍しており、数々のヒットドラマを世に送り出しています。代表作としては、「男女7人夏物語シリーズ」「東京ラブストーリー」「高校教師」「ロングバケーション」「ビューティフルライフ」「JIN-仁-」などがあります。 井上氏は、本作で心療内科医の主人公・涼子を、人間の心の機微を繊細に描きながら、ユーモアを交えて描いています。また、涼子を取り巻く人々との人間模様も丁寧に描かれており、視聴者の共感を呼びました。 『心療内科医・涼子』は、平均視聴率16.1%を記録し、最終回では20.6%を記録しました。また、第17回ザテレビジョンドラマアカデミー賞において、作品賞を受賞しました。
モノの名前

魅惑の漆黒 -Shikkoku- 飲み比べてみては?

日本の「漆黒 -Shikkoku-」ビールは、そのネーミングから醸し出される通り、ブラックビールという名の通りに、黒さが際立っているスタイルの黒ビールです。黒ビールは、一般的に黒色はエスプレッソと同じくらいの色調をしているため、日本では「黒ビール」と呼ばれています。その黒ビールは、通常のビールとは異なり、麦芽の焦がし方が特徴的です。通常のビールは、麦芽を乾燥させて焙煎するのですが、黒ビールは、乾燥させた麦芽を炭化させて焙煎します。麦芽の焦がし方にはこだわりがあって、黒ビールは焦がし方を強めにしてあります。その焦がし方によって、黒ビールは、苦味が強く、ロースト香が強い仕上がりになっています。黒ビールは、苦味が強く、ロースト香が強いのですが、意外と飲みやすいのが特徴です。日本の「漆黒 -Shikkoku-」は、ホップの苦味と、モルトの甘味のバランスが良く、飲みやすい黒ビールです。 日本の「漆黒 -Shikkoku-」ビールは、1998年に発売されたビールで、日本で初めて発売された黒ビールです。日本の「漆黒 -Shikkoku-」ビールは、発売以来、ずっと愛され続けている黒ビールです。日本の「漆黒 -Shikkoku-」ビールは、その飲みやすさと、黒ビール独特の苦味とロースト香が特徴で、多くの日本の黒ビールファンに愛されています。日本の「漆黒 -Shikkoku-」ビールは、日本の黒ビールを代表するビールの一つです。
作品名

「親愛なる者へ」2つのドラマ比較

フジテレビ版と韓国版のあらすじの違い フジテレビ版と韓国版では、ストーリーの展開や設定などにいくつかの違いがあります。 まず、主人公の名前が異なります。フジテレビ版では主人公の女性は「糸子」、韓国版では「ヘギョ」という名前です。 また、韓国版では主人公が幼い頃に両親を亡くすという設定ですが、フジテレビ版では両親は健在です。 さらに、フジテレビ版では主人公の幼なじみが「健一」、韓国版では「ジュン」という名前で、韓国版ではジュンが財閥の御曹司という設定になっています。 また、フジテレビ版では主人公は教師として働きますが、韓国版ではOLとして働きます。 そして、フジテレビ版では主人公は健一と結婚しますが、韓国版ではジュンと結婚します。 このように、フジテレビ版と韓国版ではストーリーの展開や設定などにいくつかの違いがありますが、どちらも主人公の愛と人生を描いた感動的なドラマとなっています。
その他

新グローバル英和辞典について

新グローバル英和辞典とは? 新グローバル英和辞典は、三省堂が発行する英和辞典です。1960年に初版が発行され、以来改訂を重ね、現在では第6版が発行されています。新グローバル英和辞典は、英単語の意味や用法を詳しく解説しているのが特徴です。また、用例が豊富で、実際に使われている英語を学ぶことができます。さらに、文法解説や発音記号も掲載されているので、英語学習者にとって使いやすい辞典です。 新グローバル英和辞典は、英語学習者だけでなく、ビジネスパーソンや翻訳家など、英語を使うさまざまな人におすすめの辞典です。
モノの名前

信州竹細工の伝統と魅力

戸隠と山ノ内町の歴史 信州竹細工の伝統と魅力を語る上で、戸隠と山ノ内町の存在は欠かせません。戸隠は、長野県北部に位置する山岳信仰の霊場として知られる地域であり、山ノ内町は、その南に隣接する町です。戸隠には、古くから竹細工の技術が伝わり、山ノ内町では、江戸時代後期に竹細工の産業が興り、今日まで受け継がれています。 戸隠では、竹細工の技術が、山岳信仰と密接に関わってきました。戸隠神社の社殿や祭具には、竹細工がふんだんに使用されており、その技術は、代々伝わる神職によって受け継がれてきました。また、戸隠には、竹細工の職人が多く住んでおり、その技術を生かして、日常使いの竹製品や工芸品を制作しています。 山ノ内町では、江戸時代後期に、戸隠から竹細工の技術が伝わり、産業として発展しました。山ノ内町は、豊富な竹林を有しており、竹細工の原料には事欠きませんでした。また、山ノ内町は、善光寺詣での参道沿いにあることから、多くの旅人が行き交う交通の要衝であり、竹細工の製品を販売するのに適した場所でした。こうして、山ノ内町では、竹細工の産業が栄え、今日まで受け継がれています。
モノの名前

塩川来国光を解説~鎌倉時代の名刀~

-塩川来国光とは- 塩川来国光は、鎌倉時代初期に活躍した刀工です。備前国(現在の岡山県)で生まれ、播磨国(現在の兵庫県)に移り住んで刀鍛冶を始めました。来国光の作刀は、華やかな外見と優れた切れ味を兼ね備えたことで知られています。その作風は、「来国光様」と呼ばれ、後の刀工に大きな影響を与えました。 来国光の刀は、多くの武士や大名に愛用されました。特に、源頼朝や北条時宗など、鎌倉幕府の有力者が来国光の刀を所持していたことが知られています。また、来国光の刀は、海外にも輸出され、中国や朝鮮半島でも高く評価されました。 来国光の刀は、現在でも多くの刀剣愛好家から愛されています。その作刀は、日本の伝統的な文化と技術の粋を集めた芸術作品として高く評価されています。
モノの名前

「下関ふく」ってどんなブランドのフグ?

下関ふくとは、山口県下関市で水揚げされるトラフグのことで、その中でも特に高級とされるブランドフグです。下関ふくは、トラフグの中でも特に身が締まっており、歯ごたえが良く、上品な甘みがあるのが特徴です。また、下関ふくは、天然ものと養殖ものの2種類がありますが、天然ものはより希少価値が高く、高価で取引されています。 下関ふくは、トラフグの中でも特に厳しい基準をクリアしたフグだけが、その称号を許されます。その基準とは、まず、トラフグの体長が40cm以上であること。次に、トラフグの重さが1kg以上であること。最後に、トラフグの身が締まっており、歯ごたえが良いこと。この3つの基準をクリアしたトラフグだけが、下関ふくとして出荷されるのです。 下関ふくは、トラフグの中でも特に高級とされるため、価格も高価です。しかし、その味は格別で、一度食べたら忘れられないほどのおいしさです。下関ふくは、フグの王様とも呼ばれており、日本を代表する高級魚のひとつです。
施設名・ロケ地

思い出蘇る信州博覧会

思い出蘇る信州博覧会 信州博覧会の歴史と概要 信州博覧会は、長野県松本市で1968年に開催された地方博覧会です。信州博覧会の目的は、信州の産業や文化をアピールし、観光客を誘致することでした。また、信州博覧会は、松本市に新しい観光スポットを作ることも目的としていました。 信州博覧会の会場は、松本市の中心部にある松本城公園でした。松本城公園は、松本城や松本市美術館など、多くの観光スポットがある公園です。信州博覧会は、松本城公園に新しいパビリオンや施設を建設し、公園をさらに魅力的な場所にしました。 信州博覧会には、信州の産業や文化を紹介するパビリオンが設けられました。パビリオンでは、信州の特産品や工芸品を展示し、信州の歴史や文化を紹介する映像を上映しました。また、信州博覧会では、信州の伝統芸能や民俗芸能を披露するイベントも開催されました。 信州博覧会は、期間中に約200万人の来場者を集めました。信州博覧会は、信州の産業や文化をアピールし、観光客を誘致することに成功しました。また、信州博覧会は、松本市に新しい観光スポットを作ることも成功しました。信州博覧会は、松本市にとって、大きな成功を収めたイベントとなりました。
作品名

小学四年生とは?創刊から休刊までを振り返る

株式会社小学館は「小学四年生」の他にも児童向けの月刊誌を多く発行していました。代表的なものとしては、「小学一年生」、「小学二年生」、「小学三年生」、「小学五年生」、「小学六年生」があります。これらの雑誌は、それぞれの学年の子どもを対象に、その学年に合った教育内容や読み物を掲載していました。 また、小学館は「小学四年生」以外にも、低学年向けの「幼稚園」や「一年生」、高学年向けの中学生向け「中学生の友」や「中学生の科学」など、幅広い年齢層を対象とした雑誌を発行していました。これらの雑誌も、子どもたちの教育や娯楽に大きく貢献していました。 しかし、近年では少子化やインターネットの普及などの影響により、児童向けの月刊誌の発行部数は減少しています。小学館も例外ではなく、2018年に「小学四年生」を含む児童向けの月刊誌5誌の休刊を発表しました。これは、児童向けの月刊誌にとって大きな痛手となりました。
作品名

「詩とファンタジー」を徹底解説!

「詩とファンタジー」とは、言葉と想像力の力を駆使して、現実世界とは異なる、新しい世界や物語を作り出すことです。詩は、その言葉のリズムや韻律、比喩などを駆使して、読者に鮮やかなイメージや感情を呼び起こします。ファンタジーは、その物語の舞台やキャラクター、設定などを駆使して、読者を非日常的な世界へと誘います。 詩とファンタジーは、どちらも人間の内面にあるものを表現するものです。詩は、個人の感情や思考を、言葉の力によって表現します。ファンタジーは、個人の願望や夢を、物語の力によって表現します。 詩とファンタジーは、どちらも私たちの心を豊かにするものです。詩は、私たちの感性を磨きます。ファンタジーは、私たちの想像力を育みます。そして、どちらも私たちに新しい世界や人生の在り方を示してくれます。
モノの名前

秋色最中 – 豊かな秋の実りを味わえる銘菓

秋色最中は、季節限定で販売される銘菓です。その名の通り、秋の美しい景色をイメージした最中で、栗やサツマイモなどの秋の味覚がふんだんに使用されています。秋色最中の歴史は古く、江戸時代初期にまで遡ります。当時は、秋の収穫を祝うために、農家がお供え物として最中を奉納していました。その最中が「秋色最中」の原型と言われています。その後、秋色最中は庶民の間にも広まり、やがて全国各地で作られるようになりました。現在では、秋色最中は秋の風物詩として親しまれています。
モノの名前

「白バラ牛乳」の魅力とその歴史

-白バラ牛乳の誕生と歴史- 白バラ牛乳は、明治29年(1896年)に設立された森永牛乳株式会社が製造販売する牛乳です。 白バラ牛乳は、乳質の良さと新鮮さにこだわって作られており、全国各地のスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで販売されています。 「白バラ牛乳」は、1917年(大正6年)に森永乳業の創業者である森永太一郎氏が森永牛乳研究所を設立し、日本で初めて牛乳の殺菌に成功したことを記念して、翌1918年(大正7年)に発売されました。 当時は牛乳がまだ一般的に普及しておらず、森永太一郎氏は牛乳の安全性と栄養価をアピールするために、白バラ牛乳の宣伝に力を入れました。 白バラ牛乳は、その品質の高さからすぐに人気となり、大正時代には牛乳業界のトップブランドに成長しました。 その後、白バラ牛乳は時代の変化に合わせてパッケージや宣伝方法を改良し、現在では日本の牛乳市場を代表するブランドのひとつとなっています。
作品名

「週刊漫画TIMES」の魅力と読者の評価

-「週刊漫画TIMES」の歴史と特徴- 「週刊漫画TIMES」は、芳文社が発行する週刊漫画雑誌である。1967年10月16日に創刊され、日本の週刊漫画雑誌としては長い歴史を誇る。 創刊以来、「週刊漫画TIMES」は、連載漫画や読み切り漫画を中心に掲載している。その内容は、青年漫画誌にふさわしく、社会派・グルメ・時代劇・ギャグまで、幅広いジャンルの作品が掲載されているのが特色である。また、新人漫画家の登竜門として、年間新人賞も募集しており、多くの新人漫画家が「週刊漫画TIMES」でデビューを果たし、活躍している。 「週刊漫画TIMES」は、その長い歴史の中で、数々の名作漫画を世に送り出してきた。代表的な作品には、赤塚不二夫の「天才バカボン」や、石ノ森章太郎の「サイボーグ009」などがある。また、近年では、島本和彦の「アオイホノオ」や、花沢健吾の「アイアムアヒーロー」など、多くの話題作も連載されている。 「週刊漫画TIMES」は、その幅広いジャンルの作品ラインナップと、新人漫画家の登竜門としての役割により、多くの読者から支持されている。創刊以来、50年以上もの歴史を持つ日本の週刊漫画雑誌の老舗として、今後も読者を魅了する作品を送り出し続けていくことだろう。
モノの名前

秀峰喜久盛:信州の誇る名酒

信州銘醸株式会社のこだわり 信州銘醸株式会社は、江戸時代中期の元禄4年(1691年)に創業し、300年以上の歴史を持つ老舗酒蔵です。同社の代表銘柄である「秀峰喜久盛」は、信州の清らかな水と酒造好適米を使用した、柔らかく飲みやすい味わいで、全国各地にファンを持つ銘酒です。 信州銘醸株式会社の酒造りにおけるこだわりは、原料へのこだわり、仕込みへのこだわり、熟成へのこだわりの3つです。 原料へのこだわり 信州銘醸株式会社では、酒造りに使用する米を厳選しています。契約農家から仕入れた酒造好適米は、蔵内で精米され、精米歩合を高めて雑味のないすっきりとした味わいに仕上げています。また、酒造水は、蔵の近くを流れる千曲川の水を使用しています。千曲川は、北アルプスの雪解け水が源流となっており、清らかでミネラル豊富な水です。この水を使用することで、雑味のないすっきりとした味わいの日本酒が生まれます。 仕込みへのこだわり 信州銘醸株式会社では、伝統的な醸造方法である「生酛(きもと)造り」を採用しています。「生酛造り」は、自然界に生息する乳酸菌を利用して酒母を造る方法で、手間と時間がかかりますが、雑味のないすっきりとした味わいの日本酒が生まれます。また、信州銘醸株式会社では、酒造りの際に酵母を添加せず、蔵に住み着いている天然酵母を使用しています。これにより、蔵独自の個性が際立つ日本酒が生まれます。 熟成へのこだわり 信州銘醸株式会社では、日本酒をタンクで貯蔵するのではなく、瓶詰めして熟成させています。瓶詰めすることで、日本酒は空気に触れずに酸化を防ぎ、まろやかな味わいに仕上がります。また、信州銘醸株式会社では、日本酒を低温で熟成させています。これにより、日本酒の雑味が取れ、すっきりとした味わいに仕上がります。
施設名・ロケ地

城北公園の魅力と楽しみ方

菖蒲園の見事な花菖蒲 城北公園の菖蒲園は、6月初旬から7月上旬にかけて、約100品種、3万株の花菖蒲が咲き誇る見事な花菖蒲園です。花菖蒲は、江戸時代から親しまれてきた日本原産の多年草で、その美しさから「水の華」とも呼ばれています。菖蒲園には、白や紫、青、ピンクなど、様々な花菖蒲が色とりどりに咲いています。花菖蒲は、水辺を好む植物で、菖蒲園には水路が流れており、花菖蒲が水辺に美しく映えています。菖蒲園では、花菖蒲の開花に合わせて、毎年「菖蒲まつり」が開催され、多くの人でにぎわいます。まつり期間中は、花菖蒲の鑑賞だけでなく、様々なイベントが開催され、花菖蒲の魅力を満喫することができます。